2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 上原ひろみ「ALIVE」日本ツアー2014 | トップページ | 新幹線から見た絶景富士山 »

2014年12月 2日 (火)

ボリショイ・バレエ「白鳥の湖」

 11月30日の夜は久しぶりのバレエ鑑賞でした。ボリショイ・バレエの来日公演で「白鳥の湖」全2幕です。前日の上原ひろみに続いてチケットは完売でアクトシティ大ホールはほぼ満席でした。

 チャイコフスキーの名曲でおなじみの美しいメロディーが随所に登場します。踊り手は主役のオデット&オディールを演じたニクーリナやジークフリート王子役のチュージンをはじめ世界最高峰のバレエ団の名手たちです。高く跳び、高く舞い、まったく乱れない回転・・・30回転の場面もありました。30羽の白鳥の群舞も美しく見事でした。

 大がかりな舞台装置が天井から上下するシステムで展開が早く、奏のテンポも軽快で1幕2幕とも65分という短い時間の舞台でした。

 楽しめた舞台だったのですが、オデットを演じる予定だった「ロシアの宝石 スミルノワ」がけがのため来日せず、見ることができなくて残念でした。

 「白鳥の湖」にはハッピーエンドで終わる演出もあるのですが、今回の「白鳥の湖」の演出は悲劇的な最後で終わる展開でした。

_20141202_0001 Img_1433

« 上原ひろみ「ALIVE」日本ツアー2014 | トップページ | 新幹線から見た絶景富士山 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボリショイ・バレエ「白鳥の湖」:

« 上原ひろみ「ALIVE」日本ツアー2014 | トップページ | 新幹線から見た絶景富士山 »