2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 厳粛で…そして盛り上がった成人式:2013年 | トップページ | 国内で唯一の史伝作家:磯田道史先生 »

2013年1月14日 (月)

レーチェのわかることば

 レーチェ姫(6歳)はいくつかのことばがわかります。そのいくつかを紹介します。

1 「ごろごろ」
  去年覚えたことばです。「ごろごろ」と呼びかけると、前転したり床の上でごろごろしたりして遊びます。

017 001 004024

023 013

2 「テレビ」

 家族が「テレビ」と呼びかけるとテレビの前に座って見ます。好きな番組は日曜日7時45分からの「さわやかな自然百景」です。テーマ音楽が聞こえるとテレビの前に座ります。鳥や動物が登場するのが
気になるのでしょう。15分間集中して見ています。

 

 それに続く「小さな旅」のテーマ音楽も好きです。前半の10分前後は見ています。

 

3 「おさしみ」
 まぐろの刺身が大好物です。「おさしみ」食べる?というと大きな声でニャー
一声。そして側に寄ってきます。まぐろが好きで、かつおはあまり食べません。

 

4 「二階」
 冬の日、朝9時頃から二階は東と南の窓から存分の光を受けてとても温暖です。暖房器具なしで室温は軽く20℃を越えます。そのことを知っているレーチェは「二階」というとすぐに駆け上がって、日が陰る5時頃まで降りてきません。暖かな日差しを受けると喉が渇くので、二階へ上がる前に必ず水を飲みます。

 

5 「トイレ」
 トイレを使った後は大きな声でニャーと鳴きます。「トイレ?」と言うとまた大きな声で「ニャー」と返します。これはトイレをきれいにしてほしいという意思表示です。

 

6 「お留守番」
 家族が出かけるときに「お留守番!」というと「ニャー」と答えてあきらめた顔になります。帰ってくると玄関まで迎えに来ます。車の音や家族の足音でわかるらしいのです

7 「寝る?」
 夜10時頃、あくびをし始めるので「寝る?」というと、返事をして二階へ行こうとします。家族と一緒に朝までぐっすりおやすみです。

 

 言葉がわかるというよりも、その場のシチュエーションがわかるということかもしれません。家族の顔色や動きを見ながら反応します。

 


 

  

« 厳粛で…そして盛り上がった成人式:2013年 | トップページ | 国内で唯一の史伝作家:磯田道史先生 »

わが家のレーチェ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レーチェのわかることば:

« 厳粛で…そして盛り上がった成人式:2013年 | トップページ | 国内で唯一の史伝作家:磯田道史先生 »