2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 静岡の美術館めぐりミニツアー | トップページ | 「レオナール・フジタとパリ」展:静岡市美術館 »

2013年5月19日 (日)

「うたごえ広場」

 おとといのブログでわが自治会主催の「みんなで歌う会」のことを紹介しました。

 今日は「うたごえ広場」の紹介です。浜松市福祉交流センターホールで開かれたこのイベントに初めて参加しました。入場者は約400人。9割が女性です。

 男女一人ずつの司会者が会を進めて行きます。男性は地元の私鉄企業に30数年勤務した経験があることを披露していました。軽妙な語り口でセミプロの感じでした。

 入り口で開催協賛金500円を醵出します。「みんなで歌おうあの懐かしい歌声」と題した歌集をもらって入場します。歌集には29曲の歌詞が印刷されていました。その中から、唱歌、叙情歌、歌謡曲、フォークソング、童謡などのジャンルごとに3-4曲歌います。休憩を挟んで2時間、23曲を歌いました。最後は「今日の日はさようなら」。実行委員が全員ステージにあがり、会場と一体となって盛り上がりました。

 わが自治会の歌う会と違うのは各曲に間奏がないことです。一番から二番、三番と切れ目無く歌います。間奏があると出だしが揃わなくなることがあるからでしょうか。

 伴奏は電子ピアノ、ハーモニカ&アコーディオン(82歳の男性)、ギター2,ベース1の5人です。

 会場の皆さんは楽しそうで,満足した顔で会場から出て行きました。

 自治会主催の歌う会はほとんどの人が顔なじみですが、400人のこの会は知らない人たちの集まりです。懐かしい歌を歌って古き良き時代を思い出すことを楽しむ人たち。青春の日に戻った熟年の皆さんでした。

 企画・運営は「浜松・懐かしい歌を歌う会」です。次回は10月にクリエート浜松で開催とのこと。

2013_05190110

2013_05190117_6 2013_05190118
 アコーディオンは82歳           フィナーレ

« 静岡の美術館めぐりミニツアー | トップページ | 「レオナール・フジタとパリ」展:静岡市美術館 »

イベント」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「うたごえ広場」:

« 静岡の美術館めぐりミニツアー | トップページ | 「レオナール・フジタとパリ」展:静岡市美術館 »