2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月31日 (土)

山口・防府・津和野の旅②防府

 中学校同期会二日目の午前中は防府を訪ねました。湯田温泉から防府の毛利邸まで40分かけてタクシーで移動しました。防府は周防国の国府のあったところで国衙や国分寺などがあります。山口県中央部で瀬戸内海に面しています。

毛利氏邸(国重要文化財):庭園(名勝)

 毛利公爵家の邸宅で、1916年竣工。日本建築の粋を集めた壮大な本格和風建築です。総面積1200坪・部屋数は60。

2015_10290084_2

2015_10290071 2015_10290064
 昭和天皇宿泊の間      自家発電による照明

2015_10290087 2015_10290075
      庭園         2階からは瀬戸内海が見えます

 邸宅の中に、毛利博物館があります。雪舟の《四季山水図》などの国宝や重文を多数収蔵しています。

2015_10290103_5

_20151031_0001_2
  中央の本尊薬師如来など7躯の重文仏像ほか

防府天満宮:日本で最初の天満宮

2015_10290106_2

 防府駅前で昼食をいただいた後、同級生と別れて私は津和野へ向かいました。

2015年10月30日 (金)

山口・防府・津和野の旅①山口

 半世紀以上前に卒業した大学の同級会で山口へ行きました。メンバーはいずれも80歳前後です。昨年は私が幹事を引き受けて静岡で開催し、初冠雪の富士山を見て全員感動したのでした。

 

 今年からは幹事の在住する地域に限らず目的地を決めることになり、広島在住の幹事が山口を用意してくれました。

 メンバーは静岡・大阪・松江・呉・三次・大分から新山口に三々五々集合して行動開始。新山口は国鉄時代の鉄道の拠点であった小郡です。新山口からタクシーで山口市内に入りました。

サビエル記念聖堂

 あいにくの雨の中、まずサビエル記念聖堂へ。サビエルが山口で布教した400周年を記念して1951年に建てられましたが、1991年消失し1998年に再建されました。三角錐の屋根と高さ53㍍の塔を持つ斬新なデザインです。消失前に私が見た聖堂とはイメージがかなり違います。

2015_10290016_2
  ステンドグラスが美しい内部は撮影禁止です

国宝瑠璃光寺五重塔(国宝)

 山口を支配した大内氏は京に憧れ、京に似た街づくりをして山口に大内文化が栄えました。その最高傑作がこの五重塔です。法隆寺・醍醐寺と並ぶ日本三大名塔の一つです。

2015_10290019_2
     雨が降りしきる中で煙る塔

雪舟庭(常栄寺庭園) 国指定史跡及び名勝

 第29代大内政弘が雪舟に依頼して築庭したものと言われています。石と水を中心として作られた回遊式庭園で室町時代の様式を良く伝えています。

2015_10290046_2
      三方を山に囲まれています。

 宿は湯田温泉です。温泉につかった後の宴会では飲みながら食べながら話は尽きず、部屋へ帰ってからも続きました。50数年前のことをよく覚えているものだと毎度感心します。

 私にとっては20数年ぶりの山口でした。山口在住の同級生にお世話になったのはその時でした。その彼が体調を崩して参加できないということで残念だったのですが、夕方奥様と一緒にホテルに挨拶にきてくれました。メンバー一同久しぶりの再会でうれしいことでした。

2015年10月29日 (木)

山口・防府・津和野 ベストショット

 今年の大学同期会は10月27-28日に山口で開かれました。27日の正午に新山口に集合、さっそく山口市内の文化遺産を訪ねました。あいにくの雨で残念でした。
 28日は午前中防府の文化遺産を訪ねました。昼食後解散しましたが、私は津和野へ足を伸ばしました。
 今夜7時半、3日間の旅を終えて帰宅しました。旅のレポートは明日以降にアップします。

 3日間に撮影した画像から3枚をアップします。 

山口:瑠璃光寺五重塔(国宝)

2015_10290022_3
    雨が降りしきる中の五重塔

防府:毛利邸と庭園

2015_10290087_2
      部屋数60の大邸宅

津和野:町の全景を俯瞰

2015_10290213
   全景を俯瞰できる唯一のポイントで撮影
   画面奥が津和野駅方面

2015年10月26日 (月)

伊勢路の旅

 自治会連合会の研修旅行で伊勢へ出かけました。昨年2月以来1年8ヶ月ぶりです。

10月25日(日)
 バス2台で一路桑名へ。国指定重要文化財の六華苑を初めて見ました。

2015_10260051_2

2015_10260008 2015_10260053

 山林王と称された桑名の実業家諸戸静六の邸宅として1913年に竣工。設計者は鹿鳴館と同じコンドルです。
 4階建ての塔屋を有する洋館と、洋館に直接接続する和館から成っています。

2015_10260033 2015_10260039
洋館玄関のステンドグラス

2015_10260056 2015_10260002_2
  塔屋からは揖斐・長良川を望むことができます

三重県立斎宮(さいくう)歴史博物館
 この施設にも初めて行きました。斎宮とは天皇に代わって伊勢神宮に仕えるため天皇代替わりごとに皇族女性の中から選ばれて伊勢に派遣された斎王の宮殿と斎宮寮と呼ばれる役所のことです。
 その斎宮遺跡を発掘した結果に基づいてその施設の概要や出土品、斎王の役割や生活などを展示しています。伊勢神宮の地らしいユニークな博物館でした。

2015_10260068_2 2015_10260067_2 2015_10260065_2
   玄関       斎宮の建物配置     出土品(重文)

10月26日(月)2015_10260086_2
安楽島のホテルからの眺望 左の島は坂手島

伊勢神宮

2015_10260093 2015_10260097
               外宮

2015_10260105 2015_10260106
   五十鈴川                内宮

 伊勢神宮では相変わらず多くの参詣者が列をなしていました。

 2日間好天に恵まれて汗をかきながらよく歩き回りました。

 明日27日からは大学の同期会で山口・津和野を訪ねる旅です。

2015年10月24日 (土)

庭の花

庭の花
庭の花
シュウメイギクとホトトギスです。

携帯からの送信

明日からお出かけが続きます。パソコンからブログにアップできないので携帯からアップします。

iPhoneから送信

2015年10月23日 (金)

「プラド美術館展」:三菱1号館美術館

 中学校同期会が11時30分からの予定だったのでその前の時間を利用してプラド美術館展を観ました。三菱一号館は東京駅から近いので便利です。開館間もない10時過ぎに行きました。ネットでチケットを購入してあったのですが、この美術館はエレベーターで3階に上がってから展示室を回るので少し待たされました。

 プラド美術館は200年ほど前に王立美術館として開館しました。優れたコレクションを持つ世界有数の美術館です。十数年前にスペインを旅した時にこの美術館で数々の名作を観ました。

 今回の展覧会は、プラドのコレクションの中から、スペイン・フランドル・イタリア・オランダ・フランスの5カ国の15世紀から19世紀の作品102点を展示するものです。

 スペインの三大画家と言われるエル・グレコ、ベラスケス、ゴヤをはじめフランドルのボス,ルーベンスなどの巨匠の作品も数多く出品されています。

 ほとんどの作品に共通しているのは「小品」であるということです。100㌢を超える作品はほとんどありません。小さい作品では7.3×5.3・・・絵はがきの半分ほどの大きさです。これは、三菱1号館の展示室が狭いということも関係しています。

 注目される作品は、ヒエロニムス・ボスの《愚者の石の除去》です。本邦初公開のこの作品は、手術を行っている医者そのものが偽者であることなど、患者以外の登場人物はすべて愚者であることを表現しています。描写は極めて微細です。

2 1日に帰宅して朝日の夕刊を開いたところ、3面の美術欄にこの作品の詳細な紹介が掲載されていました。どうぞご覧ください。

ヒエロニムス・ボスの《愚者の石の除去》1500-1510年 49×35

Photo_6

エル・グレコ《受胎告知》 1570-72 27×20

Gureko_20151023_0001_2

ブリューゲル2世《地上の楽園》1626年頃 57×88

_20151023_0001_2

Photo_8 Photo_9
ピーテル・ブリューゲル2世   ベラスケス《ローマ、ヴィラ・メディ
《バベルの塔の建設》              チの庭園》

Photo_12
アントン・ラファエル・メングス《マリア・ルイサ・デ・パルマ》1765年


 そのほかにルーベンス、ムリリョ、クロード・ロランなどの作品もあり、小品ながら見応えのある作品が多い展覧会です。10日に始まったばかりで会期は1月31日までです。

Img_5622 Img_5620

Img_5625 Img_5624

煉瓦造りの美しい三菱1号館美術館です。










2015年10月22日 (木)

うかい鳥山で過ごした至福の時間

 中学同期会の最後は高尾山麓の「うかい鳥山」での会食でした。清流の流れる山里の6500坪に広がる自然の中に、39棟の純和風の庵が点在しています。

Img_5717 Img_5718_2
     車寄せ             表口

Img_5720 Img_5722
玄関前で回る苔むした水車   清流を渡る真紅の橋

Img_5730_3
      私たちの部屋「向日庵」へ

Img_2292 Img_2294
         室内と室内から見た眺め

Img_2296 Img_2299
竹筒に清酒を入れた竹酒      鶏炭火焼き

Img_2304_2
         450年前の合掌造り

 すばらしいロケーションの中でおいしいお料理とお酒をいただき、話がはずんだ3時間はまさに至福の時間でした。

 うかい鳥山はミシュランに掲載されている名店で高尾山麓のほかに銀座など都心にも店舗があります。箱根には「ガラスの森美術館」。

 

HPです http://www.ukai.co.jp/toriyama/

2015年10月21日 (水)

雨上がりの高尾山

 登山者の数が日本一多いという高尾山に初めて登りました。10月20日、中学校の同期会で丸の内のオアゾに集まった
メンバーが,一夜明けて一緒に高尾山に登ることになったのです。

 私は八王子のホテルに泊まって今朝高尾山口に向かいました。ケーブルカーの駅には朝から登山者が列を作り、15分間間隔のダイヤを変更してピストン輸送になっていました。車内は満員です。日本一の急勾配を登って6分で到着。途中薬王院にお参りして頂上へ。幼稚園児の遠足のグループにいくつも出会いました。

 頂上は599.2㍍・・・晴れていれば富士山を正面に見るほか、下界の風景も見ることができるのですが、あいにく明け方に局地的な雨が降り、朝から雲が垂れ込めて視界は不良で残念でした。

Img_5655 Img_5660
        ケーブルカー 清滝駅

Img_5668 Img_5679
中間点ですれ違い         ケーブル高尾山駅

Img_5688 Img_5703
      薬王院              登山道

Img_5705 Img_5704
      山頂              視界不良

 11時過ぎに下山したのですが、登山道は団体などの登山者の列が延々と続いていました。

 11月中旬になると紅葉のシーズンで大変な賑わいになるでしょう。

 天気のいい日にもう一度登りたいものです。

2015年10月19日 (月)

「みんなで歌おう会合同祭」新聞報道 

 15日(木)に浜名湖ガーデンパークで開催した「第3回みんなで歌おう会合同祭」には新聞2社の取材がありました。いずれも女性記者でした。

中日新聞:10月16日(金)朝刊

2_20151019_0001_2
(モノクロコピーです)

静岡新聞:10月17日(土)朝刊

_20151019_0002_2

いずれも後援は受けていません。




2015年10月18日 (日)

町民運動会

 雲一つない秋晴れに恵まれて小学校区の運動会を開きました。今年で33回目・・・昭和の頃から続く伝統行事です。中心となって参加するのは小学生とその親。小学生にとっては春の学校での運動会に続く二つ目の運動会ですが、学校の運動会と違って、親や地域の大人と一緒に参加し、時には一緒にプレーします。リレーなど学区内8町の対抗種目があり、総合優勝を目指して地域のために頑張ります。
 参加するだけでいろいろの賞品がもらえるのも学校とは違うところです。

 地元の小学校は31学級で児童数907名の大規模校です。今日参加したのは子ども会に加入している子どもを中心に300人ぐらいだったでしょうか。

2015_10180001_3
    雲一つなく晴れ渡った秋空の下で

2015_10180006 2015_10180008
大人と子どもがカードを   長靴をはいて走ります
合わせるゲーム

2015_10180034 2015_10180059
  幼児の宝拾い        高架を行く遠州鉄道

2015_10180054 2015_10180055
  8町が自治会ごとにテントを張っています

2015_10180058 2015_10180060
    長縄跳び           玉入れ

 気持ちのいい汗をかいた1日でした。

2015年10月17日 (土)

満開のコスモス:浜名湖ガーデンパーク

 ガーデンパーク花ひろばのコスモスが満開になっています。背丈の低い改良種のコスモスです。

2015_10150010_2

2015_10150006 2015_10150008

2015_10150009_2

2015年10月16日 (金)

みんなで歌おう会合同祭②

 みんなで歌おう会合同祭は今年で3回目になります。一昨年の第1回は同じステージで6団体が参加して開催。昨年は台風のため11月に会場を天竜区壬生ホールに変更して開催・・・参加12団体。今年は16団体です。

 みんなで歌おう会は、①小林博司氏がシンセサイザー演奏と指導を行い ②参加者全員が上手も下手もなく大きな声で歌う ③歌う歌は唱歌、童謡、叙情歌、フォーク、流行歌など昔懐かしい歌、青春の想い出につながる歌 ④仲間と出会い、おしゃべりをし、大きな声で歌うことによって心身の健康が保たれる という点で共通しています。

 歌う会の皆さんは元気で明るいという特徴があります。今朝はわが町の歌う会の例会がありました。昨日の午後ガーデンパークの合同祭のトリを飾ったのがわが町の皆さんです。今朝は昨日参加した皆さんがいつもよりも早く、笑顔で会場に参集しました。口々に「昨日はよかったね」と声を掛け合っていました。とにかく元気で感心しました。最高齢は95歳、80代のメンバーもかなり多い皆さんです。今日はシャンソンの「枯葉」
や「シクラメンのかほり」などにもチャレンジしました。健康長寿日本一にふさわしいお元気な皆さんです。

当日の会場で

2015_10150003 2015_10150027
8時50分 花の飾り付け   後ろの扉を閉めた状態

Dsc_0056_2
    開会の挨拶をしている私(右)

2015_10150044 2015_10150055
  ステージの前から       ステージの後ろから

2015_10150060 2015_10150068
     横から              観客席

 午後1時から4時までの3時間、16団体11組の620人が次々とステージに上がり、34曲を歌いました。客席の皆さんもステージの出演者と一緒に歌うのがこの合同祭の素晴らしいところです。

 主催者として合同祭の運営を行いましたが、皆さんの協力によってトラブルもなく無事に終えることができました。時間もピッタリでほぼ満点でした。

2015年10月15日 (木)

みんなで歌おう会合同祭①

 浜名湖ガーデンパークの屋外ステージに市内16の団体、600人余が集まって,日頃歌い慣れた歌を披露する合同祭を開きました。

 秋晴れの好天に恵まれて楽しく歌った3時間でした。私は20の団体をまとめる立場で、今回はこのイベントの「実行委員長」でした。

 朝8時過ぎにガーデンパークに到着。会場の準備をしました。秋半ばのこの季節にふさわしいステージを作りました。屋外ステージのバックの扉を開けて、「額縁」の中に見える珍しい風景を楽しみました。

2015_10150072_2
      水路を遊覧船が行きます

2015_10150031 2015_10150020

2015_10150068 2015_10150076
シンセサイザー演奏は小林さん。3時間一人で演奏

2015年10月13日 (火)

駿河漆器 ガラスの酒器

 美しい酒器です。ガラスの下部に黒漆を塗り重ね、内側の底の部分は金箔です。金箔の上には蒔絵風に梅に鶯、富士山などの絵が描かれています。

2015_10130018

2015_10130021 2015_10130020

2015_10130023 2015_10130022

2015_10130014_2

 静岡市の青葉シンボルロードで開かれた「第27回駿河漆器・駿河蒔絵ぬりものまつり」で販売されていたのを、息子たちが買ってきてくれました。私の誕生日に間に合いました。伝統の技を受け継ぐ若い後継者たちが、斬新なアイデアとデザインでモダンな商品を創り出しています。

 この酒器でいただくと、吟醸酒が大吟醸酒になりそうです。
ごちそうさまです。

2015年10月12日 (月)

「浜松みんなのスポーツまつり」:体育の日記念事業

 昨日は午後まで雨が降り続いてせっかくの秋まつりが淋しいものなってしまいました。

 お天気は一晩で回復し、今日は一日中雲一つない秋晴れの空が広がりました。

2015_10120004_3
   私の町にある浜松市陸上競技場

 今日は毎年恒例の「浜松みんなのスポーツまつり」の日です。小学生から高齢者までスポーツに関係する諸団体のメンバーが一堂に会して様々な競技やイベントを繰り広げました。ラジオ体操連盟・民謡連盟・市民走ろう会・スポーツ少年団・健康音楽研究会・健康吹矢連盟など・・・・。2015_10120016 2015_10120023
       浜松市消防音楽隊の演奏

入場行進
2015_10120017 2015_10120018

2015_10120026 2015_10120031
一番盛り上がるのは校区対抗小学生リレーです

 野球場では少年団軟式野球、自由広場では体力テストなど、大勢の市民がスポーツを楽しみ、いい汗をかいていました。

2015年10月11日 (日)

秋祭り:芸能祭

 今日は秋祭りのピークの日でした。朝7時・・・数カ所の花火が一斉に打ち上げられて祭りを知らせました。夜来の雨が降り続いていました。

 私の町でも昨日から秋祭りです。昨夜は野外の屋台で歌謡ショーが行われたのですが、大雨でさんざんなことになりました。

 今日も雨が残り朝から降り続いていました。町の公会堂では自治会主催の「芸能祭」を開きました。昨年に続いて2回目です。出演者を公募して23組の個人やグループが参加し、楽器演奏・カラオケ・日本舞踊・マジック・詩吟・歌声・ダンス・合唱などを披露しました。皆さんなかなか芸達者で楽しませてくれました。

 芸能祭が終わった後、神事が行われました。二つの神社の神事で約1時間・・・小学生の「浦安の舞」の奉納は今年もみごとでした。親子姉妹代々受け継がれている伝統芸能です。わが町の「浦安の舞」は毎年とてもりっぱだと宮司さんからお褒めの言葉をいただきました。

 神事の後は恒例の餅投げです。わずか1分30秒で大量のお餅が投げられました。

 最後は懇親会。氏子総代と町内の諸団体のメンバーがお酒を酌み交わして今年の祭りは無事に終わりました。雨のため子どもみこしが中止になったのは残念でした。

2015_10110005 2015_10110008
地元市議による市歌演奏        日本舞踊

2015_10110012_3
    地元の中学生によるフルート五重奏

2015年10月10日 (土)

オペラ「魔笛」「:ポーランド国立ワルシャワ室内歌劇場

 久しぶりのオペラです。2年前のハンガリー国立歌劇場「椿姫」以来でしょうか。

 ワルシャワ室内歌劇場は、モーツァルトの21のオペラをいつでも上演できるということで、世界各地で公演をしています。今回の来日公演は10月8日の和歌山に始まり、浜松は二日目の公演でした。

 「魔笛」はモーツァルト最後のオペラ作品で、一種のお伽噺です。王子タミーノは夜の女王に頼まれてとらわれの身になっている女王の娘パミーナを救出しようとします。鳥刺しのパパゲーノが道化役となって物語は進行します。全2幕ですが、1幕と2幕で善悪が逆転することになります。
 ’魔笛’とは、タミーノが護身用にと渡された笛のことです。

 「魔笛」は「フィガロの結婚」とともに、モーツァルトのオペラではおなじみの作品ですから、気楽に楽しむことができます。

 これまで何度も見た「魔笛」ですが、舞台装置は最初から終幕まで同じでした。中央奥に3枚の扉、その前に7段の階段、両翼に大きな円柱というのが基本的な構造でした。それが照明のテクニックによって様々に変化し、その場に応じた雰囲気を出すという仕掛けでした。

Photo_3 Photo_4
        (画像はチラシなどから)

 「魔笛」と言えば夜の女王のアリアが聴き所です。この日の夜の女王のアリアは声量、迫力とももう一つ圧倒されるところが無い感じでした。youtubeで往年の名歌手の絶唱を聴くとその違いがよくわかります。

 久しぶりのオペラ、「魔笛」を楽しむことができました。シニアチケットを購入したので5000円でした。座席指定券交換の50分前に並んで手にしたチケットはS席(12,000円)でした。

2015年10月 9日 (金)

高齢者講習無事終了

 10月12日が誕生日で免許証の更新になります。その前に高齢者講習の受講が義務づけられているので、自動車学校へ出かけましたたっぷり3時間かけていろいろな検査を受けました。

 予備検査は記憶力や判断力に問題がないか調べるものです。①年月日、曜日、現在時刻を記入します。②記憶力:パネル②描かれた16枚の絵を見てそれを記憶します。動物のウマ、電気製品のテレビなどのようにヒントになる単語が読み上げあげられます。その後数字に関する問題が終わったあとで、さきほどの16枚の絵に描かれた物の名前を思い出す順に書いていきます。15まではできたのですが残り1枚が出てきませんでした。次のページにはヒントになる単語が記入してあるのでそれに相当する物の名前を記入します。思い出せなかったのは、「ほうちょう」でした。ヒントを見て思い出しました。得点は93点でした。

 次は運転適性検査。ハンドル・アクセル・ブレーキのある機器を使い、画面に出る指示を見ながら「運転操作」をします。
①反応操作の速さ ②緊張の維持と集中力 ③動作の確かさ、見込み反応 ④注意の配分/認知・注意の分散 ⑤状況判断の正確さ 

 結果は判断・注意力は正確で動作も速いということでした。

 静止視力・動体視力・夜間視力には問題ありませんでした。ただし、視力がやや落ちています。視野は50代のレベルでした。

 いよいよ最後にコースへ出て実地の運転です。1台の車に指導員と受講者3人が乗り、一人ずつ交替で運転します。コースをほぼ3周しました。慣れない車で皆さんが乗っているので緊張します。車庫入れも無事にできてなんとか終わり。乗る前に指導員から高齢者講習で運転する人の運転は、自動車学校の試験なら全員落第だという話がありました。終わったあとの講評などはありません。

 警察署に持って行く高齢者講習終了証明書をいただいて、講習は終わりました。

 3年に一度のこの講習をあと何度受けることになるのでしょうか。

 

2015年10月 8日 (木)

社会人聴講生は全員聴講認めず:「静岡学」

 一昨日のブログにアップした「静岡学」の授業は、受講希望の学生が殺到して人数調整をすることになっていましたが、今日の午後大学教務課から電話があり、学生優先で授業を運営することが大前提なので、今期の「静岡学」については社会人聴講生の聴講は認めないということでした。ということで今期の聴講はお休みになりました。聴講を始めて11年目で初のアクシデントでした。

 この科目の聴講希望の社会人は20人近くいましたが、全員アウトになりました。代替科目は用意されていないのでこの科目だけ希望した人は皆さんお休みです。

 このような事態は文化芸大として初めてのことではないでしょうか。かつて、磯田道史先生の授業で大講義室がほぼ満杯になり、2週目の状況を見て判断するということがありました。このときは辛うじて収容できたのでそのまま全員聴講を認められました。

 募集要項と同時に配布されたこの授業のシラバスには「授業の運営上、中講義室で行うため、希望者の数が多い場合には抽選を行うこともある」と明記されています。大講義室ではなく中講義室に限定した授業形態、学生の受講希望の見通し、社会人聴講生の受入についての明確なルールなど、大学として検討すべき課題があるのではないでしょうか。

 通常は4週目まで授業を行って、その時点で聴講生の聴講可否を決定し、通知が来ることになっていますが、今日の電話では2週目から聴講不可と言うことで打ち切りになってしまいました。

 これからの半年、久しぶりに自学自習としましょうか。

2015年10月 7日 (水)

コスモスの見頃間近:浜名湖ガーデンパーク

 15日(木)にガーデンパークの屋外ステージで600人以上の参加者による「みんなで歌おう会」を開催しますが、わが町の歌う会が幹事として全体を取り仕切ることになっています。

 大会前の打合せのためにガーデンパークへ行きました。会場となる屋外ステージの隣ではコスモスがかなり咲いてきています。15日にはコスモスが満開になり、私たちの歌を大勢の花見客にも楽しんでいただけるでしょう。

2015_10070003_4

2015_10070004_2 2015_10070006_2
草丈の低い品種のコスモス

2015_10070010_2 2015_10070011_2
    屋外ステージ

2015年10月 6日 (火)

後期の授業始まる:静岡文化芸大

 静岡文化芸大で私が聴講する後期の授業が始まりました。31科目目は「静岡学」です。静岡県の歴史・文化・産業などについて幅い分野のゲストスピーカーによる講義が行われます。
 今日は担当のお二人の先生によるガイダンス、次回は四方田先生による「静岡県の概要」です。

 外部講師による講義は3回目からで、テーマは東海道・宗教・富士山・報徳思想・音楽・茶文化・農業・中山間地地域・観光・製造業・NPOなど多様です。

 講師も大学教授のほか、伊豆白壁荘の女将、タミヤ模型社員、JA職員など多様です。

 この授業では、授業中に学生がスマホを使って指定の掲示板に質問事項を記入して投稿するという新しい手法が導入されます。講義の最後20分はその質問をめぐる質疑応答という形で展開されます。
 学生の成績評価は出席状況と、この質問内容によって行われます。

 興味のある授業なのですが、受講希望の学生が多数殺到して今日は大変なことになりました。この科目の授業は定員120名の教室で行われるのですが、200人以上の学生が集まってとうてい座りきれないので、急遽定員200の階段教室に変更されました。それでも収容しきれません。

 2回目からも120名の中教室で授業を行うということで、抽選により受講者を4割(80名)カットするとのことです。
 社会人聴講生も20人近くいましたが、現役学生優先のため大半はカットされることになるものと思われます。

 残念ですが諦めざるをえないかもしれません。そうなれば今期はお休みです。

2015年10月 5日 (月)

「世のため 人のため」:今年もノーベル賞

 天野浩君がノーベル物理学賞を受賞して1年になります。
受賞後連日のように講演などで多忙な日々を過ごした天野君もようやく落ち着いて研究に専念できるようになったことと思います。 

 天野君は受賞後「研究は人のため、社会の役にたつことをするのだ」という言葉を機会あるごとに述べてきました。科学者としての基本的な姿勢は常に「社会の役に立つ」ということでした。

 今日、医学・生理学賞受賞が決まった大村先生も、子どものころから常に「人のために」と教えられ、「人のために」と研究を続けてきたと語っています。大村先生の微生物の研究成果によって、何億人もの人の命が救われているとのことです。
 テレビニュースの解説ではノーベル平和賞がふさわしいというコメントもありました。無数の人の命を救い、難病から人々を解放した成果はまさに「人のため」です。

 大村先生は郷里に私財で美術館を建て、約1000点の優れた絵画や彫刻の作品を寄付しました。韮崎市の大村美術館です。大村先生のもう一面がうかがえます。大村先生は
女子美大理事長の任にある方です。

大村美術館HP  

http://www.nirasakiomura-artmuseum.com/

 

2015年10月 4日 (日)

ジュビロ2-2大宮

 首位を走る大宮を勝ち点差10で追う2位のジュビロにとって、点差を一桁に縮めるチャンスを逃したゲームでした。

 この試合を含めて残り8試合・・・J1昇格を目指す戦いが終盤にさしかかっている今、重要な一戦でした。

 ジュビロは前半6分と21分にアダイウトンがゴールを決めてすばらしいスタートを切りました。前半は2-0で安心して見ていることができました。

 後半は一転してジュビロが守勢に回りました。攻め込まれながらもなんとかしのいでいたのですが、25分失点、さらに36分にカウンターからの攻撃にGKカミンスキーが対応を誤ったこともあり失点で2-2。終盤にチャンスを得て攻めましたが勝ち越すことができませんでした。ジェイがどこかで3点目をあげていれば勝てたゲームでした。後半は全体が下がってしまってなかなか攻勢に転じることができない時間が続きました。

 大宮との差は10,3位にあがった福岡との差は4になりました。残り7試合、いよいよ一戦一戦が勝負のときです。次節以後に期待しましょう。

 今日は首位大宮との決戦、天気も好くチケットは完売でした。

2015_10040015 2015_10040003
 盛り上がるスタンド        アウエイ席も満席

2015_10040042 2015_10040076
   前半は満足            後半はがっかり

2015_10040055 2015_10040016
康太に指示を与える名波    不発に終わったジェイ
監督。最近松葉杖です

2015_10040058 2015_10040057

得点シーンはサポーターが総立ちになるため撮れませんでした

2015年10月 3日 (土)

ゆるきゃらグランプリ2015

 ゆるきゃらグランプリ2015で浜松市の「出世大名家康くん」は現在2位にとどまっています。
 2年前に優勝を目指し浜松市をあげて一大キャンペーンを展開したにもかかわらず準優勝に終わり、髷を切り落として「反省」した家康くんでした。

 昨年休場した家康くんは今年地元でグランプリ大会が開催されるということで満を持して再登場。はじめから首位を突っ走るかと思われたのですが・・・。

 3位でスタートしてその後2位に浮上し,トップの「みきゃん」を追っています。

 10月3日午後9時00分現在、「みきゃん」1,669,224票、「家康くん」1,636,587票・・・その差32,637票、2%の僅差です。

Photo Photo_2

     家康くん            みきゃん

 「家康君」は2年前のグランプリで市をあげての組織票がゆるきゃらファンの間で話題になり、マイナスのイメージを持たれました。今年は市役所の組織は前面に出ることなく、民間の「応援隊」が前面に出る態勢をとっています。それでも
’組織票」’というイメージがかなり強いようです。

 現在トップの「みきゃん」は愛媛県のゆるきゃらですが、県の人口は120万です。一方、 「家康くん」を応援する浜松市民は80万人です。愛媛県vs浜松市という図式になっています。

 これまで優勝したキャラを見ると、動物や人形が多く、人間・人物は弱いと言われています。かわいさがポイントでしょうか。

 投票日はまだひと月以上あるので「家康君」が逆転するものと思います。ネット投票でトップになれなくても、11月21-23日に浜松市渚園で行われるグランプリの投票ではネット投票よりも比重が高いシステムになっており、開催地に有利なシステムが働いて優勝するでしょう。

 優勝を信じて毎日必ず投票しています。

2015年10月 2日 (金)

フラワーパーク 秋

 浜松フラワーパークは10月1日から有料(500円)になりました。見応えのある花がないこの季節、園内で人に出会うことはほとんどありません。

 園内で秋を探して見ましたが・・・・。

2015_1002fw0028 2015_1002fw0029
         これは何でしょう?

2015_1002fw0035 2015_1002fw0032
銀杏です。昨夜の風でかなり落ちていますが、枝にはまだかなり
残っています。わが家で食用にするために拾って帰りました

2015_1002fw0008_2
  風に吹かれるエノコログサ=ネコジャラシ

2015_1002fw0021 2015_1002fw0042
     色づく葉          春と秋に咲く桜:アーコレード

2015_1002fw0018 2015_1002fw0015
    コスモス               ホタルブクロ

2015年10月 1日 (木)

長寿会 舘山寺へお出かけ

 わが町の長寿会(シニアクラブ)は4月からスタッフを一新して会員の拡大と活動の活性化に務めています。わが町には75歳以上が1047人、65歳以上は2142人いますが、長寿会の会員は3月まで50人前後でした。その後半年で倍増して100人を超えましたが、まだまだ該当年齢の一部にとどまっています。

 活動もこれまでは女性会員の参加する内容に限られていましたが、生け花や料理にに男性が参加したり、輪投げ・グランドゴルフなど男女で参加する活動を増やすなどして、輪が広がっています。

 今日は希望者(33名)が参加する昼食会の日でした。バスで舘山寺へ行き、遊覧船で30分ほど浜名湖の景観を楽しみました。

2015_10010002 2015_10010005
     舘山寺港           遊覧船が入港

2015_10010007 2015_10010016
    乗船します         遊園地パルパル

2015_10010021 2015_10010024
湖上を行くロープウエイ     中央の操舵室の窓の向こうに東名
                    浜名湖橋の赤い橋脚 

 あいにく小雨の中での湖上遊覧でしたが、30分間楽しく過ごしました

 舘山寺港に近いホテルで昼食。食べきれないほどのご馳走をいただき、ビンゴゲームの後はカラオケで楽しみました。

2015_10010033 2015_10010042

 私は先日入会したばかりの新人会員ですが、自治会を代表して乾杯の音頭をとり、会の発展と皆さんの「健康長寿」を祈念しました。

 高齢者がますます増えていく中で、長寿会の活動は大きな役割を果たしています。
 少子化が進み、会員が年々減少している子ども会の問題とともに、自治会が当面している二つの重要課題です。

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »