2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2012年 紅葉シリーズ ⑧浜北森林公園 | トップページ | 第18回 町民ふれあい運動会 »

2012年11月20日 (火)

県立焼津中央高校創立50周年

 1963年に開校した焼津中央が50周年を迎えました。1963年(昭和38年)は団塊の世代が高校進学を迎えた時で、高校進学者が一挙に急増した時です。その受け入れのために全国で多くの高校が新設されました。

 静岡県でも御殿場南、清水南、静岡東、焼津中央、浜松南などが一斉に開校しました。

 焼津中央高校は男女共学の普通科進学校としてこれまで着実な歩みを続けてきました。

 文武両道に優れ、生徒は勉強と部活動に頑張っています。弓道とレスリングは過去に何度も全国で優勝しています。

 合唱部のオペラ公演は今年で38回目…歌い手・伴奏・装置・衣装など全てが行っています。カルメン、魔笛、フィガロの結婚、仮面舞踏会などの本格的なオペラを年4回公演しており、焼津市民をはじめ多くの人が毎年楽しみにして鑑賞しています。オペラはまさに焼津中央の「学校の文化」です。

 現在の生徒数は約820人。そのうち103人が吹奏楽部、90人がサッカー部に所属しているとのこと。なんと全校生徒の8人に1人が吹奏楽部、男子の2割以上がサッカー部です。

 17日(土)、あいにく大雨に見舞われた日に焼津文化会館で式典が挙行されました。男子生徒がみごとに司会進行を務め、参列した生徒の態度も模範的ですばらしい式でした。

 第2部は合唱部顧問のみごとなアリアに続く合唱、音楽家青島広志氏の軽妙なトークとテノール歌手小野 勉氏による公演「おめでとうございます!焼津中央高校」が行われました。この学校にふさわしい催しで感心しました。

 夜は祝賀会。ロンドンオリンピックレスリング日本代表の長谷川恒平選手と、ロンドンパラリンピック陸上競技日本代表の佐藤圭太選手の二人のOBも出席しました。

 私は在職中、生徒に心配な様子が見られた時、生徒個人に対しても全校生徒に対しても一言「中央生だろ」という言葉を投げかけました。その一言でほとんどの場合は心配な状況は解消しました。

 地域の人たちから信頼されている焼津中央の生徒は、自覚とプライドを持っています。その自覚とプライドを意識させることで生活は安定します。私にとって楽しく、気持ちよく勤務できた思い出深い三年間でした。 

« 2012年 紅葉シリーズ ⑧浜北森林公園 | トップページ | 第18回 町民ふれあい運動会 »

学校」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 県立焼津中央高校創立50周年:

« 2012年 紅葉シリーズ ⑧浜北森林公園 | トップページ | 第18回 町民ふれあい運動会 »