2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 大寒の四ツ池公園 | トップページ | 奈良岡朋子83歳の熱演「カミサマの恋」:劇団民芸 »

2013年1月24日 (木)

映画「東京家族」:小津安二郎へのオマージュ

 この映画に対する評価は大きく分かれています。2013年は始まったばかりですが、早くも今年の優秀作品の候補になるという見方がある一方、このような映画を制作するのは「東京物語」に失礼であり、日本映画の恥だという極論や山田洋次監督がコマーシャルベースで映画を制作したことに対する批判など辛口の意見も多く見受けられます。

 私はこの映画を見て感動しましたし、いろいろなことを考えさせられました。「いい映画だった」と素直に思います。この映画を苦虫をかみしめながら、怒りながら見た人たちはどういう感覚の持ち主なのかと不思議に思います。 

 「東京家族」は、山田洋次監督が小津安二郎の「東京物語」へのオマージュとして制作した作品です。エンドロールの最後に、「小津安二郎監督に捧ぐ」というテロップがアップされます。

 1953年制作の「東京物語」は小津安二郎の代表作です。2012年8月、英国映画協会発行の「Sight and Sound」誌が発表した世界の映画監督358人が投票で決める世界で最も優れた映画で第1位に選ばれました。批評家による投票でも第3位でした。

 なお、世界最高の映画第2位は「2001年宇宙の旅」、3位「市民ケ-ン」,4位「8 1/2」、5位「タクシードライバー」…10位「自転車泥棒」。

 山田洋次監督は世界最高と評価される映画のオマージュとして、登場人物・主題・カメラワーク・場所設定など主要な部分で小津作品を継承しています。

 登場する家族は瀬戸内の島に住む老夫婦と東京に住む3人の子どもです。「東京物語」では子どもは5人でした。開業医の長男、美容院を営む長女は小津作品と同じ設定です。「東京物語」では次男は戦死したことになっていますが、この作品では舞台美術の手伝いをしている生活の不安定な男として登場します。そして…「東京物語」で重要な役割を果たした亡き次男の嫁(原節子)に代わって、次男の恋人(蒼井優)が登場します。

 老夫婦が東京に住む3人の子どもを訪ねて上京したところから映画は始まります。東京で何日か過ごす中で、日々の生活に忙しい長男や長女とのすれ違い、父親とは話したくない次男をめぐる気まずい空気、旧友との再会と別れなど、老夫婦にとっては悩ましいことが次々と起きます。

 長男の家で母とみこは突然倒れ、間もなく息を引き取ります。葬儀は家族の故郷である瀬戸内の島(画面に登場するのは広島県大崎上島・小津作品では尾道)で執り行われます。父・周吉はこの島に一人残って生活することになります。

 家族の絆・親の思うようにはいかない子育て・夫婦の関係など乃普遍的な問題は二つの映画に共通のテーマですが、さらに核家族化・高齢化・過疎化などの現代社会が直面している新たな課題が描かれています。「東京物語」から60年が経過し、時代は大きく変わっています。カーナビ、携帯電話、スカイツリーなど新しい要素も登場しますが、人間の生き方についての基本的な課題はいつの時代も同じです。

 「今の日本はどうなっとるんじゃろうか…」と広島弁で嘆く父・周吉の言葉は山田洋次監督自身の言葉なのでしょう。周吉は全編を通じてほとんど笑顔を見せません。

 キャストは老夫婦に橋爪功と吉行和子。長男に西村雅彦、長女に中嶋朋子。次男を演じたのは妻夫木聡。頼りなく見えたこの次男が両親に対して一番優しく、母の葬儀が終わって兄と姉が帰京したあと、屋根瓦を修理しているシーンは感動的でした。妻夫木は好演でした。若手の俳優として成長しています。妻夫木の恋人となる蒼井優はさわやかで好感が持てました。この二人と島の隣家の少女がこの映画のラストを明るくし、未来に希望を抱かせる存在となりました。

 ラストに登場する大崎上島は終戦の年、疎開先から私が毎日見ていた島です。懐かしい島と、懐かしい広島弁が私の涙腺を刺激して頬を濡らしました。いい映画でした。

ロードショー5日目の1月23日 TOHOシネマ サンストリート浜北で

« 大寒の四ツ池公園 | トップページ | 奈良岡朋子83歳の熱演「カミサマの恋」:劇団民芸 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

残念ながら、「苦虫をかみつぶして」観ました。小津の一分の隙もないショットの連続である『東京物語』に対して、これはないです。いかに時代を現代に移そうと、配役を変えようと、オマージュにすらなっていません。
どうぞ、もう一度『東京物語』を観てください。私は『東京家族』の後、確認のためにまた『東京物語』のDVDを観ました。10回近く観ています。なまじ台詞が同じなだけに、悲しくなりました。橋爪功には、笠智衆の老いの悲哀のかけらも感じられなかったです。

コメントありがとうございます。映画の見方も人それぞれですね。評論家でもなく、大学のレポートを書くわけでもない私としては「東京家族」という1本の映画を見て、一つのスクリーンで一緒に見ていた大勢の皆さんと感動の時間を共有できたことをうれしく思いました。

小津は旧日本軍時代毒ガス部隊所属。中国で、たくさんの被害をだした。
東京物語は家族の崩壊がテーマ。テーマは良くない。が作品に漂う日本人特有の無常観
は良い。セリフなんてどうでもいい。山田さんはさすがに寅の生みの親。崩壊に希望を
盛り込んだ。人殺しが作った料理はあなたは美味しく食べれますか?世界はもっと小津
さんの身体検査して評価すべきだ。朝日毎日新聞は戦争を誘導した戦争責任をとるべきだ。
メディアは常にうそを報道する。作品うんたらより、メディアのありかたを問いたい。

朝日の批評家やセリフの言葉尻を比べるなど笑えるレベルの低い批評家が多すぎる。批評家にあたいしない。バカげた批評をする批評家は映画界から追放すべきである。彼らほど日本の恥であり朝日新聞毎日新聞など自体が過去の戦争責任がある。嘘の報道ばかり垂れ流し責任はとらない姿勢とそれを疑わなかった国民両方に責任がある。東京家族は私もみたが別に悪くはない。妻夫木のゆるさは今っぽいし、橋爪を笠智衆とくらべるのもいかがなもんかと思う。小津の東京物語での家族の崩壊は現代にも十分ありえる普遍的なものだし比べてもしかたない。ただ、あなたは本当に人殺しが作った可能性がある料理を世界一おいしいとおもってたべれますか。わたしは食べたくない。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「東京家族」:小津安二郎へのオマージュ:

« 大寒の四ツ池公園 | トップページ | 奈良岡朋子83歳の熱演「カミサマの恋」:劇団民芸 »