2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« シニアクラブ大会 | トップページ | 秋半ばの浜名湖ガーデンパーク »

2016年10月25日 (火)

「石井林響と西山翠璋」展:秋野不矩美術館

 秋野不矩が直接指導を受けた二人の日本画家巨匠の特別展です。

石井林響(1884-1930)

 千葉県出身。17歳で橋本雅邦に師事。歴史画の制作を重ねた後、田園風景や故郷の房総の風景などを描きました。明治後期から昭和のはじめにかけて活躍しました。

Photo_6
        《桃源》1913年 六曲一隻屏風

2_20161025_0001 _20161025_0001
《霊泉ノ図》1905年頃(21歳)  《万年平和図》1924年

2_20161025_0002_2
             《漁樵》1913年

西山翠璋(1879-1958)

  京都伏見の生まれ。竹内栖鳳に師事。後に女婿に。文展や帝展で活躍。1957年文化勲章。
 人物・風景・歴史など広い分野で秀作を制作した。みごとな写生をもとに美しい日本画を残しました。

_20161025_0002_2
          《春霞》1919年 六曲一隻屏風

5_20161025_0001 4_20161025_0001
   《富士山》昭和初期     《牛買ひ》1934年

_20161025_0001_3
      西山翠璋《広寒宮》1907年 28歳の作

 この二人に指示した秋野不矩の作品も9点出品されています。秋野は西山の指導について、弟子の言うことを良く聞いてくれたこと、一人一人の個性に応じたきめ細かい指導を
受けたことなどを回想で語っています。

 師弟の作品を同時に鑑賞できる美術展です。

11月13日(日)まで。

秋野不矩美術館

2016_10250018_2
           今日も静かな佇まい

2016_10250017 2016_10250019
                  キンモクセイが薫っていました

« シニアクラブ大会 | トップページ | 秋半ばの浜名湖ガーデンパーク »

美術展」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「石井林響と西山翠璋」展:秋野不矩美術館:

« シニアクラブ大会 | トップページ | 秋半ばの浜名湖ガーデンパーク »