2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月31日 (木)

50年の時を超えて

 50年前の教え子たちが今夜、三島で私を囲む会を開いてくれました。ある高校で生徒会役員を務めた教え子たちです。当時私は生徒会顧問を務めていました。

 3人の生徒会長など4代の役員11人(男性5・女性6)が集まりました。高校時代に生徒会役員を務めた経験がその後の生き方に大きく影響したことが教え子たちの話からよくわかりました。

 若かった私は、いつも彼らと一緒に考え、一緒に行動していました。その私からいろいろな影響を受けたと彼らは一様に語っていました。

 60代半ばを過ぎた今、定年退職した教え子たちがそれぞれ悠々とした人生を送っていることに感心するとともに安心しました。

2013年10月30日 (水)

日本一を目指す浜松のゆるキャラ:出世大名家康くん

 ゆるキャラグランプリ2013が進行中です。現在は集計中ということで順位や得票数は公表されていません。票数がわかっていた時点では「家康くん」は20万票を超えてダントツの1位でした。

 ひこにゃんやくまモンなど自治体のゆるキャラが人気を博して大きな経済効果を生み出しているということで、浜松市では
市をあげて日本一を目指す一大キャンペーンを推進しています。

2013_10140054 2013_10140059
首位独走中のはずの「家康くん」。袴はピアノの鍵盤。
髷はウナギ。

_20131008_0001 2_20131008_0001
市の広報で「毎日一票投票」を市民に呼びかけています。くまモンの経済効果は1000億円超とか。

4_20131008_0001 23_20131008_0001
市長のコラムも家康くんの日本一を目指す「政策」についてです

2013_10140011 2013_10140032
陸上競技場でも…

2013_10140035 2013_10180054 
                  旧公民館でも…

2013_10180099 2013_10270080
フラワーパークでも…     電車の駅でも…

 市の施設はもちろんのこと、電車・バス・ガソリンスタンド・レストラン…市内のどこへ行っても「毎日一票」ののぼりが立っています。

 私もほとんど毎日「家康くん」に投票しています。

 懸命の努力が功を奏して日本一を獲得できるか。投票は11月7日までです。

 日本一になっても、「組織票」による大量得票という批判が全国から殺到しそうです。

 なお天竜川を挟んで隣接している磐田市の「しっぺいくん」も健闘しています。

2013年10月29日 (火)

毎年恒例の酒蔵開放:花の舞酒造

 毎年10月の最終日曜日に行われる花の舞酒造の酒蔵開放に今年も出かけました。

 昨年の人出は8000人とHPで報告されています。今年も秋晴れに恵まれて去年を上回る人出ということでした。

 遠州鉄道浜北駅前から無料のシャトルバスがピストン輸送で次々と発車しています。私が工場に着いたのは10時前でしたがすでに工場の敷地だけでなく、隣の庚申寺の境内までほぼ人で埋め尽くされていました。入口でもらったグラス(約50c.c)に新酒をついでもらいます。おかわり自由ですから飲み干せばすぐに列に並んでついでもらいます。「飲み放題」ですが、自分の体の事を考えるとそれほどたくさん飲めるわけではありません。

2013_10270085 2013_10270086
㊧:町内の通りは会場に向かう人で賑わっています
㊨:店先の杉玉

2013_10270096 2013_10270094
   本社・工場前          庚申寺境内

 
2013_10270089
お酒をついでもらいます

 このイベントが楽しいのはお酒を飲めるということもありますが、一年に一度のこの会で懐かしい仲間に会えるということもあります。今年も25年前に職場で一緒に仕事をした部下に十数年ぶりで会いました。私に会うために毎年この会に来ているという後輩に今年も会いました。

 10人の仲間がお寺の本堂の前でブルーシートを広げて4時間近く歓談しました。

 

2013年10月28日 (月)

私が担当した「男の料理教室」

 ASN(アクティブ シニア ネット)の「男の料理教室」はメンバーが毎月交代で「講師」を務めます。今日は私が初めて担当しました。ふだん台所に立つことがない私が料理教室の講師を務めることになって、夏の終わり頃からメニューを考えていました。

 秋たけなわの季節なので旬の食材で秋らしいメニューを考えました。

メニューは…
①鮭のみそバターホイル焼き
②さつまいもとシラスの炊き込みご飯
③柿とかぶのなます
④松茸の香りのするおすまし
⑤デザート ミカン

 レシピを作り、食材や調味料などを買いそろえて本番を迎えました。今日の参加者は11人。3つのグループに分けて調理を始めました。順調に進んで約1時間後にはそれぞれ完成しました。

2013_1028ryouri0001 2013_1028ryouri0005
㊧:会場は新津協働センター料理教室
㊨:できあがり

2013_1028ryouri0006 2013_1028ryouri0007
㊧:鮭のみそバターホイル焼き
㊨:なます 刻んだ柚子の皮がいい香り

2013_1028ryouri0008 2013_1028ryouri0009
㊧:さつまいもとシラスの炊き込みご飯 さつまいもの甘みとシラスの塩加減がマッチしておいしく炊けました

㊨:歓談しながらの食事会

 おおむね好評でホッとしました。初めての調理ということで
わが家で3回同じメニューで「練習」しました。なんとか合格ラインで本番を迎えたのでした。

 私が初めて台所に立ったとき,一番驚いたのはわが家の猫’レーチェ’でした。隣の部屋から台所に来て、私の背中を大きな目で見つめながら、ニャーと一声大きく叫びました。よほど驚いたのでしょう。

 2回目からはレーチェも落ち着いていました。家族からはこれからも時折台所に立つようにと言われています。レーチェも不思議に思わないでしょう。

 部屋の利用料を含めて一人700円の昼食でした。

 次の私の当番は来年11月の予定です。

2013年10月27日 (日)

すてきなファミリーコンサート

 大学の聴講生の仲間でASN(アクティブ シニア ネット)のメンバーであるOさん一家のファミリーコンサートが開かれました。会場はクリエート浜松。

 母親のピアノと二人の息子さんのサックスとヴァイオリンの二重奏や三重奏はみごとでした。クラシックからシャンソンや現代のポピュラーまで幅広いジャンルの名曲を80分にわたって聴かせていただきました。幼少の頃から楽器演奏を学びコンクールで入賞歴のあるお二人の演奏と息子さんたちの演奏を支えたお母様のピアノ伴奏はうらやましい光景でした。

 お父様のOさんはお得意の手仕事の作品で会場を飾られ ました。精緻なペーパークラフトや楽しい木工作品は驚嘆する技術で製作されており見応えがありました。

 才能豊かなファミリーのすてきなコンサートでした。 

2013_10270055_2

2013_10270044_2 2013_10270045

2013_10270002 2013_10270004
おもりだけで動く時計     手作りのヴァイオリン

2013_10270009 2013_10270011

2013_10270019 2013_10270024
 木を切る人㊧  とノルディックウォーク㊨ いずれも動きます

2013_10270030 2013_10270035
架空の町  クーヘンバウム

2013年10月26日 (土)

TSUKEMEN LIVE 2013 AKATSUKI TOUR in Hamamatsu

25日夜、浜松アクトシティ大ホールでは山Pこと山下智久のコンサートが行われていました。

 同じ時間に隣の中ホールで開かれたのがTSUKEMENコンサートでした。TSUKEMENはさだまさしの息子である佐田大陸をリーダーとするヴァイオリン2ピアノ1のアンサンブルユニットです。

 サービス精神旺盛で楽しい2時間半近くのコンサートでした。

 演奏曲目はオリジナルの《不知火》や《天の階》などのほか、
クラシックでは自在に編曲した《カルメン》《剣の舞》《ラ・カンパネラ》などの名曲。さらに《ルパン三世》《天の歌》《タイタニック》などの意欲に満ちた作品が演奏されました。

 クラシックのほかに、シャンソン・ジャズの名曲など多彩な曲で楽しく聴くことができました。

 アンコールは《チャルダーシュ》と《スペイン》…みごとな演奏でした。

 ヴァイオリンもピアノも超絶技巧を駆使して聴かせてくれました。

 客席を見渡したところ、95%以上が女性。平均年齢はかなり高いという印象でした。

 来年は11月28日に浜松で公演があるとのスピーチがあり会場の全員が大喜び。楽しいコンサートでした。

2013年10月25日 (金)

台風27号で避難所開設

 10日以上前から日本列島への接近が心配されていた台風27号がようやく本州の南方に進んできました。待っていたわけではありませんが、ようやく来たかという感じです。

 今日の浜松は午後2時から降り始め、断続的に強く降る状況でした。6時ごろから雨脚が強くなりました。

 降水量は午後8時16㍉、9時41㍉、10時28㍉、11時19㍉。24時間では132㍉。この雨で浜松市南部では午後9時14分に大雨、洪水警報が発令されました。市内の安間川、曳馬川の水位が上昇しあふれるおそれがあることから午後10時44分にこれらの河川流域に避難準備情報が発令され、地域の小中学校に避難所が開設されました。

 午後10時48分、区役所から電話があり、午後11時15分を目途として町内の小学校に避難所を開設するとのことでした。わが町内は海抜30㍍以上に位置しているので当面避難の必要はありません。町民からの問い合わせもありません。

 午後11時40分現在、強い雨が降り続いています。河川流域で被害がないことを祈るばかりです。

2013年10月24日 (木)

みんなで歌う会全体会:浜名湖ガーデンパーク

 一人のシンセサイザー演奏者が指導している浜松市内各地の「歌う会」のメンバーが一堂に会して初めての全体会を開きました。今日は12の歌う会のうち8グループ・約250人が参加しました。

 「ドレミの歌」に始まり「花は咲く」まで全25曲を2時間で歌いました。

 わが町からも24人が参加し、ステージで「青い山脈」と「四季の歌」を披露しました。わが町では自治会の主催事業として行っていることを紹介しました。2013_10240020
   わが町の24人。男性は5人です

2013_10240019 2013_10240005_2
会場は浜名湖ガーデンパーク屋外ステージ ㊨客席

2013_10240030 2013_10240029
ステージ横のコスモスが満開です

2013_10240032

2013_10240028 2013_10240031
美しいコスモス畑ですが、台風27号が近づくと倒れてしまうかもしれません

 

 歌い終わった後は全員でコスモスをバックに記念撮影をしました。参加者たちは口々に楽しかったと語っていました。

2013年10月23日 (水)

「印象派を超えて 点描の画家たち」:国立新美術館

 21日の東京…月曜日ということで美術館はほとんど休館。しかも正午から会合ということで、六本木の国立新美術館の企画展一つを駆け足で観ました。

 「印象派を超えて 点描の画家たち…ゴッホ、スーラ、モンドリアンまで」です。

 印象派の展覧会と言えば多くの入場者が期待できるので全国各地で様々な印象派展が開かれます。

 今回は「印象派を超えて」という企画展で微妙なところです。
全100点のうち、Ⅰ「印象派の筆触」では、モネ2点、シスレー3点、ピサロ1点の計6点が印象派の作品として出品されています。いずれも国内の美術館所蔵品です。

Ⅱ スーラとシニャック 分割主義の誕生と展開 からは新しい色彩表現としての分割主義の絵画になります。その典型がスーラの点描による絵画です。

_20131022_0001

   スーラ〈ポール=アン=ペッサンの日曜日〉

シニャックも点描による作品を残しています。

_20131022_0001_2
   シニャック〈コリウール、鐘楼 作品164〉

 スーラ5点、シニャック7点、ピサロ2点など24点が点描など色彩分割の手法で制作されています。

Ⅲ ゴッホと分割主義
 ここではゴッホの作品9点が集中して展示されています。すべてクレラー・ミュラー美術館の所蔵品で、これだけの点数が並ぶとなかなか見応えがあります。

_20131022_0001_4
       ゴッホ〈レストランの内部〉

 まさに点描そのもの。ゴッホによる典型的な点描画です。

3_20131022_0001 _20131022_0001_5
     〈自画像〉           〈種まく人〉
いずれも色彩分割による描写です。

 このⅢではゴッホと同時代のゴーギャンやヴラマンクやドランの作品もあります。ヴラマンクの〈小麦畑と赤い屋根の家〉は静岡県立美術館でおなじみの作品です。

Ⅳ ベルギーとオランダの分割主義

 出品作品の半数はこのⅣです。すべてクレラー・ミュラー美術館の所蔵品です。

Ⅴ モンドリアン 究極の帰結

 分割主義の究極の帰結は色を分割して抽象絵画に到達したモンドリアンです。すべてモンドリアン8点。

_20131022_0001_6

   〈赤と黄と青のあるコンポジション〉

 印象派から後期印象派そして点描を中心とした分割主義による19世紀末から20世紀初頭にかけての新しい傾向の絵画に焦点を当てた企画展です。お目当てはやはり9点のゴッホでしょう。

_20131022_0001_7 _20131022_0002

展覧会ホームページ http://km2013.jp/

2013年10月22日 (火)

町誌編集委員会

 この度わが町の町誌を編纂・発行するに当たって、私が委員長を務めることになりました。私はこの町の出身ではないのですが、自治会の役員を務めている関係からこの大役を引き受けることになったという次第です。

 わが町は現在世帯数約4,500,人口は1万人余という大きい町です。大きくなりすぎて平成3年に自治会を東西南北の4つに分けて連絡協議会で結んでいます。一つの町名の町が次第に分かれていく傾向が見られることから、求心力を高めるための一つの方法として町誌の発行を企画しました。

 2016(平成16)年度の発行を目指しています。浜名郡曳馬村が浜松市に合併して80年目の記念すべき年です。80年前の1936(昭和11)年の世帯数はわずか176戸…それから20数倍にふくれあがっています。

 A4版300ページの予定で全7章。編集委員も決まり、これから具体的な作業が始まります。

 町にとって100年に一度の大仕事ですから気を引き締めて大きな仕事に取り組みたいと思います。

 

2013年10月21日 (月)

60年前の想い出

 中学校(現・広島大学付属福山中学校)時代の同級生で首都圏在住の仲間の会が東京…市ヶ谷で開かれました。私は首都圏ではありませんが、お誘いを受けて昨年に続いて出席しました。この年になると毎年だれかが欠けていき寂しくなります。

 私の在学中、この季節になると校内の各所でコスモスが咲き乱れていたので「コスモス」の会と名付けて毎年10月に開いています。

 みんなで話をしていると、いくつになっても昔の想い出が鮮明に蘇ってきます。郷里の川の石垣にウナギが顔を出していてそれを捕まえて家族で食べた話、松茸がいくらでもとれたことなど、まだ食料事情が厳しい中で今では贅沢な食材を普通に食していたことがわかります。

 生徒歌もなんとか歌えました。60年の歳月を超えて甦る若き日の想い出を語り続けて4時間が過ぎていました。

2013_10210007
会場のアルカディア(私学会館)から見た風景
画面左方向がJR市ヶ谷駅


 

2013年10月20日 (日)

竹内正実 テルミン ミニコンサート

 テルミンは1919年にロシアのテルミン博士によって開発された世界最初の電子楽器です。楽器に指1本触れることなく
手を2本のアンテナに遠ざけたり、近づけたりすると静電気の量が変化しそれによって音の高さと強さをコントロールします。
わずか1㎝程度の指の動きや体の揺れでも音は変わります。

 18日に行われたコンサート会場は町内の喫茶店「シーン」でした。演奏者は日本を代表するテルミン演奏家で研究者でもある竹内正実氏(浜松市在住)。竹内さんはロシアに留学してテルミンを学びました。「劇場版 のだめカンタービレ」の中でテルミンを演奏しているシーンの音源は竹内さんです。

 この日は竹内さんが〈星に願いを〉やオペラの名曲の一部などをソロで、また奥様との二重奏もありました。

 さらに、竹内さんが開発したマトリョーシカ型テルミン「マトリミョン」の合奏もありました。マトリョミンは音の高さだけで強さを変化させることはできません。

 コーヒータイムに私はテルミンの前に立ってみましたが、立って近づくとそれだけで音が発生し、音の高さが変わりました。正確な音程を確保するのが非常に難しい楽器だということがよくわかりました。

 後半は聴衆がテルミンやマトリョミンの演奏に挑戦するという企画でした。ピアニストやヴィオラ奏者、マトリョミン経験者などはさすがに比較的正しい音を出していました。

 私の手元には2007年に学研が発売した「大人の科学」のテルミンがあります。一応音らしいものは出ます。 

 テルミンを聴いたのは2回目です。限定20名の皆さんと一緒に珍しい楽器の演奏を聴くことができて幸せでした。

2013_10180061
  テルミン(左)とマトリョミン(椅子の上)

2013_10180064 2013_10180063
㊧:マトリョミン二重奏。お二人の間にあるのもテルミン
㊨:テルミンの機能やスピーカーを内蔵したマトリョミン

2013年10月19日 (土)

秋半ばの浜松フラワーパーク②今咲いている花たち

 花が少ないこの季節、野の花が目につきました。

2013_10180001
     アメジストセージの富士山

2013_10180007 2013_10180025
  ツリガネニンジン         ノギク

2013_10180033 2013_10180036
           ソバの花は美しい

2013_10180040 2013_10180041
         ヒマワリ「夏物語」

2013_10180047 2013_10180048
            これもヒマワリ

2013_10180061 2013_10180063
咲き残りのヒガンバナがみごと   バラ園は寂しい

2013_10180073 2013_10180077
㊧:ゴクラクチョウカ       
㊨:コクリオステマ オバラティティッシムム

2013_10180044 2013_10180045
              アオサギ

2013_10180057

2013年10月18日 (金)

秋半ばの浜松フラワーパーク①10月のサクラ

 2ヶ月ぶりにフラワーパークを訪ねました。夏の間は入場無料でしたが、10月からは大人500円です。私は来年2月まで有効の年間パスポートで入園しました。園内に花は少なく、閑散としていました。

 園内各所ではいろいろなサクラがちらほらと咲いていました。十月サクラもあれば春に咲く河津桜などもありました。

2013_10180017
           河津桜です

2013_10180014 2013_10180019
                   カラスウリとサクラ

2013_10180022 2013_10180032
                   枝垂れサクラ

2013_10180050 2013_10180093
    吉野枝垂れ        十月サクラ 

 この時期、お花見とまではいきませんが、サクラが楽しめるフラワーパークでした。 

2013年10月17日 (木)

広島連敗

 珍しくプロ野球の話題です。私は広島カープ創設以来のカープファンです。球団ができた当時、広島カープスという名前でした。カープ=鯉。広島城の別名鯉城からきています。ところが英語のcarpは単数複数ともcarpということを知らない人たちがcarpsと命名してしばらく使っていたというわけです。

 そのカープが初めてCSに出場しています。相手はセ・リーグ優勝の巨人。昨日の第1戦は2-3、今夜の第2戦は0-3で連敗し早くも巨人に王手を許してしまいました。

 2試合とも9回表に大きなチャンスがあったのですが、昨日は痛恨の走塁ミスで、今夜は打線の中軸が抑えられてチャンスを生かせませんでした。

 前田健が寺田という無名の選手に3点本塁打を打たれるという予想外の展開。

 9月から快進撃を続けたカープでしたが、初のCSで本領が発揮できないままにシリーズが終わりそうです。

 地元広島ではテレビの視聴率が40%を超えたとか。赤ヘルファンが夢見た日本シリーズまであと4戦全勝を期待しています。

2013年10月16日 (水)

三連休のイベント③みんなのスポーツまつり

 14日の体育の日には恒例の「浜松市 みんなのスポーツまつり」が四ツ池公園陸上競技場を中心として行われました。

 市内各地から老若男女が参加して、軽スポーツやゲームを楽しみました。ノルディックウォークや健康吹き矢などの体験、体力測定などのコーナーも人気がありました。

 競技場は私の町内なので毎年開会式に出席しています。

2013_10140027_2 2013_10140037
                  女性の和太鼓集団の演奏

2013_10140021 2013_10140022
        浜松市消防音楽隊の演奏

 このようなイベントに必ず姿を見せるのが浜松市のゆるキャラ「出世大名 家康くん」です。

2013_10140011 2013_10140012
       競技場入口で来場者をお出迎え

2013_10140059 2013_10140054
   本部席前で       髷はウナギ 家紋はミカン

2013_10140058 2013_10140064
     袴はピアノ         福引き会場で

2013_10140035 2013_10140032
スタンドにも露店にも「毎日一票投票」ののぼり

 ゆるキャラグランプリでトップを走る「家康君」。市をあげて一位獲得大作戦展開中です。

2013年10月15日 (火)

台風の日の誕生会

 過去10年で最大の規模の台風26号が接近する中で開かれた誕生会。30人の皆さんからお祝いをしていただき、心から感謝しています。

 これまでで一番うれしい誕生会でした。

 5年前に結成したミレーの会のメンバーは40人余になりました。アート鑑賞を共通の楽しみとしているメンバーは、初めての出会いでもたちまち打ち解けてにこやかに歓談します。

 今夜も皆さんそれぞれに交歓し、輪が広がり、深まりました。本当にうれしいことでした。

 間もなく日付が変わる時間です。外はまだそれほど荒れていません。

 明け方まで無事でありますように。

2013_10160010_2 2013_10160005
㊧:いただいたりっぱな花束を帰宅後すぐに花瓶に
㊨:私だけの特製デザート







2013年10月14日 (月)

三連休のイベント②秋祭り

 町内の氏神様の秋祭りが12,13日に行われました。12日は宵祭りで境内の特設ステージでは歌謡ショーなどが行われました。

 13日は4台の子どもみこしの巡行の後本殿では神事がとりおこなわれました。

Dscn0232 Dscn0234
神官を先頭に神殿にあがります

Dscn0235 Dscn0236
     小学生による「浦安の舞」の奉納

  この後は餅投げです。大量の餅がわずか1分30秒で投げられて、皆さんはそれぞれ10個以上拾って満足そうでした。

三連休のイベント①やらまいかミュージックフェスティバル出演の「ザ・ブトン」

 12,13日の両日、浜松駅付近や市街地中心部の15カ所を会場としてやらまいかフェスタが開催されました。294グループの約1200人が参加してフォーク・ジャズ・ロックなどを演奏しました。

 高校時代の同級生4人のグループ’ザ・ブトン’は先月の浜名湖フォークジャンボリーに続いての出演です。会場はソラモの特設ステージ。午後2時23分(フジサン)には全会場で一斉に〈富士の山〉を歌うことになっていました。’ザ・ブトン’の「富士の山」は独自の編曲で、会場の聴衆も楽しく歌うことができました。

 30分の持ち時間で〈ザ・ブトンのテーマ〉〈蓬莱橋〉などのオリジナル曲や〈ソーラン節〉など6曲を披露しました。いつも変わらぬ美しいハーモニーで楽しい演奏でした。札幌在住のM君は10日に島田に来たということでした。

2013_10120075

2013_10120106 2013_10120114
 リーダーのS君{(左端)は万能のミュージシャンで鍵盤楽器、ドラム、ハーモニカ、ギターなどいろいろな楽器を自由に操ります。

2013年10月13日 (日)

誕生日のウォーキング:普門寺(豊橋)へ

 昨12日は私の誕生日でいろいろメッセージをいただきましてありがとうございました。

 その誕生日…ASN(アクティブ  シニア ネット)の月例ウォーキングで11㎞歩きました。浜松へ2時前に戻り、やらまいかフェスタ開催中のソラモで、教え子の4人組バンド「ザ・ブトン」の演奏を聴きました。

 夕方からは町内の氏神様の秋祭りで帰宅は10時過ぎ。あわただしい誕生日が終わり、ブログを更新する余裕がありませんでした。

 ウォーキングの目的地は普門寺(豊橋市)でした。真言宗の古刹です。11月末には美しい紅葉が見られるところとして有名で紅葉狩りの客で賑わいます。国重文の文化財はモミジ祭りの時に公開されます(11/30,12/1)。

2013_10120070 2013_10120004
普門寺は正面の山麓に    湖西市から県境を越えます

2013_10120005 2013_10120008
新所原駅をスタート。田んぼの間の道を歩いて山門に到着

2013_10120020 2013_10120026
     本堂    本堂を取り巻くモミジは青々としています

2013_10120039 2013_10120053
              十月桜

2013_10120013 2013_10120017
     ツワブキ           ホトトギス

2013_10120022 2013_10120050
     カラスウリ           フジバカマ

2013_10120051 2013_10120060
    大きい銀杏          大きいドングリ

2013_10120042

 今日はこれから氏神様の本祭り。神事や餅投げ、懇親会などが夜まで続ます。











































2013年10月11日 (金)

2013 秋半ばの浜名湖ガーデンパーク②コスモスの見頃はこれから

 花のひろばのコスモスは開花が遅れています。9月末に咲き始め、10月10日現在一部では満開に近いのですが、全体としては見頃は20日頃でしょうか。全体としてむらがあり、一面に咲きそろう状況にはありません。展望塔から見おろしても不揃いになっているものと思います。

2013_1010gadennpaku0100
    撮影のために用意されたスポットで

2013_1010gadennpaku0102 2013_1010gadennpaku0107
        比較的よく咲いているエリア

2013_1010gadennpaku0108 2013_1010gadennpaku0112

2013_1010gadennpaku0109 2013_1010gadennpaku0111

2013_1010gadennpaku0123 2013_1010gadennpaku0119
  白花のエリア          寂しいエリア

2013_1010gadennpaku0128 2013_1010gadennpaku0129
  屋外ステージ付近       東西水路付近

2013_1010gadennpaku0124
  展望塔をバックに

2013年10月10日 (木)

2013 秋半ばのガーデンパーク①

 10月も中旬になるのに最高気温が30℃前後の暑い日が続いています。今日もTシャツ1枚で歩いても汗が噴き出してきました。

 暑さの中で秋の花が咲いていました。

2013_1010gadennpaku0056_2
  睡蓮が咲き終わった池の畔のヒガンバナ

2013_1010gadennpaku0001 2013_1010gadennpaku0009
青空をバックに…㊧「ブラシの木」 ㊨「アンデスの乙女」

2013_1010gadennpaku0035 2013_1010gadennpaku0016
     花の庭          東西水路の畔

2013_1010gadennpaku0046 2013_1010gadennpaku0042
   シュウメイギク         コスモス

2013_1010gadennpaku0062 2013_1010gadennpaku0051
    ケイトウ           勢いよく撒水

2013_1010gadennpaku0066

2013年10月 9日 (水)

会津若松を訪ねて③

 会津若松で一番興味があったのは藩校の日新館でした。1803年に鶴ケ城の西に学問の一大殿堂として完成しました。東西226㍍、南北116㍍、面積8千坪、建物1500坪の規模で生徒数は1000人を超えていました。

 儒学・医学・天文学・武術などを教授する総合学校でした。

 現在の建物は昭和62年に郊外に再建されたものです。

2013_10070123 2013_10070124
       南門            戟門

2013_10070129 2013_10070128
     大成殿         校舎の間に見える磐梯山

2013_10070130 2013_10070132
     素読室             天文学室

2013_10070142 2013_10070137
     プール         天文台から見た磐梯山

2013_10070147
燃える会津。市内各所で野焼きの煙

 レベルの高い授業で優れた会津藩士を輩出しました。白虎隊のメンバーも日新館の学生でした。

会津若松市内で

会津塗の漆器店で

2013_10070071 2013_10070073
  漆器店の倉庫      展示されている優れた漆器

飯森山で

2013_10070101 2013_10070110
   白虎隊の墓          国重文・さざえ堂

2013年10月 8日 (火)

会津若松を訪ねて②

 地区自治会連合の研修旅行で会津若松を訪ねました。私にとっては何十年ぶりのことです。
 長距離のバス移動でした。googleによると、わが家から鶴ケ城まで直行で540㎞。休憩なしで走っても6時間近くかかります。朝6時半にスタートして最初の目的地鶴ケ城に着いたのは3時…ここまで8時間半でした。会津は遠い!

2013_10070016_2
鶴ケ城。史跡としては「若松城城跡」。昭和40年の再建です

2013_10070021 2013_10070024
天守閣から見た中心市街地  雲の中の磐梯山

2013_10070030 2013_10070034
㊧:会津若松市のゆるきゃら「お城ボくん」。これでも中に人が入っているとか。足下は車輪です。
㊨:白壁が輝く城

2013_10070040
 お城から近い「八重の桜 大河ドラマ館」。元図書館の建物を全面的に利用して有料で「番組の宣伝」に類するイベントをしています。
県立博物館に隣接していますが、博物館に入る人はほとんど見かけませんでした。1年間限定のイベント。

 市内はどこへ行っても「八重の桜」一色です。ドラマが間もなく終わって…来年はどうなるのでしょう。

芦ノ牧温泉

2013_10070061 2013_10070048
 夜の宿は鶴ケ城から南へ30分の芦ノ牧温泉。阿賀川渓谷沿いに十数軒のホテルが並んでいます。

2013年10月 7日 (月)

 会津若松を訪ねて①

 6日から7日にかけて連合自治会の研修旅行で会津若松を訪ねました。

2013_10070034 2013_10070137
    鶴ケ城             磐梯山

詳報は後日。

2013年10月 5日 (土)

私の誕生パーティー

 私の誕生日は10月12日ですが、それに先だって仲間の皆さんがお祝いをしてくれました。エクシブ浜名湖で泊まりがけです。20時間近い長い時間を9人で本当に楽しく過ごしました。最大のイベントはNさんが描いてくださった〈レーチェ〉(昨日このブログにアップ)の「贈呈式」でした。うれしくて、ありがたくて家内と二人で感動しました。

 ケーキのキャンドルを吹き消すセレモニーもレストランと部屋で1回ずつ。すてきな花束もいただきました。おいしいお料理もおいしいお酒もいただきましたが、なによりもすてきだったのは仲間の皆さんとの会話でした。夜がふけても朝食が終わっても話はつきません。

 私の誕生祝いはこのあとまだ2回あります。

 ところで、私はいくつになったのでしょうか。謎ですね。

2013_10040046 2013_10040091
 バースデーケーキ      おいしかった朝食の一部

ホテル エクシブ浜名湖

2013_10040049 2013_10040050
        部屋から見たゴルフ場

2013_10040014 2013_10040093
部屋は最上階のスイートルーム。和洋の寝室もあります

2013_10040070 2013_10040083
       玄関           ロータリー

2013_10040082 2013_10040088
             浜名湖の彼方に浜松中心部のアクトタワー

2013年10月 4日 (金)

わが家のレーチェ:レーチェが日本画になりました

 レーチェの素晴らしい日本画をいただきました。

2013_10040096

2013_10040095 2013_10040097
                  自分の絵が気になるレーチェ

 だれが見てもどこから見てもレーチェそのものです。気品があり、足が長い三毛猫レーチェを素晴らしい日本画にしていただきました。

 優れた工業デザイナーとして長く活躍されているNさんの制作です。絹本に非常に高級な岩絵の具で薄いグリーンの下地を塗り,その上にみごとなレーチェが描かれています。

 昨3日から今日にかけて、泊まりがけで私の誕生祝いの会を開いていただき、その席上で皆さんからのプレゼントとしていただきました。私にとっては何ものにも代えがたい大切な宝物です。

 制作に先立って、Nさんがわが家に取材に見えました。狭い部屋にレーチェを入れて、40分以上観察したり、写真を撮ったり丹念に取材して帰られました。

 さっそくわが家の玄関を入った正面に掲げました。

 Nさんそして皆さん、本当にありがとうございました。

2013年10月 3日 (木)


今夜はエクシブ浜名湖にお泊りてす。私の記念日。

2013年10月 2日 (水)

後期「日本文学史」の授業始まる

 静岡文化芸大の2013年度後期の授業が今週から始まりました。私が選択したのは二本松先生の「日本文学史」です。

 通常の文学史は古事記から始まって万葉、源氏から方丈記
等を経て江戸文学、現代へと全体を俯瞰する通史、編年ですが、二本松先生の文学史は「神話と伝説と昔話の文学史」です。

 これらを通じて、日本の国のことや日本人であることを考える…それがこの授業のねらいであるというお話がありました。

 日本の国民的英雄は日本武尊、義経、楠木正成、真田幸村であり、彼らの精神は現在の日本の精神的風土につながっていると説かれました。

 来週から本格的な授業が始まります。予習ではなく復習を、ノートはとらないで自分で考えるようにというアドバイスがありました。

 社会人聴講生は28人という大変な人数です。二本松先生の熱のこもった歯切れのいい授業に皆さん熱心に耳を傾けていました。

2013年10月 1日 (火)

浜名湖ガーデンパーク:フォークジャンボリー&秋の花②

 9月29日(日)、第10回フォークジャンボリー2日目にはもう一組の教え子たちが登場しました。前日登場した「ザ・ブトン」の3年後輩で、「レッド・ポイント」。このジャンボリーの常連で、島田では地域のFM番組を持っているベテランです。慣れた舞台で美しいハーモニーを聴かせてくれました。

2013_09290014
      「レッド・ポイント」の演奏

 この日はウォーキングなどいくつかのイベントがあって、駐車場は混雑し、園内も多くの人で賑わっていました。

2013_09290027 2013_09290102

秋の花

2013_09290023 2013_09290024
コスモス畑はわずかに咲き始めたところです

2013_09290032 2013_09290037
   シュウメイギク          酔芙蓉

2013_09290052 2013_09290070
 咲き残りのアジサイ      パラシュート・プランツ

2013_09290050 2013_09290060


2013_09290077 2013_09290082_2
㊧:

㊨:シラタマホシクサ  残念ながら鉢植えです

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »