2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ルドンとその周辺」展:浜松市美術館 | トップページ | 「恋する静物 静物画の世界」展・名古屋ボストン美術館 »

2011年10月 6日 (木)

木の文化のまち 掛川を歩く

 静岡県西部に位置する掛川市は東海道の主要な宿場町であり、城下町でもあります。合併前の旧掛川市の榛村市長の時代に「木の文化」を大切にする市政が進められ、その流れは現在も引き継がれています。

木造の天守閣:掛川城

Simg_7508

Simg_7534  Simg_7499
 天正年間に山内一豊が10年ほど城主を務めました。1854年の安政東海地震で倒壊したまま再建されることはありませんでした。

 1994年、篤志家の寄付金を基金にして全国唯一の木造復元天守として再建されました。三層四階の構造です。

Simg_7521 Simg_7552
㊧:天守閣から東に見える粟ケ岳。雲がなければ富士山が見えます
㊨:手前は市の花フヨウ。中景の建物は掛川西高校の一部。

大日本報徳社

掛川城の近くに二宮尊徳の報徳の教えを広めるための建物群があります。掛川の報徳社は全国の報徳運動の中心です。

Simg_7543 Simg_7538_2
国重文の大日本報徳社大講堂         県指定重文 報徳図書館

龍華院の大猷院霊廟=将軍家光の霊廟

Simg_7432 Simg_7442 Simg_7439
     県指定重文。1822年再建。美しい装飾です

JR掛川駅

Simg_7424 Simg_7427
㊧:全国の新幹線の駅で唯一の木造駅舎。1933年建造。耐震工事を行うに当たって解体が考えられたが「木の文化」を残すために木造のまま耐震工事を行うことになっています。工事費の一部5000万円を市民からの寄付によってまかなうことにしています。期限は24年3月まで。
㊨:報徳のまち掛川らしく駅前のロータリーには二宮金次郎の銅像が立っています。

まちの風景

Simg_7536 Simg_7457
お城の東の池。中央は報徳図書館         かつての映画館:掛川座

Simg_7456 Simg_7450
㊧:掛川まつりの大獅子の頭。10月7日-9日が祭典です。
㊨:市の花フヨウ 市内のいたる所で咲いています

咲き残ったヒガンバナ

Simg_7554

 今回のウォーキングは恒例のわくわくハイキング9月15日の予定が雨で流れたために振り替えで行われたものです。

 

« 「ルドンとその周辺」展:浜松市美術館 | トップページ | 「恋する静物 静物画の世界」展・名古屋ボストン美術館 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 木の文化のまち 掛川を歩く:

« 「ルドンとその周辺」展:浜松市美術館 | トップページ | 「恋する静物 静物画の世界」展・名古屋ボストン美術館 »