2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月31日 (日)

豊橋・吉田城と戦争遺跡

 アクティブ シニア ネット5月のウォーキングで豊橋へ出かけました。目的地は吉田公園です。豊川の畔に吉田城址といくつかの戦争遺跡、そして豊橋美術博物館があります。

2015_05310003 2015_05310007
路面電車が国1沿いを走っています。歩道橋の下で交差する電車

市役所13階からの眺望

2015_05310030 2015_05310024
 西方向。豊川下流      北方向・緑は吉田公園

内堀の中

2015_05310039 2015_05310040
     堀を渡る             空堀

2015_05310041 2015_05310047
  野面積みの石垣         鉄櫓から見た豊川

2015_05310051
      昭和29年に復元された鉄櫓

2015_05310036 2015_05310070
新緑の下で昼食の後、美博で「軍隊と豊橋展」を見ました。

 豊橋には歩兵18連隊や第15師団などの軍関係の施設があり、南部には演習場が広がっていました。戦後70年を迎えて、戦争と豊橋の関係をふりかえる展覧会です。

2015年5月30日 (土)

ササユリが咲きにおう浜北森林公園

 浜北森林公園バードピアの南、木工工作棟付近の各所でササユリが美しく咲いており、今見頃です。

2015_05290054

2015_05290061 2015_05290058

2015_05290036 2015_05290052

2015_05290064_4
     純白からピンクまで色々です

2015_05290020_2 2015_05290045_2
    テイカカズラ             アサザ

2015_05290065 2015_05290051
    ヘビイチゴ              アザミ

2015_05290066_2
        「シダ植物の小宇宙」

 駐車場の木の階段の隙間でシダ植物だけが生育しています。人工的に区切られた空間で被子植物が入り込まない環境があり、数種類のシダ植物だけの小宇宙ができています。珍しい光景です。

2015年5月29日 (金)

美輪明宏「黒蜥蜴」:浜松アクトシティ大ホール

 5月15日に80歳の誕生日を迎えたばかりの美輪明宏の「黒蜥蜴」を見ました。2回の休憩を挟んで3時間45分の長丁場。ほとんど出ずっぱりで長いセリフ、10回近い早変わり、ダンス、階段昇降・・・ハードな舞台をほとんど年齢を感じさせないみごとな演技で美しく演じた美輪明宏でした。28日・浜松アクトシティ大ホール。

 前回見たのは2003年4月、同じ会場でした。それから12年、美輪明宏はその時とほとんど替わらない印象でした。前回明智小五郎を演じたのは高嶋政宏でした。

 「黒蜥蜴」は原作:江戸川乱歩の探偵小説、脚本は三島由紀夫。美輪が三島に懇願されて旧名丸山明宏の名で初演したのは1961年7月のことで当時34歳でした。以来46年の年輪を重ねてきた「黒蜥蜴」です。

 女盗賊黒蜥蜴と探偵明智小五郎との壮大な悲恋を描いた、退廃的で妖しい美しさに満ちたステージは魅力的です。美輪明宏は主役を演じるだけでなく、演出・美術・衣装まで手がけています。黒いドレス、和服、宝石が光り輝くドレス、終幕の白いドレスなど豪華な衣装の美しさ、美しく豪華な舞台装置も見応えがあります。特に第3幕の人間人形の部屋の豪華絢爛な舞台は息を飲む美しさです。

 三島は美しい日本語の脚本を書き、美輪はそれを美しく語っています。

 大ホールを埋めた2000人近い観客は3時間余の長い舞台に集中していました。幕が下りてカーテンコールが⒉度3度と続き、やがてスタンディングオベーション。

 美輪明宏は80歳を迎える今年で「黒蜥蜴」の舞台にピリオドをうつことを明言しています。

 浜松での公演の10日前、神奈川での公演を声が出ないことから休演した美輪明宏です。果たして浜松での公演が実現するか・・・心配されましたが無事にすばらしい「黒蜥蜴」を見ることができました。
 これで見納めでしょうか。

2015年5月27日 (水)

第72回 男の料理教室

 ASNの男の料理教室は第72回。すでに7年目に入っています。今回は13人が参加しました。

メニュー

・イカと小松菜のピリ辛中華あんかけご飯
・棒寒天で作る母の味 サイコロ寒天

2015_05260003 2015_05260004
イカのワタを抜いています    あんかけの材料

2015_05260009 2015_05260011
                    ピリ辛中華あんかけご飯

2015_05260010_2 2015_05260012
㊧:溶かした寒天を流し缶に入れて固めます    
㊨:イチゴ・キウイ・ブルーベリーを添えて彩りもよくおいしいデザートでした

思ったよりも時間がかからなくて順調にできました。

2015年5月26日 (火)

初夏の浜松フラワーパーク②バラを中心に

 バラは盛りを過ぎています(25日)が、まだ美しく咲いている花もあります。

2015_05250035_2

2015_05250030 2015_05250033

2015_05250041 2015_05250052
                       ハマナス

エントランスのバラ

2015_05250008 2015_05250121

初夏の花いろいろ

2015_05250013 2015_05250017
㊧:夏菩提樹の花。シューベルトの名曲に歌われた木です
㊨:早くもハギが咲いています

2015_05250023 2015_05250119
   スモークツリー        キョウガノコ(ピンク)

2015_05250091 2015_05250101
  カザンジマツツジ         シャクナゲ

園内各所で美しい花が咲いています。

2015年5月25日 (月)

初夏の浜松フラワーパーク①アジサイの季節

 40日ぶりにフラワーパークを訪ねました。園内を歩くと汗ばむ陽気です。アジサイが花開き、これから色づく頃・・・山アジサイは既に見頃です。6月になれば園内はアジサイのみごとなグラデーションで彩られるでしょう。

2015_05250063_2

2015_05250058 2015_05250059

2015_05250012 2015_05250066

山アジサイ園で

2015_05250068 2015_05250071
     清澄沢              田の字

2015_05250073 2015_05250076
      花火               紅ガク

2015_05250079 2015_05250083
      エビネ              濃青ヤマ

2015_05250085 2015_05250069
  ヨシザワオオイケ         山アジサイ園

2015年5月24日 (日)

川瀬巴水展:駿府博物館

 明治以後の「新版画」の代表的な制作者で、大正から昭和にかけて活躍した川瀬巴水(1883-1957)の生誕130年記念展です。デビューの遅かった巴水の30代半ばの作品から絶筆に至るまでの約200点が出品されています。

 巴水は国内各地に旅に出てその時のスケッチを元に版画を制作しています。旅は100日以上に及ぶこともありました。版元の渡邊庄三郎と組んで制作した木版画は600点を超えています。

 全国を旅して描いた風景画から、「旅の版画家」「旅情詩人」などと呼ばれ、「昭和の広重」とも称されます。

 巴水の作品は海外での評価が高く、近年ではアップルのスティーブ・ジョブズがコレクションとしたことで知られています。

 精緻な描写、美しい色使い、見事なグラデーション、光の表現など巴水のみごとな木版画を紹介します。

_20150524_0001_2
        〈駿河興津町〉 1934年

2_20150524_0001_2

4_20150524_0001_2_20150524_0001_4
  〈夜の深川〉1919年     〈別府の朝〉1928年

87_20150524_0001_2
         〈舟津の秋〉1953年

7_20150524_0001
         〈手賀沼〉1930年

3_20150524_00015_20150524_0001
絶筆〈平泉金色堂〉1957年  〈お茶の水〉1926年

_20150524_0001_6
      〈相州 七里ヶ浜〉1930年

駿府博物館で6月7日まで。

2015年5月23日 (土)

50年ぶりの再会

 この春卒業後50年を迎えた教え子の同窓会に出かけました。定時制の生徒ですから、今年誕生日が来て70歳です。中には72,3になる教え子もいます。

 その中で一人、50年ぶりに会った教え子がいました。いろいろ面倒なことがあった生徒で、私が転任した後、退学してしまいました。彼は当時のことを鮮明に記憶していて驚嘆しました。私の頭の中では忘却の彼方にあることを次々と語ってくれました。

 女性の中には70歳を過ぎてゴルフの国体県代表の選手兼コーチとして活躍しているすばらしい人もいます。

 学校を卒業して半世紀、それぞれの人生がにじみ出たスピーチに感動しました。

 清水は私が半世紀以上前に教員生活をスタートさせた町です。巴川に沿った巴町や真砂町など、よく通ったバー(今のスナック)があった通りにはその頃の面影が残っていました。

2015_05230010 2015_05230011
  巴川と静鉄電車           巴川

2015_05230009 2015_05230012
            懐かしい通り

2015年5月22日 (金)

劇団文化座公演「あかきくちびるあせぬまに」

 久しぶりに演劇を見ました。これまでかつての「労演」の主宰する演劇を50年以上見てきましたが、そろそろ見納めになりそうです。

 今日のお芝居は劇団文化座の「あかきくちびるあせぬまに」す。主役のタヅを演じたのは佐々木愛です。父親の佐々木隆と母親の鈴木光枝が創立した文化座はその二人が逝った後、佐々木愛が代表を務めています。

 佐々木愛と言えば私には忘れられない思い出があります。今から40年以上前の1970年代前半のことです。当時若い仲間が集まって島田市民劇場を設立し、私は中心的な役割を務めていました。

 ある例会で文化座の「土」を上演しました。主役は鈴木光枝、娘の佐々木愛は’つぎ’の役で母親と共演することになっていました。私たちはその親子共演のステージを楽しみにしていました。

 ところが・・・公演間近になって佐々木愛休演の連絡があり、一同落胆。当日芝居がはねた後、私は主役を熱演した鈴木光枝を会場から宿の旅館まで徒歩で案内して行きました。鈴木光枝は宿に着くまで、娘の休演について「プロの役者としてあってはならないことでとんでもないことだ」と怒りに満ちた表情で私に語ってくれました。

 佐々木愛の休演の理由は「妊娠」でした。鈴木光枝は役者である以上舞台に穴をあけるようなことは絶対に避けなければいけないたとえ自分の娘であっても許せないことだと語りました。強い口調で私は驚きました。

 今日のステージではその佐々木愛が鈴木光枝の当たり役をみごとに演じました。

 島田でのステージを休演したとき、佐々木愛はまだ30前の若手の女優でした。今72歳。その佐々木愛に40年前の母親の言葉をどう思ったのか聞いてみたいと思いました。

 

2015年5月21日 (木)

わが家の庭の花

 久しぶりにわが家の庭の花の紹介です。地味な花たちが咲いています。

2015_05200013
     クロタネソウ㊧とオキザリス

2015_05200015 2015_05200016
カシワバアジサイ(昨年袋井でいただいた幼木が開花)

2015_05200017 2015_05200010
 アジサイはこれから        遅咲きのツツジ

2015_05200007_2 2015_05200008_2 2015_05200009_2
         三色のカワラナデシコ

2015_05200012 2015_05060005
繁殖力旺盛な外来種のツユクサ   バイカアマチャ

2015_05200003 2015_05060006
    サボテン              バラ

2015年5月20日 (水)

「ばらの都苑」:個人のバラ園

 中区花川にある「ばらの都苑」は個人のバラ園で無料で公開しています。入口付近に募金箱が置いてありますが、気がつかない人も多い様子です。

 お城や五重塔など立体構造で展示してあるのが特徴です。磐田農業高校のように品種などを明記したプレートはしっかり整備されていません。

 バラはピークを過ぎて散り始めていました。女性の見物客が三々五々美しいバラを楽しんでいました。

 NHKが取材中でした。21日(木)6時10分からの「たっぷり しずおか」の「みーつけた!」のコーナーで放映されるとのことです。

 画像はすべて携帯による撮影です。7月の花火大会の打合せで業者の事務所へ出かけた帰りに立ち寄ったのですが、あいにくカメラを携行していませんでした。

Img_1641

Img_1640 Img_1642

Img_1671_2

Img_1662 Img_1660
       城                五重塔

Img_1665 Img_1674

Img_1649 Img_1675

Img_1672 Img_1667

Img_1639 Img_1663
            NHKの取材

2015年5月19日 (火)

広島2-3中日:浜松球場

 広島カープを久しぶりに浜松に迎えた一戦は、今年のカープを象徴するようなゲームで、完投した前田は敗戦投手になりました。

 1回表に先制、2回表に前田の二塁打で勝ち越しました。その裏、2死満塁からショートオーバーの安打で2失点で逆転されました。前田はその後立ち直って完投しましたが、打線が振るわず、力投の前田を援護できませんでした。被安打9のうち6が1,2回に打たれたもので立ち上がりが不安定でした。

2015_05190038_2

2015_05190010 2015_05190016
㊧:1回表2死1,2塁から田中が生還 ㊨前田

2015_05190020 2015_05190021
2回表、二塁打の會澤を前田が二塁打で返し2点目

 入場者は18,823人でほぼ満席。浜松球場ではこの数年間で客の入りがもっとも良かった試合でした。赤ヘル応援の人たちの多いのが印象に残りました。

2015年5月18日 (月)

花盛りの浜名湖ガーデンパーク

 17日の日曜日の午後、ガーデンパークの南と北の駐車場は満車、その間の広い駐車場もかなりの車で埋まっていました。園内では多くの人が花を楽しんでいました。

バラが咲いた!

2015_05170112_2
      バラのアーチとジギタリス

2015_05170071 2015_05170078

2015_05170118 2015_05170123

2015_05170105 2015_05170125


2015_05170130_2
           花の美術館

2015_05170045 2015_05170053
          東西水路に沿って

珍しい花など

2015_05170016 2015_05170022
   ブラシの木             ユリノキ

2015_05170091 2015_05170085
   シモツケソウ         アリウム・シュベルティ

2015_05170038 2015_05170023
セアノサス・パシフィックブルー   斑入りの葉のドクダミ

2015_05170083_2
     水辺の風景:睡蓮・アイリス

2015年5月17日 (日)

バラのアーチ通り抜け:浜名湖ガーデンパーク

 花の美術館のバラが見頃になって、16日から「バラのアーチの通り抜け」が始まりました。

2015_05170098_4

2015_05170095 2015_05170112
         バラが美しく咲いてきました

2015_05170069_2

2015年5月16日 (土)

2015 磐田農高のみごとなバラ園②美しいバラをどうぞ

 磐田農高のバラ園には150種1500本のバラがあります。古典的なバラから比較的最近開発されたバラまでいろいろです。

2015_05150030_2
          ブルーバード

2015_05150038 2015_05150052
      浪漫               綾織

2015_05150054 2015_05150064
     銀嶺               プリンセス・ミチコ

2015_05150066 2015_05150091
      万葉           イブ・ピアッチェ 

  
2015_05150085_2
         ルージュ・メイアン

2015_05150096 2015_05150123
     芳醇             パープル・タイガー

2015_05150023_2 2015_05150034_2
      和音               花笠

2015年5月15日 (金)

2015 磐田農高のみごとなバラ園①

 学校のバラ園としては間違いなく日本一で、県西部でもっとも見応えのある県立磐田農高のバラ園に今年もおじゃましました。

 バラ園はまさに花盛り・・・見頃のピークを過ぎようとしていました。磐田農高のバラ園は1996年に学校創立100周年を記念して整備されました。それ以来20年、環境科学科の生徒が実習で管理しているバラは毎年見事に咲いています。咲き終わった花はしっかり摘み取られており、フラワーパークなどよりも手入れが行き届いています。

 このバラ園の特徴は①全体が立体的な構成になっていること、②1品種の株数が多くてボリュウム感があること、などです。その特徴を画像で紹介します。

2015_05150017_3

2015_05150008 2015_05150011

2015_05150025 2015_05150027

2015_05150032 2015_05150042

2015_05150056 2015_05150068_2

2015_05150109

2015_05150104 2015_05150116

2015_051501282015_05150129 2015_05150142

2015年5月13日 (水)

急逝した教え子を送った日

 教え子が62歳で急逝しました。県警の警察官として職務に精励するかたわら、余暇には幼少時から好きで得意だった音楽の分野で社会貢献をしてきました。58歳で早期退職した後は得意とする音楽関係の企画や指導に日夜忙しく活躍していました。

 2年前の2013年のはじめ、高校時代の同級生4人のグループ「ザ・ブトン」がメンバーの還暦を記念して復活し、そのライブは大きな反響を呼びました。この2年間、ライブのほかに浜名湖フォークジャンボリーや浜松やらまいかフェスティバルに参加するなど、次々と演奏の場が広がり、その美しいハーモニーと叙情性豊かな歌唱は多くの人の共感を得ていました。
そのリーダーが逝ってしまいました。

 ザ・ブトンのメンバーから、体調が悪くて入院していると伝えられたのが4月27日のことでした。5月1日にお見舞に行き、40分ほどいろいろな話をして握手をして別れてから1週間後に亡くなりました。

 音楽については類い希な才能を持つミュージシャンであり、妥協を許さない信念の人でもありました。

 今日の葬儀は悲しく、辛いものでした。残された遺族・親族のほかに、ザ・ブトンの残された3人の仲間、高校の同級生、県警時代の上司や同僚など多くの人が悲しみの中で彼を送りました。

 ザ・ブトンの仲間の弔辞は思い出をたどりながら、やさしく呼びかけるように珠玉の言葉で彼を送りました。

 故人の次男が父の作曲した曲をサックスで演奏し、霊前に捧げたのも涙を誘いました。

 式場でいただいた喪主の挨拶状には次のように記されていました。
 「父が奏でた”充実した人生”という調べ」・・・彼方でも大好きな音楽の中で、穏やかな時を紡ぐのでしょう。私たちは父が奏でたメロディーを胸に、これからも歩んでまいります。

 リーダーを失った「ザ・ブトン」は残された3人で演奏活動を再開することでしょう。そのことを故人が一番喜ぶと思います。

 静岡からわが家に帰るまでの間、運転しながらザ・ブトンのファーストアルバムのCDを聴きました。〈ザ・ブトンのテーマ〉〈この橋を渡れば〉〈蓬莱橋〉などのオリジナル曲は何度聴いてもすてきな曲です。
 これまで美しく、楽しい音楽をたくさんありがとう。安らかに眠ってください。
 

2015年5月12日 (火)

公園の鮮やかな緑

 二つの役所へ出かけたついでに新緑の風景を楽しんできました。(11日)

有玉緑地
 元北部清掃工場のある緑地です。清掃工場は操業を終えて解体を待っています。緑地の入口では東名高速のスマートインターの工事が始まっていました。

2015_05110007_2

2015_05110004_2 2015_05110008

2015_05110005 2015_05110019

2015_05110021 2015_05110011
解体を待つ清掃工場       工事はこれから2年

浜松城公園:市役所に隣接しています

2015_05110032_2
       新緑に囲まれた浜松城

2015_05110024 2015_05110025
元城小     市役所   浜松城     元城小

2015_05110027_2
           浜松城公園

2015_05110033 2015_05110037

鮮やかな緑の中に居ると気持ちがさわやかになります。

2015年5月11日 (月)

初夏の浜名湖ガーデンパーク②

 ガーデンパークの一番奥にある「花美の庭」ではバラが咲き始めています。

2015_05100070

2015_05100073 2015_05100074

2015_05100085 2015_05100086

バラのアーチは今月下旬が見頃でしよう。

ジギタリス:背の高い花が園内各所で目立ちました

2015_05100012 2015_05100029

花美の庭と水の庭で咲く花:色とりどりで形も様々です

2015_05100010 2015_05100024

2015_05100056 2015_05100057

2015_05100061 2015_05100065

2015年5月10日 (日)

初夏の浜名湖ガーデンパーク①

 ゴールデンウィーク期間の浜名湖ガーデンパークは広い駐車場が満車になるほどの大入りだったようです。今日(10日)の午後も汗ばむような陽気に恵まれて南と北の駐車場はほぼ満車状態でした。入場無料で駐車料もいらないパークは大人気です。

2015_05100101
花ひろばのシャーレーポピー(虞美人草)。帯状の淡いブルーは咲き残りのネモフィラ

2015_05100100 2015_05100103

2015_05100088 2015_05100091
まばゆいばかりの新緑      新緑の木陰で憩う

季節の花

2015_05100006 2015_05100022
     ユリノキ             カキツバタ

2015_05100047 2015_05100092
    シャクナゲ           ベニバナトチノキ

2015年5月 9日 (土)

ジュビロ2-1水戸:逆転で連勝 首位へ

  前節のセレッソ戦に続く連勝でトップに戻りました。実力に勝るジュビロがはじめからゲームを支配しますが、前半33分に水戸がワンチャンスのCKを決めて先制しました。

 後半12分、太田に替わって松井が入りました。その1分後、小林のパスを受けた松井が左足でみごとに決めて1-1に。

松井の同点ゴール

2015_05090029_2
        ボールはゴール奥に

2015_05090034 2015_05090060
同点ゴールを祝福される松井(左端)    松井

逆転のゴール:康太のFK

2015_05090041_2
上田康太のFKは水戸の8人の壁を越えてゴール中央に

2015_05090045 2015_05090062
手を挙げて喜ぶ康太(7)         康太

2015_05090107_2 2015_05090110
この試合の「マン・オブ・ザ・マッチ」に選ばれた康太。ゲームキャプテンを務めました

上田康太のこと
 康太は2005年、ジュビロユースからトップに昇格し、2010年まで6年トップで活躍しました。その後大宮へ移籍して4年。さらに岡山に1年在籍。今年6年ぶりでジュビロに復帰しました。MFとしてボランチなど大切な役割を果たしています。ジュビロユース時代は磐田東高に在籍・・・成績優秀な模範生でした。人柄も穏やかでみんなから好かれる好青年です。今日は康太の29歳の誕生日で、記念すべき逆転ゴールでした。

2015_05090072 2015_05090074
                  逆転勝ちに湧くゴール裏

2015_05090087 2015_05090052
「線路は続くよどこまでも」    スーツ姿の名波監督

 シュート数は15:5,ゴールキックは6:19と、数字を見ても力の差が明確な両チームの対戦でした。ジュビロにシュートの精度があれば大差がついたはずです。

水戸の船谷(10)
 ゲームキャプテンを務め、先制点のCKを蹴った船谷もジュビロユースからジュビロのトップチームで活躍した選手です。磐田東で康太の1年先輩です。今日のゲームではその二人がゲームキャプテンとして対決しました。見どころの一つでした。

2015年5月 8日 (金)

初夏の万葉の森公園

 買い物の帰りに立ち寄った万葉の森公園はツバキやサクラが終わり青葉・若葉の季節でした。

2015_05080041_2
          緑のグラデーション

2015_05080011 2015_05080048
   ジャケツイバラ          ホテイカズラ

オキナグサ:花は咲き終わって果実になっていました

2015_05080016_2 2015_05080014
    若い果実        モジャモジャの果実。飛んでいく寸前

2015_05080020 2015_05080021
ムラサキ=万葉時代から染料に使われました

2015_05080023 2015_05080034
              アヤメ

2015_05080048_2 2015_05080025
   ホテイカズラ             オオムギ

2015年5月 7日 (木)

レーチェ 11歳になりました

 レーチェが生後数ヶ月でわが家に来て11年が過ぎました。レーチェ「姫」もおばさんになりました。家の中を走り回ることはほとんどなくなりました。よく食べよく眠り・・・元気です。家族が話しかけることばがよくわかって正確に反応します。

 今夜は大好きなNHK BS「岩合光昭の世界ネコ歩き」のスペシャル編「津軽の四季」のリッキーたちを見ています。

2015_05070008_5

2015_05070004 2015_05070009

2015年5月 6日 (水)

浜松まつりが終わりました

 5月3日から5日までの浜松まつりが終わりました。記念すべき30周年を迎えたわが町のまつりも特に問題もなく無事に終わり、責任者としてホッとしています。二日目の凧揚げと子どもの町内練りは雨のために中止になって残念でしたが、その他は予定通り実施できました。

 今年は初家が8軒、初子12人、初凧6枚、初練り7軒でした。昨年よりも少ないのですが参加174町の中ではかなり多い方で、他町からうらやましがられています。

 最終日は昼間の子ども凧揚げなどの後、夜は町内の練りでした。昨年から夜10時までに会所へ帰着するようにという申し合わせがあり、初日と二日目は10時をわずかに過ぎた時間に戻りました。最終日も予定通り進行していたのですが、最後に余韻を楽しむ感じで時間を費やしたため帰着が少し遅くなりました。

Img_1617 Img_1620
 お立ち台での鯛杯     上島駅前での激練り(4日)

Img_1623 Img_1629
 組長宅での激練り      上島駅前での激練り(5日)

Img_1633_2
    会所前での最後の激練り(5日)

 この3日間で歩いた距離は、3日16㎞、4日5㎞、5日14㎞で合計35㎞でした。この距離はJR東海道線で浜松~菊川に相当します。去年は40㎞でしたが、今年は二日目が雨で凧揚げ会場へ行かなかったのでその分少なくなりました。それでもかなりの距離で私にとってはハードでした。

 今夜は襷脱ぎ(反省会)です。本当にお疲れ様でした。

2015年5月 5日 (火)

浜松まつり3日目:子ども凧揚げ

 最終日の5日は子どもの日・・・ということで毎年この日10時からこども凧揚げが行われます。子供用の小さい凧を揚げるわけではありません。初子の凧を大人が揚げて、しっかり揚がったら子どもたちがたこ糸を引いて凧揚げを体験します。

 1枚目の凧はしっかり揚がっていたのですが、子ども連が凧場に入って来る前に林に落ちてしまいました。次の凧は1回で天高く揚がったので子どもたちが糸を引きました。

2015_05050057 2015_05050061
       わが町の凧が揚がりました

2015_05050076 2015_05050080
子どもたちはラッパの演奏をバックに糸を引きます

2015_05050086_2
   わが町の凧が上空で安定しています

2015_05050092_3
         今日は東風でした

2015_05050004 2015_05050027
㊧:糸を巻き取る糸枠   ㊨:初子とその両親、祖父を肩車して万歳三唱

からまった糸

2015_05050044 2015_05050045
㊧:9町のたこ糸がからんでいます
㊨:各町の関係者が懸命にほどこうとしています

松林に落下した凧

2015_05050094 2015_05050097

今夜は最後の町内初練りです。

2015年5月 4日 (月)

加山又造展:秋野不矩美術館

 浜松まつり二日目は雨のためわが町では凧揚げと夜の子どもの練りは中止になりました。昨日の初日は昼間の凧揚げ会場と夜の町内初練りで約16㎞歩きました。JRでは浜松から磐田と袋井の中間までの距離になります。

 夜の練りまでの間に時間ができたので天竜区の秋野不矩美術館へ。午前10時過ぎに入りましたがすでにかなりの人でした。11時頃には駐車場はほぼ満車。3日の午後はかなりの混雑だったということです。この美術館がこれだけの入館者を迎えるというのは何年ぶりのことでしょうか。

 特別展としての加山又造展にはそれだけの魅力がありました。

 加山又造(1927-2004年)は戦後を代表する日本画家です。幼少時から画才を発揮した加山は、東京美術学校を卒業後「創造美術」に作品参加し、その後改組された「創画会」で秋野不矩などと共に活躍します。今回の特別展は秋野との縁があって開かれたものです。

 加山は没する前年の2004年に文化勲章を受章しています。

 今回の展覧会には大作から小品まで約50点が出品されています。

_20150504_0001_2
〈淡月〉1996年 加山は京都祇園の枝垂れ桜をよく描いたとのことです。今回の展覧会のポスターやチラシに登場する美しい絵です。4曲1隻屏風。横375.5。

_20150504_0001_3
〈若い白い馬〉1950年・23歳。東京美術学校卒業間もなくの頃の作品です。西洋美術の強い影響を受けたことがわかります

 加山は牛・馬・象・ひょうや鳥などの動物を描いた作品を多く残しています。

_20150504_0002_2
〈紅鶴〉1957年・30歳 フラミンゴはため息が出るほど面白い!と。

猫:加山は大の猫好きでした

_20150504_0001_5
         〈猫〉制作年不詳

景:特に冬の自然を愛し、多くの作品を残しました

_20150504_0001_7
    〈雪晴れる〉2000年 晩年の作品です

版画:30代前半から取り組み始め、装飾的な作品を多く制作しています

_20150504_0001_8
              〈月〉1983年

雑誌の表紙:「野鳥」「中央公論」などの表紙

_20150504_0001_10
     〈アカゲラ〉 「野鳥」1973年

 動物や鳥、猫などを描いても1枚1枚構成や色遣い、筆遣いなどに創意工夫があります。
 伝統的な日本画の技法を基本にしながら常に確信を求めて来たことがよくわかります。今回のサブタイトルは「伝統と革新の日本画」です。装飾性豊かな加山の作品に魅了される展覧会です。

会期は6月7日(日)までです。ぜひどうぞ。

2015年5月 3日 (日)

浜松まつり1日目:凧揚げ会場

 汗ばむほどの陽気に恵まれて浜松まつりが始まりました。凧揚げには174町が参加しました。1986年に初参加したわが町は今年30周年を迎えました。今日の凧揚げには初子の凧6枚と30周年記念凧を揚げました。風はそれほど強くなかたったのですが、各町の凧はそれぞれしっかり揚がっていました。

2015_05030001 2015_05030006
㊧:9時半に会場に着いた時多くの凧が揚がっていました。
㊨:わが町の初凧です

2015_05030012_2
午前10時、開会の合図と同時に一斉に揚がりました

2015_05030008 2015_05030019
6畳の凧を搬入します       取材の報道ヘリ

2015_05030026 2015_05030032
天高く揚がっています      凧の前で激練り

これから町内の初子の家を回る練りに出かけます。 

2015年5月 2日 (土)

都田テクノのツツジ

 都田テクノポリスのツツジが見頃になっています。場所によって咲き具合にばらつきがありますが、都田総合公園付近が一番みごとです。

2015_05020023_2
    新都田1丁目の標識があります

2015_05020014 2015_05020025

2015_05020008 2015_05020016

2015_05020024 2015_05020034
      テクノポリスを貫く道路沿いです

2015_05020036 2015_05020037
大樹の木陰で憩う家族連れ   シャボン玉飛んだ

 浜松は明日から3日間「浜松まつり」に燃えます。

2015年5月 1日 (金)

大原美術館展:静岡市美術館

 倉敷の大原美術館は日本で初めて西洋美術を本格的に鑑賞できる美術館として1930年に開館しました。今年で85年の歴史があります。ミレーの会では2011年の美術館巡りの旅で、直島の帰りに寄りました。

 今回の展覧会はその大原美術館から①設立までの道をたどる作品②西洋絵画の優れたコレクション③日本近代美術の名作④民芸運動の作家たち⑤現代美術 の5つの分野から75点が出品され、大原美術館の歴史や果たしてきた役割を伝えてくれるとともに、数々の名画を見せてくれます。
(画像をクリックすると大きくなります)

_20150501_0001_2
 上の3枚はいずれも画家・児島虎次郎の作品です。虎次郎は大原孫三郎の盟友であり、孫三郎の支援を受けて渡欧し数々の名画を収集しました。画家としても優れた力量を示しています。

 下の3枚は西洋絵画の名作です。㊧:シニャック〈オーヴェルシーの運河〉 ㊥:マティス〈エエトルタ-海の断崖〉 ㊨:ギヨマン〈ラ・セデルの丘〉

1_20150501_0001_2
今回のポスターやチラシを飾るモディリアーニ〈ジャンヌ・エビュテルヌの肖像〉。おなかの部分をよく見るとややふくらんで見えます。懐胎しています。

_20150501_0001_4
上の4枚は日本近代美術の作品。㊧:萬鐵五郎〈雲のある自画像〉
頭上の2色の雲は何を表現しているのでしょうか。
㊧から2枚目 岸田劉生〈静物 赤りんご三個、茶碗、ブリキ缶、匙〉
非常に精緻に描かれています 3枚目 梅原龍三郎〈裸婦扇〉
この隣りに安井曾太郎の作品が並んでおり、両者の違いがよくわかりました。 ㊨:藤島武二〈耕到天〉・・・国威発揚の作品とか・・・。
中段㊧:棟方志功〈大原寿恵子歌集より「梨花の柵〉 ㊨;芹沢銈介〈伊曽保物語屏風〉

下の3枚は現代美術。㊧:山口晃〈倉敷金刀比羅図〉 ㊨:北城貴子〈Waiting Light -muison-so-〉 美しい緑です

_20150501_0001_7
         ミロ〈夜の中の女たち〉
画面右側が月のある明るい風景、左は星で暗い。その中で女たちがうごめいています

チラシにはありませんが、青木繁〈男の顔〉や現代絵画の福田美蘭
〈モネの睡蓮〉なども印象に残りました。

 静岡市美術館は毎日午後7時まで開館しています。5時頃入館しましたが閑散としていました。

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »