2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月31日 (月)

辻井伸行コンサート

 今夜は久しぶりにクラシックのコンサーでアクトシティ大ホールへ。ピアニストの辻井伸行がヨーロッパ室内管弦楽団共演するプログラムです。辻井が演奏したのはモーツァルトの《ピアノ協奏曲第21番》だけでした。辻井が出演するコンサートは発売間もなく完売になるのですが、今夜のコンサートでは当日販売もあったのですが、空席がありました。
 後日詳報します。

_20161031_0001_3

2016年10月30日 (日)

「徳川の平和」展:静岡県立美術館

 静岡県立美術館開館30周年を記念する特別展です。「徳川の平和」=パクス・トクガワ。徳川幕府250年間の天下太平の時代に生み出された数々の名品が出品されている豪華な展覧会です。後期だけで国宝1点、重文6点。二条城の障壁画など、豪華絢爛なの大作も数多くあります。狩野探幽だけでも9点、見応えのある展覧会です。

Photo
       重文:狩野探幽《松に孔雀図壁貼付》

Photo_3
    狩野探幽《一ノ谷合戦・二度之懸図屏風》
探幽の武者絵は珍しい。

国宝

Photo_9
          久隅守景《納涼図屏風》
近づいてよく見ると一人一人の人物描写も精細です。

Photo_10
 重要文化財 池大雅《蘭亭曲水・龍山勝会図屏風》

Photo_11
      重要文化財 与謝蕪村《奥の細道図》

Photo_13
      重要文化財:渡辺崋山《一掃百態図》
 職業など様々な人物の生態を数多く描いています。

 江戸期250年の平和な時代を思わせる作品群でした。会期末(11/3)が近い今日(30日)はかなりの入館者で賑わっていました。

Img_3536_2
前期で展示が終わった伊藤若冲の《樹花鳥獣図屏風》の複製画

Img_3539 Img_3537
ロダン館で久しぶりに《考える人》と《地獄の門》に出会いました

2016年10月29日 (土)

残留決まらず ジュビロ0-1浦和 

 今日勝つか引き分ければJ1残留が決まるジュビロでしたが、後半27分に失点。終了間際の猛攻も及ばず敗戦。勝ち点は33のままで得失点差が-14に。
 降格圏内の4チームがすべて敗れたため順位、J1残留は11月3日の最終戦の結果にかかっています。

 今日のゲームは0-1という僅差でしたが、力量の差は明らかで浦和のシュート数は20・・・大量失点のおそれもあったゲームでした。

 試合終了後、浦和の2ndステージ優勝セレモニーがありました。

2016_10290016 2016_10290015

 その後、ジュビロの2016シーズン終了のセレモニー。2016_10290022 2016_10290025
 名波監督と選手代表上田康太(2005年3月 磐田東高卒)の挨拶がありました。
 11月3日、仙台とのアウエイ戦で勝ってJ1残留を決めるとの決意表明でした。

 今日の敗戦でジュビロは2ndステージのホームゲームで1勝もあげることができませんでした。情けない!

2016年10月28日 (金)

男の料理教室

 ASN(アクティブ シニア ネット)の男の料理教室は88回目を迎えました。今日の担当は私でした。
 今月初めにはASNの今月のウォーキングの担当(4日)、13日にはみんなで歌おう会800人のイベントの主催と忙しい日程で、レシピを考え始めたのはそのイベントが終わってからでした。

 季節を感じる秋野菜や地域の食材、ブランドの食材などを使うことにしました。

メニュー:

①ご飯 新潟佐渡産コシヒカリ(無洗米)
②手羽中と里芋のレモン醤油煮
③鶏と野菜のクリ-ムシチュー
④セロリと燻製いかの塩昆布和え
⑤デザート 浜松フラワーパークの次郎柿と早生ミカン
⑥煎茶 森町三倉の八十八夜の茶

①新潟佐渡産コシヒカリのご飯は粒が光っていてとてもおいしい
②手羽中は豊橋産の三河赤鶏というブランド。里芋は旧豊岡村産で柔らかく、おいしい。
③鶏の胸肉は同じく豊橋産の三河赤鶏。柔らかくておしい。
 3日後の31日がハロウィンなのでカボチャも添えました。
④セロリは浜松も名産地ですが、現在成育中で出荷は11月になってから。ということで長野の高原野菜にしました。
 酢は浜松。鳥井食品の「ミカン酢」。甘さがありおいしい酢です。ポリ袋にセロリ・イカ・塩昆布と酢を入れて揉みます。
⑤次郎柿とミカンは26日に収穫してきました。
⑥森町三倉のお茶は毎年5月はじめに1年分買い求めて
毎日飲んでいます。

 参加した13人を4グループに分けて調理開始。約1時間でできあがり、試食です。

2016_10280001_2
          新津協働センターの調理室で

2016_10280009 2016_10280008
     手羽中と里芋          シチュー2016_10280010 2016_10280007_3
セロリとイカの塩昆布和え

 いずれもおいしかったと好評でした。

 今日はこの後静岡へ出かける予定でしたが雨脚が強くなったので断念しました。

2016年10月27日 (木)

浜松フルーツパークのカキとミカン

 浜松フルーツパークで今月2回目の収穫体験をしてきました。今回はカキとミカンです。リンゴの「フジ」は今回パスしました。

次郎柿
 カキと言えば浜松ではなんと言っても次郎柿です。森町で生まれたカキの名品です。まだ収穫のごく初期で、店頭にはまだほとんど出ていませんし、出ていても1個数百円の高値です。

2016_10260006_2
            みごとな次郎柿です

2016_10260003 2016_10260005
ハサミと籠を借りて色や大きさ、虫食いの有無などをしっかり品定めしながら摘み取ります

 摘み取ったカキは計量して買い取ります。100㌘45円です。

ミカン=興津早生

 2016_10260012
まだ青いのですが、甘さと酸味が調和しておいしいミカンです

2016_10260008 2016_10260013

2016_10270001
    カキ350㌘150円  ミカン200㌘60円

 おまけをしてくれるので安くなります。

2016年10月26日 (水)

秋半ばの浜名湖ガーデンパーク

 間もなく11月を迎えますが、今日(26日)は気温が27℃を超える夏日でした。朝から雲一つない快晴・・・しかし深く霞んでいました。初冠雪が伝えられた富士山は残念ながら見えませんでした。

花ひろばのコスモス
 例年よりもやや遅れて満開になっています。

2016_1026gp0014

2016_1026gp0059

2016_1026gp0065

2016_1026gp0058_2

2016_1026gp0036 2016_1026gp0029
   紅葉した桜の葉       アキニレの紅葉

2016_1026gp0027 2016_1026gp0041
            シュウカイドウ

2016_1026gp0051
             花の美術館の庭

2016_1026gp0053 2016_1026gp0045
       ダリア            ホトトギス

2016_1026gp0048_2
               スイレン

2016年10月25日 (火)

「石井林響と西山翠璋」展:秋野不矩美術館

 秋野不矩が直接指導を受けた二人の日本画家巨匠の特別展です。

石井林響(1884-1930)

 千葉県出身。17歳で橋本雅邦に師事。歴史画の制作を重ねた後、田園風景や故郷の房総の風景などを描きました。明治後期から昭和のはじめにかけて活躍しました。

Photo_6
        《桃源》1913年 六曲一隻屏風

2_20161025_0001 _20161025_0001
《霊泉ノ図》1905年頃(21歳)  《万年平和図》1924年

2_20161025_0002_2
             《漁樵》1913年

西山翠璋(1879-1958)

  京都伏見の生まれ。竹内栖鳳に師事。後に女婿に。文展や帝展で活躍。1957年文化勲章。
 人物・風景・歴史など広い分野で秀作を制作した。みごとな写生をもとに美しい日本画を残しました。

_20161025_0002_2
          《春霞》1919年 六曲一隻屏風

5_20161025_0001 4_20161025_0001
   《富士山》昭和初期     《牛買ひ》1934年

_20161025_0001_3
      西山翠璋《広寒宮》1907年 28歳の作

 この二人に指示した秋野不矩の作品も9点出品されています。秋野は西山の指導について、弟子の言うことを良く聞いてくれたこと、一人一人の個性に応じたきめ細かい指導を
受けたことなどを回想で語っています。

 師弟の作品を同時に鑑賞できる美術展です。

11月13日(日)まで。

秋野不矩美術館

2016_10250018_2
           今日も静かな佇まい

2016_10250017 2016_10250019
                  キンモクセイが薫っていました

2016年10月24日 (月)

シニアクラブ大会

 地区シニアクラブの年1回の大会が開かれました。地区協働センターの体育館に10のクラブから250人が集まって昼をはさんで4時間、交流と歌などの芸能を楽しみました。
 各クラブがそれぞれ二つずつ合唱や新体操、舞踊などを披露しました。

Img_3500 Img_3509

Img_3510 Img_3514
     男声合唱団       わが町の女声合唱団

Img_3521
   祭の好きな浜松人です。法被着用が3組ありました

 私は役員として8時から会場準備などの仕事をしました。初めての参加なので要領がよくわからず戸惑うことが多った感じです。

 わが町の男性11人はコスチュームを揃えパーティー用のキャップや蝶ネクタイなどを着用して、《青い山脈》と《上を向いて歩こう》を熱唱しました。

 皆さん楽しく過ごしていましたが、開会式に要した時間が1時間など、改善点がいろいろ見えた大会でした。

2016年10月23日 (日)

清里の秋④八ヶ岳倶楽部

 清里の近くにある八ヶ岳倶楽部は、俳優でタレントの柳生博が1976年に落葉樹の植林を始めて1989年に開園、今年で40年になります。今は見事な雑木林になっています。雑木林の中にギャラリー・ステージ・レストランなどが点在しています。

散策路で

2016_10190146_2

2016_10190150_2

2016_10190133 2016_10190145_2
           夕陽を浴びる白樺

2016_10190136

2016_10190122 2016_10190148
㊧:柳生博さんがレストラン棟2階のテラスから「富士山が見えていますよ」と教えてくださったので急いで2階へ。
㊨:遠くに霞む富士山がかすかに見えていました

八ヶ岳倶楽部近くの紅葉

2016_10190156 2016_10190154

故・柳生真吾さんのメモリアルギャラリー
 柳生真吾さんは博さんの長男で園芸家。NHK「趣味の園芸」のメインキャスターとして多くの人に親しまれていました。「八ヶ岳倶楽部」の支配人でもありました。2015年5月に喉頭ガンのため47歳の若さで亡くなりました。その真吾さんの生前の思い出を残す写真などが展示されています。

2016_10190132

柳生 博さんのサイン

 八ヶ岳倶楽部の2017年用のすてきなカレンダーを買い求めたところ、柳生 博さんがサインしてくださいました

_20161023_0001

 柳生さんから今年の紅葉が遅れていることなどいくつかのお話を伺いました。とても気さくな方でした。

2016年10月22日 (土)

ジュビロは無念の引き分け カープは初戦快勝

 朝からこの二つのゲームを楽しみにしていました。
 ジュビロ磐田は今日勝てばJ1残留がほぼ確実に、カープは初戦で大谷を攻略できれば日本シリーズでかなり有利になる、いずれも大事なゲームです。

ジュビロ1-1名古屋

 ジュビロは1stステージ勝ち点23で8位と健闘しましたが、2ndステージはわずか1勝で勝ち点9の16位と不振です。年間順位は前節まで勝ち点32で13位。最近5試合は2分3敗と苦しんでいます。

 一方の名古屋は、6試合前まで年間勝ち点20の16位で初のJ2降格かと思われていましたが、その後の5試合で3勝1分1敗の勝ち点10を積み重ねて降格圏から浮上しました。

 この試合でジュビロが勝てば残留が見えてきます。名古屋も勝てば残留に向かって前進するという大事なゲームでした。

 今日のゲームはNHK名古屋が地上波で生中継しましたが、私はあいにく明日のシニアクラブ大会の会場準備のため中継を見ることができませんでした。
 ジュビロから携帯に自動で送られてくる情報で途中経過を確認しました。
 PKで先制された後、後半間もなくジェイが頭で追いついたようです。その後はジュビロが優位に立って攻めたようですが、追加点ならずドロー。双方勝ち点1ずつで、名古屋はふたたび16位の降格圏に落ちました。

 ジュビロは勝ち点33で13位。14位は今日勝った甲府で31点、15位は新潟で30点です。勝ち点3差の中に4チームがいるという状況です。残された試合はあと2。最後まで油断できません。
 ジュビロの次戦はエコパで浦和、最後は仙台です。29日、浦和に勝って残留を決めることを願って応援に行きます。

広島5-1日本ハム 

 広島カープが大谷を打って大事な初戦に快勝しました。
2回裏、三走鈴木がダブルスチールで鮮やかな先制点。4回には大谷から松山とエルドレッドのホームラン。7回には
一番田中の二塁打、菊池がバントで送り、丸の適時打、エルドレッドの犠飛で2点追加。

 先発ジョンソンは7回途中までレアードの1発に抑え、リリーフ陣も今村、ジャクソン、中崎が日ハム打線を抑えてそれぞれ役割を果たしました。

 小技、大技で大谷を攻略したカープはみごとでした。

 スタンドを真っ赤に染めたカープファンの圧倒的な応援を受けて快勝したカープです。

 明日の試合も楽しみです。

 広島球場のチケットは入手が非常に困難だということです。一度応援に行きたいものです。

2016年10月21日 (金)

清里の秋③

 萌木の村=森の中にオルゴール博物館やメリーゴーラウンドやおしゃれなショップがあるエリアです。

2016_10190082 2016_10190086
       小海線          清里駅(白い屋根)

2016_10190097_2

2016_10190095

2016_10190100_2

2016_10190114

2016_10190103 2016_10190106
  猫グッズのショップ        陶製のネコたち

2016_10190109 2016_10190111

2016_10190090 2016_10190102
     美しい野菊         マムシグサ

2016年10月20日 (木)

清里の秋②

 今回の旅はJR東海ツアーズの企画したものです。ということで浜松~甲府は往復JR利用です。自宅を6時15分発、浜松6:47で静岡へ。静岡からは特急ふじかわ号で甲府へ。10:28甲府着、バスに乗り換えて清里へ。

2016_10190005 2016_10190013
身延線は富士川沿いに走ります  中部縦断道路建設中です

2016_10190017 2016_10190020
   笛吹川を渡ります      山並みは雲の中です

身曾岐(みそぎ)神社
  この日最初に訪ねました。1985年創建の新しい神社です。
二人のグループ「ゆず」の北川悠仁がここの池に浮かぶ能楽堂で結婚式を挙げたことで有名な神社です。この能楽堂で「ゆず」のコンサートが毎年のように開かれています。

2016_10190032
                能楽堂

2016_10190026
宮司さんのガイドで境内を散策。この鳥居は「ゆず」が寄進

2016_10190031_2
               「ゆず」絵馬

山梨県立まきば公園
 いろいろな動物が飼育され、入園者が動物と触れ合うことができる環境が整備されています。2016_10190057

2016_10190059 2016_10190064

2016_10190074_2 
          紅葉はこれからです

2016_10190040
    昼食は名物のビーフシチュー。美味でした

2016年10月19日 (水)

清里の秋①

 JR東海のツアーで北杜市清里へ出かけました。期待した紅葉はこれから始まるところでした。

2016_10190078
紅葉の絶好のビューポイントとされる八ヶ岳東沢大橋で。
バス車内で一瞬シャッターを押した1枚

柳生博さんの八ヶ岳倶楽部の遊歩道で

2016_10190140

2016_10190147_2

詳報は後日。

2016年10月18日 (火)

磐田農高 秋のバラ園

 学校のバラ園としてはおそらく日本一の磐田農高のバラ園で秋のバラが咲いています。5月のバラ園と比べるとかなり花の数が少ないのですが、美しいバラが咲いています。2016_10180015_2
晴れ上がった秋空の下で、校舎をバックにして咲くバラ

2016_10180014 2016_10180018

2016_10180023
                万葉

2016_10180031
                レッド  デブル

2016_10180033
           プリンセス ドゥ モナコ

2016_10180035_2
               イブ ピアッツェ

2016_10180038
               サン フレア

2016_10180049 2016_10180048
 校内でイチョウの大木から銀杏が大量に落ちていました

 学校の東隣の磐田市文化会館では4本のキンモクセイがほぼ満開で芳香が漂っていました

2016_10180051 2016_10180049_2

2016年10月17日 (月)

秋の月

 昨10月16日午後1時が満月でした。 朝からの雨で空気が洗われて澄み切った秋の空にお月さんが美しく輝いていました。17日午後8時25分です。

2016_10170011_2

2016年10月16日 (日)

エア・フェスタ浜松 2016

 毎年10月に航空自衛隊浜松基地でエア・フェスタが開催され、多くの人で賑わいます。現地は大変混雑するので行ったことがありません。わが家の二階のベランダから眺めています。

2016_10160027
         ブルーインパルス6機編隊飛行

2016_10160032_2

2016_10160002

2016_10160017_2

2016_10160043 2016_10160044
          雲が広がっていて見えにくい

2016_10160008 2016_10160035


2016_10160022_2

爆音が轟いてから機影が見えるまでの時間が短いので大変です。

2016年10月15日 (土)

浜松フルーツパークで収穫体験

 雲一つなく見事に晴れ上がった今日午前、久しぶりに浜松フルーツパークへ出かけました。

2016_10150001_3
          見事な秋晴れの空です

早生次郎柿
 今日から収穫体験が始まりました。まだかなり青いのですが、味は確かです。

2016_10150003 2016_10150008

2016_10150006_2

2016_10150032_5
               800円

リンゴ=ふじ

 信州や青森では真っ赤に熟れるリンゴですが、温度差の小さい浜松では全体が真っ赤に熟れることはありません。一見青く見えるリンゴですが、いい味をしています。

2016_10150018_2

2016_10150015

2016_10150031_5
                900円


早生みかん

2016_10150021 2016_10150018_5

2016_10150033_2
               570円

2016_10150028
             抜けるような青い空

 好天の土曜日、多くの入園者で賑わっていました。

2016年10月14日 (金)

800人の大合唱 歌おう会合同祭②

  昨日の合同祭について会場で地方紙2紙の取材を受けました。1紙では今朝の朝刊で報道されました。他の1紙では明日以降 報道される見込みです。

_20161014_0001_3

正確に報道されています。

当日のスケッチ;私の出番

02_4 07_1
    開会の挨拶      フィナーレを迎えてお礼の挨拶

6_2_2
        わが町のグループ・左端が私です

2016年10月13日 (木)

800人の大合唱 歌おう会合同祭①

 私にとってこの秋一番の大仕事が無事に終わりました。浜名湖ガーデンパークの屋外ステージで開催した「第4回 みんなで歌おう会合同祭」は、過去最高の18団体800人が参加して盛大に行うことができました。昨年から私が全体の責任者を務めています。春から半年かけて昨夜まで準備し、今日、99%予定通りに終わりました。

 026_2
 開演3時間前の午前9時30分頃。シンセサイザーのグループが
練習中

030_2
ステージのバックドアを開けたのですが、風が強いため本番では
閉じました

034_2
ほぼ満席の皆さんがステージのグループと一緒に歌います

067_2
   フィナーレの「ふるさと」は全員総立ちで大合唱

 800人の熟年や高齢者が3時間半で44曲を歌い、ますます元気になった今日の合同祭でした。

 屋外ステージの隣ではコスモスが見頃になっていました。
021_3

023_2

2016年10月12日 (水)

熱海の宿で迎えた誕生日

 昨11日の午後から熱海へ出かけていました。半世紀前の教え子たちの仲間が久しぶりに集まるということで連絡があり、熱海港の近くのホテルで落ち合いました。熱海で泊まるのは20数年ぶりのことでした。

 夜はご馳走をいただきながら積もる話に花が咲き、部屋へ戻ってからも延々と2時過ぎまで続いていました。卒業アルバムや卒業生の名簿を見ながら「情報交換」をしました。半世紀が過ぎても当時の様々な出来事や一人一人の生徒の印象は頭のどこかにあって思い出すことができます。

 夜が更ける頃ようやく眠りにつき、朝7時に起床。教え子たちから口々に「お誕生日おめでとうございます」という挨拶がありました。

 今日10月12日は私の誕生日です。遂に傘寿になりました。これからも元気でいろいろ忙しくしたいと思います。よろしくお願いします。

2016_10120001 2016_10120002
熱海駅は全面改修工事中。11月中にオープンとのこと

2016_10120003 2016_10120004
㊧ホテルの部屋から見たサンビーチ方面
㊨熱海港方面

2016_10120009
          連絡船が出港していきます

2016_10120022 2016_10120024
さすが熱海・・・鯛などの舟盛りと、金目鯛の煮付け

2016_10120038_2
帰路、午前9時半頃の富士山。雪のない夏山の姿です

2016年10月10日 (月)

わが家で生まれたチョウ

 わが家の庭では毎年いろいろなチョウが生まれます。この秋になってナミアゲハやルリタテハがチョウになって飛び立って行きました。

ナミアゲハ

2016_09280002
            ホトトギスに止まっています

2016_09280001

2016_09280009_2
生まれたばかりでなかなか槙の木を飛び越えることができません

ルリタテハ

2016_09150013_2
         ホトトギスの葉を食べる幼虫

Photo_2
             美しいチョウです

2016年10月 9日 (日)

今日の逸品

 JR名古屋駅構内でしか買えない「ピヨリン」のハロウィンバージョンです。

2016_10090003_2

 帽子、コウモリの羽根など、ハロウィンの特別バージョンです。一つ一つ手作りなので少しずつ違います。 

 ピヨリンは2011年7月の発売で、名古屋コーチンの卵を使ったプリンです。名古屋駅構内のJR系2店舗でしか販売されていません。

 賞味時間は3時間です。保冷剤を入れてくれますが、3時間が限度でそれ以上になるとプリンが溶けてかわいいピヨリンの顔が崩れて泣き顔になってしまいます。

 かわいくておいしいピヨリンは名古屋駅の名物で、日によって早い時間に売り切れてしまいます。

2016年10月 8日 (土)

ジュビロ ファン感謝祭

 ジュビロのシーズンシートホルダーを対象とするファン感謝祭に数年ぶりで参加しました。J1残留が決まっていない微妙な時期の開催で、募集定員1000人に対して参加者は約700人と少なめでした。

 ジェイ、カミンスキー、小川航選手を除く選手全員と名波監督が参加しました。セレモニーの後、選手との交流です。いろいろな選手にサインをお願いし、ツーショットの写真を撮りました。

2016_10080020_2
7上田康太選手のサインです。磐田東高OBの康太は私の事をよく覚えていてくれてすぐにわかってくれました。健闘を祈り握手しました。

2016_10080021_2
 左は八田選手、中は森島選手です。八田は康太と同じく磐田東OBです。八田も私が名乗る前にすぐにわかってくれて、開口一番「今は何をしているのですか」とたずねられました。

 このほかに、松井・山本康輔などのサインをいただきました。

 康太や八田と同期の森下俊は体調不良で欠席で残念でした。

 残り3試合は名古屋・浦和・仙台との対戦です。今日の感謝祭でも社長、名波監督、締めの挨拶をした岡田の3人が
残留を目指して頑張るという決意を表明してくれました。がんばりに期待して待つしかありません。

2016_10080009

2016_10080005 2016_10080011
     木村社長           名波監督(中央)

2016年10月 7日 (金)

800人が44曲の懐かしい歌を歌う会

 10月6日の静岡新聞朝刊11面「ウィークリー ガイド」に次のような記事が掲載されました。県内の1週間の各種イベントを紹介する欄です。

_20161007_0001_2


 第4回を迎えた「みんなで歌おう会合同祭」です。今年は過去最大の18団体800人が参加し、3時間半で懐かしい童謡・唱歌・フォーク・歌謡曲など44曲を歌います。そのプログラムです。

_20161007_0001_4

 同じ曲は一つもありません。ステージでの発表に合わせてスタンドの全員が声を合わせて歌います。

 みんなで歌おう会は市内7区に21の団体があり、それぞれ月に2回の例会で2時間で25曲前後の歌を歌っています。私が全体の運営の役割を務めています。

 10月13日(木)午後0時30分~4時まで、休みなく歌っています。会場は浜名湖ガーデンパーク屋外ステージです。どなたでも自由に聴き、一緒に歌うことができますのでどうぞお出かけください。

2016年10月 6日 (木)

文化芸大 後期の授業始まる

 静岡文化芸大の後期の授業が3日から始まっています。私が聴講する科目は上山典子先生の「文化と芸術C]です。内容は音楽史で「20世紀の音楽」です。

 今日は15時間の授業の概論で、20世紀に先立つ19世紀の音楽史の概観と、20世紀の開始時期、20世紀の特徴、世紀末の芸術傾向などについての講義でした。

 音楽史の19世紀とは・・・①ベートーベン没(1827年)後~20世紀初頭(1910年頃)まで ②1789年(フランス革命)~1914年(第一次大戦勃発)までの125年という長い時代。
 一口に19世紀と言っても、その考え方はずいぶん違うものです。

 20世紀の開始時期についても、①1901年 ②1908年(シェ-ンベルクによる調性の崩壊) ③1913年(ストラヴィンスキーの《春の祭典の初演》 ④1914年(第一次大戦勃発) ⑤1918年(第一次大戦終結) と諸説があります。

西洋音楽は20世紀になって過去と切断され、全く新しい音楽が生まれてきました。レコードやテープ、CDなど場所と時間に関係なく音楽を聴くこともできるようになりました。

 来週からはDVDやCDで音楽を聴きながら20世紀の音楽を学びます。楽しみです。

2016年10月 5日 (水)

10月のガーデンパーク

 6日ぶりのガーデンパーク。13日に開催予定の「みんなで歌おう会合同祭」の会場についての打合せです。特に問題もなく本番を迎えることができそうです。

花ひろばのコスモス

2016_10050057_2
  開花はまだこの程度です。あと1週間でどこまで咲くか。職員の話によると、天候不順で生育や開花が遅れているとのことです。

2015_10150005_2
        去年10月15日には満開でした

秋の花

2016_10050005
パンパスグラス・黄色いアンデスの乙女・オレンジのコスモス

2016_10050021 2016_10050023
               ホトトギス

2016_10050030_2
          フウリンブッソウゲ(風鈴佛桑華)

2016_10050031 2016_10050032
              ケイトウとバラ

2016_10050038 2016_10050041
     シュウメイギク       スイフヨウ(酔芙蓉)

2016年10月 4日 (火)

ASNウォーキング 遠州横須賀

 ASN(アクテイブ シニア ネット)の月例ウォーキング10月の当番は私でした。
今回は「遠州横須賀と駿遠線の跡を訪ねる」としました。掛川市南部で、大須賀氏の居城である横須賀城の城下町です。古い町並みが残る情緒豊かな町です。

 駿遠線は藤枝と袋井を結ぶ全長64.6キロの国内最長の軽便鉄道で、1967年の廃線まで太平洋岸の重要な交通機関でした。その跡が残されている地域を歩きました。

2016_10040004_2
     当時のホームが残る五十岡(いごおか)駅

2016_10040010_2
               新岡崎駅跡

2016_10040007_2
       軌道跡(左の褐色の遊歩道)沿いのサクラ

2016_10040013_2
      三熊野神社本堂(県指定重要文化財)

愛宕下羊羹

2016_10040019 2016_10040017
    愛宕下羊羹のお店    包装してありません

2016_1004ans0001 2016_1004ans0002
   包装してもらいました     白・小豆・抹茶羊羹

  1907年創業。お店は愛宕神社のすぐ下にあります。午前11時過ぎ、栗羊羹は売り切れでしたがほかは在庫がまだ少しありました。なくなれば閉店です。

清水邸

2016_10040021 2016_10040025
   廻船問屋時代の船着門   湧水亭でお茶をいただきました

2016_10040027 2016_10040028
              日本庭園

横須賀城址

2016_10040033 2016_10040035
    大井川の河原の丸い石を積み上げた石垣が美しい

2016_10040038_2
          草が生い茂る天守台跡

2016_10040041_2
       石垣の頂上部に咲く一輪の彼岸花

 久しぶりの青空に恵まれた一日・・・楽しいウォーキングができました。

2016年10月 3日 (月)

ノーベル賞

 今夜6時半過ぎ、ニュース速報で日本人がノーベル医学・生理学賞を受賞したことが伝えられました。東工大の大隅栄誉教授です。医学・生理学賞では昨年の大村さんに続き2年連続です。日本人のノーベル賞受賞も多くなってニュースを聞いてもそれほど驚かなくなりました。

 天野浩君が物理学賞を受賞して大喜びし、感動したのは2年前のことでした。教え子の一人がノーベル賞受賞者になったことは生涯忘れることはありません。

 文学賞候補として毎年マスコミに登場する村上春樹の受賞があるのでしょうか。

 子どもたちや若い研究者たちが、ノーベル賞受賞のニュースを聞いて刺激を受け、「世の中で役に立つ」ことに取り組む意欲に燃えることを期待したいと思います。

2016年10月 2日 (日)

お天道様が恋しい

 9月中旬から天候不順の日が続いています。
 気象庁の統計をみると、浜松では9月12日から10月1日までの20日間で日照時間の合計は39.8時間で、1日平均2時間弱です。半日以上お日様が出ていたのは9月26日(6,6時間)と27日(6.8時間)の2日しかありません。1日の日照時間が2時間未満の日が13/20日、1時間未満が9/20。

 1981年から2010年まで30年間の平均ではこの20日間の日照時間は99.7時間です。今年の39.8時間は平年の40%です。

 この20日間で1㍉以上の雨が降った日が9日ありました。この2,3日は雨が降っていませんが雲が垂れ込めていつ雨が降るかわからない空模様で、洗濯物を干すのに困ります。室内に洗濯物があふれています。

 明日3日からはまたかなりの雨の予報。それに続いて強烈な台風の接近です。
 4日には私が担当するウォーキングの日ですが、今のところ雨の予報で中止になりそうです。下見をして準備したのですが。
 

 秋雨前線が日本列島にへばりついて離れません。前線が刺激されて活発になると大雨や雷雨。秋をもたらす北の高気圧が張り出してくると、さわやかな秋の空が広がるのですが、台風一過でそれが期待できるか・・・。

 13日には市内全域から800人が参加するイベントを浜名湖ガーデンパークで開く予定で毎日準備に追われています。

 お天道様が恋しい今日この頃です。

2016年10月 1日 (土)

J1残留に黄信号 ジュビロ1-2新潟

 2ndステージはここまで14戦でわずか1勝(福岡)、ホームで8戦勝利なしと不振に陥ったジュビロは残留を掛けた新潟との決戦で1-2で敗戦。J1残留に黄信号が点灯。ジュビロは年間勝ち点32,降格圏内の16位甲府は28、15位名古屋は今日大勝して29,14位新潟が30でジュビロとの差がなくなってきました。残り3試合で運命が決します。

 今日のゲーム、後半42分まで1-1でしたが新潟の連続攻撃の圧力に屈しました。内容から見てジュビロの敗戦やむなしという情けないゲームでした。今日のような試合内容ではJ1は厳しいという感じです。

 試合終了と同時にすさまじいブーイングの嵐。ヤマハスタジアムで久しぶりに聞きました。

2016_10010006_2
            横断幕もむなしく・・・

2016_10010008_2
監督が替わったばかりで苦境の新潟でしたが、バックアップする
サポーターは元気でした

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »