2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 山梨・長野の美術館を訪ねる旅⑤信濃美術館・東山魁夷美術館・北澤美術館 | トップページ | オペラ「魔笛」:焼津中央高校合唱部第39回公演 »

2013年6月15日 (土)

「ポール・デルヴォー展」:浜松市美術館

 ポール・デルヴォーは20世紀ベルギーを代表する画家です。シュルレアリスムの画家とされていますが、運動に参加することはなく、画風も極端なデフォルメなどはありません。

 20代の作品は写実主義や印象派の影響を受けたオーソドックスな作風です。やがて表現主義の影響を受け、その後次第にシュルレアリスムの要素の一部を取り入れた作風に変化していきます。

 彼の作品には同じモチーフが繰り返し登場します。それらは、汽車・トラム・駅・骸骨・建築・女性・男性などで、中でも汽車は30代半ばから晩年まで多くの作品に登場します。その多くは汽車が画面から遠ざかって行く後ろ姿を描いた作品です。女性は裸体が多く、無表情に近い顔をしています。

 建築家を目指したことがあるデルヴォーの絵にはギリシャ建築やベルギーの古い煉瓦造りの家が多く描かれています。

 この展覧会のサブタイトルは「夢をめぐる旅」です。デルヴォーの絵は夢や潜在意識の世界を描いています。観る人は一枚一枚の絵から自分なりに夢の世界を感じ取ることになります。激しい主張はありません。汽車や電車に乗ってロマンの世界に旅立つ雰囲気です。

浜松市美術館で7月15日まで

Photo I1deruvo

梅雨空の浜松城公園

2013_06150008 2013_06150012


2013_06150010 2013_06150011

2013_06150001 2013_06150018

« 山梨・長野の美術館を訪ねる旅⑤信濃美術館・東山魁夷美術館・北澤美術館 | トップページ | オペラ「魔笛」:焼津中央高校合唱部第39回公演 »

美術展」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ポール・デルヴォー展」:浜松市美術館:

« 山梨・長野の美術館を訪ねる旅⑤信濃美術館・東山魁夷美術館・北澤美術館 | トップページ | オペラ「魔笛」:焼津中央高校合唱部第39回公演 »