2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月31日 (水)

秋葉神社ウォーキング

 猛暑の中、ASN(アクティブ シニア ネット)の7月定例ウォーキングに参加しました。今回の目的地は秋葉神社です。猛暑の中を熟年が歩くので無理をせず上社の駐車場まで車で行き、本殿入口から随心門を経て秋葉寺に下り、折り返して本殿に参拝するという短いコースでした。標高800㍍を超える神社周辺は気温が下界よりも5℃低いことと、樹林の中を歩くので炎暑を避けることができるのもこのコースの利点です。13人で元気に歩きました。この日、天竜区の中心部では37℃でした。

2013_07310005 2013_07310015
船明ダム湖畔の道の駅に集合  秋葉神社参道入口の大鳥居

2013_07310017 2013_07310021
樹林の中の参道を登ります        立派な神門

2013_07310023 2013_07310025
    山門の扁額                亀と蛇

2013_07310027

2013_07310032 2013_07310034
      西の神門をくぐり、樹林の中を下ります

2013_07310036 2013_07310047
秋葉神社は火除けの神様です        秋葉寺

2013_07310063 2013_07310065_2
海抜800㍍地点を過ぎ、秋葉神社上社を目指して登ります

2013_07310071 2013_07310079_2
 
     秋葉灯籠             上社の金ぴかの大鳥居

2013_07310082 2013_07310087
  それぞれ本殿に参拝        浜松方面は霞んでいました

2013_07310092 Img_3607
参道で見かけたアサギマダラ       タマアジサイ

Img_3602
             参道のモミジ

2013年7月30日 (火)

「夏目漱石の美術世界」展

 漱石が明治・大正を通じて第一級の知識人であったことを物語る優れた企画展です。

 ターナーなどのイギリスの画家、浅井忠や津田青楓、青木繁など同時代の画家のほか狩野探幽や谷文晁などの画家の作品など重要文化財5点を含む幅広いジャンルの作品が出品されています。

 後日詳報します。

2013_07300003 2013_07300008

2013年7月29日 (月)

水鉄砲作り

 ASN(アクティブ シニア ネット)のメンバー10人が小学校の放課後児童会の子どもたちに水鉄砲作りを教えました。

 材料はメンバーがあらかじめ竹林で伐採して加工したシリンダーとプッシュロッドです。シリンダーの先端にはあらかじめ約3ミリの穴があけてあります。試作の結果、2ミリの穴の場合、圧が高くなって力の弱い子どもではピストンを押したり引いたりすることが難しいということで3ミリに。

 はじめに作り方の解説をした後、50人余の子どもたちを3班に分けさらに一つの班を4,5人ずつの4グループに分けて作りました。
一つのグループにメンバーが二人ついて指導しました。

 プッシュロッドにスポンジを貼り付けその上に布を巻き付けます。2013_07290052 2013_07290057

2013_07290034 2013_07290049
                   出来具合のテストをします

飛ばしっこ大会

 完成した後、小雨降る中、飛ばしっこをしました。1年生よりも2年生、2年生よりも3年生の作った鉄砲の方がよく飛びました。さすがです。

2013_07290064 2013_07290070
               拡大すると飛んでいる水がよく見えます

 なかなかよく飛ぶ水鉄砲ができて子どもたちは喜んでいました。
 作り方の説明の中では、発射角度を30~45度にすることや、シリンダーの中をできるだけ真空に近い状態にすることなど難しい話もありました。作るだけでなく科学の知識も身につける「考える工作」です。

 これまでに、ミニ門松作り、マッチのこま作りなどをしました。次は凧作りの案が出ています。

※ASN=”シニアの生きがいづくり”を目指して活動する定年退職者を中心とした”元気なシニア”のグループです。
ホームページ http://www.activesenior.net/

2013年7月28日 (日)

四ツ池公園に涼を求めて

 四ツ池公園の一部はわが町内にあり、池まではわが家から徒歩数分です。散策する人と釣り人の姿が一日中絶えません。暑い日の木陰は快適です。

2013_07280025
       奥に浮見堂がある二番池

2013_07280026 2013_07280020
四番池の多くの釣り人(右手)    池に流れ込む小川

2013_07280021 2013_07280017
                     モミジの青葉のスロープ

2013_07280019
浮見堂は床が腐食して立入禁止。ここで釣りをする子どもたちやカワセミを見る人たちも入れません。工事の予定はたっていないらしく、当分だめでしょう。

キョウチクトウ 市営グランドでは夏の花 キョウチクトウが咲いています

2013_07280014_2

2013_07280015 2013_07280016
正門(右手)を入ったところ

2013年7月27日 (土)

猛暑の中で咲く花:浜松ガーデンパーク

  連日続く猛暑…しかも少雨が続く中で美しい花が懸命に咲いています。その花たちです。

ユリの仲間たち

2013_07260067

2013_07260006 2013_07260038

2013_07260046 2013_07260064

夏から秋の花

2013_07260011
              オミナエシ

2013_07260010 2013_07260041
      ヒオウギ                ホトトギス

2013_07260018 2013_07260031
    ツリガネニンジン            ヒルガオ

2013_07260016 Dscf2434
     キバナコスモス           サルスベリ

2013_07260060 2013_07260026
    ヘメロカリス                           モミジアオイ

池と運河で

2013_07260028 2013_07260053

2013_07260036 2013_07260020
   池ではスイレン、運河ではハスが咲いています

2013年7月26日 (金)

ガーデンパークのヒマワリ畑

 浜名湖ガーデンパークのヒマワリ畑ではデルソーレという品種が4万本植えられています。一部でまだ咲いていないエリアもありますが、ほぼ見頃になっています。

 ひまわり畑には迷路が作られていて楽しく散策することができます。

2013_07260089

2013_07260084 Dscf2461
      ひまわりは全部同じ方向を向いています

2013_07260106 2013_07260082
㊧:地上50㍍の展望塔から見たひまわり畑 迷路が見えています
㊨:ガーデンパークのキャラクラー「のたね」の形ははっきりしません

Dscf2470
すべて展望塔の方を向いて咲いています

2013_07260138 2013_07260092_2
㊧:午前11時 32℃
㊨:猛暑の中、水遊び広場は約300組の親子で大混雑でした

2013年7月25日 (木)

「浮世絵を彩る美人たち」;平野美術館

 出品作品63点がすべて美人画です。

①は「季節のなかの女性」。日本の四季の花鳥風月の中での美人を描いています。梅、雪、紅葉、菊など。

②は「女性と猫。眠る猫、じゃれる猫、抱かれる猫…猫好きの私にとっては見逃せない11点。

③は「遊里の女性」。吉原などの遊里で人気のあった美人が描かれています。

④は「おもちゃ絵-きせかえ人形-」。明治時代の作で、着せ替え人形の型紙です。

⑤は「景色を彩る女性」。東海道五十三次のうち静岡県内を描いた作品をバックにした美人が描かれています。

作者は歌川国重(三代目豊国)が20点、渓斎英泉5点、歌川広重3点のほか、喜多川歌麿。歌川国芳など。

大半は個人蔵と寄託作品、そして市内の実業家本多氏からの寄贈品です。

 小規模な展覧会ですが、美人を描いた作品だけを集めた楽しい企画展です。

平野美術館で8月4日まで。

主な作品はHPでご覧ください。
http://www.hirano-museum.jp/ukiyoebijin.html

2013年7月24日 (水)

磐田東1-5富士市立 8強ならず

 県大会4回戦はシード校との対戦でした。富士市立は昨日の3回戦で9回裏サヨナラ満塁ホームランで劇的な勝利をした余韻を残して今日の対戦を迎えています。

 1回表二死無走者から2点を失いました。ミスを伴うこの失点が重くのしかかり相手ペースのゲームになりました。

 その裏、一死満塁と攻め立てました。5番が三振した時ボールがそれて三走が生還して1点返しましたがその後が続かず1点どまりでした。

2013_07240007 2013_07240011
 1回裏一死満塁           三振のボールがそれて…

2013_07240012
   三走が生還

 その後、4,5、6回と1点ずつ失点して5-1に。富士市立は安打のほか四死球や盗塁やバントなどをからませ、さらに磐田東のミスもあってチャンスを確実にものにしました。小刻みに加点されてダメージが徐々に広がってきた感じです。

 磐田東もチャンスはかなりありました。後半にもかなり出塁したのですが、二度の併殺や走塁ミスなどがありあと1本が出ませんでした。

2013_07240065


 隙を見せず確実に得点した富士市立とミスがいくつかあった磐田東の差…それが実力の差かもしれません。

 この試合に勝てば8強に進出し、26日の準々決勝で静岡と対戦するはずでした。静岡には一昨年の決勝で敗れているので、今年こそリベンジして甲子園を目指す絶好のチャンスだったのですが、残念です。

 磐田から初めての甲子園出場は来年までお預けになりました。

2013_07240062 2013_07240064
  最後の走者…アウト

2013_07240034 2013_07240028
   小雨降るスタンドで         楽器が濡れないように

2013年7月23日 (火)

磐田東5-2浜名 4回戦に進出

 夏の県大会3回戦は浜名との対戦。磐田東の山内監督は前任が浜名という因縁の対決になりました。

2013_07230077
 結果は5-2でスコアボードを見ると楽勝のように見えます。前半は打線の活躍で大きくリードして楽な試合展開でした。先発の斉藤も好投して得点を許しませんでした。

 ところが…5回以降は相手投手が立ち直り三者凡退が続きました。一方、6回裏から好投していた斉藤に替えて彦坂をマウンドにあげましたが、ピンチの連続で6回に続き7回にも1点を失ったところで、3人目の川窪にスイッチ。9回裏にも二死1,2塁のピンチを招きましたが最後の打者をセンターフライに打ち取りようやくゲームセット。後半は浜名のペースで展開したゲームでした。

 ベスト8進出をかけた4回戦は明日24日、サヨナラ満塁ホームランで劇的な逆転勝利をしたシード校富士市立との対戦です(10時・清水庵原球場)。

2013_07230020 2013_07230026
㊧:1回表 一死満塁 5番のレフトへのヒットで先制点
㊨:6番の適時打で2点目

2013_07230043 2013_07230044 2013_07230045
4回表 打者は8番、投手の斉藤。レフト前に落として3点目

2013_07230048 2013_07230050 2013_07230049
4回表 9番がライトオーバーの三塁打。4点目。

2013_07230053 2013_07230054_2
続いて1番がセンター前ヒットで5点目

磐田東の投手陣
2013_07230032_2 2013_07230062 2013_07230068
    先発          中継ぎ          抑え

2013_07230072 2013_07230073
9回裏2死走者2,3塁。センターフライでゲームセット

2013_07230079 2013_07230081
㊧;校歌の流れる中で磐田東の校旗が揚がりました。バックは大井川を挟んで対岸になる牧ノ原台地
㊨:試合後グランドで選手と対話する山内監督

2013年7月22日 (月)

炎暑の浜松フラワーパーク

 7月1日から入場無料になっているフラワーパークへ今月2回目の「定点観測」です。真夏の午後、人影はほとんどありませんでした。入場料を無料にして来場者を増やし、売店やレストランなどで利益をということですが、それらの施設も閑散としていました。(18日)

2013_07180015
月下美人。本来は夜咲く花ですが、電照を操作して昼間咲くようにしてあります。大温室に入ったところで。

2013_07180019 2013_07180029
インパチェンス ニアムニアメンシス   八重のハイビスカス

2013_07180038 2013_07180011
  ヤエサンシュウカ     これは何?斑入りナンキンハゼの実です

ヒマワリがかなり咲いてきました

2013_07180058

2013_07180045 2013_07180056
       品種は ハイブリッドサンフラワーです

2013_07180007 2013_07180005
エントランスから見た風景      大駐車場には3台だけ

2013年7月21日 (日)

スズキ教育文化財団 奨学生認定証授与式&懇談会

 スズキ教育文化財団はスズキ株式会社創立80周年を記念して2000年に設立されました。県内の高校生、県内の高校を卒業して大学に進んだ学生のうち、家計の状況が厳しい中で頑張っている生徒・学生に奨学金を給付することなどの事業を行っています。奨学金の給付は高校生月額20,000円、大学生50,000円です。

 本年度は高校生22人、大学生3人を新たに奨学生として選考し、今日(21日)、スズキゲストハウスで認定証授与式と懇談会を行いました。

 財団理事長である鈴木修・スズキ(株)会長兼社長は授与式で一人一人に認定証を授与された後、引き続き懇談会に出席され、奨学生たちのスピーチをメモしながら約2時間にわたって熱心に耳を傾けていらっしゃいました。

 懇談会には既奨学生31人(高校生25・大学生6),卒業生3人のほか、財団役員10人、高校の引率教諭17人など約90人が出席しました。

 食事の後、まず新奨学生が全員スピーチしました。高校生活の様子、将来の夢・進路、今頑張っていることなどを要領よくみごとにまとめてスピーチする高校生に感心しました。

 大学生は専門の学科の勉強のこと、大学卒業後の進路のことなどを明確に述べ、後輩への適切なアドバイスになったと思います。
名古屋大学、静岡大学、静岡県立大学(薬)、富山大学(薬)、慶応大学、中央大学などレベルの高い大学へ進学しているのも立派です。
今春大卒の女性は大阪大学です。

 先輩高校生もスピーチしましたが、中でも県東部の高校3年生は原稿なしで、内容のある実に要領のいいスピーチを行って満場をうならせました。総じてコミュニケーション技術に優れているハイレベルの学生・生徒たちであることがわかり、財団の役員や引率の先生方も皆さん感嘆していました。

 奨学生の選考に当たっては、家計の状況だけでなく、学業成績、部活動などの記録、本人の志望動機や作文などを資料として優秀な学生・生徒を選考しています。

 奨学生の皆さんはいずれも成績優秀で将来性豊かです。財団としては彼らをサポートし、将来大きく羽ばたいてくれることを期待しています。

 今年も感動した認定証授与式&懇談会でした。

2013年7月20日 (土)

隣町の納涼祭の花火

 多くの学校は今日から夏休みです。上島町の4自治会の納涼祭の中で毎年一番早いのは隣の北自治会です。昨年から花火大会を始めて今年で2回目。前宣伝の効果もあって人出も多く、目勘定で約3000人でしょうか。会場の馬込川親水公園はかなりの広さがあり、
余裕があります。食品販売のブースは長蛇の列ができ、次々と完売になっていました。

 花火は8時半から始まりました。花火の撮影はなかなかうまくいきません。

2013_07200124

2013_07200113 2013_07200123

2013_07200124_2 2013_07200125

2013_07200063 2013_07200096

2013_07200012

      花火が上がる前の19時の状況です

2013年7月19日 (金)

「LOVE展」:森美術館

 16日、ヤマハの初戦を見た後小石川後楽園を散策してから六本木へ。六本木ヒルズ森タワー53階にある森美術館で開かれている「LOVE展」を観ました。この日は3連休の後で東京の美術館のほとんどが休館日…オープンしているのは森美術館などごくわずかでした。

 「LOVE展」は文字通り「愛」をテーマに掲げ、約200点の作品から愛のかたちを探るという企画です。愛…恋愛だけでなく、家族愛、人間愛などさまざまな愛のかたちを多様なジャンルの作品で紹介しています。

 出展作家は19世紀のコンスタブル、ミレイやロダン、20世紀のシャガール、ミロ、キリコから現代のオノ・ヨーコ、草間彌生、荒木経惟、杉本博司、初音ミクに至るまで多彩です。作品も油彩画、写真などのほか動画やインスタレーションなど多様です。

 愛の形も様々で必ずしも美しい愛、祝福される愛とは限りません。切り裂かれた愛、憎しみに転じた愛、復讐など愛の反面も登場します。

Love1 Love2
㊧:このハートはジェフ・クーンズ《聖なるハート》
㊨:上段の4作品=1章 愛ってなに?  下段の3作品=2章 恋するふたり

Love3
上段=3章 愛を失うとき
中段=4章 家族と愛
下段=5章 広がる愛

一部の作品は撮影可でした。

2013_07160189 2013_07160193
草間彌生《愛が呼んでいる》

 入館者の90%以上は女性で、しかも大半がヤングレディでした。
女性は「愛」に強いのか、弱いのか……。

2013年7月18日 (木)

磯田道史先生の前期授業終わる

 「歴史学」の授業が終わりました。4月10日に始まり、7月17日まで14時間(1時間は90分)、休講はありませんでした。次週24日は試験ですが社会人聴講生は受けません。

 今回の「歴史学」は学生153人、社会人聴講生50人、計203人が受講しました。社会人聴講生を一つの授業で50人も受け入れたのは初めてのことで、今回は大きな混乱もなく最後まで平穏に授業が進みましたが、今後はこのような大人数の受入はできないだろうと磯田先生は語っていました。

 今回の授業は大きく分けて四つの分野から成っていました。

Ⅰ 歴史に学ぶ地震と津波
  先生の現在の最も重要な研究テーマは「歴史に学ぶ地震と津波」で,古文書による防災研究のこれまでの成果に基づく静岡県及び浜松市への提言について、地図や古文書のコピーを資料として配付され、わかりやすく具体的に説明されました。

Ⅱ 「武士の家計簿」の原典資料と映画について
 先生のデビュー作「武士の家計簿」執筆の資料である金沢藩士猪山家入拂帳の中から、家族の医薬品の支出を示す古文書のコピーを配布して、基礎史料にもとづく歴史研究の一端を披露されました。また、映画「武士の家計簿」を映写して制作現場の様子や俳優のことなど興味深いお話を伺うことができました。

Ⅲ 忍者と武士社会
  甲賀、伊賀の忍者が武士社会で果たした役割と忍術の一端を、「忍秘伝」など各種の古文書のコピーを配布して口語訳しながら説明していただきました。さらに「萬川集海」の史料により、「九の一」について興味深い説明をしていただきました。

Ⅳ 原典史料から見た事件史
  明智光秀側の史料から解明した本能寺の変、井上主膳覚書の史料から見た関ヶ原の戦いなど、史料にもとづく具体的で詳細な解明がなされて、事件の状況が目に見えるように明らかにされました。

 また、近世日本の社会構造や、信長・秀吉・家康の3人が揃って濃尾平野から出た要因の説明、浜松が秀吉・家康の居住した地であり、大きな意味をもつことなどの説明がありました。 

 ふだんなかなか目にすることのない古文書を毎時間駆使して、史料から歴史を読み解くという歴史学の基本を、巧みな話術とサービス精神旺盛な楽しい授業で学ぶことができて満足しました。

 7月25日(木)午後8時からNHK BSプレミアム「英雄たちの選択」で、司会者として登場、「日本海海戦」について興味深い事実を明らかにしてくださるものと期待しています。

2013年7月17日 (水)

東京の風景:小石川後楽園&六本木ヒルズからの展望




 16日、東京ドームでヤマハの応援をした後、バスで帰る皆さんと別れて一人で残りました。

 まず、ドームの近くにあり、後楽園という地名のもとになった小石川後楽園を久しぶりに訪ねました。現在園内各所で修復工事が行われていて美しい風景はお預けです。この季節は花も少なくさみしい眺めでした。

 小石川後楽園は寛永6年(1629年)に水戸徳川家の祖である頼房が作り、二代藩主光圀の代に完成しました。中国の様式を取り入れた回遊式築山泉水庭です。国の特別史跡・特別名勝にダブル指定されている数少ない文化財です。

2013_07160167
     大江戸・東京に残る深山幽谷の趣

2013_07160162 2013_07160175
㊧:園内からの眺め。白い屋根は東京ドーム、右のビルはドームホテル
㊨:池の向こうにもビルの群れ

2013_07160168 2013_07160176_2
              静寂な大泉水

2013_07160180 2013_07160183
      円月橋                休憩所

2013_07160155
           正門(閉鎖中)

 
2013_07160185 2013_07160179_2
        ハス                 オニユリ

 小石川後楽園から六本木に移動。六本木ヒルズ 森ビル53階へ。
森美術館で「LOVE展」を観た後展望フロアから東京を一望しました。

2013_07160204 2013_07160205
     スカイツリー             東京タワー

2013_07160223 2013_07160225
     国立新美術館       54階建ての森ビルを見上げる

 森美術館の「LOVE展」については後日アップします。

2013年7月16日 (火)

ヤマハ2-1JR北九州:都市対抗野球

 都市対抗野球本戦に10年連続37回目の出場を果たしたヤマハを東京ドームで応援しました。

2013_07160144
力が拮抗して厳しい戦いでしたが、辛うじて逃げ切りました。
得点はいずれも4番柳の打棒によるものでした。

1回の表はは3塁打で先制点、、追いつかれた直後の4回には右中間へのホームランで勝ち越し点。4番らしい働きでした。

2013_07160107_2
   柳のホームランでスタンドは歓喜の渦に

2013_07160055 2013_07160072
試合前に応援団リーダーがあいさつ  始球式 鈴木市長と家康君

2013_07160099 2013_07160125
  日本一の吹奏楽団          浜松まつりの練り

2013_07160152 2013_07160187
               東京ドーム

 ヤマハは3人の投手の継投でした。7回までは安打または四球で毎回走者を許して残塁10でしたがなんとかしのいできました。最終回は三者凡退で勝利を決めました。3人目の投手=トヨタ自動車から補強された岩崎が好投しました。

 今回の応援はヤマハOBのお誘いでバスで出かけました。朝5時発、後楽園着9時40分。ドームに入場したのは10時前でした。

 一塁側スタンドは2000人の大応援団で埋まりました。皆さんの熱のこもった応援に感心しました。

 野球応援のスタンドですが、スーツやクールビズのビジネススタイルの人が目につきました。社会人野球らしい風景でした。

2013年7月15日 (月)

磐田東:後半大量点でコールド発進

 夏の高校野球県大会1回戦…磐田東の初戦の相手は同じ市内の磐田南という驚きの組み合わせ。磐田東の北に隣接している城山球場で。

 

 2013_07150119
 終わってみれば12-3(7回コールド)でしたが、序盤は厳しい戦いでした。

 1回表、先頭打者の三塁打をきっかけに早くも1失点。攻めては1,2回と打線が振るわず重い雰囲気の中で迎えた3回裏、9番の一振りは意外に伸びてレフトスタンドに飛び込む同点本塁打になりました。

2013_07150021 2013_07150020
㊧:ガッツポーズをしながら二塁から三塁へ回る
㊨:ホームランボールは画面左下隅にわずかに見えます。

 ゲームが動いたのは4回です。この回の表にフルベースのピンチがありましたが、それをなんとかしのいでその裏…打線が爆発して3点。5回と6回にも4点ずつで計12点。次々と交代する相手の投手を撃破しました。

2013_07150032 2013_07150041 2013_07150042

2013_07150059 2013_07150067 2013_07150070

2013_07150093 2013_07150094 2013_07150097

2013_07150106 次々とホームベースを駆け抜けました。

外野への長打のいろいろ

2013_07150058 2013_07150069 2013_07150096
    ライトへ       レフトへ        センターへ

投手陣
 磐田東は4人の投手のリレーでしたが、いずれも不安定で今後が心配です。

2013_07150011_2 2013_07150076
①5回まで。球威はそこそこあるものの制球ままならず狙い撃ちされる
②6回に登板。ほとんどストライクが入らず一死で自責点2という不出来。

2013_07150078 2013_07150110
③ ②の不出来で急遽登板   ④背番号1。失点こそなかったが今いち

この投手陣では2回戦以後なかなか厳しいと思われます。

応援席で

2013_07150049 2013_07150132_2
㊧:一塁側内野席で全校応援の磐田東。外野席の後ろは磐田東の7階建て校舎
㊨:手前の2列は台湾の姉妹校の生徒たち。磐田東で日本語研修中です。

2013_07150113_2 2013_07150118
  ゲームセットの瞬間

2013_07150125
校歌が流れる中でスコアボードの上に校旗があがりました

2回戦は21日に清水庵原球場で富士宮北との対戦です。

2013年7月14日 (日)

SUAC吹奏楽サマーコンサート

 夏の高校野球県大会が昨日開幕し、今日は浜松球場でも3試合が行われました。第二試合の途中で炎暑の球場を出て文化芸大へ。

 SUAC静岡文化芸術大学吹奏楽サークルの第2回サマーコンサートを聴きました。会場である講堂の座席はは90%以上埋まっていました。1週間遅れの七夕ということでアンサンブルのメンバーは全員浴衣姿で演奏…男性4女性24のメンバーを音楽監督の原田大雪先生が指揮しました。浴衣の着付けと司会は着物倶楽部の学生たちが担当。

 第1部は花火ステージ。打楽器五重奏による《Fireworks》 はなかなか楽しめました。そのほかaikoの《花火》やミスチルの《花火》など3曲。

 休憩が終わってお楽しみ抽選会。TDLのペアチケットや花火セットなどが当たる抽選会がありましたが、私は惜しくもはずれ。

 第2部はポップステージ”夏”。

 《パイレーツ・オブ・カリビアン》に始まり、《夏うたコレクション》《ルージュの伝言》《さよならの夏》《ウィーアー》など映画やアニメに登場する夏の曲が次々と華やかに演奏されました。最後は《ジャニーズヒットパレード》。全体として学生たちと同じ世代の若者向きの音楽でした。ゴスペルサークル「ごす」の14人のメンバーが吹奏楽アンサンブルの演奏をバックに歌う演出もありました。

 講堂の外の猛暑を忘れさせてくれるさわやかで楽しいコンサートでした。

2013年7月13日 (土)

ブドウ「アーリースチューベン」&ブルーベリーの収穫

 昨日は今週4回目の飲み会で帰りが遅くなったので久しぶりにブログの更新はお休みしました。

 浜松フルーツパークの収穫体験で人気のブドウ「アーリースチューベン」の収穫が今日始まりました。「アーリースチューベン」はアメリカ生まれで、中粒・黒色・甘みの強い早生種です。スーパ-などでなかなか見かけない品種です。種なしでおいしいブドウです。このブドウの収穫体験ができる日はフルーツパークのHPで確認してください。http://www.tokinosumika.com/hamamatsufp/

2013_07130021 2013_07130022

2013_07130034 2013_07130035
6房収穫しました。1.8㎏で2,000円でした。(販売価格は130円/100㌘)。

ブルーベリー

ブルーベリーの収穫も昨日始まったばかりです。

2013_07130025 2013_07130027
黒くて大きい粒を選んで収穫します

2013_07130039
260㌘で800円でした。(販売価格は320円/100㌘)

 ブルーベリーは目にいいと言われていて人気があります。わが家では毎朝ヨーグルトをかけていただいています。明日からしばらくこのブルーベリーが食卓に出てきます。

2013_07130030 2013_07130033
     クチナシ              ノウゼンカツラ

2013年7月11日 (木)

野菜の収穫体験

 ご近所のMさんの農園で「収穫体験」をしました。すいか・とうもろこし・なす・きゅうり・トマト・かぼちゃなどです。Mさんご夫妻が丹精込めて栽培された作物ですが、1週間前から病気が広がったりしてすいか・トマトなどは葉が枯れてしまいました。収穫間近だったすいかの多くは成長が止まって熟さないままに。残念なことになりました。

 無農薬で栽培されているのですが、病気や虫、さらにハクビシンによる食害があってなかなか厳しいということです。

 Mさん、Sさんとわが家の3家族でトウモロコシは100本近く、その他の野菜もたくさん収穫していただいて帰りました。

2013_07110001 2013_07110006
      すいか               なす・きゅうり

2013_07110007 2013_07110008
        なす                 トマト

2013_07110003 2013_07110015
       すいか              巨大なかぼちゃ

2013_07110018 2013_07110016
ハクビシンがかじったとうもろこし    ハクビシンの足跡

2013_07110019
冷たい井戸水ですいかを冷やしています

帰りに「花咲之荘」に寄りました

2013_07110026 2013_07110027
    庄屋のお屋敷              お蔵

2013_07110031 2013_07110040
    ハンゲショウ      センダンの木で咲くノウゼンカズラ

2013_07110041
天ざるそばは美味でした

2013年7月10日 (水)

わが家の庭の花 猛暑の中で

 梅雨明けから5日…連日36℃前後の猛暑が続く中で咲いている花があります。

サクララン(ガガイモ科)

2013_07090004

2013_07100014 2013_07090001
蝋細工かビロードのような花びらです。中国原産

2013_07100001 2013_07100002
                           ムクゲ

猛暑の3時に咲く「3時花」

2013_07100006 2013_07100021
  午前10時50分             午後3時40分
2013_07100023

2013_07100003 2013_07100005
  ヒメヒオウギズイセン           ネジバナ

2013_07100008 2013_07100009
    コムラサキ              ブラックベリー

2013_07100010
ゴーヤの葉は暑さにぐったり

2013年7月 9日 (火)

わが家のレーチェ 袋で遊ぶ

 今年の「父の日」のプレゼントは旅行バッグでした。そのプレゼントが遅れて届いた日…バッグが入っていた袋に飛び込んで喜ぶレーチェです。二ヶ月のごぶさたでした。

2013_07040011

2013_07040008 2013_07040007

2013_07040006 2013_07040003

プレゼントの旅行バッグです

2013_07010019

2013年7月 8日 (月)

梅雨明けの浜松フラワーパーク

 梅雨明けが発表された浜松は朝から猛暑の一日。9時にはすでに31.2℃、11時34.3℃、午後1時には36.7度を記録しました。

 フラワーパークを1時間ほど散策した時間はおそらく35℃前後で汗が噴き出ました。280mlのお茶を1本飲んでしまいました。

 7月1日から9月30日まで入園料無料のフラワーパークです。

2013_07080008
夏の花ヒマワリは咲き始めです。見頃は下旬からでしょうか

2013_07080010 2013_07080009
                       コスモスも少し咲いています

オオガハス

2013_07080019

2013_07080039 2013_07080012

 オオガハスは1951年に千葉県の縄文遺跡で大賀博士が発見した3粒の種子のうち1粒が発芽し、その後各地で分根されたものです。2000年前のハスの花を見ていることになります。

名残のアジサイ
2013_07080043 2013_07080045

2013_07080046 2013_07080047
     ハマユウ               アガパンサス

2013_07080002 2013_07080038
㊧;猛暑でツワブキはぐったり
㊨;ネジバナはしっかり

2013_07080028
                緑陰

2013_07080003 2013_07080001
 梅雨明けの夏空         入園料無料でも駐車場は十数台

 入園料無料期間にどれだけの集客が見込めるか、無料で入園した人たちにどこでどのようにお金を使ってもらうのか、10月以降にリピーターとして来園してくれるか…大きな課題を持った試みです。


















2013年7月 7日 (日)

梅雨明け間近の浜名湖ガーデンパーク

 連日厚い雲が垂れ込めて雨模様が続いていましたが、なんとか雨の心配がなくなった5日(金)の午後、ガーデンパークを訪ねました。

 この季節のガーデンパークは特に目玉になる花壇もありません。雨の心配もあって人影がほとんどない静かな園内でした。

2013_07050093
       スイレンが咲き始めた水の庭

2013_07050071 2013_07050075

2013_07050035 2013_07050068
ハーブのベルガモット、アガパンサス、キキョウ、ユリなどが咲き乱れています

2013_07050025 2013_07050124
 運河をバックに咲くバラ

2013_07050014 2013_07050015_2
               ムクゲが見頃です

秋の七草

2013_07050009 2013_07050114
      オミナエシ              (ワレモコウ)

2013_07050096 2013_07050084
      フジバカマ                キキョウ

2013_07050028 2013_07050018
   運河で咲くハス               ユリ

2013_07050006
           梅雨時のモミジの朱と緑

2013_07050054 2013_07050143
    花に寄るハチ            緑のカーテン生育中

梅雨明けを待っているガーデンパークでした。

2013年7月 6日 (土)

エミール・クラウスとベルギーの印象派展

 東京駅の中に昨年リニューアルオープンした東京ステーション・ギャラリーで開催中の展覧会を観ました。

 ’エミール・クラウス’はあまりなじみのない名前ですが、19世紀終わりから20世紀はじめにベルギーで活躍した印象派の画家です。

初期は写実主義の作品を描いていましたがやがて印象派の影響を受けて、独自のスタイルで光を表現するルミニスム(光輝主義)と呼ばれる作風の作品を制作しました。

 今回の展覧会ではクラウスの作品約30点のほか、同時代のモネ、ピサロなどの印象派、点描のシニャックや同時代のベルギーの画家たちの作品、さらに直接クラウスに師事して影響を受けた日本人画家の作品など約70点が出品されています。

 エミール・クラウスの日本での初めての展覧会です。フランス印象派とのかかわりや日本への影響などいろいろのことを教えてくれました。

Emileclaus2013himeji_2
エミール・クラウス〈野の少女たち〉

 クラウスは逆光の中の人物を多く描いています。明るい田園の中で少女たちが後ろからの光を受けて頭部は後光がさしている感じです。

Photo Photo_2
㊧:エミール・クラウス〈タチアオイ〉 静物も描いています。この花も
逆光です。
㊨:エミール・クラウス〈牛〉 背中の光の表現に注目です

Photo_3 Photo_4
㊧:クロード・モネ〈霧の中の太陽(ウォータールー橋)〉 まさにモネです。
㊨:児島虎治郎〈和服を着たベルギーの少女〉 クラウスの指導を受けた児島
の作品。児島は大原美術館の作品収集に尽力しました。

Photo_5 Photo_6

2013年7月 5日 (金)

川合玉堂展:山種美術館

 7月2日、両国から恵比寿へ移動して山種美術館(広尾)へ。生誕140周年を迎えた「川合玉堂展」です。この美術館の創立者の山崎種二は玉堂との親交が深く、70点の作品を所有しています。今回の特別展では前・後期を通じてその全作品が出品されます。前期はそのうち約60点が出品されていました。

 玉堂は日本の原風景を類い希なる描写力で、自然と人々に対する
深い愛情を込めて描いています。15歳の時の写生帳は若くして卓越した技術を持つことを如実に示していて驚嘆します。6月30日に放送されたNHKの「日曜美術館」で松井冬子が玉堂のスケッチを見て思わず「ウマッ…」と言って絶句していましたが、まさに驚きの技術です。

 玉堂の描く風景のうち、特に雨や霧の描写はまさに玉堂らしい微妙な色合いと筆遣いで絶妙です。

 明治・大正・昭和を通じて大観と並ぶ日本画家として活躍した玉堂の70年近い画業の全体を見ることができる展覧会でした。

Photo Photo_2
Photo_5 Photo_6



㊧上:〈渓雨紅樹〉1946年     ㊨上:〈荒海〉唯一の戦争絵画とか1944年
㊧下:〈山雨一過〉1943年     ㊨下:〈早乙女〉1945年

2013年7月 4日 (木)

江戸東京博物館常設展

 「ファインバーグ・コレクション展」が開かれている江戸東京博物館は国技館の隣にある大きな施設です。高さ62㍍は江戸城の高さに合わせたのだそうです。

 5階と6階に吹き抜け9600平米が常設展示場になっており、江戸400年と明治以降の東京の歴史を物語る立体模型や各種の資料で興味深い展示が行われています。ゆっくり観ればここだけで2時間はかかるでしょう。

 6階に入ると実物大の日本橋がかかっており、それを渡ると江戸の町並みが見えてきます。寛永の町人地がきわめて精密な模型で展示されています。

2013_07020006 2013_07020012
    実物大の日本橋         精巧な町並みの模型

2013_07020013 2013_07020015
人目のつかない所でなにやら話している二人

2013_07020021 2013_07020026
 三井越後屋江戸本店       銀座の朝野新聞社=現在の和光

2013_07020007 2013_07020023
             芝居小屋中村座

2013_07020001 2013_07020033
㊧:総武線両国駅の優勝力士の額と力士の手形。さすが両国です
㊨:博物館から見た国技館

2013_07020031 2013_07020037
㊧:スカイツリーが近くに見えています。左の建物は日大一中・高
㊨:国技館横にあるのは「横綱」駐輪場」

 この博物館は防災教育・平和学習・環境教育・伝統文化を学ぶ場としてよくできています。

 NHK総合テレビ水曜日午後10時55分から放送の「探検バクモン」で6月19日と6月26日の2週連続で爆笑問題の二人がこの博物館を「探検」する様子が放送されました。

2013年7月 3日 (水)

大学での桂文治落語会

 静岡文化芸術大学の学生が企画して開催する落語会は今年で5回目。毎年高座に上がっている桂平治が昨年9月に第十一代桂文治を襲名して初めて登場しました。

 開場後間もなく大学の和太鼓同好会による太鼓演奏と、インドネシアの青銅製打楽器ガムランを演奏するアンサンブルによるバリ島の音楽演奏がありました。

 続いて磯田道史准教授によるプレトーク。「落語の先駆者を語る」という演題で20分間、落語家顔負けの巧みな話術で露の五郎兵衛、米沢彦八、鹿野武左衛門を古文書資料を配付して紹介されました。

  次いで文治師匠が武蔵名物の出囃子で登場。30分間にわたって
抱腹絶倒のマクラを展開しました。

 米丸師匠や先代文治、小さんなどの名人のエピソードなどを紹介しながらのみごとな技でした。

 さて本番の演目はまず「禁酒番屋」でした。徳利に入れたお酒を水カステラ、油とごまかして番屋を突破しようとしますが見破られて飲まれてしまいます。

 最後に仕返しのために用意したのはおしっこです。酔っ払ったお役人がこれを飲んでしょんべんではないかと怒るのですが、酒屋の丁稚ははじめからしょんべんだと言ったと主張します。お役人が「正直者!」と言ってオチになります。酒を飲みたい番屋のお役人と酒屋の丁稚のやりとりが絶妙に展開されます。

 休憩の後は「青菜」でした。隠居とその奥方との軽妙なやりとりに感心した植木屋が自宅でそれを真似して失敗する滑稽な話です。
お酒を飲む仕草、焼いた鰯を食べる技、さすがにみごとで感心しました。

 前売り券は完売で満場の客は文治師匠の落語に堪能しました。

 実行委員会の学生たちは企画から、チケット販売、受付などのすべてを担当して勉強になったことと思います。

 楽しい落語会でした。

 Photo


2013年7月 2日 (火)

ファインバーグ・コレクション展 江戸絵画の奇跡

  気がついてみればもう半年が過ぎたのに今年はまだ一度も東京へ出かけていませんでした。

 朝から1日予定が無かった今日、東京で美術展を観ることにしました。

 9時10分に東京着→江戸東京博物館(両国)→山種美術館(広尾)
→東京ステーション・ギャラリーと移動して4つの展覧会を’はしご’しました。以下、順次レポートします。

Ⅰ ファインバーグ・コレクション展 江戸絵画の奇跡

 アメリカの化学者で実業家であるファインバーグ夫妻のコレクションが初めてまとまって里帰りし公開されました。展示されている江戸から昭和にかけての約70点は1970年頃から40年にわたって収集されたものです。日本から流出したのは残念ですが、いずれも質の高いコレクションです。

 基本的に官画は少なく大半が文人画や琳派の作品です。特に池大雅や谷文晁、与謝蕪村などの作品が7点ありました。

 会場入口には俵屋宗達の〈虎図〉がありました。柔らかい毛並みが細かく描きこまれた優しい感じの虎です。

 酒井抱一の〈十二ヶ月花鳥図〉は同じような作品が5セットあるとのことですが、このコレクションの作品は優れた1点とのことです。各月の花とともに鳥や昆虫が美しく描かれています。

 このコレクションでもっとも知られているのが鈴木其一の〈群鶴図〉
です。それぞれ自由な姿勢の7羽の鶴と水の流れがみごとな構成で描かれています。

Photo_4
          鈴木其一〈群鶴図〉

円山応挙〈孔雀牡丹図〉

ふっくらとした感じの孔雀と牡丹がみごとな写生で描かれています。

Photo_5

伊藤若冲

 コレクションには若冲もあります。〈菊図〉三幅と〈梅図〉一幅が出品されています。〈菊図〉の内の一幅はこのコレクション以外の個人
蔵です。

Photo_6
   伊藤若冲〈梅図〉

曾我蕭白

 若冲と並ぶ奇想の画家蕭白ですが、出品されているのは〈宇治川合戦図屏風〉で、一見して蕭白とはわからないみごとな歴史画です。

Photo_9

    曾我蕭白〈宇治川合戦図屏風〉

 浮世絵の秀作もかなりの数出品されています。現在東北を巡回中のプライス・コレクションと並んで日本近代の絵画を一望することのできる充実した特別展でした。

 

会場は両国の江戸東京博物館。会期は7月15日までです。

2013_07020003 2013_07020004
                  左は国技館 右が博物館

2013年7月 1日 (月)

今年初めてのビアガーデン

 梅雨の晴れ間のさわやかな日、今年初めてビアガーデンで歓談しました。場所は遠鉄百貨店屋上です。

 スポーツクラブのプールで夕方5時頃から泳いだり歩いたりしている仲間5人のメンバーです。

 今年からビアガーデンのシステムが変わりました。受付で3500円支払って入場するとビアジョッキ1個を渡されます。その後は時間無制限で食べ放題、飲み放題。利用しやすくなりました。月曜日の夜でしたがほぼ満席になっていました。

 日が沈むと風は肌にひんやりと…。いろいろ飲み、いろいろ食べて満足した「ビアガーデン会議」でした。

2013_07010020 2013_07010021
        受付           アクトタワーを望む

2013_07010022 2013_07010023
   遠鉄百貨店新館        ドリンクコーナーの一部

2013_07010024 2013_07010025
     ドリンクコーナー        フードコーナーの一部

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »