2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 伊吹山のお花畑③遊歩道を歩く | トップページ | 猛暑日の浜名湖ガーデンパーク »

2013年8月10日 (土)

「やなせたかし と アンパンマンのキセキ展」

 夏休み向けの企画です。館内では子どもたちの元気な声が響いています。

 やなせたかしの多彩な才能を網羅した展覧会で、マルチタレントぶりがよくわかります。

 今年94歳で今なお多忙な活動を続けているやなせたかしの肩書きは①漫画家②絵本作家③詩人④作曲家⑤脚本家⑥編集者⑦演出家⑧イラストレイター⑨エッセイスト⑩歌手など…。

 子どもたちの大好きなアンパンマンの原画やアクリルの大判のほか絵本「やさしいライオン」の原画、彼自身が編集などいっさいを手がけた「詩とメルヘン」の表紙絵や彼自身の詩など約200点でやなせたかしの全体像を見せてくれます。

 いずれの作品も人間としての生き方を示し、生きることの喜びを表現していて共感を呼びます。

 老境にある今を表現した次のような一節はユーモアとペーソスが入り交じっていて感心しました。

「老年ボケやすく 学はほとんど成らず トンチンカンな人生
 終幕の未来も なんだかヤバイ それでも笑って ま、いいとするか」

「足が弱くて すぐころぶ 耳は遠いし 眼はかすむ まいにちあぶない つなわたり 決死の冒険 サスペンス これぞ老後のおたのしみ」

Photo Photo_2


浜松市美術館で 9月16日まで

« 伊吹山のお花畑③遊歩道を歩く | トップページ | 猛暑日の浜名湖ガーデンパーク »

美術展」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「やなせたかし と アンパンマンのキセキ展」:

« 伊吹山のお花畑③遊歩道を歩く | トップページ | 猛暑日の浜名湖ガーデンパーク »