2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« わが家の庭に来る鳥たち | トップページ | 「松井冬子展」:横浜美術館 »

2012年3月 8日 (木)

遠江国分寺跡の古木の梅

 磐田の学校へ出向いた帰りに久しぶりに国分寺跡に寄ってみました。ここには梅の古木があります。本数はそれほど多くなく、花も少ないのですが国の特別史跡にふさわしい趣があります。

S2012_03080036
        木立の向こうは磐田市役所庁舎です

S2012_03080035 S2012_03080041

S2012_03080039_2 S2012_03080038 S2012_03080028 S2012_03080034

S2012_03080044 S2012_03080045

 磐田市には奈良時代に遠江国府や国分寺、国分尼寺などが置かれていました。遠江国分寺は金堂を中心に七重塔や講堂などの伽藍が配置されていました。1952年に国の特別史跡に指定されました。

« わが家の庭に来る鳥たち | トップページ | 「松井冬子展」:横浜美術館 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遠江国分寺跡の古木の梅:

« わが家の庭に来る鳥たち | トップページ | 「松井冬子展」:横浜美術館 »