2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 城下町岩村の町並みを歩く① | トップページ | 磐田東中・高校の生徒が活躍しています »

2011年8月 2日 (火)

城下町岩村の町並みを歩く②

大吟醸「女城主」の岩村醸造

 1787年創業で220年余の歴史を持つ岩村醸造は銘酒「女城主」や「幻の城」「ゑなのほまれ」などで知られています。大吟醸「女城主」は2011年新酒鑑評会で金賞を得ています。酒蔵の内部を見学することができます。

Simg_7830 Simg_7831

Simg_7823 Simg_7821
酒蔵内部。レールが残っています          鑑定団に出品した大瓶

Simg_7865 Simg_7866
金賞受賞の大吟醸「女城主」。精米歩合40%。辛口、味が濃い本当においしいお酒です
720ml 3000円。

紺屋 土佐屋

江戸時代から代々染物業を営んできた河合家(土佐屋)は明治以後規模を拡大するとともに、岩村の金融・政治の中心として活躍した名家です。

Simg_7850 Simg_7847
        主屋は1780年頃の建築です

Simg_7841 Simg_7843
                     染工場。染壺の真ん中に火壺があります

佐藤一斎語録
江戸時代の儒学者佐藤一斎は岩沼藩の出身です。古い町並みでは通りに面した各家の玄関先に佐藤一斎の『言志四録』からの語録が掲出されています。

Simg_7816 Simg_7833

かかしフェスティバル

 道の駅アグリステーションなぐらに休憩のため立ち寄ったところ駐車場の周りには数多くのかかしが立っていてびっくり。毎年この時期にかかしフェスティバルが行われているようです。

Simg_7772 Simg_7770 Simg_7773 Simg_7775

道の駅は月曜日でお休みでした。道の駅にも定休日があるのですね。

今回は車で出かけました。往路は国道257号線で浜松から岩沼まで102㎞2時間30分。復路は高速利用で144㎞2時間でした。

S2011_08020007

« 城下町岩村の町並みを歩く① | トップページ | 磐田東中・高校の生徒が活躍しています »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 城下町岩村の町並みを歩く②:

« 城下町岩村の町並みを歩く① | トップページ | 磐田東中・高校の生徒が活躍しています »