2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 1年ぶりの雪 | トップページ | 浜松ものづくり展・浜松の酒:浜松市博物館 »

2012年1月18日 (水)

親水公園の今

 馬込川の親水公園(上島緑地)にゲンジボタルの幼虫を放流したのは12月11日のことでした。それから1ヶ月余、幼虫がその後どうなったのか気になります。

Simg_8458 Simg_0580
12月11日放流直後の幼虫       現在は水中に幼虫の姿は見えません

Simg_0570 Simg_0571
三方原の豊富な地下水が大量に流入しています

Simg_0583_2 Simg_0575_2 
                        本流の馬込川は渇水で水位が低下しています

Simg_0573 Simg_0574 Simg_0578
㊧:外来種のタンポポが懸命に咲いています
㊥:野生のクレソン
㊨:繁殖力の強いオオフサモ。2006年に特定外来生物に指定され、栽培・移動・販売は禁止されています。

Simg_0569_2 Simg_0582_2
人影の少ない公園ですが、池の畔(㊨)にはいつも数人の人影があります。カワセミに
レンズを向けるカメラマンです。ここでは近距離で撮影できます。

 

« 1年ぶりの雪 | トップページ | 浜松ものづくり展・浜松の酒:浜松市博物館 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 親水公園の今:

« 1年ぶりの雪 | トップページ | 浜松ものづくり展・浜松の酒:浜松市博物館 »