2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

2013 サクラだより⑪磐田のサクラ 医王寺&磐田農高

 30日、野球応援の帰りに医王寺(磐田市鎌田)に寄りました。サクラとシャガと山吹が咲いていました。

2013_03300105
               山門前

2013_03300122 2013_03300081

2013_03300113 2013_03300103
                       サクラと山吹の競演

2013_03300091 2013_03300099
    山吹とシャガ            シャガの群落

2013_03300094 2013_03300087
       シャガ              一重山吹

磐田農高

夕方、市民文化会館の向かいにある農高に寄りました。100年以上の歴史を有するこの学校にはサクラの巨木があります。

2013_03300012 2013_03300016

2013_03300020 2013_03300027
  テニスコートのサクラ       飼育されているダチョウ

付録:浜松市営グランドのサクラ

 町内有志によるお花見が予定されていた市営グランドですが、昼前から雨になったので町の会館へ。画像はその前に高校野球試合中のスタンドなどから撮影したものです。

2013_03310018 2013_03310020

2013_03310008 2013_03310009

2013年3月30日 (土)

逆転サヨナラ負け 磐田東悪夢の初戦敗退 

 高校野球春の西部大会第1シードの磐田東は2回戦から登場しました。その結果は…スコアボードが示すとおりでした。

2013_03300074

 序盤の乱戦がやや落ち着いた8回にようやくリードして迎えた9回裏。適時打で同点にされた後、盗塁されて二死二塁。最後になるかと思われた打者の内野ゴロは一瞬セーフになり、その間に二塁走者が好走してサヨナラのホームを踏みました。

2013_03300070_2 2013_03300072
㊧:ボールはグラブに収まっていません。明らかにセーフ
㊨:サヨナラのランナーが生還してゲームセット

 この試合、磐田東は先発ピッチャーが絶不調で1回裏に失点3で早くも降板。コントロールがまったく定まらず,交代が遅すぎました。二番手、三番手もそれぞれ失点し、好投していた4人目の投手も最後につかまりました。

 走塁や守りのミスもあり、打線も中盤以降不発で追加点が奪えず、第1シードの片鱗はどこにも見られない嘆かわしいゲームで残念でした。

 夏まで4ヶ月…間に合うのでしょうか。

2013年3月29日 (金)

2013 サクラだより⑩秋葉ダム千本桜・船明ダム湖畔桜トンネル

 天竜川を堰き止めた北遠の二つのダム湖畔で桜が満開になっています。

秋葉ダム湖畔の「秋葉ダム千本桜」

 ダム湖東岸の県道に沿って約7㎞の間に約1000本の桜があります。今日29日午前9時半頃には1台の車もなく閑散としていました。
ダム堰堤付近の桜は例年に比べて花が少なくて寂しい感じでした。すでに散り始めて葉も出かかっています。

2013_03290046
        堰堤から見たところです

2013_03290049 2013_03290055

2013_03290065 2013_03290071
                画面中央上の急傾斜地に小集落があります

2013_03290073 2013_03290076
   ダムに沿って桜並木が延々と続きます

2013_03290078 2013_03290079
                       やすらぎの湯付近

2013_03290080
       左下に堰堤が見えます

船明(ふなぎら)ダム湖畔の桜トンネル

秋葉ダムの下流にあり天竜川で最も下流のダムです。

2013_03290101
みごとなトンネルです。まだ10時過ぎなので花見の宴は見られません

2013_03290109 2013_03290108
    満開です             左がダム堰堤、右は浜北球場

2013_03290118 2013_03290117_2
   国道152号線              船明集落

2013_03290092_3 2013_03290096
               ダム湖と桜




2013年3月28日 (木)

2013 サクラだより⑨「日本一美しい桜とチューリップの庭園」浜松フラワーパーク

 浜松フラワーパークではサクラとチューリップが満開で「日本一美しい桜とチューリップの庭園」という構想が実現しています。サクラの名所とチューリップの名所は全国各地にありますが、両方が同じ場所で同時に咲くのは浜松だけという着想です。

 4月から新しく理事長に就任予定の塚本こなみさんの浜松フラワーパーク大リニューアル構想が着々と実行されています。市は2月補正予算で対応して改革を前倒しで進めています。

 28日午前、朝方の小雨がやんで晴れてきたので事務的な仕事は後回しにしてフラワーパークへ。予想に違わぬ美しい風景でした。

サクラとチューリップ

2013_03280090

2013_03280089 2013_03280093

2013_03280095 2013_03280158

30万球のチューリップ

2013_03280100_2

2013_03280096 2013_03280097

2013_03280145 2013_03280140

池の畔で

2013_03280076 2013_03280082


2013_03280117 2013_03280121

菜の花とサクラ

2013_03280072

2013_03280064 2013_03280066

 これから1週間がもっとも見頃と言えるでしょう。今週末は相当な人出で混雑しそうです。4月1日からは入場料が改定されますのでお気をつけください。

2013年3月27日 (水)

2013 サクラだより⑧磐田・つつじ公園の満開のサクラとツツジ

 今日は午前中、自治会連協の会計監査立ち会い。予期しない長時間に及ぶ監査で、結果は差し戻し。疲れました。

 午後は磐田で学校法人の役員会。その前に大急ぎでつつじ公園へ。花曇りの日でしたがサクラはほぼ満開。お花見の人たちでにぎわっていました。

 ツツジは一部に満開の樹種もありますが、ほとんどはサクラが終わってからの開花です。

Img_2244
          サクラとツツジのコラボ

Img_2243 Img_2255
        サクラは樹高の高い古木です

Img_2269_4 Img_2264 Img_2266
                ツツジ

Img_2248_9
        枝垂れ桜とソメイヨシノ

Img_2250_2 Img_2252
             色の濃い枝垂れ桜

Img_2280 Img_2278

Img_2276_4 Img_2257

Img_2271_7
    池の鯉に餌をやっているおじいさんと孫

Img_2284 Img_2282
              ツバキも花盛り

磐田東高のサクラ

Img_2285 Img_2286
    駐輪場付近              体育館の南

2013年3月26日 (火)

2013 サクラだより⑦満開近い浜松市営グランド

 わが町内にある浜松市営グランドのサクラがほぼ満開で見頃になっています。野球場では高校生が練習試合、陸上競技場では中高生が練習をしていました。サブグランドでは隣の自治会の高齢者グループがお花見をしていました。

2013_03260042

2013_03260063 2013_03260076

2013_03260010 2013_03260051
   陸上競技場南側           野球場一塁側

2013_03260035 2013_03260029
一塁側スタンドの上から ㊧サブグランド  ㊨陸上競技場

2013_03260008

2013_03260058 2013_03260085

2013_03260055 2013_03260062

2013_03260001 2013_03260004
   第1駐車場東

2013年3月25日 (月)

2013 サクラだより⑥満開の浜松城公園

 通院の途中で浜松城公園に寄ってみました。午後2時過ぎ、公園の駐車場は20台以上の車が入場待ちで渋滞。市役所駐車場も大渋滞。ということで少し離れた民間駐車場へ。

 浜松城公園のサクラはこの2,3日で開花が急速に進んで今日はほぼ満開になっていました。

2013_03250040

2013_03250009 2013_03250011
             市役所西側の登り口

2013_03250014 2013_03250016
㊧:花見客で賑わうエリアですが平日の午後ということで人影はまばら
㊨:徳川家康の銅像付近

2013_03250017 2013_03250018
   背景は市役所             背景は浜松城

2013_03250020_3
              浜松城天守閣

2013_03250027_3 2013_03250028
  日本庭園の枝垂れ桜          花見の宴

2013_03250029 2013_03250036
            よく咲いています

2013_03250037 2013_03250039
 サクラとツバキのコラボ

2013_03250043_3 2013_03250044
           元城小学校北側のサクラ

 お花見の準備をする間もなく満開になった感じの今年のサクラです。それでも今週いっぱいは見頃が続きそうです。

2013年3月24日 (日)

天竜二俣歴史ウォーキング

 ASN(アクティブ シニア ネット)の3月のウォーキングは天竜区二俣の歴史と自然を訪ねる企画でした。花曇りの日、歩けば汗ばむ陽気の中、咲き始めたサクラを見ながら約8キロ歩きました。参加者は9人。

Img_2144 Img_2146
㊧:天浜線天竜二俣駅前のサクラは咲き始め
㊨:二俣川に近い毘沙門堂

Img_2156 Img_2152
 栄林寺のハクモクレン        栄林寺前の二俣川と花桃

Img_2163
              栄林寺のサクラ

Img_2165 Img_2168
㊧:本田宗一郎ものづくり伝承館=旧二俣町役場(有形登録文化財)
㊨:ホンダカブF型 1952年製

Img_2177 Img_2180
 家康が命名した清龍寺       家康の長男信康の霊を祀る「信康廟」

Img_2198_5 Img_2213
  二俣城址 本丸跡         鳥羽山公園 サクラとツツジ

Img_2208_3 Img_2221
  イロハモミジの若葉        筏問屋の田代家・築150年

見かけた花たち

Img_2184_2 Img_2186
                野イチゴ

Img_2188_4 Img_2199
    カラスノエンドウ            ウラシマソウ

Img_2205 Img_2218
       シャガ               美しいツバキ

2013年3月23日 (土)

2013 サクラだより⑤浜松で開花が進んでいます

 静岡では今日満開宣言が出ました。浜松では今月末になりそうです。浜松市営グランドでは開花が進んでいます。来週末が見頃です。

006
              開花してきました

007 008

009 011
          市営球場一塁側スタンド横

012 015
 陸上競技場のサクラ          野球場一塁側スタンド付近

2013年3月22日 (金)

2013 サクラだより④玖延寺のモクレンとサクラ

 天竜区阿蔵の玖延寺ではモクレン、サクラ、ツバキなどの花が一斉に咲いています。すてきな春の風景です。

Img_2101
樹高10㍍以上のハクモクレンとモクレン。ハクモクレンの花びらが風に舞っているのが見えます

Img_2075 Img_2079
                    モクレンとツバキと煉瓦造りの蔵

Img_2094_3 Img_2096

Img_2098_3 Img_2099
                 コブシ

河津桜
Img_2108_2 Img_2106

彼岸桜
Img_2112 Img_2114

Img_2115 Img_2118

ツバキいろいろ
Img_2081 Img_2103

Img_2110 Img_2117


Img_2084 Img_2083
      本堂               煉瓦造りの蔵

玖延寺は曹洞宗の寺院です。天竜区二俣町阿蔵524

2013年3月21日 (木)

2013 サクラだより③静岡市城北公園とお堀端

 お彼岸ということで静岡へ墓参に出かけました。家内の両親や兄たちは臨済寺の墓地に眠っています。墓参の後立ち寄った城北公園では山桜が満開。ソメイヨシノもかなり咲いていました。浜松よりも暖かい静岡では間もなく満開を迎えそうです。

城北公園

2013_03210034
満開を過ぎた枝垂れ桜。手前の池では亀が甲羅干し

2013_03210032 2013_03210029

2013_03210037 2013_03210031

2013_03210028
             サクラと富士山

臨済寺のサクラ

2013_03210011 2013_03210019

お堀端

2013_03210053

2013_03210050 2013_03210051
 サクラとケヤキの新芽         バックは静岡県庁

2013_03210046 2013_03210042
     県庁別館                駿府城公園

2013年3月20日 (水)

「旅立ちの日に」と吹奏楽定期演奏会の感動:曳馬中学校

 19日、地元の中学校の卒業式がありました。3年生だけで7学級250人を超える大規模校です。証書授与だけで30分以上かかりました。3年生代表の答辞は立派な内容で感心しました。2時間に及ぶ長い式の間、生徒は落ち着いて式に集中していました。服装や頭髪も全員ととのっていました。誠に厳粛な雰囲気の中で式が執り行われたのは当然のこととは言え、日頃の指導の賜物です。

 式が滞りなく終わり、最後は3年生全員が歌う「旅立ちの日に」です。ステージの上から下まで各学級1列、計7列に並び混声合唱でみごとに歌いあげました。一人一人大きな声で3年間の思いを込めて…。歌いながら涙している生徒も何人かいました。それを見て担任の先生の目に涙。私も目頭が熱くなってきました。

 卒業した3年生は4月から進路がいろいろ分かれることになります。どのような道に進もうともそれぞれの道で大きく成長することを願っています。

 一夜明けて今日は吹奏楽部の第12回定期演奏会が学校の体育館で開かれました。県大会に10年以上連続して出場、東海大会の常連でもある「名門校」です。36人の1,2年生で10曲演奏しました。なかなかの迫力でした。合間には新津中学校の友情出演もありました。両校の顧問(師弟)によるサックスの重奏もみごとでした。

 最後に昨日卒業したばかりの3年生も加わって50人近い大編成の演奏。

 アンコールの「威風堂々」の後は、会場の全員で「花は咲く」を高らかに歌いました。

 大勢の地域の皆さんが中学生の演奏を楽しみました。地域の学校、地域の子どもたちをこれからも地域で支えていきたいと思います。

2013 サクラだより② 長栄寺の枝垂れ桜

 長栄寺の枝垂れ桜が去年より10日も早くほぼ満開になっています。例年に比べて気のせいか花が少なく、寂しい感じがしました。今日は彼岸の中日で墓参の人が次々と訪れていました。

001
青空であればもっと映えたのでしょうが…

003 005
                         美しいサクラ色

009 010
                       花がほとんどない枝も

026 027

034 033

中区花川にある日蓮宗の寺院です。

2013年3月19日 (火)

「維新の洋画家 川村清雄」展:静岡県立美術館

 川村清雄(1852-1934)は幕末の江戸で旗本の子として生まれました。明治初年にアメリカとヴェネツィアに留学して西洋美術を学びました。帰国した日本はフランス美術の強い影響を受けており、清雄の絵画は時流からはずれていました。

 その後、勝海舟や徳川家達などの庇護を受けて、油絵の描き方に日本画の技法を取り入れた独自の画法で歴代将軍や明治の偉人の肖像画、風景画などヨーロッパでも高い評価を受けた多くの作品を制作しました。日本の近代絵画史上で重要な役割を果たした清雄の全画業を展望する大規模な展覧会です。

 221点という多数の出品のうち、清雄の絵画は約100点。その中にはオルセー美術館から里帰りした晩年の傑作《建国》や《徳川家達》《勝海舟》《天璋院(篤姫)》などもあります。

 出品リストのうちの100点以上は幕末維新の歴史資料です。維新と同時に家達らと共に静岡に移り住み、静岡に縁のある清雄の人生を多くの資料から解明しようとしています。

 静岡県立美術館所蔵の絵画は4点だけで、出品作の多くは東京都江戸博物館や徳川記念財団及び個人蔵です。

 歴史資料の大半は祖父が初代奉行を務めた新潟の市歴史博物館阿からの出品です。

 清雄は1934年没。昭和9年のことです。幕末から昭和の時代までを生きた清雄が今注目されています。

Photo Photo_2


静岡県立美術館で3月27日まで

2013 サクラ便り① 浜松でサクラが開花

 市営グランドのソメイヨシノが開花しています。10本ほどの木に数輪ずつです。月末には満開になるでしょう。今日午後2時の気温は23,3℃で歩くと汗ばむ陽気でした。

2013_03190120

2013_03190126 2013_03190130

2013年3月18日 (月)

「ごんぎつねの世界展」:新美南吉生誕100年。

 充実した内容の企画展でした。1913年愛知県半田市に生まれた新美南吉は今年が生誕100年にあたります。「ごんぎつね」や「手袋を買いに」などの童話で私たちの記憶にいつまでも残っている南吉のおいたちから死後現在に至るまでを数多くの資料でていねいに見せてくれます。

 成績優秀だった少年期、病に冒されて苦しんだ青年期…そして29歳で夭折しました。

 小学生時代の書き初めや綴り方帳から始まって、中学生時代に書いた最初期の童話、「手ぶくろを買ひに」の原稿、作品の掲載された多くの雑誌、生徒に贈った本や色紙、いくつかの手紙やはがきなど、半田市にある新美南吉記念館の所蔵品を中心として彼の全体像が把握できる豊富な資料を興味深く見ることができました。

 それらの中に、安城高女教諭時代に修学旅行で出かけた時、仲間の教諭と一緒に書いた画帖が3点ありました。絵心も豊かで楽しい作品です。幸せな時代だったのでしょう。

 今回の企画展では「絵本原画でたどる南吉童話の世界」がもう一つの見所です。
 棟方志功や池田あさこ、石倉欣二、黒井健、かすや昌宏など12人の画家による約100点の作品が南吉の世界を十分に見せてくれます。

 春休みの日曜日ということもあって、親子連れの姿が多く見られました。親の世代にとっては小学校4年生の時に国語で習った懐かしい教材です。「ごんぎつね」のせりふは今でも覚えている人が多いでしょう。南吉の世界は親から子へと受け継がれていきます。

静岡市美術館で3月31日まで。

Photo Photo_2

2011年10月1日、南吉の生まれ故郷半田市を訪ねました。そのときの画像です。この時の記録はブログで10月3日にアップしています。

Simg_9483_2 Img_9339
   南吉の生家                新美南吉記念館Img_9364_3 Img_9406
  「手ぶくろを買いに」            矢勝川のヒガンバナ

2013年3月17日 (日)

2013 早くも桜花爛漫の浜松フラワーパーク

 福岡、宮崎、大分、東京に続いて今日17日には静岡で桜の開花が宣言されました。浜松ではまだつぼみが固く、開花まで数日かかりそうです。全国の桜の開花予想や開花宣言はソメイヨシノに限って行われています。ソメイヨシノは全国どこの木でもDNAがまったく同じで、同一の自然条件であれば同時に開花するという固有の性質を持っているため、それが可能になっています。

 浜松フラワーパークでも16日につぼみはふくらんできていましたが、開花には至っていません。今園内で咲き誇っているのは早咲きの桜です。

2013_03160046
満開の雛八丈。初代の古里園長が育成した品種です。オオシマザクラと雛桜を交配。一重です。

2013_03160052_2 2013_03160055

河津桜は満開を過ぎていました
2013_03160054 2013_03160062

オオシマザクラ
2013_03160137 2013_03160134

水芭蕉が咲き始めています
2013_03160121
菖蒲園の一番奥の右手。水路の横の湿地で咲いています

ミツバツツジ
2013_03160107

2013_03160110_3 2013_03160104

この春の目玉の一つ、チューリップはこれからです。この春は30万球の規模です。鉢植えが園内各所で咲き始めています。路地植えは葉が出た程度です。

2013_03160077_2 2013_03160079_2

春の花いろいろ
2013_03160127 2013_03160131
    シデコブシ                ハクモクレン

2013_03160114 2013_03160136
       ミツマタ           ベニバナトキワマンサク

藤棚造成中
2013_03160132
新しい園長:塚本こなみさんお得意の藤のために池の上に藤棚と通路が作られていました

入園口の変更や花売店がショップの中に入るなど園内の各所で改革が進んでいます。

静岡県立美術館

静岡県立美術館
ソメイヨシノが開花していました。

2013年3月16日 (土)

2013 花桃が見頃です:道の駅 花桃の里

 道の駅花桃の里では湖畔の花桃が見頃になっています。色の濃いピンクと白と。17日まで花桃まつりが開かれています。

Img_1996

Img_1985 Img_1984
                    船明(ふなぎら)ダム湖と夢のかけ橋

Img_1981 Img_1982

Img_1988 Img_2007
 歩行者専用のかけ橋      橋を渡った対岸では開花が遅れています

Img_1992 Img_1993
              対岸の山桜

Img_1999_2 Img_2003 Img_2021_2
 ダム湖では二俣高校ボート部が練習をしていました。22日から全国高校選抜ボート大会が全国屈指のここのボート場で開催されます。伊砂は いすか と読みます。

2013年3月15日 (金)

2013 カタクリが咲いています

 天竜区山東でカタクリが咲き始めました。ここのカタクリは大き過ぎず小さ過ぎず程良い大きさで上品です。これから月末にかけて斜面いっぱいに咲いてくるでしょう。3月15日午後撮影。

Img_2030

Img_2027 Img_2028

Img_2032 Img_2029
このように群生しています

万葉の森公園でも咲き始めています。かなり小ぶりのカタクリです。
Img_2035
ピンボケでごめんなさい

2013年3月14日 (木)

演劇「片付けたい女たち」

 緞帳が上がるとそこに見えた舞台はまさにごみの山。デザイナーズマンションの1室全体が足の踏み場もないほどのごみに埋もれています。窓の外のベランダにもごみの袋が積まれています。これがツンコの部屋です。ツンコは勤め先の会社の人事をめぐって傍観者であった自分に嫌気がさしてこのごみの部屋に引きこもっています。

 そこへ高校時代の同級生でバスケット仲間のおチョビとバツミが訪ねてきます。二人はごみの山に驚きながらも片付けを始めます。やがてツンコも加わって。

 舞台に登場するのはこの3人だけで、最後までこの3人の膨大な量の会話でお芝居は展開します。

 ごみの片付けをしながら3人はそれぞれの過去や現在の身の上話をします。部屋の住人ツンコは同棲していた年下の男性と別れた後です。おチョビは場末の食堂のおかみさん、バツミは子どものいない専業主婦でプチ整形をしたいと考えています。

 雑紙、プラスティックなど仕分けをしながらごみの片付けは進んで行きます。

 50代になった3人の仲間がこれまでの生きてきた道を振り返りながら、これからの生き方を考えていく。「片付けたいのは部屋のごみの山だけでなく自分たちの人生でもあります。

 この演劇は、「グループる・ぱる」の3人のユニットによるものです。その3人とは…松金よね子・岡本麗・田岡美也子。1986年の結成ですからすでに26年以上にわたって芝居作りを続けています。この3人の緊密なチームプレイが基本にあって永井愛が台本を書いています。速射砲ののように次々と交わされるせりふも違和感がなく自然に出てきます。

 現代の中年女性の生き方をユーモラスに、そして切実に描いたよくできた演劇でした。

 ステージのごみは芝居の進行とともにかなり片付きましたが、明日のステージのためにごみをまた大量に配置することになります。大変でしょうね。

浜松演劇鑑賞会第409例会 アクトシティ大ホール

Photo

2013年3月13日 (水)

2013 わが家の庭の春の花

 福岡でサクラが開花というニュースが伝えられました。浜松では25日開花、31日ごろ満開という予報で今年のお花見は昨年よりも数日早くなりそうです。 暖かい日が続いてわが家の庭の花も咲き急いでいます。

ボケ

012_2

014 017

クリスマスローズ

Img_1970 005

002 003

004
     遅れていたツバキが咲いてきました

008 018
      ミズキ                   ムスカリ 

2013年3月12日 (火)

自治会長の仕事

 今日は午前、午後、夜と3つの会議がありました。いずれも自治会長として出席あるいは主宰する会議です。会議は延べ6時間。しかも、午後の会議の後は地域の小学校で学校評議員としての用務もありました。疲れました。年度末ということで総括と新年度の準備があり、いずれの会議もいつもよりは長くなります。

 今月は自治会長としてかかわる用務が今のところ28件あります。1ヶ月の内19日は自治会関連の予定が入っています。年度末で小中学校の用務が5件あります。 

 自治会長の仕事は「町民の皆さんが安心・安全で楽しく生活できる町づくり」を目指して自治会の組織が有効に機能するようリードすることです。「組織」が有効に機能するかどうかは「人」によって大きく左右されます。幸いにしてわが町の自治会は「人」に恵まれていてありがたく思います。自治会長一人ではなにもできません。副会長や部長などの支えがあって会長が務まっています。

 わが町には900余の世帯、2000人余の町民が暮らしています。今のところ特に大きな問題や難しい懸案事項はありません。

 自治会の用務の間に時間を見つけて花を訪ね、美術館を訪ねています。

2013年3月11日 (月)

大震災記念日のオープン戦:中日対巨人

 今日3月11日は東日本大震災から満2年目になります。浜松球場で行われたオープン戦でもその日のことを忘れない鎮魂のセレモニーがありました。

067 062
㊧:試合前から終始半旗が掲げられていました
㊨:午後2時45分。球審がタイムを宣告し、グランドの選手、スタンドの観客全員が黙祷を捧げました

007 090
㊧:試合開始前の原(左)、高木(右)監督
㊨:試合は6-0で巨人の一方的な勝利に終わりました

004 050
人気者のドアラ。この日はバック転なし

 汗ばむような陽気で月曜日にもかかわらず1万人を超える入場者で賑わいました。

2013年3月10日 (日)

県民オペラ「夕鶴」

 第4回県民オペラはおなじみの「夕鶴」でした。木下順二作・團伊玖磨作曲。国内外で800回以上上演されている名作を久しぶりに見ました。

 演劇の「夕鶴」を初めて見たのは半世紀以上前のこと。山本安英のつう、宇野重吉の与ひょうでした。

 前奏曲が終わって幕が上がると与ひょうが小型オート三輪を運転して舞台に登場するという意外な演出です。子どもたちは洋服を着てランドセルを背負っています。運ずと惣ども洋服でネクタイなど。このような設定にしたことについて演出の中村敬一は、團伊玖磨がこの曲を27歳で作曲した1951年の時代に合わせたと語っています。

 「夕鶴」のオペラ化にあたって、木下順二は原作を一字一句たりとも変えてはならないという条件をつけたことを、芸術監督の伊藤京子は証言しています。

 つうを演じたのは光岡暁恵。第5回静岡国際オペラコンクールで日本人として初の第1位に輝き、その後めざましい活躍を見せています。美しい高音が無理なく出るので聴きやすく、音量も豊かです。演技も見事で絶唱・名演でした。

 男性陣はすべて県内出身者です。与ひょうは浜松出身の水船桂太郎、運ずは富士出身の高田智士、惣どは袋井出身の安藤宏隆。いずれもみごとな歌唱でした。

 物欲・金銭欲に毒される人間と、純粋無垢の愛に生きるつうとの対比。欲望におぼれる人間の愚かさを笑うことはできません。人間に裏切られたつうの悲哀が胸を打ちます。

 アクトシティ大ホールはほぼ満席の状態でした。

Photo

2013年3月 9日 (土)

2013 ジュビロ ホーム初戦完封負け

 大宮とのホーム初戦には現地参戦できず、テレビ観戦でした。先週の名古屋戦はよく攻めながらも勝ちきれずドローでした。

 今日のゲームも3回ほどビッグチャンスがありましたが決めることができず、後半14分頭で決められて追いかける展開になりました。シュート10本(大宮は7)でしたが結局無得点のまま終了。

 「前田の呪い」のジュビロ前田は中盤で活動することが多くシュートわずか1本で後半途中交代。大宮のサポーターを喜ばせただけでした。

 新加入の伊野波はよかったと思いますが、3バックのシステムが有効なのかどうか…よくわかりません。

 好天に恵まれ、暖かい春の日だったのですが、入場者は10,773人で辛うじて1万人を超えた程度でした。

 2戦して未勝利のジュビロ。次は2試合で9得点と絶好調のマリノスとのアウエイ戦です。厳しいでしょうがぜひ勝ってほしいものです。

2013年3月 8日 (金)

2013 春が来た!浜名湖ガ^デンパーク

 気温が20℃を越えて、しばらく歩くと汗ばむような陽気になった午後、一ヶ月ぶりにガーデンパークを訪ねました。春の花が咲き始めて少し華やいできた園内は2月に比べて多くの人が散策を楽しんでいました。

早咲きの桜

040
             ほぼ満開の河津桜

048_2 054
    イズタガアカ                シュゼンジザクラ

梅林はほぼ満開です

059 067
                       梅と椿のコラボレーション

071 074

ミニアイリス

115

111 113

春の花いろいろ

082 084
   ギンヨウアカシア             リュウキンカ

084_2 057
     ネコヤナギ                 アセビ

福寿草と雪割草 

097 103
  オレンジ色の紅秩父

102_2 104
可憐な雪割草はよく見ないと見逃してしまいます

クロッカス

114 119

 まだまだ花が少ないのですが日に日にいろいろな花が開いてあとひと月もすれば花盛りになるでしょう。運河沿いのネモフィラも4月には一面に青い花を咲かせるでしょう。

2013年3月 7日 (木)

2013 龍尾神社の枝垂れ梅は満開です

 掛川・龍尾神社の枝垂れ梅が満開になり、大勢の観梅客で賑わっています。

Img_1898

Img_1902 Img_1870

Img_1851 Img_1859

Img_1860 Img_1906


Img_1877
         みごとな梅の木です

Img_1857 Img_1858

Img_1873_4 Img_1883

Img_1887 Img_1890

Img_1880 Img_1888

Img_1855 Img_1854 Img_1915
梅の枝の彼方に掛川城の天守閣

梅の花の下では様々な花が咲いています

Img_1914 Img_1911 Img_1838
  福寿草            スミレ          ムラサキダイコン

Img_1886 Img_1913 Img_1837
クリスマスローズ     オオイヌノフグリ   キンリョウカ

 今日7日は9時前から自治会役員の打ち合わせを行った後、バス・JR・タクシーを乗り継いで行きました。けがをしている右手の痛みが残っているのでマイカーは断念。神社の駐車場は満車で近くの道路には入場待ちの長い車の列ができていました。タクシー利用で正解でした(掛川駅から片道910円)。見頃はまだ1週間は続くでしょう。

 昨日(6日)夜のテレビ朝日ニュースステーションで紹介されていました。
龍尾神社=掛川市下西郷84

2013年3月 6日 (水)

町内の河津桜

 気温が17℃近くまであがってようやく春の陽気になりました。暖かな日差しを受けてわが家の近くの公園の河津桜は八分咲きです。

2013_03060017

Img_1827 2013_03060001

Img_1823 2013_03060012

2013_03060007 2013_03060010

住民の皆さんが育てた桜が毎年美しい花を咲かせます。毎年この花を見て春を感じています。

2013年3月 5日 (火)

日本一を目指す浜松フラワーパーク…大改革への期待

 浜松フラワーパークは43年の歴史がありますが、近年は入園者が減少して経営が厳しい状況にあります。この4月から指定管理者制度を導入し、浜松フラワーパーク・フルーツパーク公社が指定管理者になります。それにともなって園長を公募した結果、あしかがフラワーパークの塚本こなみ園長が4月から新しい園長に就任することが決まりました。

 先日、塚本こなみさんの講演会が開かれ、フラワーパーク大改革のお話を伺うことができました。塚本さんは女性樹木医第1号で、藤の専門家です。足利で幹周り365㌢の大藤の移植に成功し、あしかがフラワーパーク開園時から現在まで経営にかかわっています。開園後3年間は赤字続きだった園を世界一の藤ガーデンに変え、現在では年間入園者数100万人を越える日本一の民間フラワーパークになっています。公立では京都府立が70万人で日本一とか。浜松は2003年に51万人、2012年は25万人と半減しています。

 あしかがでは藤の季節だけで一日5~6万人。朝7時から夜7時までの12時間開園して入園者を迎え入れているとのことです。

 その塚本さんから見た浜松フラワーパークは…

①予算減で魅力的な園造りができない ②目玉商品がない ③職員の意識の萎縮とお客様目線の欠如 ④坂道が多く高齢者や障害者に優しくない ⑤トイレが旧式で使いにくい などなど

そこで次のような改革案が示されました

①日本一美しい桜とチューリップの庭園を造る 
 両方の花が同時に見られるのは浜松だけだそうです。今年はチューリップを去年までの倍以上の30万球植えたとのこと

②魅力アップのために藤の育成管理
 2月に白藤を植えたとのこと

③入園者の使いやすい施設に
 10カ所のトイレは改修する。坂道が多いことに対応して「車いす押し隊」ボランティアの活用。チューチュートレイン1編成をリースで導入(春の季節)。花売店の移設し安価に販売

④変動料金制の導入
 現在は年間を通じて同じ料金を季節によって変える。たとえば花のピーク時は1,000円。盛りを過ぎると900,800.700と下げていく。

 入園者が最も少ない夏場の7~9月は無料にする。

このシステムはあしかがで導入して成功しているとのことです。
入場料が高くても「花が一番きれいな時でよかった」と入園者が喜んでくれればそれでいい。「感動分岐点」が料金設定の目安になるわけです。

 塚本さんのお話を聴いて、この春からのフラワーパークの大変身が楽しみになりました。園長に就任されるのは4月からですが、改革に待ったなしですでに次々と新しい取り組みを進めるよう職員に指示されているようで、職員の皆さんは大変かもしれません。

 4月から5月にかけて、桜とチューリップ、藤。続いて菖蒲、ツツジ。
皆さんもどうぞお出かけください。

 料金が日替わりで変わっているかもしれませんのでHPで確かめてください。

Photo

2013年3月 4日 (月)

柳澤紀子展-転生の渚-:浜松市美術館

 浜松出身のアーティスト柳澤紀子の個展です。平野美術館との共同開催で、市美術館では最新作を含む近年の作品、平野美術館では初期の作品を中心として展示されています。

 51点の作品はエッチングを中心にアクアチント、メゾチント、手彩色の手法による作品、版画などのミクストメディアによる作品など多様な手法で制作されています。大半は雁皮紙や和紙が用いられています。

 主題は原発、自然破壊、戦争、自然災害など人類が直面している現代的な課題が多く、それらをほとんど顔を見せない人、漂う舟、日本オオカミ、鹿、犬、樹木、アンモナイトの化石、水などを空間に配置することによって表現しています。原発とわかる建物も描かれています。3.11を意識した昨年の新作《転生の渚》がこの個展のサブタイトルになっています。

 「水邊の庭」シリーズが15点、「Pathos」シリーズが5点などいくつかのシリーズの連作で構成されています。

 一見してそれそれの作品の主題を明確に把握するのはなかなか難しいと思います。見る人の主観で感じるしかないでしょう。

 私が見たのは3月1日でした。金曜日の2時からは学芸員によるギャラリートークがあるということで急いで入館しました。トークが始まった時聴いていたのは私と家内の二人だけ。そのうち数人になりましたが寂しい館内でした。

 トークを聴いて初めてわかったことが多く、予備知識なしで見るとわかりにくいと思いました。

 会期は両会場とも3月31日までです。

Photo Photo_2

2013年3月 3日 (日)

25年前の同僚との飲み会

 25年前に同じ職場で仕事をした仲間との飲み会がありました。四半世紀が過ぎても当時の記憶は鮮明でみんなが共有しています。

 今は利害関係がなくなったメンバーとの飲み会は気楽です。つい飲み過ぎました。

2013年3月 2日 (土)

巣立ちの時 磐田東高校

 今日行われた卒業式で297人の3年生が卒業していきました。1時間15分のコンパクトな式は今年もきわめて厳粛な雰囲気の中で行われました。

 在校生を代表して送辞を読むことになっていた女子生徒がインフルエンザで登校停止になったために代わりの生徒の代読になるというハプニングがありましたが、それ以外はスケジュールのとおりでした。

 答辞を読んだ元生徒会長の女子生徒は感極まって途中から涙…胸にジンとくる答辞でした。

 理事長の祝辞は自ら体験されている100㎞マラソンを人生に例えて説得力のあるスピーチで卒業生たちに大きな感銘を与えました。

 卒業生たちの胸には恒例となっているカトレアのコサージュ。さわやかな印象を残して巣立っていきました。

 将来大きく羽ばたいてほしいものです。

2013年3月 1日 (金)

箱根 富士屋ホテル 

 自治会研修旅行二日目の昼は箱根 富士屋ホテルで。まずメインダイニングルーム「ザ フジヤ」でのランチです。

2013_02250187 2013_02250188
㊧:富士の湧水 須川産金太郎鱒のマリネ サラダ仕立て
㊨:はかた地鶏股肉のラケ 蜂蜜入りフランボワーズ風味のヴィネグレット

2013_02250190 2013_02250186
㊧:オレンジババロアにヨーグルトのアイスクリーム添え
㊨:ワイン 白

 3皿の料理とホームメードのパンのランチで4,200円。グラスワインは別料金で1,830円、おいしいワインでした。

2013_02250198 2013_02250193
ダイニングルームはこの屋根の下   メインダイニングルーム

2013_02250177_2 2013_02250191
     格天井には636枚の高山植物の絵

ランチの後は館内ツアーです。

2013_02250200
           1891年建造の本館

2013_02250173_3 2013_02250199
                花御殿

箱根は各所に雪が残り、時折雪が舞っていました

2013_02250168 2013_02250213
       芦ノ湖                  大涌谷

 二日間で2万歩以上歩いていろいろ研修しました。バスの車内では防災のビデオ研修でした。

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »