2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 日本一美しい仏像 国宝十一面観音 | トップページ | アサヒビール大山崎山荘美術館 »

2016年6月 2日 (木)

国宝の障壁画46点と千住博の障壁画特別鑑賞

 ミレーの会美術館めぐりの旅の二日目は、京都大徳寺聚光院の特別鑑賞から始まりました。聚光院は大徳寺の数ある塔頭の一つで、千利休の菩提所であり、茶道三千家歴代の墓所にもなっています。
 今年が聚光院創建450年に当たることから、文化財の特別公開を行っています。そのお宝は 

①狩野松栄、永徳親子による障壁画46点(すべて国宝)
②本堂(重文) 
③茶室:「閑隠席」
と「枡床席」(いずれも重文) 
④千住博の障壁画   という豪華版です。

狩野松栄、永徳親子による障壁画46点
 これらの作品は通常京都国立博物館に寄託、展示されています。それらの作品が今回は本来の襖として展示されています。(境内では撮影禁止です)

S_2
        狩野永徳《花鳥図》16面

S_4
       狩野永徳《琴棋書画図》

S_5
      狩野松栄《竹虎遊猿図》(部分)

S_7
      狩野松栄《瀟湘八景図》

②本堂

S_9
    本堂外観(内部に国宝障壁画)

方丈庭園「百積庭」

_20160602_0001_2
本堂南前の「百積庭」。内部の《花鳥図》と対応していると言われています。

③茶室

S_13
「閑隠席」:天上は低く、明かりも制限されている

S_14
         「閑隠席」露地

千住博《滝》

S_16

S_19

 狩野親子の国宝の障壁画46点を襖の状態で鑑賞できたのは幸せでした。
 また、千住博が16年の試行錯誤の結果ようやく完成した書院の障壁画《滝》を観ることができたのも幸せでした。

 今回の特別鑑賞は予約限定、グループ優先で行われています。1グループにつき40分で案内役が一人。10時の予約でしたが、9時30分過ぎに到着。受付で大変感謝されました。
 ガイド役の女性の案内で40分あまり、素晴らしい作品に感動しました。

« 日本一美しい仏像 国宝十一面観音 | トップページ | アサヒビール大山崎山荘美術館 »

旅行・地域」カテゴリの記事

美術展」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国宝の障壁画46点と千住博の障壁画特別鑑賞:

« 日本一美しい仏像 国宝十一面観音 | トップページ | アサヒビール大山崎山荘美術館 »