2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2012 満開のヒガンバナ:浜松フラワーパーク | トップページ | 近代日本画を築いた巨匠たち:岡崎美術博物館 »

2012年10月 3日 (水)

逢妻女川(豊田市)のヒガンバナ

 豊田市の南西部、トヨタ元町工場の北を流れる川の両岸に90万本のヒガンバナが咲いています。地元の育成会の人たちが15年以上育ててきたものです。

 逢妻女川は知立市との境界付近で逢妻男川と合流して逢妻川になります。トヨタ自動車の大工場が市内に点在する中で、この地域は田園風景を残した集落です。

 ヒガンバナは天王橋と男橋の間、450㍍の両岸に植えられています。JAあいち豊田宮口支店の近くに駐車場が用意されています。

Simg_7092 Simg_7109
                       左岸の道は車通行禁止なので車いすでも安心です

Simg_7099 Simg_7100
                                木立の奥はトヨタ貞宝工場

Simg_7102 Simg_7110

Simg_7116 Simg_7118
数本だけ孤立していました             整然と植えられた新しいヒガンバナ 

撮影は10月2日。花は盛りを過ぎたものもありましたが今週中はまだ見頃が続くと思います。 

 岡崎市美術博物館へ行く前に少し足を伸ばして豊田へ向かいました。東名は事故で音羽蒲郡から17㎞の大渋滞。国1に回りましたがここも渋滞で到着まで3時間以上かかりました。予定は1時間2分だったのですが…。

 美術展については明日アップします。                            

« 2012 満開のヒガンバナ:浜松フラワーパーク | トップページ | 近代日本画を築いた巨匠たち:岡崎美術博物館 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 逢妻女川(豊田市)のヒガンバナ:

« 2012 満開のヒガンバナ:浜松フラワーパーク | トップページ | 近代日本画を築いた巨匠たち:岡崎美術博物館 »