2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 得点は6−3でした | トップページ | 甲子園への初出場ならず »

2011年7月28日 (木)

磐田東野球部 初の決勝進出 磐田東6-3韮山

 頂点まであと1勝になりました。明日静岡高校を破れば学校として春夏を通じて初の甲子園、そして学校のある磐周地区としても初の甲子園です。

 今日の準決勝は好投手として評価の高い韮山の杉山を磐田東打線が打ち崩せるかどうかがポイントでした。終わってみれば本塁打を含む11安打を韮山の2投手に浴びせて打ち勝ちました。

 この試合で大きかったのは1回表の攻撃です。好調を続ける一番斎藤が中前打で出塁。バントで二塁へ進んだ後、3番花嶋がレフトスタンドに2点本塁打で先制。まさに先制パンチで杉山に衝撃を与えました。

Simg_7484_2 Simg_7483 Simg_7485
  トップの斎藤が中前打で出塁                 二塁へ

Simg_7486 Simg_7487 Simg_7490
            3番花嶋が左翼席に本塁打

3回表
Simg_7505 Simg_7506 Simg_7509
      5番森口の適時打で花嶋が生還して追加点

Simg_7495 Simg_7512  
   磐田東先発の永田 中継ぎの川窪から4回は阿部にスイッチ

7回表
Simg_7518_2 Simg_7524
   一番斎藤が左前打で出塁        4番 江間のヒットで生還。貴重な追加点

8回表
Simg_7534 Simg_7533 Simg_7535
8番阿部のヒットでさらに追加点。これで5-3

9回表
Simg_7552 Simg_7553
              押し出しで6点目

Simg_7558 Simg_7560 Simg_7564
セカンドフライで試合終了                 終わってみれば6-3

Simg_7569 Simg_7574 Simg_7575
             ㊥テレビ局のインタビューに答える山内監督
             ㊨韮山の応援団は統制がとれていて迫力がありました

磐田東の打線は11安打を放ったものの満塁走者を残すなど残塁も目立ちました。
明日の決勝戦はもっと確実な打撃が必要です。

投手は先発の永田が不安定で3失点。中継ぎの1年生川窪が今日もいい働きをしました。4回から登板の阿部はほぼ完璧に抑えて追加点を与えませんでした。

明日の決勝戦は磐田東らしいゲーム展開で甲子園出場の夢を実現することを期待しています。

« 得点は6−3でした | トップページ | 甲子園への初出場ならず »

磐田東中・高校」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 磐田東野球部 初の決勝進出 磐田東6-3韮山:

« 得点は6−3でした | トップページ | 甲子園への初出場ならず »