2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« ミニ門松作り | トップページ | 2015紅葉シリーズ⑩紅葉が見頃です:鳥羽山公園 »

2015年12月 6日 (日)

浜松国際ピアノコンクールの結果

 11月22日に始まった第9回浜松国際ピアノコンクールは今日6日、本選2日目の演奏の後、成績発表と表彰式が行われました。

 優勝したのはアレクサンデル・ガジェヴ(20歳・イタリア)でした。残念ながら私は聴く機会がありませんでしたが、予選の時から皆さんの評価が高かったようです。昨日の本選ではプロコフィエフの協奏曲3番を弾いています。優勝と同時に聴衆賞・札幌市長賞を受賞。

 2位は今日の最後に登場したロマーン・ロパティンスキー(22歳・ウクライナ)でした。ラフマニノフの3番を演奏しました。

 3位が二人で、アレクセイ・メリニコフ(25歳・ロシア)とダニエル・シュー(18歳・アメリカ)です。いずれも昨日の出演です。

 4位はフロリアン・ミトレア(26歳・ルーマニア)でした。プロフィエフの3番を演奏しました。私は彼の演奏を三次予選と今日の本選と聴きました。室内楽賞を受賞しました。三次に演奏したモーツァルトのピアノ四重奏2番の演奏が評価されたのでしょうか。

 以上6人です。・・・ということは5位6位がないということです。海老審査委員長の講評の中で、非常にレベルが高く甲乙つけがたかったということで,審査が大変だったことをうかがわせました。

 今日の本選の3人の演奏もすばらしく、すでに完成したプロピアニストのコンサートという感じでした。

 日本人で唯一三次に進出した三浦君は奨励賞を受賞しました。

 1991年に始まったこのピアノコンクールはこれまでにチョ・ソンジンなどの優れたピアニストを生み出しており、国際的な評価も高まっています。3年に1度のこのコンクールは楽しみです。

表彰式の中継画面から
2015_12060002_2
左から3人目、優勝のガジエヴ、右端が2位のロパティンスキー

2015_12060007
二次予選の11月27日から審査員を務める
アルゲリッチ(中央)

« ミニ門松作り | トップページ | 2015紅葉シリーズ⑩紅葉が見頃です:鳥羽山公園 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浜松国際ピアノコンクールの結果:

« ミニ門松作り | トップページ | 2015紅葉シリーズ⑩紅葉が見頃です:鳥羽山公園 »