2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月31日 (火)

アジサイの季節

 明日から6月・・・梅雨の季節ですが今年の梅雨入りはまだ少し先のようです。梅雨入りの前にわが家のアジサイが見頃になっています。

2016_05240023_2
         済州島のアジサイ

2016_05240019 2016_05240020
           カシワバアジサイ

2016_05310020_2

2016_05310008 2016_05310021

2016_05310036_2

赤と白が同じ木に咲くサツキ

2016_05310028 2016_05310029
     わが家に来て40数年になります

2016年5月30日 (月)

デトロイト美術館展

 豐田市美術館開館20周年記念展です。デトロイトは自動車の町、同じく自動車の町である豐田市はデトロイトと姉妹都市提携をしています。
 デトロイト美術館のコレクションは数万点に及び、大西洋を渡ったヨーロッパの名画を多数所蔵しています。今回はその中から52点が出品されています。構成は①印象派 ②ポスト印象派 ③20世紀のドイツ絵画 ④20世紀のフランス絵画です。

_20160530_0001_3
 チラシの画像はゴッホ〈自画像〉1887年。アメリカの公立美術館として初めて購入したゴッホの作品です。

_20160530_0001_6
ゴッホ〈オワーズ川の岸辺、オーヴェールにて〉1890年(日本初公開)

 死の3ヶ月前、強度の精神不安定の中で制作された作品です。植物の表現、水面の描写などにゴッホの心情が表現されているように思えて印象に残りました

_20160530_0001_8
 ピカソ〈読書する女性〉1938年 日本初公開

_20160530_0001_9
    ルノワール《座る浴女》1903-06年

豐田市美術館

2016_05290013 2016_05290004

 浜松発8時。バスは9時30分に美術館着。10時の開館を待ちました。土曜日ということもあり多くの入館者で賑わっていました。
 特別展のほかに、コレクション展や高橋節郎館の展示も見応えがあります。

2016年5月29日 (日)

美術館めぐりの旅:愛知・滋賀・京都

 28(土)29(日)の2日間、ミレーの会のメンバー21人で美術館めぐりの旅に出かけました。今年で8回目になります。ミレーの会は静岡文化芸大社会人聴講生有志の会です。いつも同行してくださる立入先生は熊本地震で被害を受けた文化財調査のための出張で初めて参加されないことになりました。
 浜松をバスで出発し、豐田・長浜(滋賀)・守山(滋賀)・大津(滋賀)・京都と回りました。今日はそれらの目的地を紹介します。

豐田市
 豐田市美術館:デトロイト美術館展

2016_05290013 2016_05290005

長浜市
  渡岸寺(どうがんじ)観音堂:国宝十一面観世音菩薩

2016_05290019

守山市
 佐川美術館:大河原邦男展・平山郁夫・佐藤忠良・楽焼

2016_05290039 2016_05290037

大津
 宿:KKRびわこ

2016_05290054
   ホテルの部屋から見た朝の琵琶湖

京都①
 大徳寺:聚光院 国宝の障壁画48枚など

2016_05290065 2016_05290066_2
    三門(重文)             聚光院

京都②
 アサヒビール大山崎山荘美術館

2016_05290109_2

 美術展の内容などは後日アップします。

2016年5月27日 (金)

歌う会と温室の花:浜松フルーツパーク

 2ヶ月ぶりに浜松フルーツパークを訪ねました。都田みんなで歌おう会の皆さんが野外ステージで例会を開くということなのでおじゃましました。

2016_05270016_2 2016_05270013
 100人近くの会員が参加して、雨の歌などを気持ちよく歌っていました。会場をさわやかな風が吹き抜けていました。

熱帯温室で

2016_05270021
      メディニラ マグニフィカ

2016_05270024 2016_05270032
     フトモモ              カカオ

2016_05270037 2016_05270051
    タマゴノキ            バナナの花

2016_05270053 2016_05270057_2
      バナナ             マンゴー

2016_05270029

2016_05270033 2016_05270035
  ミッキーマウス          ヒスイカズラ

2016_05270039 2016_05270045

 収穫体験はイチゴと梅が可能です。

2016年5月26日 (木)

4つの旅のプランナー

 今、4つの「旅」の幹事役を務めています。旅と行っても1泊2日程度ですが、それでも行程を考え宿を確保し、経費を算出するなどいろいろな仕事があります。直近では今週末の旅があります。

①ミレーの会 美術館巡りの旅

 「ミレーの会」は静岡文化芸大で美術史などを聴講した社会人聴講生の仲間の会です。メンバーは約40人、今年で10年目になります。
毎年1回、大学の先生にも同行していただいて全国各地の美術館を訪ねています。今年はその旅も8回目。28,29日、豊田市から長浜市、守山市、京都、大山崎を訪ねるバスの旅です。
 宿とバスは2月に確保してこれまで準備をしてきました。
 旅の様子は後日報告します。

②長寿会の日帰り食事会

 会員数111人の長寿会の食事会の企画は50人規模の送迎バスと食事会場の確保から始まりました。無料の送迎バスをようやく確保し、会場も期日を変更して確保しました。場所は浜北森林公園です。食事前の散策やショートレクチャーをプログラムに入れるため、現地の下見を3回行いました。6月初旬、当日晴れてくれることを祈るばかりです。

③中学校時代の同期会
 数十年前に広島の中学校を卒業した仲間の同期会です。どういうわけか私が幹事に。場所は有馬温泉で東は東京、西は福岡までの各地から集まります。往復はがきを用意したり、新幹線の時刻を調べたり、なかなか仕事があります。
会は6月下旬です。

④兄弟会
 私は5人兄弟ですが全員健在です。その5人が浜松、岐阜、尼崎、西宮、福岡と分散していますが、2,3年に一度夫婦で集まります。今年は晩秋に浜松で開く予定で今企画中です。

 なかなか面倒なこともありますが、企画するのは楽しいものです。

2016年5月25日 (水)

ミニミニ農園の今

 昨日と今日の午前中、伊佐地町の農園で作業をしました。ナス、キュウリなどへの水遣りと枝豆の補植、落花生の苗の植え替えです。

006 007
     ナスとシシトウは花が咲いています

 じゃがいも畑:みんなで植えたじゃがいもは茎や葉が枯れてきました。6月の収穫を前に、除草・追肥・土寄せをしました。試しにひと株掘ってみました。立派な芋が出てきました。
帰宅後さっそくふかしてみました。三方原特産のじゃがいもと同じでホクホクのおいしいじゃがいもでした。収穫が楽しみです。

2016_05250008 2016_05250007

畑のまわりで咲く花

2016_05240016
      トキワツユクサ;要注意外来生物

2016_05240017 2016_05240015


2016_05240001 2016_05240008

2016_05240010_2
蕎麦の花=昨年秋栽培した蕎麦の実がこぼれて咲きました

2016年5月24日 (火)

町内の花

 町内の小さな公園には近所の人たちが植えて育てているいろいろな花が一年中美しく咲いています。

2016_05240053_2

2016_05240029_2

2016_05240028 2016_05240030
    セキチク(石竹)にもいろいろあります

2016_05240032 2016_05240033

2016_05240035 2016_05240034

2016_05240037 2016_05240050

2016_05240048 2016_05240045

2016_05240039 2016_05240040

わが町の自治会館横のザクロ

2016_05240057_2

2016_05240056 2016_05240059
     ザクロの花はなかなか美しい

2016年5月22日 (日)

静岡 臨済寺

 家内の一族の法要で朝から一日静岡へ出かけました。4人が眠っている臨済寺です。徳川家康が人質として8歳から12年間過ごした寺です。 駿府城を望む賎機山の麓に位置しています。

014_2
 本堂:国の重要文化財。春秋の特別公開以外は非公開

010 011
山門・扁額は徳川慶喜の書   山門から本堂。背景が賎機山

賎機山から駿府城を望む話が「真田丸」に登場しました。

016 021
本堂前から市内中心部を望む  墓地から伽藍を望む

 法要の最後に阿部浩三老師の少し長い法話がありました。人の生き方、毎日の過ごし方、周りの人々によって生かされていることなど、わかりやすくありがたいお話でした。阿部老師は前・花園大学学長を務められた方です。4人の供養をするとともに参列者一同がそれぞれの生き方を振り返るいい機会になりました。

 法要の後は、千葉・東京など各地から参集した20人近くで食事をして久しぶりの再会を楽しみました。

2016年5月21日 (土)

ジュビロ快勝でホーム200勝達成!!

 ジュビロはホームで甲府と対戦、3-1で勝ってホーム200勝を達成しました。

2016_05210092 2016_05210108

2016_05210119

太田の先制点

2016_05210039_2

2016_05210041 2016_05210043
           喜ぶ太田(9)

小林佑希の追加点

2016_05210052_3
 ボールは西村主審の腕時計の向こうに見えます

2016_05210058 2016_05210062
  太田とハイタッチ        指文字で「4」

 本田2世と言われる小林佑希は得意の左で鮮やかなゴールを決めました。ハリルホリッジ監督が見ているゲームでかなりのアピールができたのではないでしょうか。

 後半37分には途中出場の松浦が今シーズン初ゴールで3点目。

 後半早い時間に失点し、さらに攻め込まれるなど名波監督としては期待したとおりのゲーム展開ではなかったようですが、3-1の勝利で勝ち点3を得ました。

 1点目と2点目はいずれも右サイドを走りきった小川大貴のみごとなクロスによるものです。みごとな活躍でした。

 FWジェイとGKカミンスキーの二人の主力を故障で欠く中での勝利は貴重でした。

2016_05210002_2
   ジェイはグッズの売店でサービス中

 今日は磐田市の児童の参観試合でした。22の小学校の5.6年生3200人が大声援を送りました。

2016_05210124_2 2016_05210101
バックスタンドの小学生   ゲーム後小学生に挨拶する大井主将

2016年5月20日 (金)

人気の高いバラ園:磐田農業高校

 磐田農業高校のバラ園は1996年に創立100周年を記念して整備されました。今年で20年目になります。環境科学科の生徒が実習で育てています。
 150種1500本のバラは見頃を少し過ぎていますが、立体的に構成され、一つずつの品種の株数が多いためボリュウムがあり、見応えのあるバラ園になっています。
 今日の午後も多くの見学者が美しいバラを楽しんでいました。

2016_05200008_2
    正面は校舎、左の森は古墳

2016_05200015

2016_05200082
           立体構造です

2016_05200064

2016_05200024_2

2016_05200038_2
             メリナ

2016_05200022_2
            あやおり

2016_05200030 2016_05200032
     ときめき           プリンセス ミチコ

2016_05200051 2016_05200059
   ピンク・パンサー        ブラック・タイガー

2016_05200072
              万葉

2016_05200101 2016_05200002_3
  花の苗栽培中     校訓「品性を高うし、労働を重んずる」

 バラ園の見学について:
  ・5月31日までの平日9:30-15:00
  ・土日は休園
  ・車の乗り入れは禁止(ルールを守らない人が多い)
  ・実習中の生徒に話しかけない
  ・10人以上の団体は不可

2016年5月19日 (木)

ミニミニ農園の今

 夏野菜の栽培の時期になり、市内西区のミニミニ農園でも苗を植えました。キュウリ・ナス・オクラ・シシトウは園芸店で苗を買い求めて植え付けました。2週間ですくすくと生長しています。

2016_05180065 2016_05180066
シシトウ。花が咲いています     キュウリ

2016_05180069 2016_05180068_2
      ナス               ピーマン

 枝豆はわが家で種を蒔き、本葉が出たところで植え付けました

2016_05180074 2016_05180073
       枝豆2種類32本植えました

 落花生はわが家で種を蒔き、現在発芽中です。生え揃ったら移植です。しばらく水やりに通う必要がありそうです。

2016年5月18日 (水)

クロアゲハ舞う浜北森林公園

 浜北森林公園へ下見に出かけました。「空の散歩道」付近の道ばたでクロアゲハがアザミの蜜を求めて飛び回っていました。

2016_05180008_2
密を吸う間も絶えず羽ばたいています。オレンジ色の斑点があるのでメスです

2016_05180010_3
アザミだけに止まります。薄い羽根が透けてアザミのピンクが見えています

2016_05180015_2

2016_05180017_2


ミニ花畑

2016_05180049_2


空の散歩道

2016_05180023 2016_05180026

2016年5月17日 (火)

水辺で咲く花:浜名湖ガーデンパーク

 東西水路や水の庭などのほとりで咲いている花たちを紹介します。

バラ

2016_0515gp0034_2

2016_0515gp0031 2016_0515gp0033
  遊覧船が行きます

2016_0515gp0039_2

山アジサイの仲間

2016_0515gp0072_2

2016_0515gp0011 2016_0515gp0069

スイレン

2016_0515gp0016 2016_0515gp0014
         百華園の滝のある池で

ハコネウツギ

2016_0515gp0017 2016_0515gp0018

カリステモン(ブラシの木)           

2016_0515gp0001_2
      園内の各所で咲いています

緑のトンネル

2016_0515gp0135_2

2016年5月16日 (月)

百花繚乱の浜名湖ガーデンパーク

 浜名湖ガーデンパークの「花の美術館 花の庭」では見頃のバラ以外にも様々な花が咲きそろっています。花の美術館は火曜日午後は休園です。

2016_0515gp0096_2

2016_0515gp0093_2

2016_0515gp0091 2016_0515gp0092

2016_0515gp0094

静かに咲く花もあります

2016_0515gp0073 2016_0515gp0079
   ホタルブクロ            ユキノシタ

花広場のポピー

2016_0515gp0153_2

2016_0515gp0147 2016_0515gp0148

2016年5月15日 (日)

バラのアーチの通り抜け:浜名湖ガーデンパーク

 ガーデンパークの一番奥にある花の美術館 花の庭の中央部に「バラのアーチ」のルートがあります。普段は通行禁止ですが、バラが見頃を迎えた時だけ通行可になります。その通り抜けが14日から始まりました。花の庭全体が美しいバラと、咲き競う様々な花に彩られて今一番美しい時を迎えています。お日様が傾き掛けた時間でしたが多くの入園者で賑わっていました。

2016_0515gp0108_2

2016_0515gp0109_3

2016_0515gp0051_5

2016_0515gp0050 2016_0515gp0102

2016_0515gp0055 2016_0515gp0058_2

2016_0515gp0062 2016_0515gp0064

2016_0515gp0092

2016_0515gp0083 2016_0515gp0089


2016_0515gp0118_2

2016年5月14日 (土)

島田市ばらの丘公園の美しいバラ

 町内の知人に誘われて2年ぶりに訪ねた「ばらの丘公園」のバラは見頃でした。

2016_05140009_2
  島田生まれで人気のある「ミス島田」

2016_05140049 2016_05140044
   マリア カラス          インカ

2016_05140066_3
            ブラックティ

2016_05140030 2016_05140032
  マヌウメイアン       シャーベット アームストロング

2016_05140056 2016_05140059
 ストローベリー アイス       ブライダル ピンク

2016_05140039_2

ばらの丘の風景

2016_05140062_2

2016_05140050 2016_05140054

2016年5月13日 (金)

従兄の葬儀

 父方の従兄が亡くなりました。私の一つ年上で子どもの頃からお世話になってきました。幅の広い人間で面倒見も良く周囲の人に慕われていました。実業の世界でいくつもの企業経営のトップとして活躍し、晩年は私学の経営に手腕を発揮しました。一人で二人分も三人分も生きた感じでした。高校時代から応援団活動に熱心で、学生時代に早慶戦でリーダーとして活躍したことは今でも語りぐさとして伝えられています。私にとっては生き方のお手本となる人でした。
 掛川での葬儀は従兄にふさわしいスタイルで行われました。棺の中で従兄は安らかに眠っていました。

 葬儀の行われた今日の掛川で

001 005
 葬儀場の近くの掛川城       斎場近くの茶畑

2016年5月12日 (木)

いくつかの風景

2016_05100002_2
   富士山の綿帽子と裾野隠しの雲
   5月10日(火)午前7時48分ごろ
   新幹線上り 富士川鉄橋東

東京国立近代美術館で

4階に「眺めのいい部屋」があります。ガラス張りの休憩室で眼前に皇居とお濠、その向こうに大手町方面が見えています。

2016_05100008 2016_05100012
竹橋から大手町方面      正面は皇居

2016_05100015 2016_05100016
並木道の人影はすべて   左下が竹橋。
お濠端を走るランナー    その向こうに大手町のビル街
(昼休みです)

2016_05100020_2
       東京国立近代美術館
4階のガラス張りが「眺めのいい部屋」

浜松文化芸大前

007
左が大学。並木は白い花咲くヤマボウシ。正面奥はアクトタワー(5月12日午前)

2016年5月11日 (水)

充実した内容の「安田靫彦展」

 上野で若冲展を観た後竹橋に向かいました。お堀端の東京国立近代美術館です。
 安田靫彦(1884-1978)の大回顧展で、初期から晩年までの約80点余が出品されています。
 靫彦は歴史画の大家として知られていますが、15歳の時に描いた〈木曾義仲図〉ですでにその片鱗を見ることができます。靫彦の特長である・美しい線・澄んだ色・むらのない構図
は10代にして日本画家として完成の域に近いと思わせるみごとな作品です。

靫彦の代表作で歴史画の傑作とされる〈黄瀬川陣〉=重要文化財も出品されています。56-57歳。

Photo_3 Photo_4
    左隻「義経」           右隻「頼朝」
 

 二人の顔の表情はその後の運命を象徴しているように見えると言われています。展覧会のチラシに顔のクローズアップがあります。

_20160511_0001_2

歴史上の人物画像です

Photo_6
     〈飛鳥の春の額田王〉:80歳の時の作

_20160511_0001_3 _20160511_0001_4
  〈小楠公〉:60歳          〈森蘭丸〉80歳

〈夢殿〉:28歳

Photo_8

 東京国立近代美術館では靫彦展と並行してコレクション展が開かれています。2-4階の展示室を使う大規模な展覧会で見応えがありました。重文だけで次の6点です。

岸田劉生〈道路と土手と塀(切通之写生〉
川合玉堂〈行く春〉
菱田春草〈王昭君〉
  〃   〈賢首菩薩〉
中村彝 〈エロシェンコ氏の像〉
萬鐵五郎〈裸体美人〉

Photo_10
     川合玉堂〈行く春〉(部分)

Photo_12
        菱田春草〈王昭君〉

二つの展覧会は5月15日(日)までです。

 今日の若冲展は昨日よりも混んで、11時頃からは200分待ちだったようです。外で立ったまま3時間以上は大変です。 

2016年5月10日 (火)

ブーム絶頂!大混雑の「若冲展」

  「生誕300年記念 若冲展」を観てきました。浜松発7時19分のひかりで東京へ。上野の都美術館に着いたのは9時でした。開館30分前のこの時点で入場待ちの人は1000人を超えていました。上野駅から歩いている人の波はほとんど都美術館を目指していました。予定よりも早くオープンし、私が入場したのは9時45分でした。待ち時間45分でした。これが10時半には140分、11時から12時には160分・・・3時間近くの待ち時間になっていました。

 今日は幸い曇りで雨も強い日射しもなかったのですが、天候によっては体調を崩す人も出てくるでしょう。展覧会を観るのも命がけです。

2016_05100003 2016_05100005

 若冲は江戸中期に京都で活躍した画家です。この記念展には初期から晩年までの代表作約80点が出品されています。中でも一番の注目は〈釈迦三尊像〉と〈動植綵絵〉30枚が同じ部屋で一挙に公開されることで、東京では初めてのことです。私も〈動植綵絵〉30枚は2009年に東京で観たのですが、その時〈釈迦三尊像〉はありませんでした。今回〈釈迦三尊像〉は1階の展示室の中央に、〈動植綵絵〉はその両サイドに15点ずつ展示されています。

_20160510_0002_2
         〈釈迦三尊像〉

_20160510_0002_3
       〈動植綵絵〉から3点

 「若冲展」は4月22日に始まって今日で18日目。入場者が今日20万人を超えました。1日1万人以上が入場しているのですから混むわけです。会期は5月24日までです。あと2週間、さらに混むでしょう。

 若冲は20世紀半ばまでほぼ忘れられた存在でした。「奇想の画家」に光が当たって半世紀、今やブームになっています。今夜(5月10日)の朝日新聞夕刊は「若冲いいね!ブーム絶頂」という見出しで今回の展覧会を取り上げています。「奇想の画家が今や日本美術のスタンダードとして認められた」ということでしょうか。

 出品されている約80点の多くはこれまでに観たことのある作品ですが、このようにまとめて観る機会はめったにありません。館内も相当な混雑で落ち着いてじっくり観ることができないのは残念でした。

2016年5月 9日 (月)

敢闘 ジュビロ1-1鹿島

 昨夜は2年8ヶ月ぶりの「ナショナル ダービー」でした。十数年前覇権を争ったジュビロと鹿島の対決です。
 キックオフからしばらくの時間は鹿島の多彩な攻撃にひたすら耐えたジュビロでした。
 ジュビロにもチャンスはありました。

2016_05080023 2016_05080025_2
前半9分太田(9)のシュート  14分宮崎のシュートもGKに
GKに

2016_05080034_2
39分、決定的なチャンス。アダイウトンが頭で合わせましたが
惜しくもゴールポスト直撃

 後半に入ってジュビロの攻撃が活性化します。その中で後半10分金崎にみごとに決められて失点。
 その1分後、小林のみごとなシュートでたちまち同点。センタリングのこぼれ球に反応した小林が得意の左で見事に決めました。GKの曽ヶ端も反応できず。

2016_05080045_2
      同点ゴールのボールは左隅に

 後半は鹿島を上回るシュート数でしたが惜しくも追加点ならずドローに終わりました。ジュビロにとっては価値ある勝ち点1でした。久しぶりに手に汗握る好ゲームでスタンドは湧きました。

2016_05080073 2016_05080055
 同点ゴールの小林         頑張った松井

2016_05080015 2016_05080002
FWがいないジュビロ先発    試合前にインタビュー中の福西

2016年5月 8日 (日)

初夏の浜北森林公園

 長寿会でお願いしてある会場を見るために森林公園の森の家へ出かけました。その帰りに第7駐車場近くの湿地と広場のあたりを散策しました。

モウセンゴケ

2016_05080018_4
         モウセンゴケの葉
細い突起の先端に露のようなものが見えます。これは小さな昆虫などをつかまえる粘液です。食虫植物です。

2016_05080019 2016_05080020
    地表の赤い色がモウセンゴケです

2016_05080013
        シダ類の若葉の造形

2016_05080011 2016_05080007

コウホネ(河骨)

2016_05080035_4
 ① 花びらに見える外の5枚は萼

2016_05080034 2016_05080036
       ②               ③

アイリス

2016_05080033

2016_05080032 2016_05080038

2016_05080041 2016_05080017
     トチの花              ニガナ

 湿地も森林も花が少ない季節です。

2016年5月 7日 (土)

都田テクノポリスのツツジ

 都田テクノポリスでは各企業が工場用地の周囲の斜面にツツジを植栽し、5月になると一斉に開花してすばらしい景観を見ることができました。ところが・・・ここ数年、開花時期がずれたり、ほとんど開花しないなどかつての美観が見られなくなり残念です。
 ことしも一部でしか咲いていませんでした。

2016_05070016_2
クラベでは少しむらがありますが比較的良く咲いていました

2016_05070021 2016_05070014

2016_05070017 2016_05070020

都田総合公園の北側

2016_05070001_2

2016_05070003 2016_05070002
  かなりむらがあり、終わりかかっています

管理が不十分なのでしょうか。

[参考]

Photo Photo_2
    2009年              2012年

2016年5月 5日 (木)

里山公園のクリンソウ

クリンソウ(九輪草)=サクラソウ科の多年草

2016_05050218_2

2016_05050219_2
 美しい花です。仏塔の最上部の九輪のように小さい花が段状に咲いているのが名前の由来です。

2016_05050213_2

2016_05050214_3
       見事に輪になっています

2016_05050209 2016_05050212

2016_05050222_2
       里山の谷間に植えられています

2016_05050207 2016_05050217

2016_05050230 2016_05050233

2016_05050242 2016_05050253
里山の斜面はカキの畑です。敷地は特産のコロ柿の産地です

里山公園とは・・・ 
 磐田市敷地(旧豊岡村敷地)にあります。閉校になった豊岡東小学校の西側です。車は旧小学校に置くこともできます。
 所有者が亡くなった里山を地域の人たちが譲り受け、「敷地里山を守る会」を組織して整備を進めています。今年で6年目になります。伐採や遊歩道の整備、樹木や花の植栽を
続けてすばらしい里山になりました。

 この季節にはクリンソウが見頃になっていますが、3月には花桃、6月にはショウブや紫陽花、秋にはヒガンバナなどいろいろな花を楽しむことができます。

2016_05050247 2016_05050256
休憩所には活動紹介の写真など  頂上に立つと展望が開けて
                       います

2016_05050261 2016_05050259
天竜川の向こうに浜松北部 眼下には造成中の工業団地
新東名高速

  簡素な茶店でお茶をいただきました。おいしい煎茶と山菜の天ぷら、おひたし、コロ柿のセットで300円でした。

2016年5月 4日 (水)

浜松まつり 御殿屋台曳き回し

 10年ぶりで御殿屋台の引き回しを見ました。去年まではわが町のまつりにかかわっていたので中心部へ出て行けませんでした。

 屋台の引き回しは午後6時半開始。まだ明るさが残っている時間です。中心部の伝統のある町から引き回しが始まりました。

2016_05040015
              千歳町
2016_05040020 2016_05040010
      伝馬町              田町

 屋台は一見よく似ていますが、構造や装飾などが異なります。

2016_05040013 2016_05040023
     野口町               肴町

2016_05040033
              早出町

 わが町と同じエリアにあります。立派な屋台です。わが町は屋台建設に挫折したままで残念です。

2016_05040022_2 2016_05040040_2
      大勢の見物客が歩道を埋めています

合同練り=浜松駅の近くでは砂山町などの若衆が集まって合同練りで気勢を上げていました。

2016_05040047 2016_05040056

 まつり初日の昨日の人出は、凧揚げ会場26万、御殿屋台曳き回し25万、関連イベント22万、合計73万人と発表されています。

 まつりは明日5日までです。

2016年5月 3日 (火)

凧 天高く揚がる:浜松まつり初日

 浜松まつりが始まりました。中田島の凧揚げ会場では午前10時の開会宣言とともに174町の凧が一斉に揚げられました。天候は曇り、風は東風でやがて雨になる兆しです。

 2016_05030009 2016_05030012
開会宣言前。各町スタンバイ  10時ジャスト、一斉に揚がりました

2016_05030024 2016_05030039
        わが町の凧「上」は安定しています

2016_05030029_2
    初子とその親が祝福されています

2016_05030033_3 2016_05030045
        凧揚げ会場でのわが上島組

2016_05030052 2016_05030058
   糸が絡み合ったりして次々と落下しています

2016_05030059 2016_05030061_2
          結局2枚とも落ちました

 浜松まつりは5日まで。夜は市内中心部で御殿屋台の曳き回しや町内の練りが行われます。

 私は昨年まで町の責任者の立場でしたが今年はフリーの立場で楽しみます。

2016年5月 2日 (月)

晩春から初夏の浜名湖ガーデンパーック③美しい花をどうぞ


 初夏に咲く美しい花です。

オダマキ

2016_0430gp0061_2
               白

2016_0430gp0074_2
                黄

2016_0430gp0128_2
               ブルー

アイリス

2016_0430gp0054_2

 2016_0430gp0079_2

2016_0430gp0071_5

シャクヤク

2016_0430gp0064_2

クレマチス

2016_0430gp0065 2016_0430gp0048_2

カラー

2016_0430gp0086_2

バラ

2016_0430gp0141 2016_0430gp0150

ネモフィラ

2016_0430gp0169_2

見納めのサクラ

2016_0430gp0166_2

季節を感じさせる花が数多く咲いています。お見逃しなく。

2016年5月 1日 (日)

晩春から初夏の浜名湖ガーデンパーク②いろいろな花と葉

 ガーデンパークで咲いている数ある花の中からあまりなじみのない花や葉をアップします。

2016_0430gp0025_2
             ユリノキ

オレンジ色の斑紋が美しい鐘状の花。別名はチューリップツリーです。

2016_0430gp0033 2016_0430gp0102
   オオベニウツギ           ハクウンボク

2016_0430gp0127 2016_0430gp0027
  ムラサキツユクサ          マムシグサ

2016_0430gp0030 2016_0430gp0036
 1本の茎から青葉赤葉       斑入りのドクダミ
 (樹種不明)

2016_0430gp0156_2 2016_0430gp0158
キリ(桐)の花(イギリス庭園)   ベニバナトチノキ

2016_0430gp0162 2016_0430gp0014
   西洋サンザシ         ナンキンハゼの若葉

ガーデンパークの新緑

2016_0430gp0153_2

2016_0430gp0020_2
          クスノキの並木

2016_0430gp0042 2016_0430gp0043

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »