2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« わが家の皇帝ヒマワリが咲きました | トップページ | 浜松市の施設めぐり②パイプオルガンの生演奏ができる森林文化会館:旧・龍山村 »

2011年11月 7日 (月)

浜松市の施設めぐり①佐久間ダム

 「施設めぐり」は市の広聴広報課が市民から参加者を募って行っている広報イベントで、1963年から半世紀近い歴史があります。今日のコースには53人の応募者の中から抽選で選ばれた23人が参加しました。

 市役所の会議室で広聴広報課長からこのイベントの趣旨や課の業務についての説明があった後、市がチャーターした民間のバスに乗車しました。

 今回のコースは①天竜区役所の新庁舎見学 ②佐久間ダム見学 ③龍山森林文化会館 の見学とパイプオルガンの演奏鑑賞 でした。

佐久間ダム

 3.11以後電力不足が深刻になる中で貴重な電力を安定的に供給しているのが佐久間ダム・発電所です。Jパワーの社員から1時間以上にわたって説明と案内をしていただきました。

Simg_0489

Simg_0429 Simg_0432
堰堤は高さ150㍍、堤頂長291㍍

Simg_0437 Simg_0430
  堰堤から見下ろしたところ            発電用水の取水口

今日は特別にダムの中に入ることができました

Simg_0444 Simg_0445
放流は豪雨時に年数回だけ。観光のための放流はありません

Simg_0462 Simg_0448
堰堤から26人乗りのエレベーターで100㍍下降し、トンネルを抜けます
㊨の画像の四角い穴のあいた部分がトンネルの出口です

湖畔の紅葉はこれから始まろうとしていました

Simg_0436 Simg_0479

Simg_0467 Simg_0496

 国内最大級の佐久間ダムは1953年着工、竣工は1956年…これだけの巨大なダムがわずか3年で完成しています。

 佐久間発電所の4台の発電機は50hz、60hzのいずれにも対応しています。3.11の後はすべて50hzで発電して東電に供給したとのことです。

« わが家の皇帝ヒマワリが咲きました | トップページ | 浜松市の施設めぐり②パイプオルガンの生演奏ができる森林文化会館:旧・龍山村 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浜松市の施設めぐり①佐久間ダム:

« わが家の皇帝ヒマワリが咲きました | トップページ | 浜松市の施設めぐり②パイプオルガンの生演奏ができる森林文化会館:旧・龍山村 »