2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 秋の三岳山と立須の岩峰 | トップページ | 481枚の棚田:天竜区大栗安 »

2011年10月20日 (木)

ウメバチソウ:(天竜区大栗安)

 ウメバチソウはニシキギ科の多年草で山地の日当たりの良い湿地などに生えます。秋に梅の花の形をした白い花を咲かせます。高さは7~45㎝ぐらいで花の直径は2~2.5㎝。真ん中に雌しべが1本、雄しべは多数の糸状に分かれています。可憐な花が人気で乱獲されたためにほとんどの地で絶滅しています。

 浜松市天竜区大栗安には車道沿いの斜面に多くのウメバチソウの咲く群落が残っています。10月20日、ほぼ満開でした。

Simg_9888

Simg_9879 Simg_9884

Simg_9905 Simg_9899
つぼみは丸くて小さい

Simg_9911 Simg_9883
 斜面に点々と白く見えるのがウメバチソウです。踏みつけないように細心の注意を払って撮影しました

同じ斜面にリンドウのつぼみとタムラソウがありました

Simg_9874 Simg_9902

 大栗安の群落は貴重な存在です。昨年まではすぐ横にお住まいの方が草を刈るなどの手入れをしてくださっていたおかげで毎年可憐な花を咲かせたのですが、昨年転居して無住になってしまいました。

 手入れをする人がなくなったウメバチソウの群落は1,2年の間に消滅の危機にあると聞きました。残念なことです。

今日のハイキングは毎月恒例の「わくわくハイキング」です。終点の熊営業所でバスを降りて熊の町並みを歩き、南に抜けました。今回アップしたウメバチソウのほかに、大栗安の棚田、熊の古い宿場町などの話題は後日アップします。

« 秋の三岳山と立須の岩峰 | トップページ | 481枚の棚田:天竜区大栗安 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウメバチソウ:(天竜区大栗安):

« 秋の三岳山と立須の岩峰 | トップページ | 481枚の棚田:天竜区大栗安 »