2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月28日 (木)

湯河原梅園の見頃はまだまだでした

 湯河原幕山公園の4,000本の梅は早咲きが7分、全体では3分で見頃は3月中旬になりそうです。

2013_02250132
    満開になれば山腹が紅白に染まるでしょう

2013_02250133_3 2013_02250134

2013_02250143_2 2013_02250150

2013_02250157_6
      幕山は628㍍。頂上は円形です

2013年2月27日 (水)

熱海 MOA美術館

 20数年ぶりに訪ねたMOA美術館は今年創立30周年を迎えます。

この季節には毎年恒例の《国宝紅白梅図屏風》の展示が行われます。このほかに《国宝色絵藤花文茶壺》や十数点の重文が展示されています。

2013_02250116 2013_02250125_2
7つのエレベーターを乗り継いで展示室へ

2013_02250124_3 2013_02250121
エレベーターの乗り継ぎホール      中央左が初島 その右が伊豆大島

2013_02250123_3 2013_02250130
    黄金の茶室

2013年2月26日 (火)

柿田川と水の町三島

柿田川  

 沼津と三島の間に位置する清水町を流れる柿田川は富士山の溶岩の間から流れ出る湧水による川です。日量100万トンは国内一です。宅地化が進む中で大切な自然を護るために住民が30年以上前に保護・保全の活動を始め、行政もそれに対応して保護・保全に取り組んできました。平成23年国の天然記念物に指定されました。

2013_02250009 2013_02250010

2013_02250011 2013_02250029
砂を吹き上げて水がわき出ています   元紡績工場の湧水井戸

2013_02250020 2013_02250045
湧水を集めた流れる柿田川        三島梅花藻(ミシマバイカモ)

楽寿園

2013_02250064 2013_02250055
水枯れの小浜池と楽寿館           溶岩流

三島の美しい水辺

2013_02250087 2013_02250073
             源兵衛川を歩く

2013_02250075_3 2013_02250082
                        水と戯れる子どもたち

三嶋大社

2013_02250095 2013_02250102

2013_02250103_4 2013_02250110
                    国指定天然記念物のキンモクセイ

2013年2月25日 (月)

初めてのけが

 24,25日に自治会の研修旅行ででかけました。24日の昼前、段差のあるところで足を踏み外してとっさに左手をつきました。薬局で湿布薬を買ってとりあえず手当をしました。今日になって手首が腫れて内出血していることがわかりました。今夜帰宅後時間外救急で診察と治療を受けました。骨折はしていないようですが、手首を固定しているため右手が不自由です。人生で初めてのけがです。

 ブログの更新も十分にできません。

2013年2月24日 (日)

自治会研修旅行中。富士川SA

自治会研修旅行中。富士川SA

2013年2月23日 (土)

2013 黒田家代官屋敷の梅

 黒田家代官屋敷はこの地を治めていた旗本本多氏の代官屋敷です。長屋門、母屋に続いて東蔵、米蔵、壕も含めて国重要文化財に指定されています。この建物には所有者が居住しているため、通常は見学不可です。梅の季節に限って梅園が無料で開放されます。菊川市下平川。

2013_02200063
修復が終わった蔵の白壁をバックに紅梅白梅が咲いています

2013_02200074 2013_02200076
 巨木と梅が同居しています

2013_02200068 2013_02200045

2013_02200040 2013_02200042
長屋門。千木11本で桁行20.6㍍               母屋

2013_02200086 2013_02200047 
                 壕

2013_02200080 2013_02200081
 母屋の廊下では明治時代にこの地で始まった「焼き雛」が展示されていました。素朴な土人形は今でも農作業の合間に制作している人がいるとのこと

2013_02200069 2013_02200089
   サクラのつぼみ             一輪開花

2013年2月22日 (金)

2013 相良梅園はこれからが見頃です

 静岡空港を見た後、駿河湾に向かって一路南下し、相良梅園に向かいました。梅園は海に近い斜面にあります。民間の梅園で入園料は500円。2月21日現在ほぼ7分咲きでこの週末が見頃です。

2013_02210166

2013_02210128 2013_02210141

2013_02210159 2013_02210161

2013_02210165

2013_02210144 2013_02210157

2013_02210163 2013_02210150

2013_02210125 2013_02210135
     春の小川                スミレ

 駐車場の車はほとんどが静岡ナンバーでした。週末は混雑するかもしれません。ナビでは 牧之原市片浜1056-1と入力。

2013年2月21日 (木)

静岡空港と富士山

 富士山静岡空港に新しい展望台ができました。禅寺石雲院に隣接する場所で空港のほぼ中央にあります。デッキからは離着陸する飛行機を目の前で見ることができる絶好の位置にあります。

2013_02210002
        展望デッキから見た富士山

FDA(静岡に本社を置く企業)

2013_02210056
福岡からの便が富士山を見ながら着陸。機種はエンブラエル170(客席76)

2013_02210046_2 2013_02210064
     着陸直前         左の山=粟ケ岳の山腹の「茶」の字は桧の植樹です

ANA(全日空) 機種はB737-700(120席)

2013_02210026_2 2013_02210097
   札幌から到着               沖縄へ離陸

アシアナ航空(韓国) 機種はエアバス320(155席)2013_02210078 2013_02210086_2
     ソウルから

大韓航空 機種はB737    中日新聞社ヘリ2013_02210116_2 2013_02210068
      ソウルへ

石雲院展望デッキ
2013_02210012 2013_02210110
                     右手の坂を登っていきます

2013_02210016_2 2013_02210017
  直径33㍍の円形            2月16日にオープン

2013_02210034_3 2013_02210035
     トイレ                  木の床です

2013_02210037_3 2013_02210114
                       レストランから見たデッキ遠望

2013_02210113
3階レストランのシラス丼。大盛りのご飯に山盛りのシラス。780円

Photo_11


Photo_12


 デッキの呈茶コーナーでは地元のおいしいお茶やコーヒーの無料サービスがあります3月31日までは毎日10時-14時まで。4月以降は土日祝に。

2013年2月20日 (水)

2013 横須賀城跡公園の梅

 午前中に自治会の用務を終えて午後から観梅ドライブ。まず横須賀城跡公園へ(掛川市西大淵)。米倉の跡の梅園はそれほど広くはなく、梅の本数も83本です。入園自由。

 今日20日は紅梅が5分、紅梅(ピンク)8分、白梅3分の咲き具合でした。

2013_02200030

2013_02200029_2 2013_02200020
                       画面中央上に上弦の月

2013_02200004_2 2013_02200007
    ここにも月が

2013_02200008_2 2013_02200010

2013_02200017_2 2013_02200019

2013_02200038_2 2013_02200037_2
    梅園入り口               天守閣跡

2013_02200023_2 2013_02200025
  オオイヌノフグリ                タンポポ

2013年2月19日 (火)

麻田鷹司展:秋野不矩美術館

 しばらく美術館にごぶさたしていました。久しぶりの美術展は「麻田鷹司 わたしの風景 展」です。

 麻田鷹司(1928-1987)は京都生まれ。早くから画才を発揮し、京都市立美術専門学校在学中の1948年(20歳)に第1回創造美術展で《夏山》が入選。第2回展も入選。第3回には奨励賞受賞。1951年には23歳で新制作協会会員になっています。

 60年弱の生涯を通じて風景画を描きました。今回の展覧会では前半が20代-30代の時代の作品で、モノトーンに近い色数の少ない風景画が並んでいます。

  後半は40代から亡くなった58歳まで。ここでは日本人が親しんできた名所や名勝を題材とした作品が多くなってきます。色彩も豊かになり、みごとな風景表現が見られます。合計37点。

 秋野不矩は「創造美術で麻田と共に活動しています。その秋野の作品も11点出品されています。同時代に制作した二人の作品に、金属箔の使用などの共通点が見られるのも興味のあるところです。

Photo Photo_2
     《夏山》20歳          《茫涯》39歳

Photo_3
右上《衣笠山》49歳 右中《雲烟那智》32歳

2013_02190002 2013_02190003
 藤森照信設計の美術館は今日も静かなたたずまい

2013_02190006_2 2013_02190007
                   木陰の向こうは秋野の母校である県立二俣高校。2014年春に3校併合のため名前は消えます。 

 浜松市秋野不矩美術館(天竜区)で3月24日まで

2013年2月18日 (月)

2013 わが家の庭の花 春の気配

 春分が過ぎて雨の日が多くなりました。まだまだ気温の低い日がありますが、一雨ごとに春の気配が感じられる今日この頃です。

 わが家の庭でも日一日花が開いています。

Img_9625 Img_9637
           梅の開花が進んでいます

2013_02140020 Img_9639
       クリスマスローズが咲き急いでいます

Img_9638 2013_02140023
    ニオイスミレ                菜の花

2013_02140027 2013_02140028
               オキザリス

2013年2月17日 (日)

2013 万葉の森公園のツバキ

 万葉の森公園(浜北区)のツバキ園でツバキが咲き始めています。ツバキ祭りは23日から3月24日までで、見頃は3月に入ってからです。

2013_02170040
               紅乙女

2013_02170008 2013_02170009
       大白玉                  カーネーション

2013_02170014 2013_02170015_2
               明石潟

2013_02170016_3 2013_02170032
   スタバブスター                加茂本阿弥

2013_02170019_2 2013_02170020
            赤一重錦魚葉ツバキ

2013_02170037_2 2013_02170043
       中京美人                初雁

2013_02170045_2 2013_02170047
       天ケ下                 あやとり

2013_02170053_2 2013_02170055
    ロゼフローラ                 雪中花

2013_02170064_2                                           

               卜伴錦

2013_02170001 2013_02170028_2 2013_02170065
   アセビ          スミレ          ミツマタ

2013年2月16日 (土)

2013 近くの梅園で

 わが家から歩いて行けるところに江戸時代から続く旧家があります。立派な門のある広壮なお屋敷と鬱蒼と茂る森。その外に梅園はあります。すぐ南に東名高速の高架があります。

 紅梅がほぼ満開で、白梅も咲いてきています。

2013_02140002

2013_02140003 2013_02140004

2013_02140005 2013_02140009

2013_02140010 2013_02140012

2013_02140013 2013_02140016

2013_02140017 2013_02140019
画面の左がお屋敷です        150㍍西に有玉神社

2013年2月15日 (金)

平成25年度前期 静岡文化芸大社会人聴講生募集

 募集要項が発表されました。今期は「歴史学」をはじめ81科目が公開されます。24年度後期は98科目でしたからかなり少なくなっています。科目の一覧は次のとおりです。(クリックすると大きくなります)

Photo

 昨年4月に着任された日本史の磯田道史先生の「歴史学」は水曜日の3限(午後1時~2時30分)に設定されています。24年度後期に磯田先生が担当された「日本史学Ⅱ」は聴講生23人という異例の大人数でした。募集要項には受入予定人員1科目につき5名程度と明記されているのですが…。今期も磯田先生の科目には多数の応募があるものと思われます。磯田先生の科目ではもう一つ、奥中康人先生と前半後半を分けて担当される「文化交流論」があります。

 募集要項は大学事務室で配布しています。出願書類は①社会人聴講生願書②履歴書(写真貼付)③聴講希望理由書(各科目ごと)の3種です。

 受付期間は2月27日(水)~3月5日(火)(土日は除く)。本人が直接事務室へ持参します。

 3月25日頃内定通知があります。

 聴講料は1科目14,800円で聴講生として正式に決定された後の4月25日頃払込書が郵送されてくるのでコンビニで支払います。

社会人聴講生は約150人ほどで女性が多くなっています。

大学のHPから  http://www.suac.ac.jp/news/topics/1088.html

2013年2月14日 (木)

2013 バレンタインデー 嵯峨乃彩の竹取物語

 今日はバレンタインデーでした。今年いただいたのは京都・嵯峨乃彩(あや)の「竹取物語」でした。こんなにきれいなチョコをどのようにして作るのでしょうか。

2013_02140001 2013_02140003
   美しいかぐや姫

2013_02140013 2013_02140015
  帝(みかど):ミルク          かぐや姫:ホワイト

2013_02140014 2013_02140006
     竹:ホワイト

 食べるのがもったいないと思いながらいただきました。しっかりチョコレートでした。ありがとう。 

2013 渥美半島菜の花浪漫街道②

 わが家から1号線バイパスを経て42号線に入り、伊良湖岬から約5㎞手前の「菜の花まつりメイン会場」まで約2時間で到着しました。

 メイン会場は菜の花畑も駐車場もかなり広いところです。菜の花祭りは1月12日~3月31日まで開催されているので、その期間に合わせて菜の花が花開くようエリアを定めて播種しています。ということでメイン会場全体で菜の花が咲いているわけではありません。

Img_1493 Img_1494

Img_1523 Img_1525
 ほぼ満開のエリアと…          ほとんど花のないエリアと

Img_1502
菜の花畑から100㍍南に遠州灘が広がります。光る海です。

Img_1507 Img_1513
                    右の丘の上は伊良湖ビューホテル

Img_1495 Img_1515
                       サイクリングロードです2013_02130002 2013_02130008
 道路沿いの各所に菜の花畑があります

Img_1534 Img_1538
恋路が浜で。鐘の向こうにビューホテル

2013_02130014_2 2013_02130016
 伊良湖旅客ターミナル  伊勢湾側は強風で荒れています。画面がぶれているのはカメラを構えた私の体が風で動いたのが原因です。じっと立っていられない風でした

2013_02130011 2013_02130010
 岬丼・アサリのフライ、シラスなど850円   焼き大アサリ400円

 往復170㎞のドライブでした。(2/13)

2013年2月13日 (水)

2013 渥美半島菜の花浪漫街道①

 愛知県田原市は農業生産額日本一を誇る市です。 キャベツ、ハクサイ、ブロッコリー(生産量日本一)などの野菜や花卉類です。その田原市で「菜の花エコプロジェクト」が進められています。休耕田を活用して、菜の花を栽培し、菜種油を生産します。

 渥美半島の42号線と259号線の沿線に菜の花畑が散在しています。今年は1,200万本の菜の花が咲いています。

 10㍍を超す強風が吹き荒れた今日(2/13)、渥美半島の菜の花浪漫街道をドライブしました。今日見た菜の花畑のうち、みごとだったのは42号線沿いのメイン会場ではなく、259号線沿いの加治町の菜の花畑でした。

Img_1569

Img_1554 Img_1565
花の密度が濃いこと、均一に咲いていること、背丈の揃っていることはみごとです

Img_1555

Img_1560 Img_1568
画面上部は国道29号線。左へ行くと伊良湖岬  国道の北に県立渥美農業高校

Img_1574_3 Img_1576 Img_1577
入り口の小屋(無人)では「菜の花プロジェクト」について紹介が行われていました。

2013年2月12日 (火)

2013 わが家の庭にも春の兆し

 梅一輪一輪ほどの暖かさ:服部嵐雪

004
        まだ開ききっていませんが…

001 006
      ニオイスミレ               クリスマスローズ

010_2 002

011_4 012
              スイセンいろいろ

日一日と日差しが長くなり、春の気配が感じられる今日この頃です。

2013年2月11日 (月)

エンジン01 クロージングコンサート「ピアノの不思議を語ろう。奏でよう。」

 エンジン01最終日の終幕はピアノの町浜松にふさわしいピアノを中心としたコンサートでした。

 ピアニストの横山幸雄さんが池田卓夫さんの司会のもとに三枝成彰さんと3人でピアノの不思議を語るトークから始まりました。今日のピアノはKAWAI。3つあるペダルの機能について横山さんが実演を交えて解説してくれました。三枝さんの時代には3つのペダルはなかったとのこと。

 トークの後は横山さんのソロです。

 そしてその後はさらにすごいことに。N響の第1コンサートマスターである篠崎史紀元さんが登場して3人の鼎談。そして篠崎さんと横山さんのコラボで2曲の演奏。この組み合わせはエンジン01でないとできないかもしれません。

 今日のプログラムは次のとおりです。

Photo


 コンサートの後は閉会式。講師陣約40人がステージにあがって三枝さん、勝間さん、鈴木浜松市長のスピーチのあと、次期開催地の甲府市長の挨拶がありました。

 3日間にわたるエンジン01の参加者は2万人に近いとか。鈴木市長のスピーチではこのイベントを一過性のものにしないで今後も何らかの形で継承することが大切だということでした。浜松市としては来年度の事業として当初予算に400万円を計上してあるとのこと。
 今回のエンジン01が起爆剤となって知識の輪が大きく広がることを期待しています。

2013年2月10日 (日)

楽しかったエンジン01「夜楽」

 エンジン01の二日目、昼間の講座を4つ聴いた後、夜は「夜楽」に参加しました。尾張町の老舗料亭「べん松」で飲みながら食べながら講師の皆さんと歓談するという企画です。市内22の料亭やレストランで開かれた「夜楽」に講師が10人前後分散して参加されました。

 私が参加した「夜楽」には大会委員長の三枝成彰さん、俳優の別所哲也さんなど6人が参加されました。

 講師の皆さんは15分ごとに席を移動して全員と話ができるというルールでした。

 次々と入れ替わる講師とお話しているうちに2時間はアッという間に過ぎました。

 京都で今もなお現役のバスガイドをしながら小説を書いている花房観音さん、文部科学省の高級官僚から初めて国立大学(静岡大学)の学長になった興直孝さん、脳卒中治療の第一人者である虎の門病院の松丸祐司さんなどからいろいろなお話を伺うことができました。

 昨日と今日のエンジン01の大盛況を見てよかったと思ったのですが、三枝成彰先生のお話では昨年の鳥取よりもチケットの売り上げが少ないとのこと…残念です。

 おいしいお料理とお酒をいただきながらの至福の時間でした。

(撮影禁止なので画像はありません)

2013年2月 9日 (土)

エンジン01 オープニングコンサート

 今夜のコンサートのキャッチコピーは「浜松に華をお届け!奇跡のコラボレーション」でした。出演者とプログラムをご覧ください。
(画像をクリックすると大きくなります)

Photo


Photo_3
 以上のメンバーが次々と登場して2時間余、休憩もなく演奏が続きました。後半は浜松が生んだ二人の大作曲家…木下忠司と尾崎宗吉の作品の演奏でした。倍賞千恵子は夫である小六禮次郎のピアノ演奏で「喜びも悲しみも幾年月」などを歌いました。

 この奇跡のコラボレーションは入場料がワンコイン500円。会場のアクトシティ大ホールは4階席まで埋まる大盛況でした。

エンジン01 in 浜松 オープン 林真理子・有働由美子・磯田道史のトーク

 エンジン01文化戦略会議 オープンカレッジ in 浜松 が今日から3日間の予定で始まりました。約160人の文化人・著名人が過去最大の105の講座と22の夜楽(やがく)で市民と触れ合います。

 11回目となる今年のキャッチフレーズは「エンジン鳴らすぞ!in浜松。目覚め、奏でよ,美しく。」です。スズキ、ホンダ、ヤマハの町浜松ですから、エンジンは町の至る所で鳴っています。

 初日の今日は11時からアクトシティ大ホールで開会式。三枝成彰大会委員長、勝間和代実行委員長、林真理子エンジン01幹事長、鈴木康友浜松市長のあいさつがありました。開会式の司会はNHKの有働由美子アナウンサーでした。

 開会式に続いて大ホールでは「オープニングシンポジウム スペシャルトークセッション~とことん話そう、”キャリアと結婚”~」が行われました。作家の林真理子、NHKの有働由美子アナウンサー、歴史学者で静岡文化芸大准教授の磯田道史先生の3人のトークです。司会は林真理子。

 5年前に結婚した磯田先生がお見合いを30回したという話に応じて、42歳でまだ独身の有働はこれまでに50回のお見合いをしたと告白。中には68歳のお相手もいたとか。

 結局、キャリアとしてNHKの第一線で大活躍している有働アナは多忙な生活の中で結婚に踏み切ることができなかったようです。

 林真理子は専業主婦になることはまったく考えずこれからも90歳になるぐらいは書き続けるつもりと話しました。

 磯田先生が。学校卒業→就職→結婚→出産→子育てという日本の女性の典型的なパターンに疑問を投げかけました。出産の後で大学に入学すること、子育てが一段落してから仕事で頑張ることなどについては有働アナも共感していたようです。

 女性だけだとお互いに慰めあったり、愚痴をこぼしたりで終わるかもしれませんが、磯田先生がメンバーに加わっていたことで、男性の視点から見た話を聞くことができました。

 磯田先生は歴史学者の立場から、女性が家計簿をつけ始めたのは明治後半から、名前に「子」をつけるようになったのは大正から、「子」をつけなくなったのは平成になってからと述べました。

 磯田先生は浜松にゆかりのある徳川家康の史伝を書きたいとのことです。

 仕事も立場もまったく違う3人のトークはなかなかおもしろくて楽しい時間でした。

 会場の大ホールは満席に近い大入りでした。

 今夜はオープニングコンサートです

2013年2月 8日 (金)

2013 石雲寺の節分草は満開です

 石雲寺(新城市)の節分草は順調に開花し、今日(2月8日)はほぼ満開になっていました。例年よりも株数が多く、境内の梅園の各所で花開いていました。

 022_5
画像では大きく見えますが実際は直径2-4センチのかわいい花です

023_4 027

002_2 006
        梅の木の下で咲き乱れています

044_2 037

049_2 040
                石雲寺禅寺

043_2 051

046 047
         境内ではロウバイも咲いていました

 石雲寺は新城市名号。三遠南信道路を利用してわが家から50分です。鳳来寺ICを出て左折。間もなくです。帰路、5,500メートルのトンネルですれ違った対向車はわずか5台でした。

麺処 天小屋でのお昼

2013_02080021 2013_02080018
 おじやうどん800円 鍋うどんですが、うどんの下にはおじや。桜エビのかきあげや刻みネギなど。ボリュウムもあっていい味でした。汗を拭きながらいただきました。

 天小屋は国道257号線沿いにあります。

2013_02080028_3 2013_02080025
                   寒風が吹く日なのでこの席は敬遠

2013年2月 7日 (木)

2013 春を告げる浜名湖ガーデンパーク

 私の定点観測地の一つである浜名湖ガーデンパークに今月初めて出かけました。目的は春を見つけること。春はありました。

041
   福寿草:春を告げる花がわずかに咲いていました

052 054
      これも春を告げるフキノトウです

007 075
    早咲きの熱海桜               紅梅

057 059
     ニオイスミレ                 クロッカス

069 066
ナデシコ:エレガンスホワイト  スイセン:ペーパーホワイト(美術館前)

067 068

 花が少なくて寂しいガーデンパークですが、確実に春の気配を感じます。3月になると色とりどりの花が咲くでしょう。

2013年2月 6日 (水)

2013 早咲きの桜と春の花:浜松フラワーパーク

 フラワーパークにはいろいろな早咲きの桜があります。一番早く咲くのはここで開発した舘山寺桜です。

070_2 069

河津桜は一輪だけ咲いていました

 034_5

梅の開花は日に日に進んでいます

011_2 013_2

015_2 021

007_2 106

春の野の花

080 077
  オオイヌノフグリ               ハコベ

072_2 076

花壇の花

002_3 048

049_3 110

 フラワーパークはもう春の景色です。

2013年2月 5日 (火)

2013 早春の花 節分草と福寿草:浜松フラワーパーク

 昨日は立春で暦の上ではもう春です。早春の花が季節を違わず咲き始めています。2月5日午前。

節分草

 名前のとおり節分の頃に咲き始めるか小さくてわいいい花です。フラワーパークでは2カ所で咲いています。

1 ローズガーデン裏の斜面

086

085 087

093 090

089 081
 ローズガーデン裏から動物園方面へ降りていく坂道の途中の斜面です。ローズガーデンに行くと各所に掲示があるので迷うことはありません。撮影する時に節分草や周りの植物を踏まないように気をつけましょう。

2 管理事務所裏

051 053 054
ごく限られたエリアにわずかの株があります。撮影もなかなか厳しい

福寿草
 おめでたい花がようやく落ち葉の下から頭を出して咲き始めました。透き通るような美しい黄色です。

036

037_4 042

045_2 044
この斜面で咲いています。梅園の坂を下ってホタルの水辺を過ぎた左側です

2013年2月 4日 (月)

浜松市の自治会長のつどい

 浜松市には736の単位自治会があります。最大の自治会は中区高丘町で世帯数6,790、最小は世帯数3の天竜区水窪町大嵐(おおぞれ)です。

 今日は700人前後の会長が一堂に集結しました。佐久間、水窪、龍山などからはバスやマイクロバスによって浜松まで出てきます。

 会長と浜松市の鈴木康友市長のあいさつのあと、、講演がありました。講師は山口県在住の船橋美智子氏。演題は「人を育て、地域を輝かせる コミニュケーション術」でした。

 自分の生活体験に基づいて、集団での人間関係づくりの基本や、自治会活動の基本についてのお話がありました。講演の中で、各自治会の役員選出についてのアンケートがありましたが、その結果大半の自治会は選挙ではなく会長の指名などによって会長以下の役員を決めているとのことで驚きました。

 講演のあとは懇親会。近隣の自治会長をはじめ、市内各地の旧知の自治会長と情報交換を行いました。

2013年2月 3日 (日)

オペラ「夕鶴」:特別講座 團伊玖磨の目指したオペラ

 3月10日にアクトシティ大ホールで上演される静岡県民オペラ「夕鶴」のプレイベントとしての講座です。このオペラを演出する中村敬一が、芸術監督を務める伊藤京子からこのオペラの作曲者である團伊玖磨のことや「夕鶴」についていろいろ話を聞き出すという形式で行われました。

 掛川出身で日本を代表するオペラ歌手として活躍した伊藤京子さんは間もなく86歳。歩くのがやや不自由な様子でした。 

 スクリーンには團伊玖磨や山田耕筰の様々な映像、宇野重吉と山本安英の「夕鶴」の舞台動画、伊藤京子がつうを演じたオペラの動画などが映写され、伊藤京子が團の印象や「夕鶴」の思い出などを語りました。團伊玖磨は伊藤京子にとって東京音楽学校の2年先輩にあたります。

 木下順二は「夕鶴」のオペラ化に当たって、民話劇の台本に書かれたせりふを一字一句変えてはならないと厳命したとのこと。日本人の日本人による日本人のためのオペラの名曲をいくつも制作した團ですが、オペラ「夕鶴」の600回記念公演の時に團は「日本語でオペラを作るのは難しい」と語ったとか。

 伊藤が團に指導されて時のエピソードとして、長く伸ばして歌うフェルマータの部分を、楽しい気持ちの時と起こっている時とでは歌い方が違うものだと言われたとか。

 ’つう’を長年演じ続けてきた伊藤にとって、’つう’は自分の体の中に入っているという表現をしていました。

  團伊玖磨が東京音楽学校を卒業した翌年(1946年)に作曲した《舟唄》は北原白秋の美しい日本語の歌詞と曲がみごとにマッチした実に美しい日本歌曲ですが、今日は伊藤京子の歌がCDで披露されました。

 「夕鶴」は海外での公演も行われていますが、中国での公演の際、つうが別れのアリアを歌うクライマックスのシーンでくすくす笑いが会場に広がってとまどったとのこと。中国の人たちは約束を守らなかった与ひょうがいけないのだと考えたようです。

 演出の中村敬一からは、今回の舞台は時代を昭和30年前後に設定しているという話がありました。

 会場の静岡文化芸大講堂には夕鶴児童合唱団の子どもたちも来ていました。

 3月10日(日)午後2時からの公演が楽しみです。

 

2013年2月 2日 (土)

紙の神業:紙わざ大賞

 紙という素材を追求したアートの入賞作品を久しぶりに見ました。いずれの作品も紙を素材として制作されたのが信じられないぐらい見事な作品で驚嘆しました。東海特種製紙(株)主催のコンクールは22回目です。

大賞:風景の宅配便
2013_02020039_6 2013_02020040_9
ダンボールの箱の入り口から覗くとパリ・セーヌ川の風景が広がっています。屋根の角度を変えると違った眺めになります

準大賞:スニーカー
2013_02020009 2013_02020010
 このスニーカーは紙でできています。小中高で使ったノートが素材です。


2013_02020011 2013_02020008_2


2013_02020005_2 2013_02020006
    竹尾賞:identity                王子エフテック賞:catch

2013_02020013_5 2013_02020023
虹色切り絵アート 夢広場       ダンボール積 ガチンコ日本

2013_02020026_2 2013_02020031
     白鳥の湖 melody                                     桜

 会場は浜松 ザザシティ中央館3階の浜松ジオラマファクトリーです。プロモデラー山田卓司の作品を常時展示しています。その一つ。

2013_02020072
         《おつかいのおもいで》

 浜松ジオラマファクトリーは山田作品の常設会場になっていますが、昨秋から入場者が激減して赤字が累積しているとのことです。
市民のリピーターが増えないと今後厳しいかもしれません。そのための工夫と努力が必要です。

 紙わざ大賞は2月17日までです。この機会にぜひどうそ。

2013年2月 1日 (金)

N響 浜松公演は新鮮な響き

 数年ぶりでN響を聴きました。東海北陸4都市の地方公演初日。会場のアクトシティ大ホールは4階まで満席でした。

プログラム
 ショパン:ピアノ協奏曲 第1番 ホ短調 作品11
 ブラームス:交響曲 第2番 ニ長調 作品73

 ピアノはオーストリア出身のインゴルフ・ヴンダーです。2010年のショパンコンクールで第2位。2011年から毎年来日しています。今年27歳の新鋭ですが、ショパンの名曲を堂々とみごとに弾きました。今後の活躍がますます楽しみな若手です。
 アンコールとしては長目の夜想曲もすばらしい演奏でした。

 ブラームスの第2番も協奏曲の名曲中の名曲です。第1楽章のホルンとクラリネットの掛け合い、第2楽章のチェロによる主題、第4楽章のヴァイオリンやヴィオラの二重奏などいろいろ聴き所があります。ベートーヴェンの後継者と言われるブラームスはベートーヴェンの音楽を強く意識していたと言われます。

 この曲はブラームスの「田園交響曲」とも言われますが、それはベートーヴェンの「運命」に対する「田園交響曲」に対して,ブラームスの「第一番」に対する位置づけとともに、田園情緒を描いたとされる曲想によるものでしょう。終末は歓喜に満ちた力強い演奏で終わります。アンコールは一転して、弦楽器だけで静かに演奏されるバッハの「G線上のアリア」で、その対照ががみごとでした。

 指揮は下野竜也。43歳です。2001年、ブザンソン国際指揮者コンクール」で優勝。その後国内外で活躍しています。小柄な体を大きく使ってピアノとオーケストラからみごとな音を引き出していました。今後活躍が期待される指揮者の一人です。

 久しぶりにN響の新鮮な演奏を聴くことができて幸せな一夜でした。

 満席の客席を見渡すと高齢者が多いのに驚きます。若い頃からN響を聴いてきたクラシックファンでしょう。若い人たちはどこへ行ったのでしょうか。それでも演劇の会場に比べると若干若いのかもしれません。

N

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »