2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 磐田東:後半大量点でコールド発進 | トップページ | 東京の風景:小石川後楽園&六本木ヒルズからの展望 »

2013年7月16日 (火)

ヤマハ2-1JR北九州:都市対抗野球

 都市対抗野球本戦に10年連続37回目の出場を果たしたヤマハを東京ドームで応援しました。

2013_07160144
力が拮抗して厳しい戦いでしたが、辛うじて逃げ切りました。
得点はいずれも4番柳の打棒によるものでした。

1回の表はは3塁打で先制点、、追いつかれた直後の4回には右中間へのホームランで勝ち越し点。4番らしい働きでした。

2013_07160107_2
   柳のホームランでスタンドは歓喜の渦に

2013_07160055 2013_07160072
試合前に応援団リーダーがあいさつ  始球式 鈴木市長と家康君

2013_07160099 2013_07160125
  日本一の吹奏楽団          浜松まつりの練り

2013_07160152 2013_07160187
               東京ドーム

 ヤマハは3人の投手の継投でした。7回までは安打または四球で毎回走者を許して残塁10でしたがなんとかしのいできました。最終回は三者凡退で勝利を決めました。3人目の投手=トヨタ自動車から補強された岩崎が好投しました。

 今回の応援はヤマハOBのお誘いでバスで出かけました。朝5時発、後楽園着9時40分。ドームに入場したのは10時前でした。

 一塁側スタンドは2000人の大応援団で埋まりました。皆さんの熱のこもった応援に感心しました。

 野球応援のスタンドですが、スーツやクールビズのビジネススタイルの人が目につきました。社会人野球らしい風景でした。

« 磐田東:後半大量点でコールド発進 | トップページ | 東京の風景:小石川後楽園&六本木ヒルズからの展望 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤマハ2-1JR北九州:都市対抗野球:

« 磐田東:後半大量点でコールド発進 | トップページ | 東京の風景:小石川後楽園&六本木ヒルズからの展望 »