2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 雨で仕切り直し…高校野球準決勝 | トップページ | 磐田東 初の甲子園まであと1勝 »

2011年7月27日 (水)

豊田市美術館のこと

 車の町豊田市の中央部、かつての七州城の跡の小高い丘に町を南北に分ける形で立っています。建築家谷口吉生の代表作とされるこの美術館は直線と矩形の組み合わせを基本とするモダンな建築です。1995年のオープンで国内外の近現代美術を中心として展示しています。私の家から車で1時間5分…意外に近いところにあります。

 S2011_07210025 S2011_07210026

S2011_07210028 S2011_07210030

S2011_07210031 S2011_07210023
      人工の池               中心市街地が雨に煙っています

高橋節郎館

文化勲章を受章した漆芸家高橋節郎が多数の作品を市に寄贈したことから1995年に市美術館の隣に開館しました。 漆の屏風をはじめ、版画、立体作品など幅広いジャンルで見事な構成と鮮やかな色彩の作品を数多く見ることができます。漆や金銀を施したグランドピアノやハープなどもあります。

 美術館の半券で入場できます。

S2011_07210033_2 S2011_07210032

高橋節郎の主な作品は次のサイトでごらんください。
http://takahashi-setsuro-museum.or.jp/seturotoha.html 

金子潤の作品

高橋節郎館の中から陶芸家金子潤の作品を見ることができます。名古屋出身の金子潤はアメリカを中心に活躍している陶芸家で、国内では愛知・岐阜を中心として多くの作品があります。私の親戚です。

S2011_07210034 S2011_07210035

S2011_07210036 S2011_07210037

« 雨で仕切り直し…高校野球準決勝 | トップページ | 磐田東 初の甲子園まであと1勝 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豊田市美術館のこと:

« 雨で仕切り直し…高校野球準決勝 | トップページ | 磐田東 初の甲子園まであと1勝 »