2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« ウメバチソウ:(天竜区大栗安) | トップページ | 「アルプスの画家 セガンティーニ」展:静岡市美術館 »

2011年10月21日 (金)

481枚の棚田:天竜区大栗安

 大栗安には標高450㍍から300㍍の間に石積みの棚田が400枚以上あります。大栗安の集落は神明山(658㍍)の南西斜面に位置しており、平地はほとんどありません。「静岡県棚田等十選」や「日本の棚田百景」に選ばれた美しい風景ですが、機械化ができないこともあって棚田での稲作は生産コストが高く、重労働とあって生産者には厳しい環境です。

 今年の稲刈りは10月15日に終わっています。私たちが訪ねたのは10月20日でした。残念ながら黄金の稲穂の波は見るとができませんでした。

Simg_9849

Simg_9843 Simg_9850
           1枚1枚は小さな田圃です

Simg_9857 Simg_9852

Simg_9860 Simg_9817
   棚田にカキ実る秋

Simg_9821 Simg_9825 

Simg_9834 Simg_9835

« ウメバチソウ:(天竜区大栗安) | トップページ | 「アルプスの画家 セガンティーニ」展:静岡市美術館 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

日本の原風景ともいうべき棚田はいいですね。 私も、愛知県新城市にある棚田百選の一つの「四谷千枚田」に、この5月連休と先月9月下旬に行ってきました。5月は代掻きの棚田、9月は収穫の棚田、どちらも大変良かったですよ。詳細は私のホームページ ~季節の風を感じて~ http:://kosai.art.coocan.jp の中の「ギャラリー4」を見てね。

さっそくのコメントありがとうございます。棚田の撮影の時期としてはよくなかったのですが…。休耕などで棚田の枚数は減っているようです。
HP拝見しました。いい季節を選んで撮影されていますね。
安曇野の絵がすてきです。明るい光がみごとに表現されていて感動するほど美しいと思いました。
私もHPを持っていましたが突然消えてしまったのでブログを始めて3年半になります。画像が中心で現在15,000枚以上アップしてあります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 481枚の棚田:天竜区大栗安:

« ウメバチソウ:(天竜区大栗安) | トップページ | 「アルプスの画家 セガンティーニ」展:静岡市美術館 »