2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« シャガール展:静岡市美術館 | トップページ | セツブンソウ開花 春の兆しの浜松フラワーパーク① »

2014年1月26日 (日)

KANZAN 第3の男 下村観山展:駿府博物館

 昨年は観山生誕140年でした。観山ゆかりの地…横浜美術館では観山の全画業を回顧する大規模な展覧会が2月11日まで開催されています。

 駿府博物館の「KANZAN 第3の男 下村観山」展も生誕140年記念の特別展ですが、規模や内容は大きく異なります。

 横浜では屏風、軸、額、資料など約150点が出品されています。

 静岡では全部で絵画42点と資料35点です。絵画42点のうち屏風は1点だけ。会場奥正面で目立っているのが唯一の屏風「三保富士」です。左隻に富士の頂上部付近だけが描かれています。右隻には三保の松原。松は黒く見えますが角度を変えて横から見ると緑です。

 その他は大部分が軸で36点、額3点などです。軸は達磨・布袋・寿老・西行などのほか、動物・風景など。ロンドン留学中に制作した墨絵の「ロンドン夜景」もあります。

 屏風が1点、絵画の3分の1は墨絵ということもあって全体として非常に地味な感じです。

 資料は東京美術学校、五浦美術院研究所時代の資料のいろいろ…優等証書・辞令・出張辞令・写真などのほか、写生図、スケッチブック、ノート、筆・刷毛・絵の具などの道具、デスマスク、遺影などです。作品の所蔵先は三渓園15,駿府博物館9,静岡県美など公共機関10,個人4など,資料はすべて個人蔵です。

 下村観山の画業の一部を知ることができる回顧展です。

静岡駅近くの駿府博物館で3月2日まで

リーフレットなどは展覧会のHPでどうぞhttp://140kanzan.jp/

« シャガール展:静岡市美術館 | トップページ | セツブンソウ開花 春の兆しの浜松フラワーパーク① »

美術展」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KANZAN 第3の男 下村観山展:駿府博物館:

« シャガール展:静岡市美術館 | トップページ | セツブンソウ開花 春の兆しの浜松フラワーパーク① »