2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 湖北から北陸への旅 | トップページ | 爆弾低気圧で震えあがった一日 »

2014年12月16日 (火)

湖北の宿場町木之本

 木之本(長浜市)は北国脇往還と北国街道が分岐する宿場町です。軍師黒田勘兵衛の祖先がこの町の出身だと言われています。街道沿いには町屋が並んでいます。賤ヶ岳山麓の木之本は勘兵衛ゆかりの地ということで、黒田勘兵衛博覧会が開かれていました。

 博覧会と言ってもNHK大河ドラマのPRがメインです。ドラマ出演者の写真、使われた衣装や小道具の展示などです。勘兵衛ゆかりの文化財などが展示されているわけではありません。規模も小さくてすぐに見終わってしまいました。

 昨年は会津若松で「八重の桜」の博覧会を見ました。会津若松では大河ドラマに便乗した博覧会のほかに、近くに鶴ケ城や日新館、博物館などがあり充実した研修ができましたが今回は長浜城にも寄ることもなく物足りない内容でした。

2014_12150121 2014_12150120
        博覧会場は小さなビルです

2014_12150108 2014_12150109
   木之本地蔵院        高さ6㍍の銅製地蔵

2014_12150112 2014_12150113
     本陣跡         説明板に降りかかる雪

2014_12150100 2014_12150117
 融雪のための撒水       白壁の蔵も雪の中 

 降りしきる雪と路上に積もった雪で思うように散策できなくて残念でした。

« 湖北から北陸への旅 | トップページ | 爆弾低気圧で震えあがった一日 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 湖北の宿場町木之本:

« 湖北から北陸への旅 | トップページ | 爆弾低気圧で震えあがった一日 »