2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 新美南吉「ごんぎつね」の世界:半田市 | トップページ | 「ルドンとその周辺」展:浜松市美術館 »

2011年10月 4日 (火)

蔵と運河のある風景:半田市

 半田は江戸時代に海運で栄えた町です。特産の酒や酢が江戸へ運ばれました。醸造蔵が運河沿いに並び、今も活躍しています。

Simg_9508 Simg_9507
 運河は元禄以前の築造です。両岸に黒板囲いの蔵が軒を連ねています。壁のマークは
おなじみの老舗ミツカンです。

Simg_9506 Simg_9509

Simg_9504 Simg_9511
左のビルはミツカンの新社屋。手前は博物館「酢の里」     ミツカンの本社

Simg_9493 Simg_9495
   醸造蔵のある通り                     国盛の酒の文化館

Simg_9500 Simg_9498
小栗家住宅。明治初期の豪商宅。国登録有形文化財

Simg_9512  Simg_9517
    JR武豊線半田駅                 ミツカンの社屋が見えています

Simg_93342_2 Simg_9335_2 Simg_9513
1910年完成。1世紀を経たJRでもっとも古い跨線橋。歴史を感じさせます

 新美南吉「ごんぎつね」の里半田は、蔵と運河のある町で「歴史と文化のまち」でした。

« 新美南吉「ごんぎつね」の世界:半田市 | トップページ | 「ルドンとその周辺」展:浜松市美術館 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蔵と運河のある風景:半田市:

« 新美南吉「ごんぎつね」の世界:半田市 | トップページ | 「ルドンとその周辺」展:浜松市美術館 »