2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 「アール・ブリュット展」:浜松市美術館 | トップページ | 雨の日の天浜線 »

2012年6月30日 (土)

台風の被害を受けた浜名湖ガーデンパーク

 6月19日に豊橋西部に上陸した台風は遠州地方にもいろいろな爪痕を残しました。強風により収穫期のトウモロコシは倒れ、モモは落下。ハウスの破損も相次ぎました。

 この強風は塩分を大量に含んだ塩風となって沿岸部から10㎞以上離れた内陸まで吹き付け、その直撃を受けた作物や樹木、花などが大きなダメージを受けました。省エネのための「緑のカーテン」も塩害によってその多くが枯れてしまいました。

 浜名湖ガーデンパークでも120本の木が倒れ、枝垂れ桜など多くの木や草花の葉が枯れていました。
 運河沿いのラクウショウの葉は茶色に変色して枯れています。えのき橋から見た風景は初冬の頃の黄葉の時と同じでとても夏の風景には見えません。

Simg_5638 Photo
   2012/6/30                   2011/11/17

Simg_5591 Simg_5633 Simg_5634
 枯れた枝垂れ桜          風上㊧と風下㊨では塩害の程度が違っています

Simg_5563_2 Simg_5588_2
㊧:ボランティアガイドさんの説明を聞きながら回りました
㊨:螺旋杉。幹や枝が螺旋状にねじれています

Simg_5589 Simg_5601
㊧:枝垂れ松。台風で折れたのではありません。
㊨:白のぼかしが入る珍しいアメリカデイゴ(浜のあけぼの)。浜松の園芸家が品種登録
しました。

Simg_5624
               運河に咲くハス

Simg_5620 Simg_5596
    白のアガパンサス             秋の七草:オミナエシ

Simg_5555 Simg_5643
       アジサイ                     ヒマワリ

Simg_5631 Simg_5612
㊧:ツルバキア 半年は咲き続けます。この花の咲いているエリアではニラのようなにおいがたちこめています
㊨:花期が終わりのキンバイカ

Simg_5618 Simg_5636
㊧:斑入りのダイダイ=地球柑(地球のように見える?)
㊨:常磐柿。一年中常緑の柿。実は種がいっぱい

   

 

« 「アール・ブリュット展」:浜松市美術館 | トップページ | 雨の日の天浜線 »

」カテゴリの記事

コメント

浜名湖ガーデンパークは、4月はチューリップ、5月はバラと楽しんで来ましたが、台風の被害がやはりあったんですね。 元通りになればいいんですが。 我が家も、野菜、庭木等が葉が黒くなったり、枯れたりしましたが、塩風の影響なんですね、こんな事は初めてです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台風の被害を受けた浜名湖ガーデンパーク:

« 「アール・ブリュット展」:浜松市美術館 | トップページ | 雨の日の天浜線 »