2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 「浜北山辺の道」を歩く | トップページ | 静岡文化芸大 前期の授業始まる »

2016年4月13日 (水)

カラヴァッジョの作品 屋根裏から発見

 

イタリアの画家カラヴァッジョ(1571-1610)の傑作と同じ題材の絵画がフランス南部の民家の屋根裏から発見され、鑑定の結果カラヴァッジョの真作とみられるというニュースがテレビや新聞で報道されています。〈ホロフェルネスの首を斬るユディット〉です。

Kubi
カラヴァッジョ〈ホロフェルネスの首を斬るユディット〉

Photo_5
         発見された作品

 鑑定の結果真作と考えれることからフランス政府が買い入れを検討しているとのことで、価格は150億円と推定されています。

  カラヴァッジョは16世紀末から17世紀初頭にイタリアで活躍した画家で、西洋美術史上最も偉大な画家の一人です。ルーベンス、レンブラントなどバロック時代の画家に多大な影響を与えています。

 この春、上野の国立西洋美術館でカラヴァッジョ展が開かれています。私は3月31日に観てきました。出品されているカラヴァッジョの作品は11点ですが、これは世界有数の規模です。彼の作品は60数点しかなく、しかもそのうち多くの作品は教会の壁画などで移動ができません。これだけの作品が揃うのは日本で初めてで、今年一番見応えのある展覧会だと言われています。

Caravaggio__fanciullo_con_canestr_2
         〈果物籠を持つ少年〉

800pxmichelangelo_caravaggio_061_2
        〈トカゲに噛まれる少年〉


Karava_2
             〈バッカス〉

 いずれの作品を見ても、果物の精密な描写、美少年の表情などとともに、光の描写に特色があります。後のレンブラントなどに大きな影響を与えています。

 一方、聖書に基づく宗教画を各地の教会に遺しています。

Photo_6
      〈聖ヨハネの斬首〉 マルタの聖堂

Photo_8
   〈聖ペテロの磔刑〉 ローマの教会

 もう日本では二度と見ることができないかもしれない優れた展覧会でした。

« 「浜北山辺の道」を歩く | トップページ | 静岡文化芸大 前期の授業始まる »

美術展」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カラヴァッジョの作品 屋根裏から発見:

« 「浜北山辺の道」を歩く | トップページ | 静岡文化芸大 前期の授業始まる »