2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月31日 (火)

2013年の回顧 私のこの一年

 今日は大晦日…快晴で穏やかな年の暮れです。私のこの一年を短く振り返ってみることにします。

1 健康
 ここ数年、風邪を引いたり熱が出たりすることもなく元気でいます。年相応に老化が進んでいるのはしかたがないことかもしれません。変形性膝関節炎で左膝が痛むので駅などのバリアフリーをありがたく思っています。10月初旬の人間ドックでは成績が良くてドクターからほめていただきましたが、「休肝日」をという指示をいただきました。それから三ヶ月、まだ実行できていません。新しい年への宿題です。

2 自治会
 この一年は4つの自治会合同の文化祭や町誌編纂の仕事も加わってさらに忙しい年になりました。会長2期4年目が終わろうとしていますが、春の役員選挙の結果によっては留任も考えられます。

3 大学
 静岡文化芸大での聴講は9年目でした。4月からは家内も聴講生になり机を並べて学んでいます。この一年は前期後期とも日本文学の二本松先生の講座を受講して                                                                                                                                                                                                       情熱あふれる授業を展開される二本松ワールドを楽しんでいます。
 

 仲間との交流も広がり深まっています。11月初旬、10人で仲間の故郷唐津を訪ねた3泊4日の旅は忘れられない旅になりました。

4 ジュビロ
 ついにJ2降格。リーグ戦当初から不振が続いていましたが、結局最後まで調子はあがらずわずか4勝で終戦。残念で悲しい1年でした。今シーズンのリーグ戦のゲームをヤマハスタジアムで応援したのは2試合だけで1分1敗。柏スタジアムまで応援に出かけた1戦は3-1の貴重な勝利で遠くまで出かけた甲斐がありました。2014年のリーグ戦では1年でのJ1復帰を期待しています。

5 ASN(アクテイブ シニア ネット)
 元気な熟年のグループです。およそ2年ほど前からメンバーに加わっています。10月には男の料理教室の当番として
レシピを作り、家で練習を重ねて当日は皆さんにその成果を伝授しました。5月と7月の例会では私がお願いした講師
に講演をお願いしました。11月はウォーキングの当番で油山寺へ、12月にはメンバーが植樹や森林の管理をしている
龍山の「あいの森」にデビューしました。

1年を通じて大過なく忙しく過ごした年でした。

2013年12月30日 (月)

「ねこ」 岩合光昭展

 「ネコが幸せになれば ヒトも幸せになり 地球も幸せになる」という岩合光昭が国内外で撮影したネコの写真展です。ネコと遊んでいるようで実はネコに遊ばれていたり…ネコは犬と違って飼い主の指示に忠実に従おうとはしません。時には無視したり逆らったりして自己主張をします。そのような誇り高いネコを撮り続けてきた岩合が活写した国内外のネコたちのすてきな写真展です。ネコの心理と行動を知り尽くした岩合は愛らしい表情やかわいらしい動作の瞬間をみごとにとらえています。

 岩合家の飼いネコで16年間生活を共にした雌の「海(かい)」の在りし日の写真からは、岩合の深い愛情が伝わってきます。

 わが家のレーチェと同じような表情や仕草を見せるネコちゃんがいろいろいて笑えます。ネコはどこにいてもどれもネコです。ネコ好きな人には見逃せない写真展です。30日午後、多くの入場者で賑わっていました。

 遠鉄百貨店新館8階ホールで1月10日まで。入場料500円ですが、百貨店友の会会員証か遠鉄カードを提示すれば無料で入場できます。自分で撮ったネコのL版の写真を持って行っても無料で入場できます。その写真はホール外の壁面に掲示されます。

_20131230_0001 2_20131230_0001
      「海」          菜の花畑にいる「海」

3_20131230_0001
      「海」

2013年12月29日 (日)

2013年の回顧:今年見た美術展から

 この一年間に見た美術展は31でした。去年は39でしたからかなり少なくなっています。東京や愛知へ出かける機会が少なかったためだろうと思います。

 今年見た美術展の中で私の印象に残っているベスト3は次のとおりです。

1 夏目漱石の美術世界展:静岡県立美術館

  洋の東西を問わず美術を愛し、自らの作品の中にも多くの美術品が登場する漱石の美術世界を様々な観点から読み解き、多様な作品群から漱石に迫ったすぐれた企画が高く評価されます。この展覧会を通じて、漱石が日本を代表するインテリであったことがよくわかります。美術品が登場する作品を紹介するキャプションも興味深い内容で好評でした。
 このブログでは8月1日にアップしています。

2 竹内栖鳳展:東京国立近代美術館

 東の大観、西の栖鳳と並び称された近代日本画の巨匠の大規模な回顧展です。江戸時代の各流派の描き方を習得した上で洋画の技法も学び、新しい日本画を生み出した巨匠の全画業を通観する大規模な展覧会で、興味深く観ることができました。
 ブログでは9月25日にアップしています。

3 ターナー展:東京都美術館

 イギリス最高の画家と称されるターナーの名作を堪能できる大回顧展でした。国内でターナーの作品をこれほど多くまとめて観る機会は二度と無いかもしれません。風景画の対象はイギリスだけでなくヨローッパ各地に及んでいます。約半数を占める水彩画も趣があります。
 ブログでは11月15日にアップしています。

 以上のほか、文化芸大聴講生の仲間と出かけた’あいちトリエンナーレ2013’も現代美術の現況を知ることができて有意義でした。

 十数人の美術評論家の選んだベスト3を見ると、私の選んだ3つのほかに、「貴婦人と一角獣」「フランシス・ベーコン」「ラファエロ」などが複数見られました。高階秀爾氏は第2位に「富士山絵画展」(静岡県立美術館)をあげていました。

 来年はもっといろいろな展覧会を観たいものです。

2013年12月28日 (土)

群馬・千葉・福岡の名産品

 この2,3日、親戚や知人から各地の名産品が送られてきています。さすがに名産品だけあってなかなか美味です。

あまおう(福岡)

 

 あまおうは、あまくて まるくて おおきくて うまい イチゴ だそうです。全国のイチゴの中で今一番人気。福岡県南部が主産地のようです。

2013_12280008
   八女産のあまおう。1粒120-150円

2013_12280009 _20131228_0001
                 へたの方から先に食べること…

 甘味だけでなく酸味もはっきりしています。静岡では「紅ほっぺ」が主流ですが、非常に甘いイチゴです。

矢切のネギ

 千葉県松戸市の産。矢切の渡しの近くで栽培されています。太くて長いネギです。柔らかくてとても甘い高級ネギです

2013_12280010

2013_12280011 Negi_20131228_0001
                  地域団体商標登録

群馬のきのこ類

 群馬は山の産物の多いところです。きのこ類は種類も豊富でみごとです。

2013_12280003

2013_12280004 2013_12280005
                     エリンギ 

      


2013_12280006 2013_12280007
  分厚いシイタケ          マイタケ

 これからお正月にかけていろいろな料理で楽しみです。

2013年12月27日 (金)

今年も来ました メジロたち

 

例年よりも遅れてメジロやヒヨドリが姿を見せるようになりました。この時期の鳥たちはまだ体が小さいのですが、春先までに大きく成長します。

2013_12250047_2
     必ず’つがい’で来ます

2013_12250042_2 2013_12250050

2013_12270004 2013_12270011

梅の枝に刺したミカンをついばんだり、咲き始めた侘助(メジロの横に見えています)の蜜を吸ったりしています

2013年12月26日 (木)

餅つき大会

 お隣の自治会でこのほど町民の餅つき大会を行いました。自治会役員のほか、体育振興会・凧揚げ会・長寿会などのメンバーも集まって賑やかな餅つき大会でした。

 この日は、30㎏の玄米を脱穀して26㎏に。それを次々とせいろで蒸して二つの臼でつきました。全部で10臼…丸めた餅にして約800個できあがりました。餡餅ときな粉餅にして町民に振る舞われました。大勢の町民が一つになって楽しんだ歳末のイベントでした。

2013_12250001 2013_12250003
むした米を臼に移します     

2013_12250005 2013_12250007
なかなかの重労働       会場はお宮の境内です

2013_12250008 2013_12250009
   子供用の杵で       公会堂で丸めます

2013_12250010 2013_12250012
   2個入りのパックを皆さんにプレゼント

2013年12月25日 (水)

館蔵日本画・洋画 夢の競演展:浜松市美術館

 今年最後の美術鑑賞は浜松市美術館のコレクション展です。浜松市美のコレクションというとガラス絵を思い浮かべますが、1971年に県内の自治体として初めての美術館となった市美は西洋画・日本画など寄託作品を含めて約7000点のコレクションを保有しています。

 今回の展覧会は「夢の競演展」としていますが、これまであまり目にすることがなかった名品が出品されており、一見の価値があります。

日本画では竹内栖鳳3点、狩野芳崖1点、川合玉堂1点など。洋画ではルノワール(2)・セザンヌ・ドービニー・ルソー(4)・
ルオー・ドービニ・ローランサン・シャガール・ドラン・ワイエス(2)・梅原龍三郎・宮本三郎などおなじみの画家の作品が出品されています。大半は小品でそれぞれの画家の名作や代表作と言われる作品ではありませんが、いずれも画家の特徴をよく示している作品です。

 今回の展覧会の一番の目玉は国指定重文の〈刺繍不動明王二童子像〉(鎌倉時代・刺繍)です。細かい刺繍で表現されていますが、色が経年変化で劣化しているため、見えにくくなっています。美術館のポスターの方がよくわかります。

_20131225_0001
右下が不動明王

 もう一つの目玉は渡辺崋山の〈蟲魚帖稿〉目録と11の題材によるスケッチです。自死する40日前の作品です。洋画の影響を受けた精密なスケッチで昆虫や植物などを描いています。県指定重文です。

 この展覧会は6部で構成されています。1部は動物を描いた作品 2部は渡辺崋山とその門人の作品 3部は日本の現代洋画で「ゆく年くる年 自己との対話」 4部は信仰の美
5部 写実と幻想の近代絵画 6部 世界遺産記念 富士山を描いた絵画 です。

 70点の作品は見応えがあります。会期は1月8日まで。

 美術館付近の浜松城公園にはまだ紅葉が残っていました。

2013_12250035 2013_12250044

2013_12250038 2013_12250031

2013_12250049 2013_12250052

2013年12月24日 (火)

放課後児童会で凧つくり

 ASN(アクティブ シニア ネット)の学校支援活動の一環として瑞穂小学校の放課後児童会で凧つくりの指導をしました。65人の子どもたちを4グループに分けてわれわれのメンバー11人が指導にあたりました。

 メンバーが竹林で伐採した竹からヒゴを作り、それをあらかじめ組み立てた骨組みを用意しました。

2013_12240035 2013_12240088
㊧:全員に凧の種類などの説明をした後、作り方の説明。小学校1-3年生には難しかったかも。
㊨:1グループは4人×4班。各班でASNのメンバーと放課後児童会の補助員が指導しました

2013_12240091 2013_12240075
  真剣なまなざし          できたぁ

2013_12240085 2013_12240093
絵はあらかじめ描いてありました   校庭で凧揚げです

2013_12240059 2013_12240067
  高く揚がった凧が強風でたわんでいます

 力学の観点から厳密に計算された設計図に基づく制作過程はなかなか細かい作業が多くて子どもたちには厳しかったようです。思ったよりも時間がかかって、最後のグループは凧揚げができませんでした。

 10㍍を強風が吹く中での凧揚げも厳しく、せっかく作った凧が壊れたり、糸がからんだりというアクシデントもいくつかありましたがそういうことを学ぶのもこどもたちにとってはいい体験だったでじょう。

 瑞穂小学校の放課後児童会には明日24日、聖隷クリストファー高校野球部のメンバーが交流に訪れるとのことで、中日ドラゴンズにドラフト1位で入団する鈴木投手も同行するとのことです。

2013年12月23日 (月)

わが家の庭 季節の花

 今年も残すところ1週間余・・・あわただしい年の暮れです。忘年会も今夜の焼津で終わり。遅れている年賀状の準備と家の中の片付け、迎春準備に入ります。

 庭の花は季節に違わず咲いてくれます。

2013_12220010
  侘助。今年はつぼみをたくさんつけています

2013_12200046 2013_12220013
     スイセン        侘助(㊧)と万両(㊨)

2013_12220001 2013_12150054
   ミカン「キヨミ」   2013カレンダー表紙の図柄と似た構図

2013_12150044 2013_12220006
     ドウダン           マンリョウ

2013年12月22日 (日)

2013 紅葉シリーズ⑱四ツ池公園

 見納めの紅葉は近所の四ツ池公園です。まだ各所に紅葉が残っています。

2013_12220048

2013_12220047 2013_12220046

2013_12220053 2013_12220057

2013_12220063

2013_12220065 2013_12220067

通称ロケット公園で

2013_12220042 2013_12220044

2013_12220072 2013_12220076

紅葉を残したまま新しい年を迎えそうです

2013年12月21日 (土)

レーチェ 花の陰で

 10月4日以来の登場です。秋に日本画になったレーチェが暮れにはカレンダーになっていました。多くの人にほめていただいた今年でした。天気がいい日は一日陽の当たる暖かい部屋にいます。今日も家族といっしょにマッタリしていました。

Dscf5282

Dscf5285 Dscf5272

Dscf5279

Dscf5290 Dscf5292

2013年12月20日 (金)

みんなが元気になる「みんなで歌おう会」

 「みんなで歌おう会」が11月で2年目に入りました。自治会主催で始めたのは市内で初めてということもあって新聞記事になり、注目されました。

 月に2回、10時からの2時間で20曲以上を’みんな’で歌います。カラオケでもコーラスでもなく、みんなで大きな声で「斉唱」するのが楽しいのです。

 自治会で用意した歌集には約250曲が収録されています。
唱歌・ムード歌謡・フォーク・民謡・叙情歌・演歌など幅広いジャンルの歌です。

 今日は今年最後の例会でした。寒い中、30人以上が参加して楽しい時間を過ごしました。町内在住のKさんが電子ピアノの生演奏と軽妙なトークでみごとにリードしてくれます。今日はクリスマスバージョンで、ステージはKさんが用意してくれた電飾で飾られました。

2013_12200001 2013_12200012
㊧:オープニングで私がスピーチしています
㊨:電飾にスイッチが入りました。私を含めて数人がサンタの赤帽をかぶっています。「ジングル ベル」の演奏に合わせてみんなで手拍子をしています。

2013_12200013 2013_12200025

 

 最初に「ジングル ベル」の演奏の後、「ドレミの歌」で声調を整え、みんなで「聖夜」「賛美歌312番」などのクリスマスソングをメドレーで歌いました。

 続いてロシア民謡「カチューシャ」「トロイカ」など。「アメイジンググレイス」「雪が降る」などの難しい歌も歌いました。皆さん大変上手でKさんから絶賛されました。

 その後はド演歌です。「おんな船頭唄」(三橋美智也)「赤いランプの終列車」(春日八郎)「箱根八里の半次郎」(氷川きよし)「あばれ太鼓」などそれぞれの歌手のデビュー作。
 続いて「東京ナイトクラブ」「二人の世界」など。さらに「あの素晴らしい愛をもう一度」「喜びも悲しみも幾年月」など。最後は「お正月」でした。

 この会の素晴らしいのは、メンバーのほとんどを占める熟年から高齢の女性が、皆さんと久しぶりに会っておしゃべりするのを楽しみにして、装いを整えて出席されることです。ふだん外出や人との交流が少ない人にとってはとても大切な機会です。この会に出席することによって元気になり、これからも元気でいるために健康に気をつけるということになります。

 来年も元気で会いましょうと約束して楽しい会はお開きになりました。

2013年12月19日 (木)

絶品のシラスと定番の天丼

 福田(ふくで)漁港に近いマルイ水産に久しぶりに行きました。県内には用宗、大井川、福田、舞阪などシラス漁の盛んな漁港があります。生産・直販の店も数多くあるのですが、このマルイ水産のシラスは絶品です。塩加減が絶妙でまろやか。一口食べるとそのおいしさがわかります。そして安い!(100㌘250円。スーパーでは100㌘400円)

2013_12190026 2013_12190027
      シラス            サクラエビ

2013_12190001 2013_12190003

2013_12190004
店舗と工場の横には社長さんが個人で建設した津波避難タワーがあります

天宏の定番メニュー 天丼

 天宏は磐田市の旧赤松邸の一角にあります。

2013_12190011 2013_12190025
       門には門松がありました

2013_12190010 2013_12190008
   煉瓦造り            奥の建物が天宏

2013_12190017 2013_12190021
        まだ紅葉が残っています

2013_12190020 2013_12190015
               落ち葉が冷たい雨に濡れていました

定番の天丼です

2013_12190018
1,000円です

2013年12月18日 (水)

自家製カレンダー

 2年ぶり3回目の自家製カレンダーができあがりました。私が写真撮影、家内がコメント執筆、子どもたちがデザイン・編集・印刷です。

 今回のシリーズはわが家の庭に咲いた山野草です。

1月 クリスマスローズ 2月 シュンラン 3月 ハラン(葉蘭)
4月 シャガ 5月 ホウチャクソウ 6月 エビネ 7月 ホタルブクロ
8月 ミズヒキ 9月 シュウカイドウ 10月 ホトトギス 
11月 タマスダレ 12月 ツワブキ

10月にわが家のレーチェが日本画になりました。そのすばらしい絵がカレンダーになりました。内藤さんが作られた自作の日本画カレンダーです。

_20131218_0001_2 _20131218_0002
㊧:わが家のカレンダー表紙
㊨:内藤さん制作の「レーチェ」

2013年12月17日 (火)

セーフティファースト街頭行動

 静岡県内ではこの1年間の交通事故による死者数が130人(15日現在)になり、昨年同期よりも30人 20%以上増加するという緊急事態になっています。

 15日から年末の交通安全運動が全県一斉に展開されていますが、今朝は地域の交差点で「セーフティファースト街頭行動」が行われました。3自治会から20数人が参加して交差点を中心に幟旗を持ってドライバーに安全運転を呼びかけました。浜松中央署の警察官や交通指導員なども参加して指導にあたりました。

 7時30分からの30分でしたが、朝の通勤時間帯で道路がもっとも混む時です。職場へと急ぐ車が黄信号で交差点に進入する場面が多く見られました。

 先日、同じ中区内で軽四同士が出会い頭に衝突して、そのうちの1台が歩道を歩いていた82歳の男性を巻き込んで間もなく亡くなるという悲惨な事故がありました。亡くなられた方は浜松だけでなく県内私学のリーダーとして長く活躍された方であり、浜松市の市政功労者でもあります。15日の葬儀には私も参列しました。10月の懇親会ではお元気な様子だったので信じられない思いでした。お孫さんたちがおじいちゃんに語りかけたお別れの言葉が胸を打ちました。

 悲惨な事故をなくすために官民一体となった取り組みがますます重要になっています。

2013_12170001 2013_12170002

2013_12170008 2013_12170009

2013年12月16日 (月)

富士山県民講座「富士山文化と鷹狩」

 富士山が世界文化遺産に登録されたのを記念して県が主催した講座です。県内東中西3カ所のうち、西部では9月に予定されていたのですが、台風の接近によって順延されていました。

 会場は静岡文化芸大で講師は毎週授業でお世話になっている二本松康宏先生です。

 最初に県職員から世界文化遺産登録の取り組みのついて説明がありました。

 二本松先生の演題は「富士山文化と鷹狩」です。伝承文学がご専門の先生は鷹狩についても研究されており、各地で「放鷹術」の実演と講演の会を主催されています。

 この日の講演は日本における鷹狩の歴史から始まり、世界の鷹狩についての紹介もありました。

 日本では古墳時代の埴輪に鷹匠埴輪があること、延暦年間に「鷹狩禁止令」が出されたこと、伊勢物語や源氏物語に鷹狩の記述があることなどの説明がありました。

 源頼朝の富士の巻き狩りについて、二本松先生はこれが鷹狩りであるとする説について以前は否定的であったが、最近は肯定する考え方に変わりつつあることを明らかにされました。

 富士山との関係については、古文書に鷹を放して繁殖させたなどの記述があるとのことです。

 日本の鷹狩りは単なる狩猟ではなく、天下を統治する者だけが催すことができたということで、権力の象徴であったということです。

 2010年11月に浜松城公園で行われた諏訪流放鷹術の実演の様子はこのブログの2010年11月29日にアップしてありますのでごらんください。

_20131216_0002_20131216_0001
知事名の受講証です

2013年12月15日 (日)

2013 今年のシクラメン


 わが家の冬を飾るシクラメンはもう30年以上前から市内の農園で買い求めています。農園を経営するIさんは今年85歳になりましたが、研究熱心で新しい品種の導入にも積極的です。この農園で育ったシクラメンは育ちがよく長持ちします。来年5月まで半年咲き続けます。

2013_12150042 2013_12150043_4
大きな葉がしっかり茂っています

2013_12120010 2013_12120007
大きな温室の一角で栽培されています

2013_12120004 2013_12120005_2
みごとなシクラメンです。「かほり」がします。

2013_12120008 2013_12120009_4
温室の中ではその他の鉢物も栽培されています

 朝日に1時間ほどあてて後は直射日光を当てないことが大切です。エアコンの温風もよくありません。水をやりすぎないように気をつけてがまんをさせながら育てます。

2013年12月14日 (土)

初冬の浜名湖ガーデンパーク

 寒風吹きすさぶ園内に花は少ないのですが、それでも歩いてみるといろいろ咲いているものです。

2013_12120115
           花の庭のバラ

2013_12120111 2013_12120136
    シャクナゲ           サザンカ

2013_12120051 2013_12120052
            寒ザクラ

2013_12120074 2013_12120063
   スノードロップ         皇帝ヒマワリ

2013_12120109 2013_12120135
     スイレン         サザンカとツワブキ

2013_12120018 2013_12120118
㊧:来春の花博のためにアジサイ園は1年生のお花畑に
㊨:花の庭も花博の工事で立入禁止の箇所がいくつか

2013_12120089 2013_12120141
     ノボリギク        カマキリの卵

2013年12月13日 (金)

「あいの森」での間伐体験

 「あいの森」はASN(アクティブ シニア ネット)のメンバーKさんが旧龍山村に所有している山林です。この山林でASNの仲間が間伐や枝打ちの作業を行うとともに、それぞれ好みの木を植える活動を行っています。

 私は今回初めて参加しました。10人が3台の車に分乗して現地に向かいました。

2013_12130215 2013_12130222
「ふるさと村」へ行く道の路肩に車を停めて山へ登ります

2013_12130231 2013_12130230
       「あいの小径」を登ります

2013_12130229 2013_12130232
      「あいの森」に着きました

2013_12130234 2013_12130257
㊧:現地は標高630㍍ 見えている山は1000㍍級です
㊨:杉や桧の間伐をしました

2013_12130263 2013_12130266
家内と二人で4本切りました。道がすっきりしました

2013_12130244 2013_12130270
約30個のレンガを組み合わせたロケット炉は燃焼効率がすばらしく
煙が出ません。焼き芋、熱燗など…。

2013_12130278 2013_12130226
植えた木は鹿の食害を防ぐネットで囲んでいます。㊨はわが家のプラム

2013_12130204 2013_12130207
途中で立ち寄った「花桃の里」の紅葉㊧とザザンカ・ドウダン

 慣れない作業で疲れましたがそれは心地よい疲れ。その疲れを秋葉ダム湖畔のやすらぎの湯でいやしました。

2013年12月12日 (木)

2013 紅葉シリーズ⑰浜名湖ガ^デンパーク

 

寒風吹きすさぶガーデンパークは人影がほとんどなく寒々とした風景でした。園内の各所でまだ紅葉が残っていました。2013_12120024

2013_12120041 2013_12120042
          滝壺の紅葉

2013_12120093 2013_12120096

2013_12120138_2

2013_12120060 2013_12120069
     東西水路沿いのラクウショウ

2013_12120099 2013_12120105

2013年12月11日 (水)

ブログのデザイン

 このブログはniftyのココログでアップしています。2008年4月に始めて5年と8ヶ月になります。ココログには3つのプランがあります。「ベーシック」は最大2GBまでで無料、「プラス」は5GBまでで月額472円、「プロ」は10GBまでで998円です。

 先日まで「プラス」プランでしたが、容量の残りが4%になったので「プロ」に変更しました。これまでにアップした画像が23227枚と多いのでやむを得ません。これまでと同じように画像をアップし続けると許容量をオーバーしてしまいます。

 「プロ」はデザインをはじめいろいろな機能が強化されていて、見栄えのするページを作ることができるようになっています。プランを上級に変更したのでデザインなども変えてみようと思って少しいじってみたのですが、思ったようにいかないで
予想もしなかったようなトップページが現れてびっくり。復元を試みましたがなかなかうまくいきません。

 ということでほぼ1日お見苦しい画面をお見せしてしまいました。変更の指示を反映するためにかなりの時間がかかりました。

 しばらくはこれまでと同じデザインで行きます。(カウンターがどこかへ消えてしまいました)

2013年12月10日 (火)

出世大名家康くん 出家の儀 断髪式

 2013ゆるキャラグランプリで逆転2位になった浜松市の公式ゆるキャラの出世大名家康くん(浜松市福市長)が、「天下をとれなかったらちょんまげを切る」という公約を守ってちょんまげを切ることが10日にわかりました。

        出家の儀 断髪式

日時:12月18日(水)午後1時~
会場:都市センターホール603号会議室(千代田区)
内容:出家宣言  断髪式

 出世大名として優勝を目指した家康くんが出世に失敗したため、まげを切って出家し、捲土重来、新たに出世を目指すことになりました。家康くんのちょんまげは浜松名物のウナギです。ウナギのちょんまげを切ることに対して浜松のウナギ屋など関係業界が困惑しているとのことです。

浜松市は家康くんのクリスマスカードや年賀状を用意しています。カードが届く頃にはイラストのちょんまげはなくなっているでしょう。
これが見納めです。

Hinode 2013_10140054



 年賀状「日の出」

2013年12月 9日 (月)

東洋文庫ミュージアム

 東洋文庫は三菱財閥の第3代岩崎久弥が1924年に設立した東洋学の図書館・研究機関です。蔵書数は約95万点。国宝5、重文7を保有しています。2011年にミュージアムを有する新館ができました。

 現在、「マルコ・ポーロとシルクロード世界遺産の旅-西洋生まれの東洋学-」開催中です。(内部は一部を除いて撮影可です)

国宝 文選

2013_12060107                                              

2013_12060106 2013_12060105

東方見聞録

2013_12060108 2013_12060109
この「東方見聞録」は1485年にアントワープで出版されたラテン語訳本です。「東方見聞録」の印刷本としては世界で3番目に古いものです

2013_12060103 2013_12060112
皇帝印のある「永楽大典」   小泉八雲自筆書簡

東洋文庫

2013_12060120_2
天井まで届きそうな万巻の書。モリソン文庫。時価70億円とか…

2013_12060054 2013_12060065
㊧東洋文庫(左)。右隣は駒込警察署  
㊨各国語で表記されたメッセージ

レストラン「オリエント カフェ」で

2013_12060079 2013_12060080
特別ランチ「マリー・アントワネット」1800円 1日10食限定

重箱は小岩井農場の杉板で作られた漆塗りの特製

地味ですが充実したコレクションで驚嘆しました。

2013年12月 8日 (日)

忍野八海と鐘山苑

町内の有志41人で富士吉田へバス旅行をしました。昨日から厚い雲が垂れ込めて、冬富士の美しい姿は見ることができなくて残念でした。

2013_12080097_26
 鐘山苑到着時に見た富士山。冬の山容です。

忍野八海

 富士山の雪解け水が伏流水となってわき出ている湧水池。国の天然記念物

2013_12080048 2013_12080055

2013_12080051 2013_12080080
湧水池の水面に映る影と鯉  きれいな水が流れる水路

2013_12080087 2013_12080063
                 忍野から見た富士は雲の中

鐘山苑

広壮なホテルで昼食・宴会を楽しみました。

2013_12080126 2013_12080142
広い庭園のごく一部。紅葉は終わり。

2013_12080150 2013_12080151

北口本宮 浅間神社

2013_12080160
          本殿は国の重文です

 この日のツアーで訪れた忍野八海と浅間神社は、世界遺産を構成する資産です。

2013年12月 7日 (土)

2013 紅葉シリーズ⑯六義園

 六義園は柳沢吉保が元禄年間に築園した大名庭園です。明治期に三菱の創業者である岩崎彌太郎の別邸になり、1938年に東京都に寄付されました。国の特別名勝です。文京区本駒込。

2013_12060157_2 2013_12060126

2013_12060158 2013_12060138

2013_12060160 2013_12060132


東大構内から見た風景

Img_1088 Img_1095
㊧:スカイツリーと不忍池(中央右の茶色の部分)
㊨:紅葉に染まる上野公園

東京タワーも

2013_12060053_2
    御成門で

2013年12月 6日 (金)

2013 紅葉シリーズ⑮東京大学のイチョウ並木(画像追加)

 イチョウは東京都の「木」です。この季節、都内至る所で黄葉したイチョウを見ることができます。本郷の東大構内でもイチョウ並木が黄葉して美しい風景でした。

2013_12060173_10
        巨大なイチョウの木

2013_12060177 2013_12060187
巨木の幹はこの太さ

2013_12060166_2 2013_12060170

2013_12060182
舞い落ちる黄葉が辺り一面を黄色く染めています

2013_12060163 2013_12060188
    東大正門         安田講堂は改修中

2013_12060183 2013_12060186
教室では学生が授業を受けていました

2013年12月 5日 (木)

2013 紅葉シリーズ⑭玖延寺&栄林寺

 紅葉は日に日に様子が変わっていきます。情報の鮮度が落ちないうちに今日2度目のアップです。

 鳥羽山公園の後は同じ天竜区の玖延寺と栄林寺の紅葉を取材しました。わが家を出てから帰着まで2時間の取材でした。

 鳥羽山公園と二つのお寺の紅葉は今週末までなんとかもつでしょう。

玖延寺(天竜区二俣町阿蔵)

2013_12050097
         本堂左奥の眺め

2013_12050096 2013_12050098

2013_12050099

2013_12050101 2013_12050104


2013_12050089 2013_12050092
    煉瓦造り            白壁

栄林寺(天竜区二俣町二俣)

  二俣川の左岸で秋野不矩美術館の手前です

2013_12050142

2013_12050126 2013_12050129

2013_12050131 2013_12050133
             本堂横の斜面の紅葉と紅白のサザンカ

2013_12050138 2013_12050139

2013_12050146

2013_12050143 2013_12050145
   本堂は改修中       夜はイルミネーション

2013 紅葉シリーズ⑬鳥羽山公園

 紅葉シーズンもそろそろ終わりですが、鳥羽山公園(天竜区)ではまだ真っ赤な紅葉を十分見ることができます。5日9時半過ぎの撮影です。雲一つ無い冬晴れの日、降り注ぐ陽光を受けてモミジが輝いていました。

2013_12050045

2013_12050053 2013_12050069
       鳥羽山城址の公園です

2013_12050058

2013_12050072 2013_12050083

2013_12050084 2013_12050086
                   土塁の崖です

2013_12050066 2013_12050088
㊧:鳥羽山公園休憩所からの眺め。天竜川が右から左に流れ、天浜線の鉄橋(左)と国道の鹿島橋(右)が見えています。
㊨:駐車場の風景

2013年12月 4日 (水)

2013 紅葉シリーズ⑫大洞院の紅葉は終わりです

12月3日、小國神社へ行く前に立ち寄った大洞院では紅葉がほぼ終わりかかっていました。一部に赤いモミジもありましたが、大部分は枯れかかっていました。ピークは11月27日頃だったでしょうか。

2013_12030008_3 2013_12030009
        赤がほとんど見えません

2013_12030015_2 2013_12030017
            残っていた紅葉

2013_12030018 2013_12030024

2013_12030011 2013_12030002
㊧:イチョウの大木は健在でした
㊨:大洞院から小國神社へ向かう途中の里山の紅葉もすてきでした

2013年12月 3日 (火)

2013 紅葉シリーズ⑪小國神社

 紅葉シーズンもそろそろ終盤です。遠州で一番人気の高い小國神社への取材が遅れていましたが、今日3日は珍しく空白の1日ということで、朝8時半に家を出て森町へ。9時20分に大洞院に寄りました。紅葉はすでに終わり。紅いモミジは一部を残してほとんど茶色になっていました。10枚ほど撮影して小國神社へと急ぎました。9時40分頃、渋滞もなく駐車場はまだかなり空車あり。

 紅葉はピークが続いている状況で今週中はまだ十分見られます。写真クラブのメンバーが高級機材を用意して川の中や橋の上などあちこちで熱心に撮影しているのは毎年おなじみの風景です。

2013_12030094

2013_12030123 2013_12030092

2013_12030050 2013_12030051

2013_12030053 2013_12030057


2013_12030041_2


2013_12030062 2013_12030076


2013_12030064 2013_12030081
逆光に透ける紅葉もきれいですが、順光に輝く紅葉もみごとです

2013_12030133 2013_12030135
㊧:川面に映る紅葉は「印象派」の絵のようです

2013_12030137

2013年12月 2日 (月)

2013 紅葉シリーズ⑩初冬の都田

 浜松市北区の都田には市総合公園があり、様々な広葉樹があります。その近くのテクノポリスの道路にはイチョウやナンキンハゼなどの街路樹もあります。イロハモミジが赤一色に染める紅葉の風景とは違う味わいがあります。

2013_12020027

2013_12020022 2013_12020026

2013_12020038 2013_12020040

2013_12020043

2013_12020048 2013_12020024
    サクラです

2013_12020042 2013_12020036

2013_12020013 2013_12020017
            テクノロードで

2013年12月 1日 (日)

「地域防災 誰かではなく 主役はあなた」

 毎年12月第1日曜日は地域防災の日です。浜松市内のほとんどの町で自主防災隊を中心とした訓練が行われました。

 私の町の自主防災隊でも町民約220人が参加して訓練を行いました。

 「地域防災 誰かではなく 主役はあなた」は、浜松市の今年の訓練のテーマです。
 私は防災隊長として町民の皆さんに、このテーマを訓練の中で実感すること、住居の耐震補強と家具の転倒防止に努めて欲しいことなどをお願いしました。

 私の町は海抜30㍍以上あり、海岸線からも5㎞以上離れているので津波の心配はありません。洪積台地である三方原台地の末端に位置しているので液状化の心配も少ないとされています。しかし油断は禁物です。普段の備えが大切であることをは言うまでもありません。

2013_12010002 2013_12010006
㊧:7時40分。防災隊員集合
㊨:可搬ポンプから12本のホースを連結します

2013_12010007 2013_12010009
㊧水源は市営グランドから出る湧水の水路です
㊨:連結するホースの長さは約300メートル

2013_12010017 2013_12010023
㊧:市営グランド駐車場に集合・点呼
㊨:三角巾の使い方訓練

2013_12010024 2013_12010026
㊧:非常持ち出し品の見本
㊨:水消火器による消火訓練

2013_12010031 2013_12010037
   バケツリレー        放水訓練による虹

2013_12010053
女子中学生が炊き出しを手伝っています

好天に恵まれて充実した訓練ができました。

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »