2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月30日 (金)

男の料理教室

 ASN(アクティブ シニア ネット)の男の料理教室は今日で87回目でした。今日はシンプルなメニューで短い時間で調理できました。

メニュー
①米飯 ②牛肉とエリンギの炒め物 ③さつまいもと葱のみそ汁 ④小松菜のごま和え

2016_0930ryourikyousitu0036 2016_0930ryourikyousitu0038
     レシピの説明         食材もシンプル

2016_0930ryourikyousitu0039 2016_0930ryourikyousitu0040
   牛肉を炒めています     小松菜を茹でています

2016_0930ryourikyousitu0045
           牛肉とエリンギの炒め物

2016_0930ryourikyousitu0044 2016_0930ryourikyousitu0043
   さつまいものみそ汁     小松菜のごまあえ

 来月の第88回は私が当番です。これからレシピを考え、それから練習します。

2016年9月29日 (木)

浜名湖ガーデンパークの秋

 気温の高い日が続いて初秋というよりは晩夏のような今日この頃です。
 蒸し暑い上ににわか雨に見舞われる心配のある空模様でガーデンパークでは人影も少なく遠足で来た小学生の声だけが響いていました。

 10月13日(木)に800人が集まって懐かしい歌を歌う会を開くので、その会場の下見に行きました。

秋の花

2016_09290023
            オミナエシとワレモコウ

2016_09290017 2016_09290042
             シュウメイギク

2016_09290057
              池の畔のヒガンバナ

2016_09290053 2016_09290052
               リコリス

2016_09290062
           ケイトウとネコノヒゲ(白)

2016_09290037 2016_09290033
    パラシュートプランツ      ジンジャー

熱帯スイレン

2016_09290051 2016_09290056

東西水路で

2016_09290032
  アサザ:水路の両岸を埋めるほど大量に咲いています

2016_09290019 2016_09290071
水路で藻が繁殖してスクリューにからまるため除去作業をしていました

屋外ステージ=10月の会場

2016_09290007 2016_09290008_2
だれもいない会場は当日満席になります 会場横のコスモスがわずかに開花。当日はほぼ満開の予定です

2016年9月28日 (水)

敷地川のヒガンバナ

 敷地は磐田市の北部、旧豊岡村で新東名が天浜線と交差する地点から北のエリアです。集落の中央部を敷地川が流れています。

 その敷地川の両岸を赤く染めるヒガンバナがあったのですが、ここ数年はその数が少なくなって寂しくなりました。

2016_09260040

2016_09260035 2016_092600372016_09260039_2

近くの寺院のヒガンバナ

2016_09260043 2016_09260047


天浜線敷地駅ホームからの遠望

2016_09260048

2016年9月27日 (火)

文学と歴史の旅③戸隠から松代へ

 二日目の長野の朝も雨でした。長野駅近くのホテルを出発したバスは市内中心部を経由して戸隠バードラインを進みました。

2016_09230104 2016_09230106
      中心部も戸隠へ向かう道も低い雲の中

2016_09230112 2016_09230120
  紅葉の名所飯縄湖       戸隠神社中社鳥居

2016_09230123_2
              戸隠神社中社

 中社に参拝した後、隣の宝物館で貴重な資料を拝見しました。

 戸隠には各所に蕎麦屋があります。そのうちの1軒でおいしいお蕎麦をいただきました。ざる蕎麦、蕎麦がきなどです。

2016_09230132_2
           立派な店:「そばの実」

 戸隠から長野に戻る道すがら、先生の生家や通学した小・中学校などを見ました。今回の旅は先生のゆかりの地を訪ねる旅でもありました。

 長野へ下りて川中島を通過。千曲川を渡って松代城址へ。松代城は海津城の跡に築城されました。1622年に真田信之が上田城から松代城に移り、以後真田氏の拠点となりました。

 城址のすぐ近くにある真田宝物館でいろいろな資料を見ました。先生とはここでお別れ。

 木曾義仲と真田氏、それに加えて先生にゆかりのある地を訪ねた意義有る旅でした。








2016年9月26日 (月)

宝珠院のヒガンバナ

 天竜区横山の宝珠院のヒガンバナがピークを過ぎようとしていました(26日)。本堂に向かう参道の斜面をヒガンバナの赤が染めていました。

2016_09260008

2016_09260002

2016_09260016

2016_09260011
      参道から見た天竜川にかかる横山の橋

道の駅「花桃の里」で

2016_09260025 2016_09260026

2016_09260028
   夢のかけ橋のたもとで咲くヒガンバナ。水面は船明ダム湖

暑さの残る中、秋の気配が進んでいます。

2016年9月25日 (日)

ジュビロ J1残留まで足踏み 湘南と0-0

 

 残り試合が少なくなって優勝争いとともに残留争いが気になる頃になりました。J1に復帰したジュビロは1stステージ勝ち点23で8位と健闘しましたが、2ndステージは勝ち点9で16位。年間順位は今日のゲームが終わって勝ち点32の13位です。

 残留のライバルは14位甲府(28)15位新潟(27)16位名古屋(26)です。残りは4ゲーム、次節新潟に勝っても残留は決まりません。いよいよ正念場です

 今日のゲームは前半湘南に支配されて厳しい戦いでした。後半になって攻勢に出たジュビロでしたが、決定的なチャンスを相手GKのスーパーセーブに阻まれて得点0に終わりました。

 ジュビロサポーターには強いストレスの残る残念なゲームでした。

 

 

2016年9月24日 (土)

文学と歴史の旅②海野宿から上田城へ

 浜松から東御(とうみ)市までバスで5時間30分の長い行程です。雲が低く垂れ込め雨が降り続く中、どこを見ても山の稜線などは見えません。

2016_09230003 Img_6179
     雨の中央道       晴れていれば・・・(2010/2)

 イタリアンレストランで先生と合流してランチです。

2016_09230026 2016_09230018
コスモスに囲まれたすてきなレストランでした。地ビールや信州のワインもなかなか美味でした

白鳥神社
 東御市海野宿の入り口にあります。この神社前を流れる千曲川の河原で木曾義仲が1181年に平氏討伐のために挙兵しました。

2016_09230043_4
    義仲が挙兵した白鳥神社前の千曲川

それから400余年後、真田氏が氏神として奉祀した白鳥神社

2016_09230034 2016_09230036
     義仲の挙兵について先生のお話を聴く

2016_09230038_2

海野宿=北国街道の宿場

2016_09230047_2

2016_09230053 2016_09230059
            卯建があがる町

上田城跡

2016_09230070 2016_09230072
    真田丸、真田丸・・・  真田丸ドラマ館はパスしました

上田城は1583年に真田昌幸が築城、二度に渡る上田合戦で徳川軍に打ち勝ったのですが、関ヶ原で敗れた後、1601年に破却されました。

2016_09230074 2016_09230078
                          堀

2016_09230084_2
          天守台跡で、先生の解説を聴く

2016年9月23日 (金)

文学と歴史の旅①

 静岡文化芸大で二本松先生の「日本文学」に関する科目を聴講した社会人聴講生の仲間が、先生に案内していただいて「平家物語」に関係した地を訪ねる旅・・・ほぼ1年半ぶりの旅は先生の故郷信州を訪ねました。

 あいにく9月22日、23日とも雨で、安曇野からのアルプス野山並みも先生の故郷戸隠の連山もまったく見えず残念でした。 

 今年は「平家物語」とともに「真田丸」を訪ねる旅でもありました。

 訪ねたところは、①海野宿と白鳥神社 ②上田城 ③横田河原 ④戸隠神社中社・宝物館 ⑤松代城 ⑥真田宝物館 などです。

2016_09230011 2016_09230051
    濁流の千曲川     雨の北国街道海野宿

2016_09230074
              上田城

2016_09230123_2
              戸隠神社中社
             2016_09230176_2
            松代城

 今夜9時に帰宅。続報はまた後日。

2016年9月22日 (木)

歴史と文学の旅 信州へ

静岡文化芸大の二本松先生に案内していただき平家物語と真田丸の跡を訪ねる旅です。終日雨の中、海野宿から上田城、横田河原などを見ました。明日は午前中先生の故郷である戸隠、午後は松代城です。

2016年9月21日 (水)

浜松フラワーパークのヒガンバナ

 フラワーパークでは園内各所でヒガンバナが咲いています。そろそろ見頃を過ぎようとしているところもあります。

2016_0921fp0051_2
梅林の斜面で紅白のヒガンバナが美しい模様を作っています

2016_0921fp0042_2
                同じく梅林で

2016_0921fp0039_2
               みごとな一輪

2016_0921fp0015_2
             しょうぶ園北側で

2016_0921fp0017
            モミジの木の下のヒガンバナ

2016_0921fp0024 2016_0921fp0004
      クコの花           二季サクラ

2016_0921fp0003 2016_0921fp0030
       ソルチカム         熱帯スイレン

2016年9月20日 (火)

二俣川沿いのヒガンバナ

 台風16号来襲の前にということで、19日(月)午前、二俣川河川敷で咲くヒガンバナを見に行きました。二俣大橋の南、栄林寺の前です。ほぼ見頃になっていました。

2016_09190017

2016_09190018

2016_09190016

2016_09190009_2

2016_09190007_2
               ハグロトンボ

2016_09190022 2016_09190028
   二俣川の流れ(上方)    二俣大橋(上㊧)

 今日の台風でヒガンバナは大丈夫だったでしょうか午後9時現在、台風16号は浜松付近を東に進んでいます。

台風が近くを通過していますが、外は穏やかです。午後9時の浜松の風速は4㍍、雨は午後6時過ぎからほとんど降っていません。今日一日の降水量は33㍉です。

2016年9月19日 (月)

磐田東6-5島田商業 高校野球秋の県大会2回戦

 まずスコアボードの画像から。

2016_09190059

 得点が動いたのは3回表までです。磐田東は2回裏に4-4の同点とした後、さらに4番寺田のライトスタンドへのツーランで逆転しました。打った瞬間にホームランとわかるみごとな一打でした。
 守りでは1回表1死で先制を許した直後早くも投手交代。2回に3人目、4回で4人目、6回で5人目そして最終回に6人目の森口が3人で終わりにしてくれました。毎試合めまぐるしい投手交代です。

 1回が終わるまでに30分、2回が終わるまでに1時間・・・先の展開が読めない乱戦で始まりましたが、3回裏からは落ち着いたゲームになりました。

 磐田東は勝つには勝ちましたが、投手陣が不安定で投げさせてみないとわからないという現状。打線もたまたま本塁打で逆転したものの必ずしも好調とはいえず、相手の投手が交代した後はチャンスもほとんどない状態でした。終わってみれば安打数は6-10になっています。

 捕手の肩が弱いのも心配で盗塁はほとんどフリーの状態でした。

 さて、次は準々決勝で待望の静岡との対戦です。相手にとって不足なし。投手陣がそれぞれ自分の役割を果たし、打線がバッテリーを強力に援護し、守りに破綻がなければ勝機はあります。

 東海大会まであと2勝です。今日の勝利で得たチャンスを生かして頑張ってほしいと思います。

2016年9月18日 (日)

敬老祝寿会

 明日の敬老の日を前に、地域の敬老祝寿会が町の公会堂で行われました。町内の75歳以上は一昨年に1000人を超え、今年は1080人です。あいにくの雨模様の天気で出足が少し鈍かった様子です。

 昨年度までは主催者代表としての役割を果たしていましたが、今年はお祝いしていただく側を代表してお礼の挨拶をしました。

 浜松は全国の政令指定都市の中で健康寿命が男女とも最も長くなっています。挨拶の中でこれからも心身共に元気で老後を楽しく送るために、①きょういく ②きょうよう ③きょうほ が大切であることなどを話しました。

 ①きょういく は今日も行くところがある。②きょうよう は今日も用がある ③きょうほ は今日も歩く です。「きょうほ」は私の造語です。家から出て人と会うことで元気になります。

 式典の後、町内の有志による語りや歌のアトラクションがありました。最後は子ども会の子どもたちのお祝いのことば・歌・リンゴのプレゼントでした。

005_2
 子どもたちが「世界に一つだけの花」を歌っています

今年のお祝いの品

2016_09180012 2016_09180010
      お赤飯・バウンドケーキ・清酒1合・りんご

2016年9月17日 (土)

ソバ 驚異の生長

 今朝ミニ農園へ出かけて驚きました。9日(金)に種を蒔いたばかりのソバの発芽の状況を見に行ったのですが、発芽どころか・・・。

012_4
     丈は10㌢ぐらいで葉も大きく広がっています

009_2

006_3
              これで8日目です

 「ソバの花鑑賞パーティー」を11月中旬に開く企画がありますが、予定を繰り上げる必要があるかもしれません。

落花生無惨

 ソバ畑の隣で私が植えた落花生が間もなく収穫期を迎えます。ところが・・・

004_2
            動物が食べた残骸が 

001 003
    みごとに掘り返されて殻が散乱していました

 これではわれわれの口には入りそうにありません。

2016年9月16日 (金)

一日遅れの「中秋の名月」

 昨日は中秋の名月でした。夕方から出かけていたこともあって撮影のチャンスはありませんでした。今夜、時折雲に隠れながら東の空に昇る月を見ました。

2016_09160004_2
    午後6時58分。黒い線は高圧電線です

2016_09160006_2
              午後8時55分

満月は明日です。

2016年9月15日 (木)

ネコの平均寿命

 2014年のネコと犬の平均寿命が発表されました。ネコ11.9歳、イヌ13.2歳です。1990年は5.1歳と8.6歳でしたからネコは2.3倍イヌ1.5倍と大幅に伸びています。
 伸びた要因はネコの場合,室内飼いが増えたことやワクチン摂取率が高くなったことなどによるものです。

 わが家のレーチェは今12・4歳。ほぼ平均寿命です。レーチェは室内飼いでワクチンも摂取していますし、ご飯もアレルギー対応の病院食です。定期的に血液検査や尿検査を受け手います。今のところ特に問題となる所見はありません。

 今夜のレーチェは私の帰宅を玄関で3時間半待っていたとのことです。帰宅直後の私の部屋で甘えているレーチェです。

007 009

012_2

2016年9月14日 (水)

咲き始めたヒガンバナ:引佐町で

 秋雨前線の影響で鬱陶しい日が続いています。今日(14日)も朝方かなりの雨でした。昼頃から薄日も差してきたので車で一走り。井伊谷浄化センター南の田んぼのあぜ道で咲き始めていました。

2016_09140019_2

2016_09140018_2
        水路沿いのあぜ道でみごとに咲いています

2016_09140009 2016_09140010

2016_09140006_2

 見頃になるとこのあたり一帯のあぜ道はヒガンバナで真っ赤に染まるのですが、今日はごく一部で咲いているだけで、国道257号から見てもほとんどわかりません。

2016_09140013 2016_09140017
    近くのパンパスグラス   次郎柿が色づいてきています

 19日は秋の彼岸入り。22日が中日(秋分の日)。季節は秋です。

ブログのアクセス数 間もなく40万

 このブログ「ゆるやかに時は流れる」のカウンターが9月14日午前10時40分現在で399,843を示していました。明日にでも400,000を超えるでしょう。

2016_09140002_4








2016年9月13日 (火)

遠州横須賀を歩く②

横須賀城の石垣:丸い河原石を積み上げた玉石積みが美しい

2016_09120107 2016_09120110


 横須賀城跡から下に降りた頃ちょうどお昼になりました。街中を歩いている時に親切な奥さんからいただいた「クチコミ瓦版」」を見ながらお店を探しました。お城の近くの料理屋やお寿司屋は営業していません。仕方なく町の中心部まで戻ってそば・ラーメンの店へ。あいにくお昼時で満席。近くにあった「おにぎりカフェ チロリン村」という小さなお店に入りました。自然食品限定のお店でした。横須賀のお米と横須賀の醤油、味噌、酢などを使ったおにぎり弁当をいただきました。店内は地元の人たちが作った人形や工芸品がたくさん陳列してありました。10月のちっちゃな文化展では展示や演奏の会場として賑わうのだそうです。いろいろお話を伺いました。

2016_09120124_2
             チロリン村の店内

 ゆっくりとお昼をいただいた後、バスで新岡崎へ。駿遠線の跡地です。

2016_09120137_2
横断歩道を渡ったところに「新岡崎」の駅名板や記念碑があります

新岡崎から五十岡(いごおか)まで軌道跡を歩きました。
2016_09120140 2016_09120141
  あぜ道のヒガンバナ     横断中のヘビ

2016_09120150_2
軌道跡が遊歩道になっています。中央の屋根の下が今も残っている五十岡駅のホームです

 初秋の風が吹く中、この日は約10㎞歩きました。清水邸では床にシュウメイギク、玄関にはワレモコウ、庭には栗の実・・・秋の風情でした。
 ウォーキングの本番は10月中旬・・・もっと秋が深まっているはずです。

2016年9月12日 (月)

遠州横須賀を歩く①

 横須賀は掛川市の南西部で旧大須賀町の中心部です。横須賀城の城下町で古い町並みが残っています。
 ASN(アクテイブ シニア ネット)の月例ウォーキングで10月が私の担当になっているのでコース設定のための下見に出かけました。

 袋井駅南口からバスに乗りました。
2016_09120029_3 
袋井駅の橋上化工事が終わってみごとに変身していました。南口は「どまん中通り 駿遠口」だそうです。

2016_09120025_2 2016_09120030
バス乗り場もわかりやすい。秋葉バスですが車両のデザインは静鉄バス。子会社です。

 始発に乗りましたが乗客は私と家内の二人だけ。途中で乗った二人は間もなく降りて横須賀中心部まで貸切状態。われわれが降りて客はゼロになりました。

古い家並み

2016_09120055_2

2016_09120056 2016_09120127
                愛宕下羊羹。午後1時で売り切れ閉店

2016_09120066 2016_09120082
清水邸でお庭を見ながらお茶を点てていただきました

横須賀城跡

2016_09120114_2
       夏草が生い茂る天守台跡

 横須賀の街を歩いた後、バスで袋井市南部に移動し(乗客はまた二人だけ)、日本最長の軽便鉄道駿遠線の跡地を歩きました。

2016年9月11日 (日)

ジュビロ  痛恨の敗戦 3-4神戸

 

カープの優勝に沸いた夜、磐田は裸祭で賑わっていました。
リーグ戦も残り7戦、いよいよ正念場です。名波監督が開幕前に掲げた勝ち点の目標は40でした。J1残留の目安となる数字です。昨日の試合前のジュビロの勝ち点は31,今後3勝が必要です。

 この試合、ジュビロは前半29分ジェイのゴールで先制!リードのまま前半終了かと思われた45分にジュニオールのゴールで追いつかれました。

 後半になって神戸の早くて巧みなパスに防戦一方になりました。後半5分、ふたたびジュニオール、12分にレアンドロに決められて1-3。21分に川辺のゴールで2-3。後半42分に
ジェイがPKを決めて3-3の同点に。ジュビロに逆転の気運が生まれました。(画像)

2016_09110032_2

 ロスタイムに入って2分・・・ジュニオールの長いボールを受けたレアンドロが頭で決めて3-4。このシーンは明らかにジュビロDFの警戒心が希薄でした。
 ロングボールにパパとカミが対応しようとしましたが、二人が正面からぶつかるポジションで、カミが手を伸ばしてクリアする前にレアンドロが頭に当てて無人のゴールに押し込みました。ジュビロサポーターは一瞬何が起こったのか・・・狐につままれたような敗戦ゴールでした。

2016_09110019
ボールが入ってきました。ブルーの背中がDFパパ、その向こうが
レアンドロ、GKカミは左です

2016_09110036
カミがセーブする前にレアンドロが頭に当ててそのままゴール(㊧)へ

 衝撃の敗戦でイレブンもサポーターも足取り重く引き上げていきました。
 残された6試合は鹿島・湘南・新潟・名古屋・浦和・仙台です。これで3勝以上が目標で頑張ってほしいと思います。

 祭の夜でしたが入場者は12,000を超えていました。

この日の入場者にプレゼントされたDFパパドプーロスのうちわです。

_20160911_0001_2

2016年9月10日 (土)

広島カープ 25年ぶりの優勝

 巨人に逆転勝ちで優勝を決めました。今シーズンのカープらしい逆転勝ち・・・神ってる鈴木誠也が2本のホームラン、勝ち投手は黒田、中崎がセーブ。
 前回の優勝は1991年ですから25年ぶりです。1950年のシーズンからプロ野球に参入したカープは初優勝までに25年かかりました。

 初優勝は1975年10月15日のことでした。後楽園球場で巨人に勝って優勝を決めたのです。その日、私の受け持ちの生徒がわが家に日本酒の1升瓶を優勝祝いに届けてくれたのを今でもよく覚えています。

 今シーズン活躍している鈴木誠也は1994年生まれ、抑えの中崎は1992年生まれですからカープの優勝を知らない世代です。

 今夜の広島の街中は大騒ぎになっているようです。土曜日の夜ですから明日の朝まで続くのでしょう。「カープ愛」は今や一つの「社会現象」になっています。

 今夜はジュビロの応援に磐田へ出かけていました。ジュビロは後半ロスタイムの痛恨の失点で神戸に負け。試合中に携帯でカープの戦況を確認していました。ジュビロの敗戦後、急いで帰宅。8回から優勝決定までを見届けました。

 今夜は祝杯をあげて万歳です!!

2016_09100055_2
            優勝決定の瞬間

2016_09100057_2
            緒方監督胴上げ7回

2016_09100062_2
        記者会見始まる 23時04分

2016_09100063 2016_09100061_2
     緒方監督          ビール掛け会場
                     ビール3000本とか

2016年9月 9日 (金)

ソバの種まき

 ASNのメンバーでソバの種まきをしました。好天に恵まれて3㎏の種を2時間で蒔きました。

2016_09090002_2
   あらかじめトラクターで耕してあった耕地です

2016_09090006 2016_09090007
     肥料を撒き         小型耕耘機で整え

2016_09090017 2016_09090015
    正確に区分して       種を蒔きました

2016_09090012_2
        蒔いた種に土をかぶせていきます

2016_09090020_2
         近くでクズが咲いていました

  35本の畝に去年の1.5倍の種を蒔きました。11月に昨年よりも多く収穫できることを期待しています。

2016年9月 8日 (木)

広島カープ 優勝お預け

 

昨日マジックが2となって今日にも優勝の可能性があったカープは、今夜中日に7-4で勝ちましたが,巨人が阪神に3-1で逆転勝ちしたため今日の胴上げはなくなりました。

 阪神は青柳の快投で7回まで1-0でリード。青柳は2回から7回までヒットを1本も許さず完璧に抑えていたので、カープファンは期待していたのですが・・・。8回表、二者連続の死球で藤川に交代。この時点でいやな予感が。案の定、坂本にスリーランを献上して万事休す。阪神には反撃する力はまったくありませんでした。

 カープは7-4の勝利でしたが、投打とも昨日までのようにスッキリした勝ち方ではなかったようです。

 マジックは1になりました。明日カープのゲームはありません。巨人がヤクルトに負ければ優勝決定。巨人が勝てば10日、東京ドームでの直接対決に持ち越されます。

 いずれにしても25年ぶりの優勝はまさに秒読みです。

Photo
      9月7日 中国新聞朝刊テレビ欄
  「ありがとう本当にありがとうカープ日本一!」・・・と。

この時間、NHKクローズアップで特番放送中。

2016年9月 7日 (水)

シラタマホシクサが咲いてきました:銅鐸公園


 銅鐸公園(北区細江町中川)は名前のとおり、複数の銅鐸が出土した公園です。この公園に小さな湿地があり、シラタマホシグサの群落があります。
 シラタマホシグサは東海地方のごく一部にしかない稀少植物で絶滅危惧種Ⅱ種に指定されています。
 直径1㌢前後の白い球形の花が咲くと満天の星のように見えます。

 2016_09070030
          わずかな湿地で咲いています

2016_09070032_2


2016_09070014_2

2014_09100005
       (2014/9/10撮影)

2016_09070035_4
湿地は2段に分かれています。手前が下段、木の奥が上段

2016_09070019 2016_09070024
            少し広い上段です

2016_09070036_2

2016_09070037 2016_09070039
     ミズギボウシ        柿の落ち葉のアート

 この湿地ではぬかるみや悪臭にご注意ください。

2016年9月 6日 (火)

喉に刺さった骨の顛末

 人生初の経験をしました。今日昼過ぎ、「咽頭異物摘出術(複雑なもの)」という手術を受けました。
 昨夜、わが家の夕食でチョウカの煮付けをいただきました。
チョウカはユメカサゴのことで舞阪や燒津の漁港ではチョウカと呼ばれ、店頭でもこの名前で販売されています。

Photo Photo_2
    美しいピンク色        煮物に最適

 水深300メートルの深海に生息する魚で、煮ても焼いても刺身でもおいしくいただける高級魚です。スーパーなどで毎日売られているわけではありません。
 わが家では一人一尾ずつ煮付けました。おいしいお魚なのですが骨が多いので気をつけていただいていましたが・・・。

 喉の奥に異変を感じましたが、痛みがひどいわけでもなく、常時痛みがあるわけでもないのでその夜はそのままにして休みました。
 朝になっても骨が残っているのでとりあえずかかりつけの医院へ。喉の奥深いところで見えないので耳鼻科へ行くようにと言う指示。耳鼻科ではファイバースコープを鼻から通して撮影しました。その結果喉仏の裏あたりの食道の入り口付近に刺さっている骨が見つかりました。しかし、医院では除去できないということで紹介状と写真を持って聖隷病院へ急行しました。待つこと20分。問診の後、いよいよ手術。
 まず咽頭ファイバースコピーで検査して骨を確認。続いて
鼻から器械を差し込んで咽頭異物摘出術(複雑なもの)。わずか2,3分で「取れましたよ」という先生の声。摘出された骨です。

2016_09060001
    長さ17㍉

 3つの医療機関の医療費は合計44,780円。そのうち、咽頭異物摘出術(複雑なもの)が21,000円、ファイバーによる検査が6,000円などです。8月に1割負担になったので4,480円で済みました。

 手術が終わってスッキリ。魚の骨1本でもなかなか大変なことを初めて経験しました。

2016年9月 5日 (月)

雷が怖い!わが家のレーチェ

 昨夜1時過ぎから5時頃にかけて激しい雨が降り、2時頃には雷鳴が轟きました。近くに落雷したのではないかと思われるような大音響でした。一晩で50ミリを超える雨が降り、市内南部の芳川流域では66,000人を対象に避難準備情報が出されたほどです。

 レーチェは雷鳴が大嫌いです。ドアが閉まる音にも怯えるぐらい大きな音には弱いのです。雷が鳴っている間は眠れません。明け方近くまで起きていた様子です。

 寝不足だったレーチェは日中ずっと眠っていました。

2016_09050010_2

2016_09050004_2

2016年9月 4日 (日)

初秋の浜松フラワーパーク

 この季節は大型花壇の花も少ないので、各所にある林の中などを歩いてみましたが・・・。

2016_0904fp0001_2
           早咲きのコヒガンバナ

007_2
            梅林で咲くコヒガンバナ

010_2
     ハッカの蜜を吸うツマグロヒョウモンのメス

2016_0904fp0023_2
            シュウカイドウ

2016_0904fp0031_3
                ミズヒキ

2016_0904fp0017_2
                ミズアオイ

022_2
          ジニアなどが咲く花壇

バラ園の今

025 027
        秋のバラが咲き始めています

2016年9月 3日 (土)

新野球場と新陸上競技場

 私の町内に四ツ池公園という都市公園があります。この公園の中に市営の浜松球場と陸上競技場があり、年間を通じて多くの人に利用されています。27年度の年間利用者は野球場が10万人、陸上競技場が20万人です。

 この二つの大型スポーツ施設をめぐって年初から県政や市政にもかかわる様々な議論が展開され、マスコミでも大きく報道されています。

 事の発端は川勝県知事が県議会筋などへの根回しがないまま、浜松市最南部の遠州灘海岸沿いのエリアに県営野球場を整備する方針を打ち出したことにあります。新野球場は津波避難のための様々な機能を持つ複合施設として整備するという方針です。

 浜松市民の間でこれまでほとんど議論されず、関心も持たれなかった野球場が、今急ピッチで整備が進んでいる防潮堤のすぐ内側にできることについて市民の間から疑問の声が上がっています。

 ところが・・・よくよく調べてみると浜松市が遠州灘海浜公園の整備を要望し始めたのは1987年(昭和62)のことでした。1996年には今回の場所を新野球場の適地とする報告書が作成されています。市は2009年以後毎年この地区への野球場などの整備を要望しています。

 このような経過は市民にほとんど知らされていません。

 新野球場が整備されることになると、わが町内の市営球場はなくなります。その跡に国際大会が可能で記録も公認される第1種陸上競技場が整備されることになるものと思います。

 現在の陸上競技場は1940年開設、野球場は1948年開設という古い施設です。その後大規模改修や耐震工事は実施されていますが、駐車場の機能が230台しかなく、各種の大会を開催する際に深刻な問題になっています。

 現段階では新野球場の問題がクローズアップされてますが、野球場の整備が進むことになると、次は多額の市の予算を必要とする新陸上競技場の問題が議論されることになります。

 地元の住民として今後どのように対応するか、検討を始めるところです。

2015_08290023_2
             浜松球場:1948年~

2016_02210019_2
             陸上競技場:1940年~

2016年9月 2日 (金)

みんなで歌う会4周年

 自治会の事業の一つとして「みんなで歌う会」を立ち上げて間もなく4年になります。月に2回、1,3金曜日の午前中2時間、50~60人で歌い続けます。今日は32曲歌いました。唱歌や叙情歌から始まって流行歌まで、’秋’と’月’の曲を歌いました。昨日から9月、日中は暑いものの朝晩は秋を感じる季節になりました。編曲とシンセサイザー担当のKさんが選んでくれたすてきな歌のラインナップでした。

 現在市内7つの区に21の歌う会があります。そのうち18の団体が参加して、10月13日(木)に、浜名湖ガーデンパーク屋外ステージで第4回の合同祭を開催します。私はその責任者として現在準備を進めているところです。

 昨年は16団体620人の参加でしたが、今年は18団体で700人を超える皆さんが一堂に会して43曲歌う予定です。

 例会で歌い始めると日頃の嫌なことも体調不十分なことも忘れて気分が爽快になります。まさに至福の時間です。高齢者の多いメンバーにとってなによりも健康寿命が延びる大切な時間になっています。

2015_10150070_5
          昨年の合同祭のステージ

2016年9月 1日 (木)

初秋の浜名湖ガーデンパーク

 今日から9月、朝晩は秋の気配です。ガーデンパークで秋を探しました。

2016_0901gp0010_2

2016_0901gp0013_5
         

2016_0901gp0015_4
        スイフヨウ:赤いのは昨日咲いた花

2016_0901gp0020 2016_0901gp0021
            黄色と赤の鶏頭

2016_0901gp0024_2
              矮性のサルスベリ

2016_0901gp0030_2
                  コムラサキ

2016_0901gp0035 2016_0901gp0034
          マテバシイの大きなドングリ

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »