2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 喉に刺さった骨の顛末 | トップページ | 広島カープ 優勝お預け »

2016年9月 7日 (水)

シラタマホシクサが咲いてきました:銅鐸公園


 銅鐸公園(北区細江町中川)は名前のとおり、複数の銅鐸が出土した公園です。この公園に小さな湿地があり、シラタマホシグサの群落があります。
 シラタマホシグサは東海地方のごく一部にしかない稀少植物で絶滅危惧種Ⅱ種に指定されています。
 直径1㌢前後の白い球形の花が咲くと満天の星のように見えます。

 2016_09070030
          わずかな湿地で咲いています

2016_09070032_2


2016_09070014_2

2014_09100005
       (2014/9/10撮影)

2016_09070035_4
湿地は2段に分かれています。手前が下段、木の奥が上段

2016_09070019 2016_09070024
            少し広い上段です

2016_09070036_2

2016_09070037 2016_09070039
     ミズギボウシ        柿の落ち葉のアート

 この湿地ではぬかるみや悪臭にご注意ください。

« 喉に刺さった骨の顛末 | トップページ | 広島カープ 優勝お預け »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シラタマホシクサが咲いてきました:銅鐸公園:

« 喉に刺さった骨の顛末 | トップページ | 広島カープ 優勝お預け »