2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 磐田東11-0静岡市立(5回コールド):高校野球秋の県大会2回戦 | トップページ | 天竜区のヒガンバナ:寶珠院&二俣川 »

2014年9月22日 (月)

平家物語の旅:建礼門院ゆかりの地を訪ねる②

 二本松先生の「「日本文学Ⅰ」では前期(4月~7月)に「平家物語」巻九~十の部分を聴講しました。建礼門院が登場する前の部分です。

 今回の旅では「平家物語」の総集編とも言える「灌頂巻」の舞台の一部を訪ねました。

 京都駅八条口を10時過ぎにマイクロバスで出発。さっそく先生の解説が始まりました。八条付近は平清盛の壮大な屋敷があったところとのこと。

長楽寺

 建礼門院が29歳で出家した寺です。八坂神社南門から東山に向かって数分ほど歩いて参道に入ります。

2014_09200003 2014_09200005
  八坂神社西門              参道

2014_09200020 2014_09200026
  相阿弥作の園池      お庭を眺めながらお話を拝聴

お話を伺いながら建礼門院の短い生涯に思いをはせました

祇園の京料理「萬重(まんしげ)」での昼食

2014_09200033 2014_09200037
                    昼会席の「せいろ弁当」

2014_09200039 2014_09200041
㊧:せいろのご飯。美味でボリュームがありました
㊨:ごちそうをいただいた部屋には秋の花:ススキ・オミナエシ・ホトトギスがさりがなく生けてありました 

2014_09200044_2 2014_09200040
     平山郁夫            森田嚝平

邸内には各所に名画がさりげなく掲げてありました。
目でも舌でも楽しめるぜいたくなお昼でした。

寂光院

 昼食後一路大原へ。ヒガンバナが咲き,キンモクセイが香る大原でした。
 寂光院は長楽寺で出家した建礼門院が、平家一門と安徳天皇を弔いながら最後を過ごした尼寺です。

2014_09200049 2014_09200050

2014_09200051 2014_09200056

2014_09200059 2014_09200060_2
     本堂              花盛りの秋海棠

2014_09200065 2014_09200067_2

2014_09200072 2014_09200054_2
 建礼門院徳子大原西陵。陵墓につき宮内庁所管

八瀬天満宮社

 比叡山に連なる山麓にあり、道真を祀る。境内には多くの摂社がある。

2014_09200085 2014_09200088_2

牛若丸産湯の井戸

2014_09200094 2014_09200093
住宅街の一角に牛若丸が生まれたという伝説の地がありました。
㊧が井戸。㊨の松の下には胞衣を埋めた塚があるとか・・・

 この件については二本松先生の授業で触れられるとか…楽しみです。

 初秋の一日、曇天で涼しい風が吹く中、多くのことを学んだ一日でした。
 次は来年2月、屋島を訪ねる1泊2日の旅になりそうです。

« 磐田東11-0静岡市立(5回コールド):高校野球秋の県大会2回戦 | トップページ | 天竜区のヒガンバナ:寶珠院&二俣川 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平家物語の旅:建礼門院ゆかりの地を訪ねる②:

« 磐田東11-0静岡市立(5回コールド):高校野球秋の県大会2回戦 | トップページ | 天竜区のヒガンバナ:寶珠院&二俣川 »