2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« あいちトリエンナーレ2013 岡崎地域 | トップページ | 初秋の浜名湖ガーデンパーク »

2013年9月 5日 (木)

あいちトリエンナーレ2013:岡崎地域(詳報)

 世界有数の規模の現代アートの祭典「あいちトリエンナーレ」は第2回を迎えました。8月17日から10月20日まで名古屋と岡崎で開催されています。今回のテーマは”揺れる大地 われわれはどこに立っているのか 場所、記憶、そして復活”です。

 9月4日、大学聴講生の仲間4人で出かけました。浜松から車でまず岡崎市美術博物館へ。昼食後、厚生会場と松本町会場へ。

[岡崎市美術博物館]

 テーマは”ユーモアと飛躍”。創意工夫に満ちた楽しい作品がいくつもありました。音・光・迷路のような室内の構成…。「うし」という名のネコの写真を見ると、わが家のレーチェも十分アートになりうると思ったことでした。

2013_0904okazaki0001 2013_0904okazaki0002

 昼食は岡崎市内でもっとも有名な大正庵釜春本店で。

2013_0904okazaki0011 2013_0904okazaki0010

 食後、車で移動中かなりの雨。岡崎シビコ地下に駐車。

[岡崎シビコ会場]

 岡崎シビコはショッピングセンターですが、地下1階から6階までのフロアのうち。4階までしか営業していません。このビルの5階、6階と屋上がトリエンナーレ会場です。

世界初演 『FALLING』

 広くて暗いフロアはくしゃくしゃに丸められた無数の新聞紙で埋め尽くされ、その中に大破したピアノが何台か転がっています。ピアノは文化の輝ける象徴であり、新聞は歴史の瞬間を記録したもの、と作者は説明しています。重低音が響く中で見た情景は3.11の情景とダブって見えます。強烈で胸に迫る印象を受けました。

2013_0904okazaki0023 2013_0904okazaki0026
            『FALLING』


2013_0904okazaki0034 2013_0904okazaki0040
バシーア・マクールのインスタレーション  志賀理江子の「螺旋海岸」

2013_0904okazaki0042 2013_0904okazaki0044
シビコの屋上のすべてを純白の塗料で塗り尽くして裸眼では目を開けていられないほどの強烈な光。5階、6階の薄暗く,不気味な空間からここに出ると一挙に開放された感じになり、ホッとしました。

[松本町会場]
かつて花街であった地域です・

2013_0904okazaki0056 2013_0904okazaki0058
          青木野枝〈旧あざみ美容室〉

2013_0904okazaki0064 2013_0904okazaki0063
  〈日本共産党でカール・マルクスの誕生会をする〉

2013_0904okazaki0067 2013_0904okazaki0079
               生きる喜び

2013_0904okazaki0068 2013_0904okazaki0061
   松本町の狭い通り        木造のアーケード

2013_0904okazaki0070 2013_0904okazaki0071
       廃屋の床板を立ててマグネットを

2013_0904okazaki0082 2013_0904okazaki0094
  無料のベロタクシー         岡崎城公園

 現代アートは作者が何を表現しているのか、何を言いたいのかなかなかわかりにくいのです。観る人の感性で見るしかありあません。

 次は名古屋の会場へ行く予定です。

« あいちトリエンナーレ2013 岡崎地域 | トップページ | 初秋の浜名湖ガーデンパーク »

美術展」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あいちトリエンナーレ2013:岡崎地域(詳報):

« あいちトリエンナーレ2013 岡崎地域 | トップページ | 初秋の浜名湖ガーデンパーク »