2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 二俣川沿いのヒガンバナ | トップページ | 「画家たちの世界旅行」展:秋野不矩美術館 »

2015年9月17日 (木)

私が担当した「料理教室」

 ASN(アクティブ シニア ネット)の第76回料理教室は私が担当しました。男だけの料理教室で、メンバーが月ごとに交替でシェフを務めます。参加者12人。

 私が設定した今回のテーマは「地元の食材を使った和風の味」です。可能な限り地元の食材にこだわりました。

 米(森町のササニシキ新米)・しらす(福田漁港)・野菜類は一部を除いてほとんどが磐田市見付のJAで購入した産品・鶏卵(磐田)・みそ(磐田)・酢(浜松のトリイ)など・・・。

メニュー
①しらす丼 森町のササニシキ新米を炊いて丼に盛り、しらす50㌘、卵黄、削り節、切りのり、炒りゴマなどで味付け。

②筑前煮 7種類の野菜やこんにゃく・鶏肉・などを煮込みました

③切り干し大根の酢の物 珍しい酢の物かもしれません。三方原台地の大根の切り干しとにんじんを、トリイのみかん酢であえました。

④卵白のコクうまみそ汁 卵白・揚げ玉・貝割れ菜のみそ汁。揚げ玉が効果的でうま味が出ました。

 それほど面倒な調理はなく、4つのグル-プとも1時間ほどでできあがり。地場産品でおいしくいただくことができました。

2015_0915760002 2015_0915760003
しいたけ・ごぼう・切り干し   筑前煮。お皿で落としぶた
を水で戻しています

2015_0915760009_2
        酢の物        筑前煮

        しらす丼       みそ汁

2015_0915760005 2015_0915760007
    グループによって微妙に違います

« 二俣川沿いのヒガンバナ | トップページ | 「画家たちの世界旅行」展:秋野不矩美術館 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

アクティブ シニア ネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私が担当した「料理教室」:

« 二俣川沿いのヒガンバナ | トップページ | 「画家たちの世界旅行」展:秋野不矩美術館 »