2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2011 敬老祝寿会 | トップページ | ポップサーカス in 浜松 »

2011年9月17日 (土)

東海道五十三次 25番目 日坂宿を歩く

 掛川市の東部の日坂宿は、金谷宿と掛川宿の間にあります。江戸から京都に向かう旅人は大井川を渡り、金谷の宿へ。金谷からは東海道の三大難所の一つとされる小夜の中山峠を越えてこの日坂に下ってきます。宿の東口から西口まで約700メートルの間には江戸時代の面影を残す町並みが続いています。

 この日はわくわくハイキングの10月月例会で約30人が参加しました。

S2011_09150018 S2011_09150027
本陣跡でバスを降りて集合         旧東海道の急勾配を少し登りました

S2011_09150028 S2011_09150034
 広重の浮世絵に描かれた坂           坂から国1バイパスが見えています

S2011_09150063 S2011_09150067
日坂の宿場に入りました。それぞれの家に屋号の看板が掲げてあります

S2011_09150084  S2011_09150093
          萬屋=幕末の旅籠。庶民が利用しました

川坂屋=掛川市指定有形文化財建造物

 身分の高い武士や公家なども宿泊した格式の高い旅籠屋です。日坂宿の西端にあります。

S2011_09150097
 幕末の大火の後再建されたときは300坪以上の敷地がありましたが、国道の開通などによって今の規模に縮小さています。文久2年の記録では建坪78坪です。

S2011_09150096 S2011_09150098

S2011_09150099 S2011_09150102
   書は山岡鉄舟         夕日が差すと鴨居に松竹梅の模様を投影します

S2011_09150104 S2011_09150107
 二階の格子組と障子         茶室。右端に見える床柱はツツジの巨木で水戸偕楽園の茶室と上下に二分されたと伝えられています。

S2011_09150113_2 S2011_09150115
         高札場                     下木戸跡

事任(ことのまま)八幡宮

願いごとが思うままにかなうということで近年パワースポットとして人気のある神社です。

S2011_09150118_2 S2011_09150126

S2011_09150119 S2011_09150123
クス(左)とスギの巨木。いずれも市指定天然記念物

 

             

« 2011 敬老祝寿会 | トップページ | ポップサーカス in 浜松 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東海道五十三次 25番目 日坂宿を歩く:

« 2011 敬老祝寿会 | トップページ | ポップサーカス in 浜松 »