2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月31日 (木)

2015年を振り返る

 2015年が静かに暮れようとしています。今年もあと5時間余になりました。
 私にとってのこの1年を振り返ってみます。

1 健康 
  風邪一つ引くことなく元気で1年を過ごすことができました。12月の人間ドックでも再検査や精密検査はなく無事に終わりました。ただし、この1年はノルディックウォークも水中ウォークもほとんどお休みでした、新しい年は体を鍛え直します。

2 自治会
 会長として6年目で最後の1年でした。多少マンネリになりながらも前向きに取り組み、町民の皆さんの御協力によって安全で安心して住むことのできるまち作りを進めることができました。任期の最後3ヶ月を頑張ります。

3 ジュビロ磐田
 この1年、ホームゲーム21試合のうちヤマハスタジアムで現地応援できたのはわずか6試合でした。勝ちゲームは4月2日の栃木戦3-0と5月9日水戸戦の2-1だけでした。
 ホーム最終戦11月14日の横浜戦は0-0。J1復帰は厳しいかと思いましたが、最終戦で大分に劇的な勝利でj1復帰。最後に笑った年でした。

4 大学での聴講
 10年で30科目の聴講を終えました。10月から引き続き聴講を希望しましたが、現役大学生の聴講希望が殺到して社会人は全員除外されました。初めて半年のお休みをしています。講演会などのイベントで時折大学へ行っています。

5 畑と料理
 秋からミニミニ農園を楽しんでいます。ソバ・スナップえんどう・そらまめ・玉ねぎ・ワケギなどを少しずつ栽培しています。
 料理はASN(アクティブ シニア ネット)の毎月の料理教室と地元の長寿会の料理教室で楽しんでいます。わが家のおせち料理では「炒り豆炒り田作り」と「伊達巻き」を作りました

6 ブログ
 このブログを始めたのは2008年4月末のことでした。それから7年と8ヶ月・・・ほぼ毎日アップしてきました。毎日アクセスしてくださる皆さんのおかげです。画像の多いブログで今日現在30,474枚の画像がアップされています。毎日10枚以上の画像です。
 これからも毎日続けるよう頑張ります。

 この一年お世話になりました。明日から始まる新しい年が皆さんにとって素晴らしい年になりますようお祈りします。2015_12310001_2

2015年12月30日 (水)

到来物②

 21日の到来物は農産物でしたが、今日は海産物です。燒津の漁業関係の方からいただきました。

花がつお

2015_12300001 2015_12300002
農林水産大臣賞受賞の逸品で袋を開けると香りが漂ってきます

もっともシンプルでもっともおいしいメニュー
2015_12300012_2
浜松南部特産の白玉ねぎのスライスに花がつお
辛みのない白玉ねぎが早くも出荷されています

ながらみ=巻き貝の一種。遠州灘沿岸や房総で穫れます

2015_12300004_2 2015_12300013
    砂出し中              茹であがり

今日の一品=ぶり大根

2015_12300005 2015_12300007_2
ぶりの切り身を煮てあくをとります  大根を加えて煮ます

2015_12300011_2
         おいしくできました


2015年12月29日 (火)

手作りのカレンダー第5作

 自家製のカレンダーを初めて作ったのは2010年のことでした。その後2012,2014,2015と作り、最新の2016年版ができました。A4サイズ14ページです。

 これまでは月ごとにわが家の庭で咲いた花をアップしてきました。今年は趣向を変えて、最近数年間に出かけた土地の花や風景をアップし、その土地や花にまつわる想い出のコメントを200字前後で挿入しました。写真は大半が私、コメントは一部を除いて家内、デザインは子どもたちという協働作業です。

表表紙=わが家の庭で咲いた花

_20151229_0001_2

裏表紙=わが家のネコ「レ-チェ姫」12歳

_20151229_0001_4
 今年初めての試みは、このブログと連動するQRコードを取り入れたことです。携帯でこのQRコードを撮ると私のブログのトップページにつながります。
 各月のQRコードからはカレンダーにアップされた写真とともに関連のページを見ることができます。ブログの左サイドのコンテンツに
1月から12月までありますのでそれをクリックするとその月のカレンダーの主題となったページに接続します。

 今日もわが家のプリンターで印刷してお届けしたり郵送したりしています。

2015年12月28日 (月)

今日の一品

 いよいよ年の暮れです。午前中は第1回の大掃除。午後はおせち料理のリハーサルで「炒り豆田作り」。

 13日の料理教室で教わったおせち料理の中からまず一品、手軽にできるメニューを選びました。普通の田作りとはひと味違うすてきな脇役です。

 材料は昨日雄踏で買い求めたカタクチイワシの稚魚と炒り大豆、炒りゴマです。主役は浜名湖の沖合で穫れた稚魚です。

2015_12280015 2015_12280017
 カタクチイワシの稚魚          炒り大豆

 作り方は簡単です。魚をフライパンで弱火でゆっくりと炒ります。ポキッと折れるぐらいまで炒ります。砂糖・醤油・酒を合わせてフライパンで沸騰させ、泡を吹いてきたら炒った魚と大豆・炒りゴマを入れて一番弱い火でゆっくりとからめていきます。全体にしっかりからまったらオーブンペーパーにとり
ます。

2015_12280018_2
いい色にできあがりました。なかなかいい味でした

グルメ情報
 26日、燒津で忘年会がありました。燒津はどこのお店でもお魚がおいしいところです。この日はアクアス燒津に隣接するうみえーる燒津の「まぐろ茶屋」でした。

2015_12280005_2
 造里が逸品でした。わさびの右の美しい刺身は燒津沖で穫れた「メイゴ」です。メイゴは静岡での名前で一般には黒グチです。市場に出回ることは少ない魚です。獲れたてのメイゴは非常に美味でした。菊の左は高級魚の尾長鯛でこれも美味でした。中央は天然の南マグロ、その左は鬢長鮪(ビンチョウマグロ)です。さすが魚の町燒津です。

2015年12月27日 (日)

年の暮れに咲く花

 間もなくお正月というのに暖かい日が続いています。昼間はコートなしでも外出できます。暖かい日差しを受けて早春の花が咲いています。

1 ミニミニ農園で
  伊佐地町にあるわが家の農園へ18日ぶりで行きました。 

レンゲ

Img_2448_2
 正月前にレンゲが咲くのを見たのは初めてです

Img_2449 Img_2447
   咲いていたのはミニミニ農園です

2015_12270005 2015_12270009
 レンゲの近くではソラマメの花が次々と開花中

2 浜名湖ガーデンパーク
 畑からガーデンパークへ向かいました。12月9日以来18日ぶりです。時間がなかったので花木園付近だけ取材しました。

2015_12270011_3
       ミニ門松が迎えてくれました

ツバキ
 ところところで美しい花が咲いています

2015_12270025_2

2015_12270024_2

2015_12270023_2

2015_12270016 2015_12270022

2015_12270018 2015_12270017

そのほかにも・・・

2015_12270032 2015_12270029
    菜の花              コスモス

2015_12270028 2015_12270010
   名残の紅葉

2015年12月25日 (金)

38年ぶりのクリスマス満月

 今日12月25日はクリスマスです。東の空に煌々と輝く月が昇っています。先ほど20時11分が満月でした。満月そのものは珍しくありませんが、クリスマスの満月は1977年以来38年ぶりとのことです。

2015_12250016_2
    空は晴れ渡り遮る物がありません

満月の2時間前の月

2015_12250011_2
    18時05分。黒い線は電線の影

 この次のクリスマス満月は2034年。まだ20近く先のことです。19世紀と20世紀にはそれぞれ3回しかなかったというクリスマス満月に出会うことができてラッキーです。

2015年12月24日 (木)

村上隆の「五百羅漢図」展

 15日にこの展覧会の作品の一部をアップした展覧会の続編です。

 村上隆(1962~)=一般的には「日本を代表する現代美術家・ポップアーティスト」などと称されていますが、村上の作品はこれまでのアートのジャンルを超える多様な顔を持っています。村上の作品は現代の日本の画家の中で突出した高額で
取引されています。世界の現存画家の中で高額所得者第6位というデータもあります。

 制作方法も「工房方式」で、一つの作品の制作に多数の「職人」が関わるなど、日本の従来の絵画制作とは異なるスタイルを持っています。

 今回の展覧会は国内で14年ぶりの本格的な個展です。すべての作品が国内では初公開です。その中でも注目されるのが「五百羅漢図」です。狩野一信の「五百羅漢図」(増上寺蔵)に倣って村上が制作したこの作品は100㍍に及ぶ超大作です。「玄武」「朱雀」「白虎」「青龍」の4点はそれぞれ25㍍で1室の両サイドに2点ずつ展示されています。

2015_12140071 2015_12140073
     〈玄武〉              〈朱雀〉

2015_12140074_2
         玄武と朱雀の展示室

2015_12140075 2015_12140081
   玄武の一部           朱雀の一部

 4部作で500人の羅漢が描かれています。アクリルで描かれた羅漢図は色が極めて鮮やかです。この作品の制作は全国の美大生200人以上を使って行われました。村上が構想を練り下絵を描き、学生に指示して作業を行わせています。会場には学生が作業して絵に村上が指示したメモなどが展示されています。

2015_12140089_3
 「指示書どうりにやれ!ぼけ!」とあります。中には「下手くそ!やめろ」などというのも見受けられました。

 五百羅漢図は美術史家辻惟雄との対談で狩野一信の「五百羅漢図」に倣って村上独自の羅漢図をという提案を受けて制作したとのことです。

狩野一信の〈五百羅漢図〉
2015_12140059_2
   6点出品されているうちの2点です

その他の作品から

2015_12140016 2015_12140044
〈円相シリーズ〉2015年     〈達磨大師〉

2015_12140116 2015_12140053
〈萌える人生を送った記憶〉      〈REBORN〉

2015_12140024 2015_12140111
  〈宇宙の産声〉457㌢    〈欲望の炎-金〉498㌢
2006年から今も制作中

 以上ごく一部ですが、多様多彩な作品群です。村上は東京芸大大学院を終え、日本画として最初の博士号を取得しています。院を出た後間もなく日本画を離れ、現代アートの世界に入っています。

 現代アートとは・・・「今日描かれた現代アートは5年後にはすでに現代アートではなくなっている」とは村上の言葉です。

 国内よりも国外で注目されている画家です。〈五百羅漢図〉もカタールの首都ドーハの個人蔵です。2008年には米タイム誌の「世界で最も影響力のある100人」に選ばれています。

 時代の最先端を行くアートですが、この村上隆をどのように評価するのか・・・圧倒的に支持する人から嫌悪する人まで意見が分かれるところです。

 展覧会は3月6日まで。六本木の森美術館です。

2015年12月23日 (水)

カウントダウン100

 今日を含めて100日目が来年の3月31日です。この日に私の自治会役員としての任期が満了になります。2006年4月から4年間副会長、2010年から6年間自治会長。この1年で会議、イベント、地元の学校行事など年間220以上の用務がありました。

 今朝は4自治会の役員で町の公会堂の大掃除をしました。

 あと100日、年間の大きな行事は終わりましたが、しっかり務めを果たしたいと思います。

 いよいよカウントダウン開始です!

2015年12月22日 (火)

年賀状の季節

 今年も年賀状の用意に追われる季節になりました。10年前までは850枚を超える枚数の年賀状を用意していました。その後年々少しずつ整理して昨年は630枚、今年はさらに100枚減らして530枚です。喪中はがきを50枚いただいているのでその分だけ減ったこともあります。喪中はがきのうち10枚以上が教え子からで、教え子たちが親を送る年代になったのです。

 今年差し上げなかった方から先に賀状が届くケースがかなりありそうなので、すぐに返信できるように準備をしておきます。それでも、年が明けてからはがきを買いに行くことも十分ありそうです。

 今年の賀状も、昨年旅した土地の花や風景などの写真を6枚。それに近況や新しい年の抱負などをのコメントを添えました。今週中には投函の予定です。

2015年12月21日 (月)

到来物

 「到来物」というのはよそからの頂き物という意味ですが、最近ではほとんど使われなくなって死語に近くなっています。その到来物を3点紹介します。

1 矢切のねぎ

 矢切は千葉県松戸市南部の地名で、「矢切の私」で知られるところです。この矢切でねぎの栽培が行われています。太くて長く甘い高級ねぎです。2007年に「地域団体商標」に登録されている名産品です。生産量が少ないので一般の市場に出回ることはほとんどなく、贈答用として販売されています。

 柔らかくて甘いねぎで、すき焼きや鍋物などでおいしくいただけます。

2015_12210005 _20151221_0001
長さは100㌢以上、太さは3㌢  商標登録証のコピー

2 沼田のりんご

 群馬県の北部、新潟県との県境の町沼田産のりんご「ふじ」です。大きくて濃い赤、甘みが強いりんごです。

2015_12210002_2 2015_12210003

3 巨大なレモン

 この大きさでとてもレモンとは思えません。ご近所の木で育ったものです。沼田のりんごと比べてみてください。

2015_12210004_3

 それぞれの到来物をいただくのが楽しみです。

2015年12月20日 (日)

バルサに乾杯!!

 FIFAクラブワールドカップはヨーロッパ代表バルサの完勝で終わりました。今夜の決勝戦は南米代表でアルゼンチンの名門クラブであるリバープレートとの対戦でしたが、バルサの世界最高の3トップ=メッシ・ネイマール・スアレスが期待どおりの活躍をして3-0で完勝しました。メッシが技ありの先制点、スアレスが2得点。メッシは後半になってネイマールに得点をさせようとしているプレーをしていましたが、残念ながらネイマールはノーゴール。それでもみごとなアシストがありました。

 バルサのイレブンの敵に囲まれてもボールを失わず、正確なパスを出し、狭い空間をみごとに抜け出していく妙技に思わず拍手!

 スペインのカタルーニヤ地方の中心地バルセロナを本拠地とするバルサは選手の年俸もクラブ運営費も世界最高のチームで、名実共に世界№1のサッカーチームです。

 今夜の決勝戦でその魅力を十分に見せてくれました。

2015年12月19日 (土)

2015紅葉シリーズ⑭四ツ池公園は見頃が続きます

 わが家から歩いて行ける四ツ池公園の紅葉はこれから年の暮れまで続きます。東の入口から池に向かって下って行く坂の両サイドです。

2015_12180017_2

2015_12180016 2015_12180019

2015_12180020 2015_12180022
         まだ緑の葉もたくさんあります

2015_12180030 2015_12180033

2015_12180025_2

通称ロケット公園のアメリカフウ

2015_12180003_2

2015_12180001 2015_12180005

2015_12180010 2015_12180012

2015年12月18日 (金)

「クリスマス・ソング」:みんなで歌う会

 自治会主催の「みんなで歌う会」は11月に4年目に入りました。今年は1月16日の第1回から今日まで23回です。10月のガーデンパークを加えると年間24回になります。最近は参加者が常時50人前後になっています。

 今年最後の歌う会はクリスマスバージョンでした。昨日から寒くなって雪の便りも聞かれるようになったので、最初は「津軽海峡冬景色」の演奏から冬や雪の歌から。「雪の降る町を」「冬の星座」「冬景色」など。
 続いて、「きよしこの夜」「もろびとこぞりて」「赤鼻のトナカイ」などのクリスマスソングやロシア民謡などを歌い続けました

 

 中間のコーヒータイムの後はダンスミュージックでした。シンセサイザー演奏のKさんが用意してくれた電飾などを飾り、室内照明も消灯してムードたっぷり。「さよならはダンスの後で」などを歌い、終わりには’振り返る歌’。「アメイジンググレイス」に続いて「川の流れのように」を歌い、1年を振り返るとともに、わが人生を顧みることになりました。

 1年を通じて月2回、2時間ずつ歌い続けてきたことに感謝して、今年の会を締めました。新年は1月8日に始まります。

Img_2440_2

Img_2442_3

Img_2439 Img_2443

2015年12月17日 (木)

風花舞う中でのクリスマスパーティー

 天竜区龍山にあるASN(アクティブ シニア ネット)のメンバーの山林「あいの森」で一足早いクリスマスパーティーを行いました。この山林では樹木の一部を伐採して活動の拠点となる施設を作りるとともに、メンバーが自分の選んだ木を植樹しています。春から秋にかけて毎月一度以上出かけて施設の整備や樹木の手入れなどをしています。

 今日は今年の最後ということ現地での「クリスマスパーティー」でした。神父やサンタクロースが登場するイベントもありました。

 現地では雪雲が上空を通過して風花が何度も舞っていました。この冬初めて雪を見ました。

2015_12170039_2
前方の山から雪雲が襲ってきます。白い点は雪です

2015_12170086 2015_12170099
          雪が舞っています

2015_12170031 2015_12170030
       みんなで作業をしています

2015_12170055 2015_12170045
屋根のある建物は「忘我亭」    サンタとクリスマスツリー

2015_12170026 2015_12170071
浜名湖産のカキの直火焼き   若鶏のグリーンカレー

 今日のシェフは男性二人です。大量の殻付きカキの直火焼きとカキフライ、バジルの香りのグリーンカレーともに美味でした。

2015_12170016 2015_12170126
  荷物運搬にはキャタピラー輸送機を使います

木の手入れ

2015_12170021 2015_12170024
 わが家で植えたのはプラムです。鹿よけのネットの改良、施肥などをしました

2015_12170005 2015_12170006
           花桃の里の紅葉

 風花が舞う厳しい寒さでしたが、楽しい会でした。帰りには「やすらぎの湯」に寄り、体の芯から温めました。

 冬季は積雪や道路の凍結のため活動はお休み。春先から再開です。

2015年12月16日 (水)

初冬のわが家の花

 冬とは思えない暖かい日が続いています。最高気温は連日20℃前後になっています。

 この暖かさの中で冬の花が咲いてきています。

2015_12160006
         鉢植えのツバキ

2015_12160008 2015_12160009
      アロエ              侘助

2015_12160010_2
    クリスマスローズが早くも咲いてきました

2015_12160013 2015_12160007
    スイセン            ガーデンシクラメン

2015_12160011_4
      彩り鮮やかなドウダンツツジ

2015年12月15日 (火)

村上隆ワールド

 2年ぶりに六本木ヒルズ53Fの森美術館へ行きました。村上隆の「五百羅漢展」です。
 展示室の全作品が撮影可能です。とりあえず見る人を圧倒する村上隆ワールドを紹介します。

2015_12140015

2015_12140020_3

2015_12140071_2

2015_12140073_2

2015_12140074_2
        2枚合わせて横幅50㍍

2015_12140075 2015_12140080
         25㍍の作品の一部

2015年12月14日 (月)

2015黄葉シリーズ⑬東京の黄葉

 今日は年に一度の検診で西新宿の慈恵医大病院へ。8時40分受付、9時5分採血、それから待つこと2時間で3分の診察でした。

 終わって六本木へ向かいました。地下鉄に乗る前に芝公園
へ寄りました。

2015_12140001 2015_12140002
日比谷通りの黄葉          芝公園

2015_12140009_2
           芝公園

2015_12140007  2015_12140003
                 東京タワーがすぐ近くです

2015_12140013_3
       虎ノ門の近くにある青龍寺

丸の内の黄葉:東京都の木はイチョウです

2015_12140126 2015_12140125
 正面右が東京駅

2015_12140124 2015_12140127

東京の黄葉も終わりです

2015年12月13日 (日)

料理教室:お正月料理

 町内長寿会の料理教室に初めて参加しました。会場は各所で講師を務めている先生のお宅のキッチンです。男性4人、女性9人計13人のメンバーでした。

 この料理教室のモットーは「料理力を高めて元気を目指す」です。

 調理を始める前に、「減塩の食事学」のお話がありました。食塩のとり過ぎはがん・高血圧・腎臓病の危険因子となるので、日常の食生活で減塩が必要だというお話があり、参考になりました。男性の1日の目標塩分量は8㌘とのこと・・・ラーメン一杯で6㌘ですからラーメンを食べるときはスープを飲まないようにということでした。

 続いておせちについてのお話。江戸時代後期に始まったと言われています。お雑煮は節の宴会のはじめに出された酒の肴だったそうです。

 今日のテーマは「2016年も元気で暮らせる手作りのお正月料理」です。メニューは・・・

一の膳:(祝い肴)炒り豆田作り・黒豆薄甘煮・紅白かまぼこ=護国豊穣を祈願

二の膳:(口取り)伊達巻き・栗きんとん・フルーツきんとん=彩りを添える縁起物

三の膳:(焼き物)鶏の松風焼き・海老のうま煮・お魚のチーズ焼き=保存がきくメイン料理

三の膳:(煮物)野菜のお煮しめ=根性・根気

四控えの重:(酢の物)煮なます=保存がきく・さっぱり味の野菜料理

主食・汁=黒豆ずし・豚汁

 画像で紹介します。

2015_12130031_2
カラフルなおせち料理の詰め合わせができました

2015_12130030  2015_12130033_3
     黒豆ずし             おにしめ

2015_12130009 2015_12130012
    炒り豆田作り        田作りを炒っています 

2015_12130014 2015_12130018
   私の仕事:錦糸卵とお魚のチーズ焼き

2015_12130020 2015_12130025
         詰め合わせていきます

2015_12130037 2015_12130034
    いただきます           丼の豚汁

 美しくておいしいお正月料理ができあがりました。暮れに挑戦してみます。楽しみながらとてもいい勉強ができました。次の3月が楽しみです。

2015年12月12日 (土)

手嶋龍一氏の講演

 静岡文化芸大で、外交ジャーナリストで作家でもある手嶋龍一氏の講演がありました。手嶋氏はNHKワシントン支局長時代の2001年9月11日から11日間連続でテロの現場からの中継を担当しました。

 現在、文化芸大の参与として大学に関わっていますが、熊倉学長と懇意ということで、会場最前列には学長の姿もありました。

 今日の講演は公開講座「世界情勢の現在を読み解く」の最終回で、「アジア半球の時代をどう生き抜くか」という演題でした。

・2015年は同時多発のテロの年
 世界有数の警察国家であるフランスがISについての情報を持ちながらテロを事前に防ぐことができなかったことの衝撃

・ロシアとトルコの対立
 プーチンがトルコの石油権益について触れたのは諜報機関のエリートであった彼らしい。情報を入手していたのであろう。

・原油価格の暴落について
 今年世界一の産油国はサウジからアメリカに変わった。生産過剰でもOPECは生産調整をしない。暴落の要因はシェールオイルの産出による。条件のいい油田はコストが低いため価格低落に対応できている。

 価格暴落の原因について日本のジャーナリストは正確に分析し、報道することをしないでいる。

 シリアからトルコにかけてISが支配しているエリアは油田地帯と重なっている。ISは年間約600億円の利益を石油から得ている。

・2001年9月のテロは 「テロの世紀の始まり」であった。当時のブッシュ・ドクトリンで「無期限、無制限の戦争に入り、今も続いている」

・アジアの半球は、日本・中国・ASEAN・インドなど欧米を遙かに凌ぐ世界経済の巣新エンジンになっている。

 しかし、危機の芽を孕んだ動乱の地域でもある。その一つが日中関係であり、尖閣諸島の問題である。日本画主権を持つ尖閣諸島に中国軍が上陸した場合、日本の自衛隊は出動することになるその場合、日米安保の関係でアメリカはどうするのか?

 今日の講演の主題は「インテリジェンスを武器に日本がどう生き抜くかという」ということでしたが、途中でパワーポイントの画面が消えるハプニングがあってインテリジェンスの話は十分伺うことができませんでした。

 ジャーナリストとしての豊富な経験、ホワイトハウスで築いた華麗な人間関係、大変な情報量と緻密な分析・・・知性あふれる内容の講演をソフトな語り口で興味深く聴くことができました。

 随所に日本のジャーナリストに対する厳しい批判があり印象に残りました。

2015年12月11日 (金)

大荒れの一日

 夜中から朝まで雨がしっかり降りました。夜10時から朝8時までの降水量は35㍉で、特に深夜の時間帯にまとまって降りました。そして・・・朝方から強風が吹き荒れました。9時50分には風速11.8㍍でわが家の物干し台は倒れてしまいました。近くのお宅ではロッカー型の物置が倒れていました。自転車で走ると倒されそうでした。

 風は南からで暖気を含んでいました。気温はたちまち上昇して、午前11時には22.7℃。これは12月の気温としては浜松での観測史上最高記録でした。半袖の下着と長袖シャツだけでも暑い感じでした。

 9時半には雨が上がって一面の青空に。11時頃には雨雲に覆われて小雨模様。2時半頃から再び青空と、めまぐるしく変わる空模様。

 暴風警報・波浪警報・大雨注意報・洪水注意報などが次々と発令されました。文化芸大では暴風警報発令を受けて今日の授業は休講になったとのこと。雲一つない青空が広がっている時にその情報を聞きました。

 全国各地で被害が出た「初冬の嵐」でした。

初冬の浜名湖ガーデンパーク

 よく晴れた初冬の日、日差しの中を歩くとうっすらと汗をかくほどの陽気でした(9日)。園内では数少ない花がひっそりと咲いていました。

2015_12090037_2
クリスマスローズの小路では「青いシクラメン」が早くも満開です

2015_12090036 2015_12090039

2015_12090043 2015_12090044
   スノードロップ        クリスマスロ-ズのつぼみ

2015_12090055 2015_12090071
      バラ             皇帝ヒマワリ

2015_12090051 2015_12090066
    アジサイ          ジャカランダの葉は新緑の色

2015_12090015 2015_12090052
        珍しい花です。名前がわかりません

わが家のミニミニ農園のソラマメの花

2015_12090006

2015年12月 9日 (水)

2015紅葉シリーズ⑫浜名湖ガーデンパーク

 久しぶりのガーデンパークです。紅葉する木が集中的に植栽されているわけではないので、紅葉を求めて園内を散策しました。

2015_12090028_2
     東西水路沿いのラクウショウ

2015_12090021_2
      展望塔をバックに人工の滝で

2015_12090033 2015_12090057

2015_12090060 2015_12090062

2015_12090063 2015_12090065
            タイワンフウ

2015_12090068 2015_12090032
    中国庭園で            バラと紅葉 

2015年12月 8日 (火)

2015紅葉シリーズ⑪浜松城公園はこれから見頃です

浜松城公園駐車場の係員の話では紅葉は進んできているが例年のような美しさはないということです。紅葉の様子をたずねる電話がかかってきたときに自信をもって答えられないとのこと。時期がかなりずれているのと、色に鮮やかさがないとのことです。

2015_12080001_2
        駐車場西側の池

2015_12080002_3 2015_11100022
水面に映る紅葉と青空       11月10日現在

2015_12080003 2015_12080006

2015_12080008 2015_12080009


2015_12080010 2015_12080011


2015_12080014 2015_12080016

2015_12080019 2015_12080015
2015_12080024

2015_12080021 2015_12080030

2015_12080032 2015_12080033

 紅葉はまだまだこれからです。市役所・区役所へ出かけたついでや散歩の際にどうぞ立ち寄ってください。

2015年12月 7日 (月)

2015紅葉シリーズ⑩紅葉が見頃です:鳥羽山公園

 これまで今年の紅葉は見栄えがせず、遠州地方の紅葉は「不作」か「凶作」とお伝えしてきました。ところがこのところ朝晩の冷え込みが強まって紅葉が一挙に進んできました。

 今日は毎年恒例の日赤浜松での人間ドック受診の日でした。検査診察が終わって病院のレストランでボリュウムたっぷりの豪華ランチをいただきました。予定よりも早く終わったので天竜区の鳥羽山公園へ。この秋3度目です。病院からは15分で着きました。鹿島橋を渡るときに車の窓から見上げた鳥羽山公園は赤い帯状に見えました。

 駐車場に着いてみると10日前に青かったイチョウの葉はみごとな黄色に、モミジは紅く染まっていました。その紅葉をどうぞ!

Img_2394_2

Img_2389 Img_2401

Img_2396_2

Img_2410_2
            展望台から

Img_2381 Img_2384

Img_2393 Img_2413

Img_2408 Img_2377
 展望台から鹿島橋           駐車場で

Img_2373 Img_2425
イチョウもようやく黄葉

 遠州地方の紅葉は例年よりも1週間以上遅れて見頃になりそうです。「不作」や「凶作」ではなく「豊作」になるかもしれません。「紅葉さん」ごめんなさい。

 人間ドックの結果は年齢相応の症状はあるものの、胃カメラをはじめ再検査や精密検査などの宿題はありませんでした。とりあえず元気で新しい年を迎えることができそうです。

2015年12月 6日 (日)

浜松国際ピアノコンクールの結果

 11月22日に始まった第9回浜松国際ピアノコンクールは今日6日、本選2日目の演奏の後、成績発表と表彰式が行われました。

 優勝したのはアレクサンデル・ガジェヴ(20歳・イタリア)でした。残念ながら私は聴く機会がありませんでしたが、予選の時から皆さんの評価が高かったようです。昨日の本選ではプロコフィエフの協奏曲3番を弾いています。優勝と同時に聴衆賞・札幌市長賞を受賞。

 2位は今日の最後に登場したロマーン・ロパティンスキー(22歳・ウクライナ)でした。ラフマニノフの3番を演奏しました。

 3位が二人で、アレクセイ・メリニコフ(25歳・ロシア)とダニエル・シュー(18歳・アメリカ)です。いずれも昨日の出演です。

 4位はフロリアン・ミトレア(26歳・ルーマニア)でした。プロフィエフの3番を演奏しました。私は彼の演奏を三次予選と今日の本選と聴きました。室内楽賞を受賞しました。三次に演奏したモーツァルトのピアノ四重奏2番の演奏が評価されたのでしょうか。

 以上6人です。・・・ということは5位6位がないということです。海老審査委員長の講評の中で、非常にレベルが高く甲乙つけがたかったということで,審査が大変だったことをうかがわせました。

 今日の本選の3人の演奏もすばらしく、すでに完成したプロピアニストのコンサートという感じでした。

 日本人で唯一三次に進出した三浦君は奨励賞を受賞しました。

 1991年に始まったこのピアノコンクールはこれまでにチョ・ソンジンなどの優れたピアニストを生み出しており、国際的な評価も高まっています。3年に1度のこのコンクールは楽しみです。

表彰式の中継画面から
2015_12060002_2
左から3人目、優勝のガジエヴ、右端が2位のロパティンスキー

2015_12060007
二次予選の11月27日から審査員を務める
アルゲリッチ(中央)

2015年12月 5日 (土)

ミニ門松作り

 地区社協が主催する三世代交流事業に自治会長もお手伝いで参加しました。80人募集のところへ100人以上の人が集まって参加できない人もいる盛況でした。

 幼児から高齢者まで幅広い年齢層の参加者が用意された材料を組み合わせてみごとな門松を作りました。

 できあがった後は用意された豚汁をいただいて帰りました。

2015_12050023_2
          よくできました!

2015_12050005 2015_12050008
協働センターのホールにいっぱいで順番待ちの人も

2015_12050007 2015_12050002
材料(松・笹の葉・千両など)

2015_12050009 2015_12050015

2015_12050017 2015_12050019
    親子で              できあがり

2015年12月 4日 (金)

2015紅葉シリーズ⑨四つ池公園

 これまで今年の紅葉が美しくないことを報告してきました。わが家から歩いて数分の四つ池公園に久しぶりに行ってみたところなかなか見事に紅葉していました。

2015_12040015_3

2015_12040020 2015_12040021

2015_12040027 2015_12040030

2015_12040031_2

2015_12040034 2015_12040035

2015_12040037 2015_12040042
6 日に地域防災訓練を行う会場のモミジフウです

 地元の公園でようやく美しい紅葉に出会いました。

2015年12月 3日 (木)

忘年会シーズン始まる

 師走も3日、忘年会の始まりです。今日は文化芸大の聴講生の集まり「ミレーの会」の忘年会でした。いつもよりやや少ない20人(先生も含めて)でしたが、大好きな美術のことについて熱く語り合いました。

 今年は琳派400年の年にあたり、京都をはじめ全国各地の美術館で琳派など日本の近世絵画の展覧会が数多く開かれました。そこで、今夜は「琳派400年記念忘年会」でした。葛飾北斎・歌川広重・尾形光琳など琳派や浮世絵の絵師20人の代表的な作品をプリントしてテーブルに配置し、座席を決めました。プリントした絵はおみやげです。

 近世の絵師の中で好きな人を5人ずつ選ぶ「投票」も行いました。その結果・・・この会での順番は次のとおりになりました。

1位若冲13 2位等伯10 3位光琳9 4位宗達7 4位応挙7
6位曾我蕭白6 7位
北斎5 でした。

 朝日新聞の全国調査では①北斎 ②広重 ③光琳 ④宗達 ⑤歌麿 ⑥若冲 ⑦応挙 でした。

 赤字は両者の重なっている部分です。私たちのグループは浮世絵よりも琳派を好む傾向が見られるようです。

  二次会が終わって帰宅したのは10時半を過ぎていました。

2015年12月 2日 (水)

浜松国際ピアノコンクール 本選出6人決まる

 コンクールも終盤です。今日は三次予選の二日目。朝から6人が演奏しました。一人の持ち時間は1時間10分ですからリサイタルに近い内容になります。演奏曲目の一つにピアノ四重奏曲が入っているのも楽しみです。

 今日は午後の二人の演奏を聴きました。午前中の二人は家で仕事をしながら同時中継で聴きました。

 2日間の三次予選が終わり、今夜9時前に審査結果が海老委員長から発表されたのを中継で見ました。

 本選に進む6人はロシア・アメリカ・イタリア・ギリシャ/ベネズエラ(女性)・ルーマニア・ウクライナで、日本の三浦さんなどアジアの3人は選ばれませんでした。

 私が聴いたフロリアン・ミトレア(ルーマニア)はみごとに予選を通過しました。モーツァルトのピアノ四重奏曲2番・シューベルトのピアノ・ソナタ14番・プロコフィエエフのピアノソナタ6番という構成でした。

 会場のアクト中ホールは客席の8割程度が埋まっていました。ヤマハやカワイの関係者の姿もありました。三次に出た12人のうち半分の6人がカワイを選んだとのことです。

 今年のコンクールの大きな話題は、現在世界最高のピアニストとされるアルゲリッチが審査員を務めているということです。さすがの一次予選には来ていませんでしたが、二次予選から参加してます。
 今夜の審査結果の発表にアルゲリッチの姿がありました。

2015_12020041 2015_12020051
    アルゲリッチ(同時中継の画面から)

2015_12020053 2015_12020044
           本選出場の6人

 本選は5日(土)6日(日)に行われます。ピアノ協奏曲を演奏します。

2015年12月 1日 (火)

2015黄葉シリーズ⑧油山寺も青々

 袋井・油山寺のモミジも青々としていました。黄葉シーズンにしては紅葉狩りの人はかなり少なく、カメラを持った人は紅葉した木を探しながらシャッターを切っていましたが、ほとんどないので早々に引き上げていきました。

数少ない紅葉

2015_12010008_3

2015_12010002_2 2015_12010013

三重塔:国指定重文

2015_12010034 Img_8706
相変わらず美しい塔  周囲はほとんど緑

2015_12010030 2015_12010037


2015_12010025 Img_8713
     今年             2013年

山門前

2015_12010004 Img_8670
    今年              2012年

 この後1週間か10日後に紅葉するか、枯れてしまうのか・・・気になる今年の紅葉です。

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »