2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 一足早い秋の便り:浜松フラワーパーク | トップページ | 若冲から千住博まで:「アートにみる動物たち」展 »

2013年8月22日 (木)

浜名湖遊覧船:わくわくハイキング

 浜松で最高気温が37.4℃を記録した猛暑の日、退職者の「わくわくハイキング」に参加しました。例年、8月は暑さを考慮して休みなのですが、近年7月の例会が猛暑で厳しい状況なので今年は8月にしたところこの暑さ。

 それでも22人が参加しました。最高齢は大正13年生まれで来年卆寿(90歳)を迎えるO先生で、大変お元気でした。

 今日のコースは新所原から天浜線で尾奈へ。尾奈から瀬戸まで歩き瀬戸港から遊覧船でフラワーパークへという設定。歩く距離はかなり短めで約4.5㎞でした。浜名湖の湖畔を歩く平坦で短いコースですが、暑さが厳しいので木陰のあるところでは必ず小休止したので1時間以上かかりました。

2013_08220052 2013_08220062
㊨:尾奈駅。右の建物は屋上にウナギの作り物を載せたトイレ
㊧:浜名湖の枝湾の一つである猪鼻湖

2013_08220072 2013_08220126
瀬戸にかかる橋が見えてきました    瀬戸の赤い橋

2013_08220073 2013_08220158
        マリンスポーツを楽しむ人たち

猪鼻湖神社

2013_08220079 2013_08220084    
        小さな岬の先端にあります

2013_08220088_2 2013_08220098

 この小さな神社は遠江風土記にも出てくる式内社です。

浜名湖遊覧船

 短距離ウォークの後は湖上を吹く風が心地よい遊覧船でフラワーパーク港へ。このハイキングでは初めての企画です。瀬戸港からは35分のプチ船旅です。

2013_08220159 2013_08220161
瀬戸港に入港してくる奥浜名丸です。右の島は礫(つぶて)島

2013_08220171 2013_08220175
礫島は浜名湖で唯一の島。無人島   船から見た瀬戸の橋

2013_08220183 2013_08220206
㊧:浜名湖ガーデンパークの展望塔が見えています
㊨:舘山寺の温泉街を正面に見て進みます。中央がホテル「九重」、その右に
遊園地パルパルの観覧車が見えています

2013_08220209 2013_08220210
㊧:東名高速浜名湖大橋 
㊨:山頂の建物:右はオルゴール博物館 左は国民宿舎

 浜名湖は面積全国第10位、周囲の長さ第3位の大きい湖です。法律上は都田川の広がった河口部の扱いです。諏訪湖は天竜川の最上流部の水たまりです。河川法では「水系」という考え方で一元的に管理しているということです。

 浜名湖は美しい景色や沿岸の豊かな産物など優れた資源が豊富にあるのですが、全国的には知名度がまだまだ低いのが残念です。

 猛暑の中でのハイキングでしたが、講師の先生(80代前半)の周到な準備と本番でのきめこまかい配慮で無事に終わりました。

« 一足早い秋の便り:浜松フラワーパーク | トップページ | 若冲から千住博まで:「アートにみる動物たち」展 »

スポーツ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浜名湖遊覧船:わくわくハイキング:

« 一足早い秋の便り:浜松フラワーパーク | トップページ | 若冲から千住博まで:「アートにみる動物たち」展 »