2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 文学と歴史の旅③戸隠から松代へ | トップページ | 浜名湖ガーデンパークの秋 »

2016年9月28日 (水)

敷地川のヒガンバナ

 敷地は磐田市の北部、旧豊岡村で新東名が天浜線と交差する地点から北のエリアです。集落の中央部を敷地川が流れています。

 その敷地川の両岸を赤く染めるヒガンバナがあったのですが、ここ数年はその数が少なくなって寂しくなりました。

2016_09260040

2016_09260035 2016_092600372016_09260039_2

近くの寺院のヒガンバナ

2016_09260043 2016_09260047


天浜線敷地駅ホームからの遠望

2016_09260048

« 文学と歴史の旅③戸隠から松代へ | トップページ | 浜名湖ガーデンパークの秋 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 敷地川のヒガンバナ:

« 文学と歴史の旅③戸隠から松代へ | トップページ | 浜名湖ガーデンパークの秋 »