2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 浜松・大平と滝沢の河津桜 | トップページ | 2014 春が来た!!浜松フラワーパーク① »

2014年3月11日 (火)

曾我物語ゆかりの地を訪ねる②

 ①をアップして6日が過ぎました。花便りなどを連日アップしていて②が遅くなりました。

 曾我物語の旅には19人が参加しました。小田原に集合し、雨がふりしきる中をマイクロバスで大磯に向かいました。バスが発車すると同時に二本松先生の熱のこもった解説が始まりました。

 今回の旅は曾我十郎、五郎の兄弟が大磯、小田原、箱根を経て富士の巻き狩りで仇討ちを行うまでの旅の前半です。曾我兄弟の死出の旅の道筋を追って箱根まで。

1 延台寺(大磯)=虎御前ゆかりの寺

2014_03050008 2014_03050011
               内部に虎御石が鎮座

2014_03050013 2014_03050018
境内で先生の解説を聞きます   旧東海道の通り

2 高来(たかく)神社(元・高麗寺) 小田原

2014_03050024 2014_03050052
雨雲に煙る高来山の麓に立つ神社。ここに虎御前が庵を結んだという伝承がある

3 城前(じょうぜん)寺 小田原

 曾我兄弟の菩提寺です。小田原から箱根に向かう途中で曾我梅林があるところです。

2014_03050056 2014_03050063
近辺ではいたるところに梅林があり雨の中で満開でした

4 正眼寺 箱根湯本

2014_03050082 2014_03050083
           庵の中に木瓜という珍しい曾我の家紋

5 五輪塔 元箱根

2014_03050092 2014_03050094
 残雪の中にありました  十郎と五郎の墓という

6 箱根神社

2014_03050098 2014_03050099
鳥居の奥が宝物館     除雪された雪の壁  

 バスで一気に三島へ下り、駅の近くで2時間あまりの懇親会。浜松へ着いたときは雨があがっていました。

 降りしきる雨の中で富士の姿もまったく見えず寒さに震えながらの旅でした。死出の旅に出た曾我兄弟の涙雨でしょうか。

 この日1日の旅で、曾我兄弟と虎御前にかかわる伝承が各地に伝えられていることがよくわかりました。

箱根から富士宮までは今年後半以降の予定です。

 

« 浜松・大平と滝沢の河津桜 | トップページ | 2014 春が来た!!浜松フラワーパーク① »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 曾我物語ゆかりの地を訪ねる②:

« 浜松・大平と滝沢の河津桜 | トップページ | 2014 春が来た!!浜松フラワーパーク① »