2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« フルーツ収穫体験 | トップページ | 梅雨の最中の万葉の森公園 »

2016年6月28日 (火)

「美しき女性たち-近代美人画の変遷-」:平野美術館

 「美人画」という用語は、明治時代の文部省美術展覧会いわゆる文展の中で形成された造語で、女性の容姿や内面の美しさを描いたものとするのが通説とされています。(展覧会のチラシから)

 この展覧会では、鈴木春信・喜多川歌麿・歌川豊国などの浮世絵、美人画の三大巨匠と謳われる上村松園・鏑木清方・伊東深水の他現存の画家に至るまで45点の作品で美人画の変遷をたどるものです。

_20160628_0001_2
        北野恒富《阿波踊》1930年頃

_20160628_0001_5 _20160628_0001_6
鈴木春信《猫をじゃらす娘》  歌川豊国《当世屋津し女三宮》

_20160628_0001_10
      志村立美《化粧》1975年頃

_20160628_0001_7 _20160628_0001_8
上村松園《朝ぞら》1937年   伊東深水《傘美人》1949年頃

_20160628_0001_11
 岡田眞治《麗》2013年

 以上のほか、秋野不矩・三輪長晃勢・中村貞以・梶原緋佐子などの作品もあり、様々なタイプの美人画を楽しむことができます。
 会期は8月7日までです。

« フルーツ収穫体験 | トップページ | 梅雨の最中の万葉の森公園 »

美術展」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「美しき女性たち-近代美人画の変遷-」:平野美術館:

« フルーツ収穫体験 | トップページ | 梅雨の最中の万葉の森公園 »