2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 朝日新聞夕刊の「惜別」に故・渡辺大鋼君 | トップページ | 磐田の花情報:熊野(ゆや)の長藤とつつじ公園のツツジ »

2013年4月16日 (火)

BBCフィル・佐渡裕・辻井伸行 in 浜松(改稿)

 イギリスの名門オーケストラの一つであるBBCフィルを近年活躍がめざましい佐渡裕が指揮し、ソリストにはピアノの辻井伸行を迎えた魅力豊かなコンサートでした。

 演奏に先立って佐渡裕がスピーチをしました。①BBCの日本ツアーは2011年春に行われたのですが、その最中に東日本大震災と原発事故が発生してツアーは中断され、団員は帰国しました。そのコンサートの完結編として企画されたのが今回のツアーであること、②震災の遺児や孤児に対する育英資金募金への協力、③鎮魂の曲としてプログラムにはないエルガーのエニグマ変奏曲を演奏するが終わっても拍手をしないこと、など。そして…BBCの母国イギリスを代表する作曲家エルガーのエニグマ変奏曲から第9変奏 ニムロッドが演奏されました。

 100人を超える大編成…バイオリンの静かな演奏から始まって次第に音量は増し、静かにゆったりと美しい音が深まっていきます。約15分の演奏は心にしみる感動を与えてくれました。

続いて、これもイギリスを代表する作曲家ブリテンの《4つの海の変奏曲》 第1曲:夜明け 第2曲:日曜の朝 第3曲:月光 第4曲:嵐

 どの曲も楽器のパートがよくわかる構成で、イギリスの自然の情景を音で感じさせてくれるすてきな演奏でした。

 いよいよ辻井伸行が佐渡裕に手を引かれ、万雷の拍手に迎えられて登場。

 《チャイコフスキー ピアノ協奏曲 第1番》
 おなじみの名曲です。長い第1楽章が終わったところで万雷の拍手がしばし続きました。演奏が終わったところで1階ではスタンディングオベーションも。鳴り止まない拍手に二度三度と登場した辻井のアンコールは《チャイコフスキー 四季より 11月 トロイカで
》でした。
 すばらしい演奏に感動しました。

 チケットは完売で4階席まで満席。2300人の聴衆の大半は辻井伸行を「見たい」という人だったかもしれません。

休憩の後は《ドヴォルザーク 「新世界より」》

アンコールは《ドヴォルザーク スラブ舞曲 Op,46 第8番》

 大編成のオーケストラの音が大ホール全体に響き渡る中で熱気に満ちたコンサートは終わりました。終演9時30分(開演7時)。

 終演後、佐渡裕はいち早くロビーに現れて募金の協力者と握手を続けていました。演奏中だけでなく、その前後もサービス精神旺盛な佐渡でした。 

[募金の結果]
 会場での育英資金募金の結果は1,562,460円でした。新潟、長野、甲府を上回る額です。ホールの出口がいくつもあり、また募金の場所がわかりにくかったこともあって気がつかなかった人も多かったと思います。募金箱には1万円札や5千円札もかなり多く入っていました。

« 朝日新聞夕刊の「惜別」に故・渡辺大鋼君 | トップページ | 磐田の花情報:熊野(ゆや)の長藤とつつじ公園のツツジ »

音楽」カテゴリの記事

コメント


こんにちは。 アメリカから~ 私は辻井伸行くんのファンです。
Please forgive me for not being able to write in Japanese.

Thank you for an excellent posting - I enjoyed reading about the performance in 浜松, and I am very happy to hear the Tsujii-san was so warmly received.

About the encore. according to 浜松市文化振興財団, it was チャイコフスキー 四季より「トロイカで」
http://www.hcf.or.jp/information/2013/04/_bbc2013_8.php

I love both of these two pieces performed by Tsujii-san.

コメントありがとうございます。アンコールはご指摘いただきましたようにチャイコフスキーの〈四季より 11月 「トロイカで」〉でした。ブログはすでに訂正してあります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BBCフィル・佐渡裕・辻井伸行 in 浜松(改稿):

« 朝日新聞夕刊の「惜別」に故・渡辺大鋼君 | トップページ | 磐田の花情報:熊野(ゆや)の長藤とつつじ公園のツツジ »