2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 水窪から南信濃へ | トップページ | 「ナント美術館名品展」:浜松市美術館 »

2012年9月 3日 (月)

南海トラフ地震対応の防災訓練

 9月2日は総合防災訓練の日で、国・県・市などでそれぞれ訓練が行われました。4日前の8月29日に南海トラフによる巨大地震の被害予測が発表された直後で各地とも例年より緊張感のある訓練だったようです。

 わが町では4つの自主防災隊が恒例の合同訓練を行いました。会場は馬込川河川敷です

Simg_1117_2 Simg_1121_2
   8時半から開会式          各隊ごとに可搬ポンプによる放水訓練

Simg_1141 Simg_1145
㊧:わが隊の女性隊員による放水訓練
㊨:三角巾を使った救助の講習

Simg_1147 Simg_1157
 三角巾の講習        竹竿と毛布で作った簡易担架でけが人の輸送

 わが町は遠州灘の海岸線からほぼ10㎞あり、津波の襲来は想定されていません。海抜20㍍前後ありますので水の害はないと考えられます。洪積台地の末端で液状化の心配もありません。

 しかし、安心してはいけません。高齢者が急増していて自力で避難できない住民も多くなっています。自助と共助がますます必要になっています。

 12月2日には町民参加の訓練を計画しています。震度7の巨大地震に対する備えはいくらやっても十分ということはありません。

« 水窪から南信濃へ | トップページ | 「ナント美術館名品展」:浜松市美術館 »

自治会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南海トラフ地震対応の防災訓練:

« 水窪から南信濃へ | トップページ | 「ナント美術館名品展」:浜松市美術館 »