2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 自然の造形:浜名湖ガーデンパーク | トップページ | 浜松フルーツパークで収穫体験 »

2015年6月26日 (金)

マリ・ーローランサン展:浜松市美術館

 マリー・ローランサン(1883-1956)は20世紀前半にパリで活躍した女流画家です。

 ローランサンと言えば、パステルカラーの淡いピンクやホワイトなどの色で描いた愛らしく、甘美で軽やかな絵を思い浮かべます。それは彼女の画家としての活動の後半以降のことです。
 今回の展覧会では晩年に至るまでの71点の作品で彼女の画業の流れがわかるようになっています。

 画学校で学んでいた初期の作品はオーソドックスな油彩画です。ところが間もなく同時代のピカソなどとの交流の中でキュビスムの影響を受けます。

3_20150626_0001 4_20150626_0001
  〈自画像〉1905           〈ピカソ〉1908
㊧:自画像は22歳の頃。控えめな表現です
㊨:自画像の3年後、20代半ば。明らかにキュビスムの影響が見られます

2_20150626_0001_2
〈舞踏〉1919年 36歳 輪郭線はなく、淡いピンクやホワイトなど一見してローランサンの作品とわかります

〈接吻〉1927年 44歳

_20150626_0001_2
    もっともロ-ランサンらしい作品です

〈3人の若い女〉1953年 72歳 晩年の作品です

Sannin_2

会期は8月23日まで。

Img_1821 Img_1824

Img_1825_2

« 自然の造形:浜名湖ガーデンパーク | トップページ | 浜松フルーツパークで収穫体験 »

美術展」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マリ・ーローランサン展:浜松市美術館:

« 自然の造形:浜名湖ガーデンパーク | トップページ | 浜松フルーツパークで収穫体験 »