2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月30日 (水)

永観堂の風景

Simg_8303
               赤と黄のコラボレーション 

2011年11月29日 (火)

2011年の紅葉シリーズ⑥銀閣寺と哲学の道

 瑠璃光院の次に訪ねた銀閣寺の紅葉はようやく見頃を迎えたという感じでした。駐車場から山門までの参道を人の波が埋め尽くしていました。

Simg_8186

Simg_8166 Simg_8159
       東求堂

Simg_8170 Simg_8172

Simg_8173 Simg_8193

哲学の道

 銀閣寺橋から若王寺橋まで約2㎞続く哲学の道を散策しました。

Simg_8152 Simg_8214
       銀閣寺橋                    クマが釣りをしています

Simg_8228 Simg_8230
     民家の庭です

Simg_8237 Simg_8243
                                    生きたネコです 

Simg_8241 Simg_8248  
疎水に沿って美しい紅葉がありました

     

2011年11月28日 (月)

2011年の紅葉シリーズ⑤京都 八瀬大原 瑠璃光院の瑠璃の庭

 瑠璃光院は平安時代から貴族や武士に愛された保養地である八瀬にひっそりとたたずむ名刹です。数寄屋造りの書院と庭園が春と秋に特別公開されています。

 秋には紅葉の名所として名高く、異なる種類のカエデが様々な色に染まってみごとなグラデーションを見せていました。

瑠璃の庭

 輝く日差しがあれば瑠璃色に輝いて見えることもあるという庭園です。11月27日はあいにく薄曇りで直射日光はなく輝くモミジを見ることはできませんでした。

Simg_8117
            書院二階から 

Simg_8109 Simg_8129

Simg_8123
               苔の絨毯とモミジ

Simg_8125 Simg_8131
    書院二階から

山門

Simg_8135 Simg_8136

八瀬の風景

Simg_8096 Simg_8100
   美しい彩りの里山                     鴨川上流の高野川

Simg_8101 Simg_8144  

 瑠璃光院の拝観は今回のバスツアーの目玉でした。紅葉シーズンの日曜日とあって大変混雑する中、駆け足の拝観でしたが、この名刹のすばらしさはよくわかりました。平日の日差しの明るい昼間に訪ねればさらに美しい風景をもう少しゆったりと見ることができるでしょう。
                 

2011年11月27日 (日)

2011年の紅葉シリーズ④京都の紅葉ピックアップ

 この週末の京都の紅葉はピークではないものの一応見頃を迎えていました。どこへ行っても大変な人出で、人と人の間に紅葉を見るという感じでした。

八瀬の瑠璃光院

Simg_8121

銀閣寺

Simg_8191

永観堂

Simg_8308

南禅寺水路閣

Simg_8329

銀閣寺

銀閣寺
もみじの紅葉はまだこれからです

紅葉の京都

紅葉の京都
八瀬の瑠璃光院は特別公開中です

2011年11月26日 (土)

音楽劇 「詩人の恋」

 加藤健一と畑中洋の二人芝居です。2時間20分の舞台に登場するのはこの二人だけです。

 「詩人の恋」は詩人ハイネの「歌の本」から選んだ16編の詩にシューマンが作曲した連作歌曲です。

 マシュカン教授は元声楽家ですが今はボイストレーナーとして生計を立てています。そこへレッスンを受けにきたのがピアニストのスティーヴンです。教授はスティーヴンに「詩人の恋」全曲を歌いこなすことを課題として与えました。レッスンはギクシャクしながら進んで行きます。

 紆余曲折を経て数ヶ月後にスティーヴンは「詩人の恋」全曲を歌えるようになります。そこに至るまでの二人の魂のぶつかりあいがステージで展開されます。

 このドラマのもう一つの主題はホロコーストです。二人はそれぞれユダヤ人であることを劇中で明らかにします。戦後40年以上過ぎてもユダヤ人であることを忘れられない二人です。

 二人ともピアノと歌唱の演技が要求されます。ピアノが下手だと言われた教授は下手なりに、天才ピアニストと言われたスティーヴンはそれなりにピアノを演奏することが求められます。二人の役者の習練は大変だったことと思います。

 磐田市出身の加藤健一にとって浜松は川一つ越えた’故郷’です。満場のスタンディングオベーションに応えて、「浜松のステージに立つことができてうれしい」と語った加藤健一でした。

 このお芝居は読売演劇大賞のほか毎日舞台芸術賞、紀伊国屋演劇賞など数々の賞を得た名作です。

 浜松演劇鑑賞会の記念すべき第400回公演です。アクトタワー大ホール。

 

 

2011年11月25日 (金)

2011 浜松から見た晩秋の富士山

 冬型の気圧配置が強まって朝の最低気温が6.7℃まで下がった今朝は浜松からも富士山がよく見えていました。雪をいただいた富士山がくっきりと見えると…浜松の冬の始まりです。

 画像は町内から見た富士山です。

Simg_8094 
積雪量はまだ少ない富士山です

Simg_8090_2 Simg_8095
ズームの倍率によって様々な風景が広がります

2011年11月24日 (木)

2011年の紅葉シリーズ③宮路山の紅葉

 宮路山は旧東海道赤坂宿の西方にある山(362㍍)で豊川市音羽町に属します。北側の斜面にドウダンツツジの仲間であるコアブラツツジの群落があり、この時期には2000株以上が紅葉しています。

Simg_1071

Simg_1039 Simg_1075

Simg_1064 Simg_1037 
まだ全山紅葉というところまでいっていません。27日がもみじ祭りです。

Simg_1027

モミジも一部が紅葉していました。

Simg_1029_2 

Simg_1030 Simg_1065

 赤坂は旧東海道36番目の宿です。大変活気のあった宿場町ですが 明治になって東海道線が通らなかったことからさびれてしまいました。

Simg_0992 Simg_0998
  名鉄の名電赤坂駅で下車     今も営業している旅籠の大橋屋。1716年の建築

Simg_0999 Simg_1006
 大橋屋の提灯「御宿所」       江戸まで75里(300㎞) 京都まで50里(200㎞)

 今日の宮路山行きは毎月恒例の「わくわくハイキング」です。25人参加。最高齢は大変お元気な87歳(男性)です。今日1日で18000歩、12㎞歩きました。

2011年11月23日 (水)

上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクト VOICE JAPAN TUOR2011 浜松

 コントラバス・ギターのアンソニー・ジャクソンとドラムスのサイモン・フィリップスとのトリオの演奏はわずか3人でこれほど豊かな音が紡ぎ出されるのが信じられないぐらい心に響き、体にしみ込む感じですばらしいコンサートでした。

 上原ひろみの、時には全身全力でピアノを叩きつけるような、時には優しく美しいメロディーを奏でる演奏に、ギターの多彩な響きと巧みなドラマの音とリズムが加わってみごとな音楽が展開されました。

 休憩をはさんで全10曲だったでしょうか。セットリストは公表されていませんが、今春リリースした《ヴォイス》からヴォイスやベートーヴェン・ピアノ・ソナタ第8番《悲愴第2楽章》などの曲が演奏されました。

 このコンサートは浜松市制100周年記念、浜松ジャズウイークのスペシャルコンサートでもありました。

 上原ひろみはMCで「浜松に帰ってきました。ただいま」と…。それに応えて最前列のファンが’お か え り’と一文字ずつ書いたボードを掲げて歓迎しました。
 浜松北高校を卒業するまでの18年間を過ごした浜松が彼女は大好きです。浜松の魅力を世界にPRする「やらまいか大使」に任命されている彼女は100周年を機に浜松がますます発展することを願っていると語りました。93歳になった彼女のおじいちゃんや高校時代の先生などおなじみの人たちは世界中のコンサート会場で浜松にしかいない大切な人たちだとも述べていました。

 おとなしい浜松の人たちもアンコールの前と後はほぼ全員スタンディングで熱烈な声援を送りました。

 休憩を挟んで2時間40分…濃密で幸せな時間でした。

 今年の彼女のツアーはパリに始まり十数カ国に及んでいます。10月26日から30日までの5日間はヨーロッパ5カ国でコンサートを開く強行軍だったということです。
 今回の日本でのトリオによるコンサートは21日の福岡に始まり浜松のアクトシティが二日目。12月4日の東京国際フォーラムまで続きます。

 12月9日からは矢野顕子との「今年は二人でさとがえるツアー」が始まります。13日は静岡会場です。
 今夜10時55分からNHK総合で矢野顕子とのコラボやトークなどが放送されるので楽しみにしています。

 

 

2011年11月22日 (火)

上原ひろみコンサート in 浜松

 上原ひろみの生まれ故郷松での2年ぶりのコンサートでした。2009年はピアノのソロコンサートでしたが、今回はザ・トリオ・プロジェクト’で、コントラバスギターのアンソニー・ジャクソンとドラムスのサイモン・フィリップスとのトリオによるコンサートでした。

 ピアノソロとはまた違うすばらしいコンサートでした。

 開演が7時、終演は9時40分という長丁場でした。

 後日詳報します。

2011年11月21日 (月)

2011年の紅葉シリーズ②都田テクノポリスのナンキンハゼ

 工場が集積するテクノポリスの道路沿いのナンキンハゼが紅葉しています。Simg_8065 Simg_8060

Simg_8055 Simg_8058

Simg_8050 Simg_8075

S2009_01250011 S2009_01250008

S2009_01250015 S2009_01250017_2

2011年11月20日 (日)

わが家の庭の花

 わが家の庭で晩秋の花がいくつか咲いています。北風が吹き抜く寒い冬を迎える前の穏やかなひとときです。

Simg_0656 Simg_8002
   ガーデンシクラメン                      キク

Simg_0657 Simg_8005
                  ツワブキ

Simg_8001 Simg_0649
       トレニア              エンゼルトランペットのつぼみ
Simg_0659 Simg_7866
      マンリョウ                   シュウメイギク

Simg_8000
      ホトトギス

2011年11月19日 (土)

大雨警報&洪水警報の日曜日

 日曜日の今日は日本列島の南岸を低気圧が通過し、朝からかなりの雨で昼前には大雨、洪水警報が発令されました。

 24時間降水量は108㎜、11時から14時までの3時間には66㎜という大雨でした。自治会の会館ではふれあい文化祭の初日でした。あいにくの雨で来館者が少なくて残念でしたが、整然と展示された多彩な作品を熱心に見学されました。出品者から作品制作の意図や写真の撮影場所などの情報を直接聞くことができてとても参考になりました。

 お汁粉のサービスは外のテントで行っていましたが風雨が強くなったので屋内に変更しました。

 明日は天気が回復して多くの町民が見学に来ることでしょう。音楽の発表や子どもの工作教室、ゲームなど楽しいイベントもあります。

 私の家族はジュビロの応援に出かけました。横殴りの雨で顔が痛いほどだったという最悪のコンディションのなかでのゲームはジュビロが2-1で甲府に辛勝しました。雨天中止になる野球と違ってサッカーは雨でもゲームは行われるので選手も観客も大変です。勝ったことでつらさを忘れたという雨中のゲームだったようです。

2011年11月18日 (金)

町民文化祭の準備

 今日は朝から町民文化祭の準備をしました。5年ぶりの文化祭に約100点の応募がありました。

Simg_0843_2 Simg_0838

Simg_0839 Simg_0752 

2011年11月17日 (木)

2011 ボジョレ・ヌーボー解禁の日

 今日11月17日はボジョレ・ヌーボーの解禁日…ということで町内の酒屋さんでワインを買い求めました。

S2009_01220021 S2009_01220022

 シャトー・デ・ラキャレルの赤ワイン。色も味も濃厚でおいしいワインに満足です。一気に飲んでしまうところでした。

2011年の紅葉シリーズ①浜北森林公園

 立冬が過ぎても小春日和が続いていますが朝晩はかなり冷え込んできているので紅葉はこれから一気に進むものと思われます。

 浜北区の県立森林公園ではナンキンハゼやラクウショウ、モミジバフウなどが紅葉しています。

スポーツ広場

Simg_0678

Simg_0691 Simg_0685

Simg_8008 Simg_8010
ナンキンハゼの紅葉と実

西の谷奥池

Simg_0703

Simg_0709 Simg_0710
   水面に映る紅葉

Simg_0716 Simg_0718
    ラクウショウ                  台風で池に落ちた枝の松ぼっくり

湿地の花

Simg_0739 Simg_0741
     ウメバチソウ                        ミミカキグサ

Simg_0724 Simg_8023
      コウヤボウキ                   サワシロギク

 森の紅葉が進む中で湿地ではまだまだ秋の花が咲いていました。
      

2011年11月16日 (水)

浜松市の施設めぐり③杉の香漂う天竜区役所

 施設めぐりの対象に区役所が選ばれた理由は…地元天竜美林の杉を使った木造(一部鉄筋)建築であることです。

 今年3月に庁舎としての共用を始めたばかりの区役所は、杉の無垢材を使った組柱や組梁、壁や床も杉板が使われています。木材の95%は杉、檜が5%
です。

Simg_0388 Simg_0399
庁舎内には杉の芳しい香りが漂っています

Simg_0391 Simg_0402
                 杉板の廊下

Simg_0398 Simg_0397
    階段も杉板                     区長室から屋外を望む

Simg_0405 Simg_0406

地域の特性を生かしたすてきな庁舎です。

2011年11月15日 (火)

小春日和の四ツ池公園

 わが家から歩いて10分もかからない四ツ池公園に久しぶりで行きました。小春日和が続く今日このごろ、冬の日はまだ遠いという感じでした。

S2009_01190006 S2009_01190020
  鏡のような池の水面                  モミジは紅葉ではなく青葉です

S2009_01190030 S2009_01190021
   イチョウも青葉です                     台風15号の爪痕①
S2009_01190019 S2009_01190014_2
    台風の爪痕②                この季節の花=サザンカ

S2009_01190027 S2009_01190023
 この季節の花=ツワブキ                季節はずれのタンポポ

 冬はまだ遠いという感じですが、夜になるとさすがに冷えてきました。

2011年11月14日 (月)

木津文哉 トリック・アート展:菊川美術館

 常葉美術館は菊川市にある私立常葉菊川高校内にあります。美術・デザイン系の学生・生徒の研鑽の場として設置されました。年に2-3回の特別展を開いています。

 木津文哉は常葉系列の橘高校を経て東京芸大卒。現在52歳で東京芸大教授です。

 10代の作品に始まり今年の最新作まで様々な傾向の55点が出品されています。なんと言っても注目されるのは標題になっている’トリック・アート’です。まずチラシの絵をごらんください。
【画像をクリックすると大きくなります】

S S_2
左は《羅生門》(2010年)。近くに寄って見ても立体に見えます。
右の《羅針盤》(2006年)もまさに立体。右下の《庵》はレンタカーの事務所ですが、これは見てわかるとおり立体で造られていますが、窓や看板などは超精密な描写で描かれています。

 どう見てもどこから見ても立体に見えるトリック・アートが木津の作品の大きな特徴です。ついつい触ってみたくなります。題材は懐かしい昭和時代の町の風景など。

 10代の作品を見ると木津がその頃から並々ならぬ優れた技量の持ち主であることがよくわかります。

 トリックアート以外の蝶や花などを描いた小品も美しく魅力的です。

 こじんまりとした楽しい展覧会でした。

 

2011年11月13日 (日)

遠鉄百貨店新館オープン 続報

 9日にオープンして今日で5日目。昨日は土曜日とあって10時の開店前に1000人が並んだということで相変わらず賑わっているようです。
 今日の日曜日11時過ぎ、各階はかなりの買い物客で混雑していました。もっとも混んでいたのは地下1階のスイーツのフロアでした。

 政令指定都市浜松で唯一のデパートに新館が完成して、売り場面積県下最大のデパートになりました。西部の撤退、松菱の倒産によって中心商店街が空洞化し、買い物客は郊外のイオンなどの大規模店舗に集中するようになりました。

浜松駅を中心とする都心エリアでは通行客が激減し、かつての繁華街は飲食店街に特化しつつあります。

 新館の完成が起爆剤となって客足が中心部に戻ってくることが期待されていますが、3000台以上の無料駐車場を持つ大規模郊外店で買い物をすることに慣れた市民が中心街に回帰することはそれほど期待できないと思われます。オープン時のにぎわいがいつまで続くか…年末年始の商戦を経て年明けまでのふた月で傾向がわかるかもしれません。

S2009_01170002 S2009_01170004
新館8階の東端には休憩スペースがあります。正面には高さ213㍍のアクトタワー、右手には浜松の駅ビル。

S2009_01170005 S2009_01170003
右手に本館。本館と新館をつなぐイ・コ・イ スクエアがあります。㊨は16角形のバスターミナル

S2009_01170009 S2009_01170010
本館(左)と新館(右)を結ぶイ・コ・イ スクエア 3階から6階まで。㊨はその3階へあがるエスカレーター

S2009_01170006 S2009_01170014
6階のイ・コ・イ スクエア はギャラリーです。㊨は両館の間の広場から見たアクトタワー

S2009_01170011 S2009_01170012
12日に点灯式が行われたイルミネーション

2011年11月12日 (土)

皇帝ダリヤ皇帝ヒマワリ

 近所のお宅で皇帝ダリヤがみごとに咲いています。小春日和の青空に映えて美しい眺めです。

Simg_7971

Simg_7962 Simg_7963

Simg_7964 Simg_7965
              高さは4㍍ほどもあります

わが家では皇帝ヒマワリと皇帝ダリヤが競って咲いています。

Simg_7982

Simg_7987 Simg_7980

2011年11月11日 (金)

鈴木康広展BORDER:浜松市美術館

 鈴木康広は今注目されている浜松出身のアーティストで現在32歳です。

 地球・まばたき・りんご・僕の4つをキーワードに身近な素材を使い、ユニークな発想で楽しくて興味深い「鈴木ワールド」を展開しています。(フラッシュなしの撮影可)

ファスナー船

Simg_0309

Simg_0307 Simg_0311

 この船が水上を行くと船の後ろにできる白い航跡があたかもファスナーをしめた時の姿に似ています。
 こもファスナー船は実際に浜名湖を走っています。11月23日までの土日祝。定員8名。運賃は1000円。乗船場所や運行時間、湖面を進むファスナー状の船を見ることができるポイントなどは展覧会公式サイトの関連イベント情報からどうぞ。
http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/artmuse/exhibition.htm

Simg_0314 Simg_0316_2 
㊧:コップの水の中に日本列島の形をした方位磁石が浮かんで方位を示しています。センターは富士山です。
㊨:時間を測るスプーン。底の穴から細かい砂がこぼれていきます

Simg_0331 Simg_0332
                まばたき眼鏡

Simg_0342 Simg_0345
                 まばたき採集箱

Simg_0377  Simg_0375 
鈴木のフィギュアが手にしているリンゴはくるくると回り、鈴木自身も回っています

Simg_0351 Simg_0358
    リンゴのけん玉                      キャベツの器

Simg_0326 Simg_0381
㊧:遊具の透視法 2001年NHKデジタル・スタジアムで最優秀賞受賞。
㊨:円環国語辞典

 出品作品は約70点。いずれもユニークで楽しい作品です。どうぞ実際にごらんください。

会期は23日まで。

S S_2

出品目録は本人自筆のイラストです。このイラストを見ながら鑑賞するとよくわかります
S_3

2011年11月10日 (木)

遠州鉄道高架開通まであと1年

 浜松市内を南北に縦貫している遠州鉄道=通称「赤電」は新浜松-八幡が1985年12月から高架になっていますが、そこから北は平面交差になっており、踏切が多いこともあって東西交通が渋滞する一因になっています。

 現在八幡-馬込川と交差する地点まで4㎞近くの高架化工事が行われています。この区間が高架になると21カ所の踏切がなくなります。
 助信、曳馬、上島の駅舎の工事は8月末に完了しています。架線のための電柱も建てられています。今後は枕木とレールの敷設が残っています。

 開通は来年(2012年)の10月とされています。あと1年足らずです。

Simg_0002 Simg_0009
  北西側から見た上島駅                上島駅ホームから北を望む

Simg_0007 Simg_0006
     南を望む                       高架下は道路になります

Simg_0265 Simg_0264
㊧:上島駅を西から望む。2階中央寄りの四角い穴は歩道橋が接続するところ。
㊨:同時に進行中の区画整理によって上島駅前の静岡銀行支店が移転します。すでに工事が始まっています。

 新しい3駅とも2階へは東西のエレベーター利用、3階のホームへはエレベーターかエスカレーター利用で、バリアフリーになっています。

 高架開通後現在の線路を撤去して高架の両サイドを片道2車線の道路にする工事が行われます。完成は26年度末でしょうか。

 工事がすべて完了すると町の景観は大きく変わることになります。

2011年11月 9日 (水)

紅葉までまだ2週間…愛知県民の森

 紅葉の名所で知られる愛知県民の森(新城市)のイロハモミジはまだ青々としていました。中には紅葉している木もありますがそれは例外的でごくわずかです。紅葉のピーク時には駐車スペースがないくらい混雑するのですが、今日は閑散としていました。

Simg_0594

Simg_0542 Simg_0556

Simg_0598 Simg_0606

Simg_0609 Simg_0602_2

Simg_0546_2 Simg_0664
                         2010/11/19の画像

Simg_0616 Simg_0654_2
     2011/11/09       同じ木です           2010/11/19

Simg_0587 Simg_0597
      不動の滝                リンドウが咲き始めていました

Simg_0647_2   
  全山紅葉 2010/11/19

 今日は「きららの森」(設楽町)のブナ林の紅葉を見るつもりで出かけました。きららの森は今朝7時の気温が3.6℃で浜松の真冬の気温です。防寒の用意をして出かけたのですが、途中の道路が2カ所工事で通行止めのためあきらめました。警察署で教えてもらった道も通行止めで万事休す。
 ということで予定を変更して紅葉前の県民の森を訪ねたのでした。紅葉は遅れている感じですが今日から気温がようやく平年並みになってきたのでこれから急速に紅葉が進むでしょう。20日過ぎには見頃を迎えるのではないかと思います。

 

2011年11月 8日 (火)

遠鉄百貨店新館プレオープン

 浜松唯一の百貨店である遠鉄百貨店の新館が完成して明日11月9日午前10時にオープンします。 

 オープン前日の今日午後2時から友の会会員対象の内覧会がありました。2時から3時の時間帯は大変な混雑だったということです。

 私は午後6時に入館し1時間ほど新館を中心に歩いてみました。この時間帯には友の会員向けの入館証の提示も不必要でだれでもフリーで入館できるようになっていました。

 館内は通常の週末程度の人出でした。もっとも混んでいたのは新館地下のスイーツ売り場でした。

 新館の内装は板張りの床など本館に比べてシックでおしゃれです。本館とは地階、3~7階で接続しています。上層階にはホールや市立図書館の分館もあります。ヤングレディ向けの
新しいブランドも多く出店しています。

 明日のグランドオープンには朝早くから多くの市民が詰めかけることでしょう。

Simg_0292 Simg_0293
 本館と新館をつなぐ多層デッキ「イ・コ・イ スクエア」    休憩スペースもあります

本館と新館の間の空間「ソラモ」では「冬のホタル」のイルミネーションのテスト点灯が行われていました。

Simg_0294 Simg_0297
                           うなぎパイの看板が見えています

 

浜松市の施設めぐり②パイプオルガンの生演奏ができる森林文化会館:旧・龍山村

 旧・龍山村は2005年の大合併によって浜松市天竜区龍山町になりました。静岡県で最後に残った「村」でした。町の中央部天竜川が貫流し、両岸の急傾斜地に家屋が点在しています。

 1956年に13,226人あった人口は、浜松市と合併した2005年に1,179人、今年の11月1日現在では895人まで減少しています。面積のほとんどは山林です。浜松市の中心部からは車で1時間近くかかります。

 高齢化率が高いこの過疎の町にパイプオルガンがあることを多くの浜松市民は知りません。オルガンがあるのは瀬尻の森林文化会館のホールです。
 当時の県知事の「このような過疎の村にこそ文化の香りが必要だ」という発想が実現してオルガンのあるホールができました。

Simg_0525
浜松市内の公共ホールには3カ所にオルガンがありますが、龍山のオルガンは最も小さいオルガンです。

小オルガン:龍山 森林文化会館ホール(1990年)
 パイプ本数874本 ストップ数14

中オルガン:福祉会館ロビー(1984年)
 パイプ本数1,660本 ストップ数26

大オルガン:アクトシティ中ホール(1994年)
 パイプ本数4,478本 ストップ数64

規模はかなり違います。

Simg_0532 Simg_0528
手鍵盤56鍵 2段 足鍵盤30鍵 ドイツ製 バロックスタイル 購入価格 2,115万円 

Simg_0529 Simg_0530
オルガニストから解説を伺ったあと、演奏を聴かせていただきました。
㊨画面は足鍵盤だけによる演奏の場面です。
鍵盤に触れてみたところ「風」を感じることができました。

このオルガンは市民にも開放されています。申し込みをして演奏することができます。

Simg_0536 Simg_0535
    森林文化会館              会館の窓から見える秋葉ダム

「村」のオルガンがもっと広く知られて活用されるようになるといいですね。

 

2011年11月 7日 (月)

浜松市の施設めぐり①佐久間ダム

 「施設めぐり」は市の広聴広報課が市民から参加者を募って行っている広報イベントで、1963年から半世紀近い歴史があります。今日のコースには53人の応募者の中から抽選で選ばれた23人が参加しました。

 市役所の会議室で広聴広報課長からこのイベントの趣旨や課の業務についての説明があった後、市がチャーターした民間のバスに乗車しました。

 今回のコースは①天竜区役所の新庁舎見学 ②佐久間ダム見学 ③龍山森林文化会館 の見学とパイプオルガンの演奏鑑賞 でした。

佐久間ダム

 3.11以後電力不足が深刻になる中で貴重な電力を安定的に供給しているのが佐久間ダム・発電所です。Jパワーの社員から1時間以上にわたって説明と案内をしていただきました。

Simg_0489

Simg_0429 Simg_0432
堰堤は高さ150㍍、堤頂長291㍍

Simg_0437 Simg_0430
  堰堤から見下ろしたところ            発電用水の取水口

今日は特別にダムの中に入ることができました

Simg_0444 Simg_0445
放流は豪雨時に年数回だけ。観光のための放流はありません

Simg_0462 Simg_0448
堰堤から26人乗りのエレベーターで100㍍下降し、トンネルを抜けます
㊨の画像の四角い穴のあいた部分がトンネルの出口です

湖畔の紅葉はこれから始まろうとしていました

Simg_0436 Simg_0479

Simg_0467 Simg_0496

 国内最大級の佐久間ダムは1953年着工、竣工は1956年…これだけの巨大なダムがわずか3年で完成しています。

 佐久間発電所の4台の発電機は50hz、60hzのいずれにも対応しています。3.11の後はすべて50hzで発電して東電に供給したとのことです。

2011年11月 6日 (日)

わが家の皇帝ヒマワリが咲きました

 この春に鉢植えした皇帝ヒマワリが開花しました。皇帝ダリヤはまだつぼみです。

Simg_0383 Simg_0384
     高さが2㍍以上あるので二階からの撮影です

最近咲いた花

Simg_0385 Simg_7864
       ツワブキ                       ホトトギス

Simg_7866 Simg_7672
      シュウメイギク                     ハギ

Simg_7671 Simg_7680   
    ハナミズキの実                   シクラメン

2011年11月 5日 (土)

碧風祭:静岡文化芸大

 第12回を迎えた碧風祭です。例年のとおり模擬店やバザーが多い会場です。その中でデザイン学部の院生や学生による展示が目につきました。

Simg_0223 Simg_0253
2階出会いの広場:模擬店やステージ          合気道の演武

おなじみのマノミホ(院生)展:鉄の立体作品の展示・販売

Simg_0226 Simg_0236 Simg_0235
シャボン玉を吹き出すロボットは子どもに大人気

アーティスト’ゆみんぽ’のカラフルアート

Simg_0242 Simg_0247

Simg_0249 Simg_0250
   おなじみの’ゆみんぽ’のカラフルな作品です

自助具の展示・販売

Simg_0222 Simg_0220 Simg_0221
体に障害のある人の自立を助ける道具です。簡単に取り出せる名刺入れ

遠鉄電車を「占拠」した碧風祭のポスター

Simg_0112 Simg_0113 Simg_0252
車内は碧風祭のポスターだけ10/22             学内のチラシ

SUACビール

Simg_0254 Simg_0256
       歴代のビールびん。第7回だけ欠けています

Simg_0257 Simg_0261
      地元で生産された地ビールです。330mlで450円

2011年11月 4日 (金)

吉祥山への’散歩’(豊橋市)

 吉祥山(382㍍)は豊橋市の北端にあり、古くから地元の人々に親しまれてきた山です。今日(11月4日)の午前中、この山に初めて登りましたが、登山道や山頂で出会った皆さんは毎日のようにこの山に登っているという熟年の方々で、弁当はもちろん水やカメラも持たず、頂上に登ると一息入れてすぐに折り返して下山していきました。まさに吉祥山への散歩という感じです。
 標高は382㍍ですから低山ですが、登山道の入り口が標高50㍍程度ですから330㍍を登るということになります。登山道が3つあるうち今日はAコースを登りました。市が作成したハイキングマップでは所要時間90分となっていますが、皆さんはその半分の45分程度で頂上に着いたのではないか思います。私は写真を撮りながらゆっくりと登って1時間少々でした。

Simg_7946_2 Simg_7921
               382メートルの頂上

Simg_7936 Simg_7876
      奥三河の山々            ㊨:登り口で一緒になった高齢のご夫妻はまたたく間に先へ先へと

登り口でこの時期は花は少ないと教えられました

Simg_7879_2 Simg_7882
     スズカアザミ                     ヤマラッキョウ

Simg_7884 Simg_7890
      コウヤホウキ                   ヤマハッカ

Simg_7886 Simg_7888
       ノコンギク                     ゴンズイ

Simg_7920 Simg_7907
  頂上で乱舞していました                ヒイラギ

帰路、三ヶ日の「なつめ」で休憩しました
Simg_7957 Simg_7960
柚子ジュースはさわやかで山の疲れがとれました

 

        

 

2011年11月 3日 (木)

はままつ映画フォーラム

 浜松市内あるいは近郊出身の映画監督など映画関係者が10人集まってのフォーラムでした。浜松市制100周年記念事業の一環です。会場は静岡文化芸大講堂。

 浜松のミニシアター=シネマイーラを経営する榎本さんと、静岡文化芸大の木下千花講師が進行を務めました。

第1部 「ミニシアターの現状と未来」
 映画ジャーナリストの大高宏雄氏と榎本さんの対談。最初に映画産業の現状についての説明がありました。2010年現在日本の映画館のスクリーン数は3412…その82%がシネコンです。1年間に国内で公開された映画は716本、シネコンではそのうち170本程度しか公開されていません。ミニシアターのない県では大半の映画を見ることができません。静岡県には静岡と浜松にミニシアターがありますが、それでも公開された映画は46%でした。

 大高さんからはミニシアターの歴史と意義についてのお話がありました。ミニシアターは観客とのつながりがあるが、シネコンには根っこがない。映画館には観客の様々な反応が充満している空間があり、その空間の中で映画を見ることが大切だという話もありました。

第2部 「昭和を支えた名称たち」
 澤井信一郎監督(雄踏町出身)と木下恵介記念館斎藤館長の対談で進行役は木下講師。
澤井監督の高校時代には浜松に10館前後の映画館があったとか。「野菊の如き君なりき」を見て木下恵介監督に憧れたということでした。映画はせりふであり、せりふはロゴスであること、演技を指導する時は監督の真似をさせるなど、興味深いお話でした。

第3部 「地元出身の映画監督が語る 浜松の魅力とパワー」
 8人の若手映画人の登場です。それぞれ子どものころに見た映画のこと、浜松まつりのこと、変貌する市内の様子などを語り、さらに自分の制作した映画や今後の計画などについて語りました。豊島圭介監督は2010年「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」を公開、
鈴木卓爾監督は2010年「ゲゲゲの女房」を公開、平野勝之監督は現在「監督失格」が全国ロードショー公開中です。

 皆さんの話の中で、監督としての収入で生活できている人はテレビも含めて50人いるこどうかという厳しい状況が紹介されました。

第4部 「とんねるらんでぶー」上映  
 池田千尋監督作品。すべて地元の三ヶ日町で撮影された短編映画です。

 浜松とその近郊からこれだけの映画人が輩出されていることに驚きました。浜松には意外に「映画文化」が根付いているのかもしれません。

 11月19日から27日まで「第10回はままつ映画祭2011」が開かれます。

 第4部の後、「楽隊のうさぎ」映画化プロジェクトの製作発表が行われましたが、要領を得ない始まり方だったので途中で席を立ちました。ここまで3時間以上の長丁場でした。

S S_2

  

2011年11月 2日 (水)

「秋野不矩 郷倉和子」展 :秋野不矩美術館

 二人展の形をとっていますが、メインは郷倉和子です。
 日本画家郷倉和子(1914~ )は健在で間もなく97歳。1957年日本美術院賞 1970年文部大臣賞 1984年内閣総理大臣賞 1989年日本芸術院恩賜賞 2002年文化功労者 という輝かしい受賞歴を有する大家です。

 今回は郷倉の作品が26点出品されています。女子美術専門学校卒業の時の《草原の秋》
は伝統的な日本画の作風で秋の野の草花を的確、繊細に描写しています。

 40代になると鮮やかな色彩とデフォルメによる半具象画を描き、数々の賞を受賞します。
1957年に日本美術院賞・大観賞を受賞した《真昼》が出品されていますが、みごとな作品です。

Mahiru_s32 《真昼》

 70歳を過ぎた頃から梅の花を描くことが始まり、今に至るまで梅花シリーズは続いています。

 梅を描いた初期の作品…《暮色白梅》も出品されていますが、この作品は1985年の再興代73回院展に出品されたもので、従来の画風と異なり、静かで趣のある力作です。

 最新作は96歳を迎えた昨年の《花の精(三)》です。百歳近くになって今もなお制作に励む巨匠の80年近い画業を一望するいい機会です。

 1908年生まれの秋野不矩とはほぼ同時代の画家です。秋野の作品はインドを題材とした13点と絵本「きんいろのしか」の原画23点です。

 1991年文化功労者、1992年文化勲章に輝いた秋野と文化功労者郷倉の二人展は浜松市制百周年記念展です。会期は11月13日(日)まで。

 郷倉の年譜、評伝、主な作品の画像などは郷倉アート資料館の公式サイトをどうぞ。
http://www.gokura-wi.com/index.html

Simg_7834 Simg_7847   
  今日も静かなたたずまい

Simg_7835_2 Simg_7838 
美術館へ登る坂道のほとりでユリと可憐なサクラが咲いていました

Simg_7846 Simg_7832
                   秋です

 

2011年11月 1日 (火)

「学校の文化」に感動:浜松市立曳馬中学校

 浜松市立曳馬中学校の「文化発表会」は去年よりもさらに’ステップ・アップ’したすばらしい内容でした。

 今年のスローガンは「あふれる感性音に乗せ 心に残すその瞬間」です。朝から一日行われた文化発表会は全校生徒の心に確かな感動を残したでしょう。

 まず1年生各HRの合唱コンクールで始まりました。まだ子どもらしさを残す1年生らしい選曲と歌声でした。

 次の3年生24人による「曳中ソーラン節」はみごとでした。若さがあふれて躍動するダンスに客席から大きな拍手が沸き起こりました。ソーラン節は毎年の体育大会の時に全校生徒が演じます。曳馬中学校の「文化」の一つです。今日演じた24人は校内のオーディションで選ばれたのだそうです。上手なわけです。

 2年生の合唱は「明日」や「未来」に希望を託す歌が目立ちました。午後の3年生の合唱はさすが3年生と思わせる声量とハーモニー、そして社会性のあるメッセージを伝える選曲がみごとでした。1年生は先輩の迫力のある合唱からいろいろ学んだことでしょう。

 校長先生をはじめ40人以上の教職員による「ハナミズキ」はやや自信なさげで声も小さかったのですが、懸命に歌う姿に生徒から大きな拍手が起こりました。担任の先生へのかけ声も聞かれました。

 吹奏楽部の演奏は圧巻でした。県大会の常連で、今年も県大会で金賞を受賞した実力を持っています。その県大会の課題曲と自由曲をみごとに演奏。「てっぱん」の主題歌や嵐のヒットナンバー15曲のメドレーもありました。中学生の演奏のレベルの高さに驚嘆しました。
 そして…演奏が一通り終わって特別プログラム。来年3月に退職予定の校長先生はじめえ3人の先生に捧げる いきものがたり の《ありがとう》を全校の生徒と教職員で大合唱。ステージに上がった3人の先生方にとっては終生忘れえない感激のひとときであったことでしょう。

 そして全校合唱…《COSMOS》でした。

 会場はアクトシティ大ホール。定員2300人、4面舞台を持つ大ホールのステージで生徒全員が演奏できたことはすばらしいことです。校長先生の話によると、市内48中学校の中でこの大ホールで発表会を開くのは曳馬中学校だけということです。

 生徒数が750人を超え、21学級ある市内最大の中学校が、一番いい学校を目指してそれが実現しています。

 今日の文化発表会を見て、まさにこれこそ曳馬中学校の誇る「学校文化」だと思いました。

 

 

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »